ちゅんご さん プロフィール

  •  
ちゅんごさん: いただきマス倶楽部
ハンドル名ちゅんご さん
ブログタイトルいただきマス倶楽部
ブログURLhttp://masumasutokusima.blog115.fc2.com/
サイト紹介文料理が趣味で食べることが仕事な、 「いただきマス」の言葉を大切にしたい 食いしん坊です!
自由文曜日によってご飯当番の決まっている我が家。
私と奥さん・娘・おばあちゃんの手料理バトルで
毎日「食」を楽しんでます。

参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供33回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2009/07/12 06:09

ちゅんご さんのブログ記事

  • 神山温泉 四季の里
  • あっと言う間に11月も終わりで、今年もあとわずかになりました。今月は超忙しくて、その上ランニングの時間もしっかり取ったので、バタバタばかりしていました・・・そのひとつが、築20年以上経つ我が家のリフォーム。って、そんなに大層なものではなくクロスや畳・障子の張り替えなどですが、リビングやキッチンの家具を移動したり掃除したりと、仕事から帰って、奥さんと二人で夜中までひーこら言いながら残業していました。も [続きを読む]
  • とくしまマラソン2018エントリーできた!
  • 今夜はとくしまマラソン2018のエントリー開始日でした。この日のためにランネットに登録して、睡魔に耐えて夜十時まで頑張っていました。時間前にエントリー画面にアクセスするとすでに混雑画面になってます…バーボンを片手に、「焦っても同じだ〜」と画面を見詰めていると、12分たったころに突然エントリー可の画面に。落ち着いて必要事項を記入し無事エントリーが終了しました♪30分以上は格闘することを覚悟してました [続きを読む]
  • 晩秋のサザエってどう?
  • サザエって夏が旬のイメージがありますね。バーベキュー食材として重宝されるからでしょうか・・・ところが夏は産卵期なので、その前の春から初夏が肥えて美味しいと言われてます。夏は海水温や気温が高いので水揚げから流通の過程で傷みやすいですし、死んでしまったら肝が食べられなくなるので勿体ない・・・肝は美味しいし、可食部の半分以上を占めてますから。それじゃあ秋はどうなんだろう?サザエはほぼ一年中見かけるのですが晩秋 [続きを読む]
  • 日本酒が旨い季節の肴
  • お酒はほとんど何でもいただきマスが、メインは芋焼酎で、夏はロック、冬はお湯割り。休日はバーボンやワインをいただくことも。そして暑くも寒くもないこの季節は日本酒も常備します。純米酒の常温が好みなので、季節が限られるんですよね〜そして、徳島では魚が美味しい季節でもあります。年末の準備で市場へ出かけることが多く、仕入れのついでに肴用の魚を買ってきたりもします。先日も小振りのイサギが安かったので3尾だけ持 [続きを読む]
  • 初フルマラソン挑戦への決意
  • 2017年10月昨春以来、痛めていた足がほぼ完治したと思われる今年の春。恐る恐る少しずつ走りはじめて半年がたちました。夏には5〜10kmぐらい、ゆっくりめの速度でジョギングを週4・5回。涼しくなってきた9月から、週1回ぐらいは15〜20kmまで難なく走れるようになってきました。怪我する前の脚力と心肺機能までは戻すことができたようです。この調子なら来年2018年3月の「とくしまマラソン」に挑戦できそ [続きを読む]
  • 天狗塚からお亀岩避難小屋テント泊②
  • 2017年9月24日ぐっすりと寝て4時ごろ目覚め、テントから出ると満天の星空。ヘッドライトの明かりを頼りにお亀岩の稜線まで歩くと、北から南まで宝石を散りばめたように空が輝いています。写真家なら三脚を構えるんでしょうね。ちゅんごの腕では星空を撮れないのでお見せできないのが残念です。5時半ごろには薄明るくなってきたので朝食の準備。***** ライトを当てて撮ったので残念な感じ… *****ソーセージを焼いて家か [続きを読む]
  • 天狗塚からお亀岩避難小屋テント泊①
  • 2017年9月23日7月の連休に泊まって、とっても気に入ったお亀岩避難小屋。剣山から西方へ延びる縦走路のシンボル、三嶺から天狗塚の道中にあります。前回は名頃登山口から三嶺に登り、西熊山を越えて辿り着きましたが、今回は天狗塚に近い西山林道登山口からのアクセスにしました。徳島市内の近所のコンビニでおむすびとサンドイッチを買って5時半出発。国道192号線を西へ走り、貞光から左折して国道438号線を剣山方 [続きを読む]
  • 天狗塚に登ってきました!
