月詠 にゃんたろう さん プロフィール

  •  
月詠 にゃんたろうさん: Cyaan,Magenta,Yellow.
ハンドル名月詠 にゃんたろう さん
ブログタイトルCyaan,Magenta,Yellow.
ブログURLhttp://nyan579.seesaa.net/
サイト紹介文自分の本や芸術作品についての案内や感想と日常雑記を徒然なるままに書いてます。
自由文こちらは本についての感想なので、映画は にゃんたろうの映画雑記へお願いします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供7回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2009/07/11 22:47

月詠 にゃんたろう さんのブログ記事

  • 肌荒れは医者へ行きましょう
  • しばらく本の感想を書いてません><;毎日ネットに埋没して投稿が進みませんが、只今読書中はこちら。Amazon新書版も出てますが、まず旧版から挑みます。約二回講演を聴いている馬渕氏なので、しっかり読み込まないと。しかし、講演時に筆記したメモが解読不能〓さて、本題に入ります〓顔の皮膚疾患に長い間悩まされていましたが(アトピー程ではない)、電車で数駅先の(私鉄沿線の終点)皮膚科医院(兼内科)へ行きました。某県 [続きを読む]
  • がんばれ、月刊誌。
  • 新潮45 2018年 09月号私が購入したのは、こちらの号でした↑。保守(何割かは左派的内容だと認識)誌にしては、まだまだ足りない内容でしたが、今後の努力に期待していたところ、最新号以降が休刊とは誠に残念です。水脈さん&擁護の評論家や政治家諸氏も何とか頑張って頂きたいです。日本はじめ世界がただしい方向へ進み、穏やかな状況になるよう、期待する所存です。『新潮45』なに休刊してんの!?言論には言論で対処しろよ! [続きを読む]
  • アラームと時計
  • しばらく暑さで休止しておりましたが(単なる怠けという説も〓)、最近ホラーやSF系小説無読(新書は読んでるけど、感想書きづらいのでUpせず)ゆえ、涼しくなる迄しばしお待ち頂ければ幸いです。タイトル名、アラームも時計も、各々相互関係無い話題ですが、ブラウザ(firefox)から本ブログにアクセスすると、最近アラームが出るように〓マルウェアではなさそうなので、一応許可に設定していますが、同様の警告に遭った方はコメ [続きを読む]
  • 日本のゴーギャン 田中一村伝
  • Amazonテレ東の「開運!なんでも鑑定団」に作品が出品されていたのを見て興味を持ち、早速文庫本を購入。今回もAmazonのコメ欄のように長く纏まった書評は書けそうもないですが、かといって諦めて本を閉じること無く、気づけば毎日のように同書を開いて読んでます。正直例えられるゴーギャンの画風は好きではなく(それよりも幻想的なアンリ・ルソーか)、描かれている南方の風物にも(暑い場所を嫌う故)あまり興味が沸かなかった [続きを読む]
  • 音大志向の弟家族
  • 正確には、弟よりも嫁(と半分位の意志の姪)、ですね^▽^;姪が中3になり、もう進路を確定する時期なのですが、どうも決めかねている様子です。私の個人的な意見では、一方向でなくもっと幅広く学ばせたいので、普通高校へ行かせたいと思ってます。(偏差値が低く公立では選択がなく、私立になるそうです)しかし、ピアノ教師(だか何だが不明ですが、音楽に関する仕事)を諦めた経験のある嫁としては、音大付属(と後の音大)に [続きを読む]
  • ムーンチャイルド/アレイスター・クロウリー 追記あり
  • ムーンチャイルド (創元推理文庫) - 遅ればせながら、あけましておめでとうございます新年当初、アレイスター・クロウリーの新訳をある古書店(サイン会付き)に買いに行こうと思っていたのですが、体調がかんばしくない事情もあり、やむなく古書通販にしました。該当書籍は少々高価な本でもあり、もう少し読みやすく安価な文庫を探したところ、喰い付きのよさそうな(?)著者ならではの個性的なファンタジーホラー小説が見つかっ [続きを読む]
  • 来年もよろしくお願いします
  • 神々の指紋上下巻、度々読み返しております〓特記すべき追記はないんですが、益々古代遺跡が記す人類への警告の重要性を認識した次第です。書物に従うとあまり低地には住まない、危険を常に意識する(政治経済も)ことが大事ですね。マスコミも勿論(天変地変レベルの大災害の危険を認識しても)書きそうがないでしょうし、自分のアンテナのみが命です。覚悟したとはいえ、まだ十年は現在の状況が持って欲しいものですが。来年も皆 [続きを読む]
  • 神々の指紋(下)/グラハム・ハンコック
