たらもと さん プロフィール

  •  
たらもとさん: わすら雑記
ハンドル名たらもと さん
ブログタイトルわすら雑記
ブログURLhttp://wasura.blog86.fc2.com/
サイト紹介文基本日曜大工に木工・鉄工・機械・電気他、軽度から重度のDIYレポート。
自由文取り扱いネタ:ガーデンファニチャー、カントリー雑貨、田舎暮らし、FRP、めっき、治具、鋳造、工作機、ゲーム筐体、日記他
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供101回 / 365日(平均1.9回/週) - 参加 2009/07/10 15:22

たらもと さんのブログ記事

  • 珍しくCXX出動
  • 当ブログでそこそこ人気のある記事“シクロクロスクロスバイク”は作ったまではよいが意外と用途が狭く普段はホコリを被っている有様なのですが、今日は佐野市の旧道2件をハシゴするために出動。舗装路の移動が多かったのでマウンテンバイクではなくコイツの出番となりました。ロードバイク系ですがタイヤが30ミリ幅のセンターリッジセミブロックで悪路への対応性が高く、ブレーキがミニVなのでロードよりも制動力が強くて下りが [続きを読む]
  • むらッ気
  • 件のMTBはコツコツと丁寧に下地の処理を続けあとはもう色入れをして仕上げるばかりの状態までこぎつけました。が…何故かここにきて急に「このまま小ギレイに仕上げてまた観賞用のチャリが増えるだけだなぁ」などと冷めた気持ちになり「そういや当初は激藪突撃用のガサツな特攻機を作ろうとしていたハズなのに、なぜ見た目がきれいなMTBを作ろうとしてるんだオレ?(汗)」などと、自分でも一体何を目指しているのよくかわからなく [続きを読む]
  • 交代制勤務
  • 皆様、三連休はいかがお過ごしでしょうか。ケッ!オレは連休ですらないけどナ…とまぁいつものお決まりはこのくらいで、近頃は秋も深まりようやく植物が後退の局面に突入してきて「やれやれ、これでようやく草むしりに休日の時間と労力を削られないで済むぜ」と思ったら、今度は枯葉集めの労務に交代ですわ…の図。。嗚呼 [続きを読む]
  • 担ぐ人用
  • 昨晩、I君が来て「担ぐ人用のSPDシューズがあるから使いなよ」と、どこをどうみても登山靴にしか見えないサイクリングシューズを頂きあまりのゴツさに吹いた(笑)当ブログのヒルに噛まれた記事を見て差し入れてくれたようで、I君も同じものを使っているとの事。まさに“山男御用達”といった感じでかなり気合の入った仕様だけど今は廃盤でシマノのラインナップにはこういうモデルもあったんだね。というか何気に定価が3万円ぐら [続きを読む]
  • ロゴ消えの処方箋
  • 良くも悪くも工業製品はブランドやグレードなどによりモノの価値(価格)が決まるのですが、日頃ネトオクで中古品漁り(ゴミ拾い)を趣味としている自分は「この個体はモノは良いのにロゴマークが消えかかっているせいで価値が半減して残念だなぁ…」などと思う事が度々あり、この大事なロゴマークの部分を修復しモノの価値を復活させることが出来るかどうか、やや姑息な手段を講じてみました。まぁ今回の獲物はさほど高価なもので [続きを読む]
  • 祝・破労院
  • やっとの休日だというのに天気グズグズ。いまにも冷たい雨が降りそうな空ですが朝のうちにひとっ走りしてしまおうと家を出るもののやっぱりフラれる。。まぁ土日が雨だとサイクリング疲労の心配がないのはもちろんの事、布団干しや洗濯、草むしり、庭木の手入れなど面倒な雑務からも開放されゆっくり体を休めることが出来るのでたまには暖かい部屋でゴロゴロするのも悪くはないのですが、工作のほうがずいぶんと停滞しているので少 [続きを読む]
  • サスフォークのOH
  • 分解して再塗装したサスフォークですが、このまま保管していても邪魔だしそのうちトレイをひっくり返してパーツを紛失したりホコリまみれになったりするのがオチなのでさっさと組んでしまいましょう作戦(笑) [続きを読む]
  • 明治新道「林道 竹内羽仏線」(後編)
  • 人は毎日多くの事を忘れて生きる。かつてどれほどそれを熱望したのか、そしてどれほど敬愛したのか、多くの情熱が注がれ、それは恒久的な輝きを放ち続けると信じて疑わなかった…にもかかわらず、人は過去よりも今この瞬間を生きることに奔走するあまり、それらをいつしか忘れてしまうのだ…と130余年の時を越えこの道を今も見守りつづける石碑が静かに語ってくれた。 [続きを読む]
  • 明治新道「林道 竹内羽仏線」(前編)
  • 時間が出来ると地図を眺めるのが習慣になっているのですが、宇都宮から北東の那須烏山市に向う途中に、明治時代の地図と現代の地図との比較でやや気になる道形があり、当初はさしたる期待もなく来てみた林道でしたがそこには思わぬ歴史の遺物があり、その考証なども含めるといつものサイクリングレポートだけでは尺が足りずかなりの長文になってしまいそうなので今回は前編・後編に分けてレポートしたいと思います。 [続きを読む]