  • 今月中旬の連休に予定していた天狗塚からお亀岩避難小屋泊の山行きが、台風18号の影響で中止になったので、1週間ずらしてこの連休に行ってきました。天気予報とは違ってガスが多く、そしてまた予想に反したハードなコースもあり、かなり疲れましたが良い思い出がつくれました。***** 2017年9月23日天狗塚山頂 *****記録はボチボチと綴っていきたいと思います。にほんブログ村 [続きを読む]
  • お気に入りの眉山散歩再開
  • 昨年はじめて眉山の本当の山頂へ散歩して、あまりにも快適なハイキングコースだったので、それから幾度となく歩くようになりました。たくさんある登山口のうち5か所ぐらいは、家から歩いて20分〜30分ぐらいだし、そこから大抵の人が山頂だと思ってるロープウェイ山頂駅のある展望台までは30〜40分ぐらいで、休日の長めの散歩に丁度良いのです。更に本当の山頂までは1時間弱かかるんだけど…そこまでの縦走路はアップダウ [続きを読む]
  • ちゅんご的、夏の体力づくりの秘訣
  • 先週の後半ぐらいから四国の徳島もめっきり過ごしやすくなりました。朝夕が気持ちいいって、それだけで幸せを感じてしまいます。このまま、すんなり秋になるとは思えませんが、山行きに備えた夏場のトレーニングを記しておきたいと思います。休日は汗びっしょりになっても帰宅すればすぐにシャワーを浴びられるし、時間も十分に取れることが多いので午前中に10kmぐらいジョギングするようにしています。昨年来、痛めていたひざ [続きを読む]
  • 阿波おどりも終わりました
  • 8月12〜15日の4日間ありました徳島市の阿波踊りも天気に恵まれて無事に終わりました!後半の2日間はちゅんごも街へ出て、踊りの熱気に包まれた徳島の夜を楽しんできました。いくつになっても、この雰囲気の中で呑むのはテンションが上がります。そしてそれが過ぎ去ったあとのこころの空白。夏が終わったな〜って、、、***** 3日目の紺屋町演舞場にて *****この4日間の始まる前日には広島から友人夫婦が遊びに来てくれた [続きを読む]
  • 三嶺からお亀岩避難小屋泊 その②
  • 2017年7月17日お亀岩避難小屋横に張ったテントで目覚めると、濃いガスに包まれていました。北側の尾根を越えてどんどんと流れてきます。きっと稜線は酷い風が吹いているんだろうなぁ。今日はこの小屋から西へ向かって天狗塚まで登り、牛の背を眺めて折り返す予定でしたが、天気や体力を考えて、直に帰路に向かうことにします。となると出発はゆっくりで良いので、のんびりと朝食を食べ、ぼちぼちと撤収して、最後にたっぷり [続きを読む]
  • 三嶺からお亀岩避難小屋泊 その①
  • 2017年7月16日先日の連休、梅雨も明けないのに天気がよさそうなので、急遽、いつも剣山から眺めて綺麗な山だなぁ〜と憧れていた三嶺(みうね)へ山歩きに出かけることに。***** 5月に剣山から遥か彼方に見た三嶺 *****折角の連休だから三嶺から足を延ばして稜線歩きを楽しみ、人気のある、お亀岩の避難小屋で泊まる予定にしました。剣山の登山口「見ノ越」からさらに25分ほど奥へ下った三嶺の登山口「名頃(なごろ)」 [続きを読む]
  • 物忘れ防止なトマトのパスタ2種
  • テレビを見ていたら、「物忘れ一番県」として徳島が・・・そして忘れない一番県として神奈川県が紹介されていました。なんでも神奈川県はハイカラ(古っ!)な食材の消費が多く、その中でも、トマト、チーズ、ワインなどには抗酸化物質が多く含まれているので、脳の老化を抑制するのに一役かっているんだとか。ほんとかどうかわかりませんが、素直に信じて、そんな食材を使った季節の食事にしてみました。産直野菜のコーナーをウリに [続きを読む]
  • 剣山2日目☆その②一ノ森〜剣山〜次郎笈
  • 2017年5月28日(快晴)二日目の山歩きは、食材が減って軽くなったので、多少楽になったかなぁ。一ノ森から二ノ森へは下りの後、登りがあるので、息を休み休み進みます。***** 二ノ森では暑くなってきたのでジャケットを脱ぎました ********** 二ノ森を越えると見晴らしの良い稜線に ********** ほとんどピークのない三ノ森からは次郎と太郎が間近に *****森林限界を超えたこの辺りは木々がほとんどなく、素晴らしい眺 [続きを読む]
  • 剣山2日目☆その①山泊まりならではのご来光
  • 2017年5月28日はじめての山テント泊の二日目、楽しみは何と言っても「ご来光」日の出時間は5時ごろですので、4時半には一ノ森の山頂に立ちました。気温は零度近くまで下がっており、完全防備のつもりでも震えと鼻水が止まりません・・・***** 東の空はすでに赤く染まっています *****予定では吉野川の河口方面から朝日が昇る予定。***** 真冬の格好 ********** 朝日が覗く *****そして5時過ぎには雲間から朝日が顔を [続きを読む]