  • 神々の指紋 下 (角川文庫) - Kindle版になっておりますが、実際に購入したのは単行本です^^vAmazonレビューでは、内容の賛同より否定的な見解が多いですね。伝統的な歴史(過去から現在まで多層でなく一直線の歴史)を重んずる意識では、さぞかし読みづらいことと痛感します。追記 urlを掲載した『急変する地球』サイトが削除されたため、類似する内容のブログを参照しております。おおまに http://blog.livedoor.jp/genkimaru1 [続きを読む]
  • 神々の指紋(上)/グラハム・ハンコック 追記あり
  • 神々の指紋 上 (角川文庫) - 一度押し入れに仕舞った『神々の指紋』(旧版)、上下泣き別れになり、見つかった上巻のみ読書中。下巻は何処に…作者の(スピ系)個性があまり好きではない故に長期放置した経緯があるので、かなりの取っ付き難さはあるが、休日や寝る前の読み物としては結構面白い。ラストの恐るべき「歳差運動」を先読み後、中核部分が読み進めませんがA^_^; 専らピリ・レイスの南極古代地図(文字より図面が楽 [続きを読む]
  • 高級車で送迎される夢
  • ある夜、グレーの高級車(外車っぽいけど型式は、国産かも)で送迎してもらう夢を見ました。画像にしたら、似ているのはこういう車種。夢の現実的には、もっとクールなまなざしですね^^bあまり車に関する知識が無いので、詳しく挙げられないけど。はっきりしないのですが、運転者&同乗していた方が、ようつべでは有名な極めてライト団体の方々。未視聴ですが、あるTV番組でも出演されたようです。何故今の時期に?実際、演説風景 [続きを読む]
  • 黄昏郷(おうごんきょう)/野阿梓 追記あり
  • 黄昏郷(おうごんきょう)作者: 野阿梓出版社/メーカー: 早川書房発売日: 1994/04メディア: 単行本 : 4回この商品を含むブログ (2件) を見る 表紙カバーは、こちら。『アルンハイムの領土』を昔小説JUNE86年8月号(年月は本書より、懐かしい)で読み、最近再読したく本書を購入。同章とラスト「ポケット一杯の偽り」を破竹の勢いで(笑)読了、ゲームノベル風の「雨天 ブルーバードの 飛ぶ」が最後に残ってしまいましたが [続きを読む]
  • ねむり姫/澁澤龍彦
  • ねむり姫作者: 澁澤龍彦出版社/メーカー: 河出書房新社発売日: 1983/01メディア: 単行本 : 1回この商品を含むブログ (8件) を見る最近、仕舞っていた書庫(衣装ケース)から出してきました。ネットで購入当初、どぎついピンクのカヴァーを見て後悔(^_^;Amazonの書籍欄にデザイン担当者が表記されてます。ねむり姫 単行本 – 1983/1澁澤氏の遺族や権利者は果たして本カヴァーを認めたのか?疑問ばかり。また、表紙が写 [続きを読む]
  • [本]件、豹/内田百けん
  • 冥途・旅順入城式 (岩波文庫) 作者: 内田百けん 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 1990/11/16 メディア: 文庫 購入: 8人 : 79回 この商品を含むブログ (34件) を見る 読書メーター↑こちらが紹介されていたtwitterの投稿を読んで、何年も読んでは放置していた『冥途・旅順入場式』を再読したくな [続きを読む]
  • 件、豹/内田百けん
  • 冥途・旅順入城式 (岩波文庫)作者: 内田百けん出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 1990/11/16メディア: 文庫購入: 8人 : 79回この商品を含むブログ (34件) を見る読書メーター↑こちらが紹介されていたtwitterの投稿を読んで、何年も読んでは放置していた『冥途・旅順入場式』を再読したくなり、読書後ブログに感想を書きました。時は4月。入学・入社して間もない人々(既に在学在勤し数年経っている人も)の期待と不安が [続きを読む]
  • 件、豹/内田百けん
  • 冥途・旅順入城式 (岩波文庫)作者: 内田百けん出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 1990/11/16メディア: 文庫購入: 8人 : 79回この商品を含むブログ (34件) を見る読書メーター↑こちらが紹介されていたtwitterの投稿を読んで、何年も読んでは放置していた『冥途・旅順入場式』を再読したくなり、読書後ブログに感想を書きました。時は4月。入学・入社して間もない人々(既に在学在勤し数年経っている人も)の期待と不安が [続きを読む]
  • [本]三百人委員会/ジョン・コールマン博士
  • カテを日常雑記としてましたが、ここで一応読了としたく題名を変えました。第2章80pに、反撃する唯一の方法と小見出しがあります。この箇所は、内容が少ないので是非読んで頂きたいですね^^b本書で挙げられた人物や機関名は暗唱できる位覚えて損はないでしょう。最初、なるべく情報過疎になる方が良いのかと思っていましたが、どうやら知識を蓄えた方が実戦に適するようです。著者のコールマン博士のように、人間を愛し祖国を愛す [続きを読む]