  • 片付かない
  • 皆様三連休はいかがお過ごしでしょうか。自分はようやく2連休なのですが昨日から布団や衣類の切替えで終日洗濯機が回りっぱなし。気がつけば家事雑務で休日の大半が過ぎてしまい、そんな中で休息に時間を当てるどころか毎度無茶な計画のサイクリングを強行し、いつも週明けは体調ボロボロという社会人としてあるまじきお粗末を繰り返している始末。とはいえ、全部をやるのは限られた時間では無理があり、考えられるのは「全てをい [続きを読む]
  • 悲報、そして、お願い
  • 自転車の規格や各種計算ツールなど豊富な情報を発信していた“自転車探検!”というサイトが先ごろ消失してしまったようで、日頃からアテにしまくっていた自分としては大変悲しく、どなたか事前にアーカイブを取っていた方がおられましたらそのコピーをお分けしていただきたくお願い申し上げます。 [続きを読む]
  • ヒアリハット事例
  • 【ヒアリハットの状況】家の中に大型の赤アリがいてこれは問題のヒアリだと思ったら違った。【原因】メディアが「殺人アリ」などと過激に書きたてて不安を煽った。【対策】○羽があるかどうかを確認する。 →ヒアリは女王アリ夫妻にしか羽がない(数万分の一)○ヒアリとよく誤認される“アズマオオズアリ”を検索し比較する →尻がシマ模様な赤アリはアズマオオズアリ(全国に分布) [続きを読む]
  • 県東部ぶらり
  • 今回は旧道や林道などの“企画もの”ではなく、ただの場当たり的なぶらぶらサイクリングなのでわざわざ更新するほどの事でもないのですが、かといって他に載せるものもないのでやむなし(汗)ドすいません。ナナメ読み推奨で。 [続きを読む]
  • ダダ漏れ
  • 先週、エアコンプレッサーを使っている時にふと、視界の一角で一筋の細い線がピュ〜!と走った気がした刹那、ドルドルドルっと溢れるオイル。。速やかに電源を落とし床にアルミトレーを敷いてオイルを受け「オー・マイ!また面倒なイベント発生かよ!カンベンしろよまったく!」と一通りブチ切れたところでゲームセット。そして放置していたオイルパンのガスケットを何とかする休日。 [続きを読む]
  • 宮入不動の滝「林道深程線」
  • ここしばらく立て続けに林道を調査していますが、実を言うとさほど面白いネタがなく、困った挙句友人に「何かネタがあったらご協力ください!」と日頃圧力をかけまくっていたのが功を奏したのか(汗)地図と動画が送られてきたのがこの林道。まぁつまるところまた鹿沼市の林道なのですが、今回は滝という名勝を求めてのMTBダート行なので自分でも結構楽しみだったり。 [続きを読む]
  • 橋と橋の「林道黄金沢線」
  • 鹿沼市の林道探索の中で、比較的新しく高規格な「黄金沢(こがねざわ?)線」は当初それほど期待はしていなかったのですが、その付近には意外と興味深いものがあったので今回まとめてみました。まぁ黄金などという名前ほど大げさなものでもないですが…それにしても林道の慣例である付近の地名を冠する法則から外れたこの平成生まれのキラキラネーミングは一体どこから出てきたのか、謎です。 [続きを読む]
  • 格安Jアラート
  • 本日は日本全国津々浦々(ごめん12道県だそうで)、政府のミサイル警報の話題でさぞや持ちきりだった事かと存じますが、出社してすぐその話題を振られ「え?何それ?」と素で答えた自分はまんまと格安スマホのユーザーです。しかし、Jアラートに類似するアプリがすぐに見つかり、これがあればいきなり爆死することもなく、警報が鳴ってから着弾するまでの時間の猶予がある分、気持ちの上で少しは納得してこの世を去れそうでとても [続きを読む]
  • 前日光修験「林道小川沢線」
  • またもや鹿沼市の林道サイクリングですが、今回は栃木県道240号石裂上日向線と58号草久足尾線を連絡する峰越えの林道を探索してみました。写真は県道240号終点の加蘇山神社脇の標識。こういったものがあるくらいなのでここもすでに結構な山奥なのですが、目指す林道はさらにこの奥地となります。 [続きを読む]
  • 泥水ヲ啜ル
  • 奴隷号が前回の旅行で泥まみれになったので今週末も気にせずそのまま小雨のサイクリングを強行。そして以前からずっと「気にしたら負け」だと思って沈黙を守り続けていたのですが…ぶっちゃけロードバイクのボトルって汚いよね。これに口を付けて中の水を飲むんだぜ?衛生的にどうなの?写真にあるように道路の泥水やホコリがいっぱい付いてるじゃん?これぜってぇモロに飲んでるよね(笑)…とまぁ閑話休題。ところで今日は鹿沼市 [続きを読む]
  • 長野/群馬 国境「毛無峠」
  • 恒例、夏の遠征サイクリング2017は長野県と群馬県境にある毛無峠に行ってまいりました。現地までクルマを運転していてすでに山・山・山の「山尽くし」を通り越し、もはや「山まみれ」といった感想で、もしこの土地に生まれたら一生ヒルクライムコースに困らないなぁ(笑)などと余裕をブッこいていましたが、いざ走ってみたらあまりの自然の雄大さに「すみませんでした。」と半泣き。 [続きを読む]