  • 剣山☆はじめての山テント泊の中華な食事と夕日
  • 2017年5月27日車移動のキャンプや車中泊は若いころから経験があるのですが、昨年の夏に上高地へ出かけたときに、大きなザックを背負って歩く人を多く見かけて。いつか自分もテントやシュラフを担いで山でテント泊をしたいものだと思うようになりました。それには担げる山道具が必要なので、従来の道具を買い換えてひとつずつ揃えて行ったのです。テント、シュラフ、マット・・・、それらを持ち運べる大きなザック・・・オート [続きを読む]
  • こんぴらさんの奥宮参り
  • 2017年5月4日石鎚山玄関口の石鎚温泉京屋旅館の駐車場で車中泊した後は高松道経由でこんぴらさんへ行ってきました。子どもが小さい頃にお参りして以来だから、もう20年近く前になるかなぁ。記憶もうっすらしてくるほど遠い昔のように感じます。 ***** 大門をくぐると五人百姓の飴屋さん *****土産物屋さんが並ぶ賑やかな参道を356段登ったら大門があり、この奥には五人百姓が加美代飴というべっこう飴を売ってる所で [続きを読む]
  • 連休前半の「岳人の森」
  • 2017年4月29日大型連休の前半は徳島県神山町の「岳人の森」で山の自然を楽しんできました。山岳植物園内の「囲炉裏小屋」をとっていたので、キャンプじゃないから準備も楽です。といっても娘夫婦も同行なので、いつもとは違う打ち合わせに手間取りましたが・・・岳人の森に到着してすぐに「砥石権現」へ山歩き開始。娘たちは普段に山歩きをしていないので、すぐに息が切れるようで、休憩してる時間の方が長いんじゃない!って [続きを読む]
  • 石鎚山
  • もうすぐ5月も終わりだと言うのに連休の出来事がまだアップできていません…前半は徳島県神山町の「岳人の森」をベースに「砥石権現」へ登山し、岳人の森の「囲炉裏小屋」で宿泊。後半は愛媛県にある西日本の最高峰「石鎚山」へ登山して下山後は登り口にある温泉の駐車場で車中泊。帰り路に香川県の「こんぴらさん」を参拝。と、四国から出ることなく、あまりお金をかけずに近場で遊んでいました。2017年5月3日徳島道と松山 [続きを読む]
  • 京都「平八茶屋」の麦とろろ御膳
  • 2017年4月20日仁和寺から「きぬかけの路」を東へ15分ほど歩くと世界遺産「龍安寺」です。きぬかけの路は意外と交通量が多く、歩道はあるものの、あまり情緒的ではないですね。***** 龍安寺山門 *****10時を少し過ぎていましたので、拝観受付には修学旅行生や海外からの観光客で溢れています。***** 有名な枯山水の石庭 *****境内には桜苑や鏡容池など見どころもたくさん。京都のお寺はどこも大切に手入れがされてい [続きを読む]
  • 京都「仁和寺」御室会館にお泊りと朝のお勤め
  • 2017年4月19日夜から翌朝今夜の宿、仁和寺(にんなじ)の御室会館(おむろかいかん)に到着したのは薄暗くなってから・・・宿坊なので夕食は6時って決まってるから間に合ってよかった♪***** 精進料理じゃありません(笑) *****上品な味付けの料理はどれも美味しく、お腹がペコペコなのでご飯はお代わりをしました!もちろんビールもいただきましたよ。二人なのに部屋は14畳もあって広々と使わせていただきました。って [続きを読む]
  • 上賀茂神社から下鴨神社
  • 2017年4月19日午後リストランテ愛染倉から西へ15分ほど歩くと、世界遺産「上賀茂神社」に到着。***** 鳥居をくぐって広い中庭へ出ると、しだれ桜が満開 *****今回の旅は公共の交通機関利用かつ、移動範囲が割と広いので荷物はザックに背負ったまま歩いています。***** 上賀茂神社拝殿 *****立砂が綺麗に盛られています。お参りを済ませた後は境内に広がる庭を散策しました。歴史を感じる素敵な空間が広がり、巨木と岩 [続きを読む]
  • 京都上賀茂「愛染倉」のランチ
  • 2017年4月19日仕事に遊びにと時間がいくらあっても足りない生活の中、奥さんの誕生日祝いに京都まで小旅行に出かけました。徳島を7時の高速バスに乗り京都駅までは約3時間。地下鉄で北山まで移動して、ここからは一日ほとんど歩きです(笑)まずは上賀茂のウェディングリストランテ「愛染倉」(あぜくら)でランチ。実はブログを始める以前に縁があって2度ほど食事をしたことがあります。酒蔵を移設改装した趣のある建物と [続きを読む]
  • 野蒜入り豚つみれの豆乳鍋
  • 野蒜(ノビル)はニラと分葱の中間のような野草で色々と料理しやすいから、春に河原へ野草摘みに行ったときは必ず収穫してきます。この春に一番美味しかった野蒜料理は豆乳の豚つみれ鍋でした。来年のためにもつくり方を記録しておきます。①豚ミンチ500gに塩小さじ1を加えて粘りがでるまでしっかりこねる。②野蒜(白葱やニラでも良い)150gと玉子をフープロにかける③豚肉にしっかりと練り込む④片栗粉大さじ5、薄口醤油大さじ [続きを読む]