  • 三百人委員会/ジョン・コールマン博士
  • カテを日常雑記としてましたが、ここで一応読了としたく題名を変えました。第2章80pに、反撃する唯一の方法と小見出しがあります。この箇所は、内容が少ないので是非読んで頂きたいですね^^b本書で挙げられた人物や機関名は暗唱できる位覚えて損はないでしょう。最初、なるべく情報過疎になる方が良いのかと思っていましたが、どうやら知識を蓄えた方が実戦に適するようです。著者のコールマン博士のように、人間を愛し祖国を愛す [続きを読む]
  • 三百人委員会/ジョン・コールマン博士
  • カテを日常雑記としてましたが、ここで一応読了としたく題名を変えました。第2章80pに、反撃する唯一の方法と小見出しがあります。この箇所は、内容が少ないので是非読んで頂きたいですね^^b本書で挙げられた人物や機関名は暗唱できる位覚えて損はないでしょう。最初、なるべく情報過疎になる方が良いのかと思っていましたが、どうやら知識を蓄えた方が実戦に適するようです。著者のコールマン博士のように、人間を愛し祖国を愛す [続きを読む]
  • 総員起シ/吉村昭
  • 総員起シ (1980年) (文春文庫)作者: 吉村昭出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 1980/12メディア: 文庫この商品を含むブログ (1件) を見る昨年暮れより読み進めている本ですが、まだ読了に至らず。読書を終え一段落したら、改めて更に文章を追記する予定です。ネットで感想書くには、かなり重めの戦争短編が五話。実話ゆえ、生き残った或いは亡くなった乗組員及び関係者の方々には申し訳ないけど、唯々長期に渡る遺体保存への興味本 [続きを読む]
  • 総員起シ/吉村昭
  • 総員起シ (1980年) (文春文庫)作者: 吉村昭出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 1980/12メディア: 文庫この商品を含むブログ (1件) を見る昨年暮れより読み進めている本ですが、まだ読了に至らず。読書を終え一段落したら、改めて更に文章を追記する予定です。ネットで感想書くには、かなり重めの戦争短編が五話。実話ゆえ、生き残った或いは亡くなった乗組員及び関係者の方々には申し訳ないけど、唯々長期に渡る遺体保存への興味本 [続きを読む]
  • [本]総員起シ/吉村昭
  • 総員起シ (1980年) (文春文庫) 作者: 吉村昭 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 1980/12 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (1件) を見る 昨年暮れより読み進めている本ですが、まだ読了に至らず。読書を終え一段落したら、改めて更に文章を追記する予定です。ネットで感想書くには、かなり重めの戦争 [続きを読む]
  • 謹賀新年
  • あけましておめでとうございます。今年も我流の記事の予定ですが、よろしくお付き合いお願いいたします。2017年元旦ブログランキングに参加しています。よろしければ一日一回の をお願いしますm(__)m ありがとうございます。 [続きを読む]
  • 謹賀新年
  • あけましておめでとうございます。今年も我流の記事の予定ですが、よろしくお付き合いお願いいたします。2017年元旦ブログ村、人気ブログランキング、blogramに参加しています。よろしければ一日一回の をお願いしますm(__)m ありがとうございます。 [続きを読む]
  • [日常雑記]謹賀新年
  • あけましておめでとうございます。今年も我流の記事の予定ですが、よろしくお付き合いお願いいたします。2017年元旦ブログ村、人気ブログランキング、blogramに参加しています。よろしければ一日一回の をお願いしますm(__)m ありがとうございます。 [続きを読む]
  • クリスマスはなぜ危険か?
  • Yahoo!知恵袋よりクリスマスはなぜ危険か?巷で賑やかに催されている「クリスマス」に疑問を持つようになったのは、結構前からですね。疑問を感じてからは検索したり調べたりしてましたが、先日URLが分かり、明確な記述があるのは、上記のYahoo!知恵袋です。詳しくは、下記URLの文章を読んで頂けると判ると思います。h ttp://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/detail.php?note_id=133788 ←hをtに付けて入力文中、北欧のヤドリ [続きを読む]