バジル さん プロフィール

  •  
バジルさん: 和のお菓子作り
ハンドル名バジル さん
ブログタイトル和のお菓子作り
ブログURLhttp://wanokashi.exblog.jp/
サイト紹介文四季折々の茶の湯を楽しみながら、 我が家の小さな台所で、 のんびり和菓子を作っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供49回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2009/07/17 08:13

バジル さんのブログ記事

  • やさしい和菓子作りの会☆三種のじょうよ饅頭
  • 九月の和菓子作りの会は皆さんと三種の薯蕷饅頭を作っています。「お月見うさぎ、すすき、光琳菊」+稲穂の打ち菓子。大和芋を丁寧におろして、生地作り。ビート上白糖と茶色の素精糖を生地に使いわけて真っ白お饅頭とうっすら茶色のお饅頭に仕上げます。焼印の練習などしながら、熱々お饅頭のできあがり。稲穂の干菓子は、煎りの深いきな粉と素精糖を合わせて、木型に詰めて、さささー、ぱかっ!っとやりたいところですが、そう職 [続きを読む]
  • 鈴の練切と稲穂、ひさごで家族茶道稽古
  • 姪が家に来て、息子、娘、夫、そして私、揃って茶道稽古。義母の稽古場はフル回転。大急ぎで鈴の練切を作って、稽古のお菓子に。ドラえもんの鈴。干菓子は前日の結婚お祝いの茶会用に作った、寒氷の瓢箪と、深煎りきな粉の稲穂。成人した孫4人のうち3人が茶道稽古に取り組んでいます。皆、足が痺れる人たちなので、足を崩してもOK😊痺れ対策を話し合ってます😊 [続きを読む]
  • 結婚祝い御菓子重「福寄せ」
  • 御菓子重「福寄せ」??結婚お祝いのお茶会に、和菓子を作らせて頂きました。福がたくさん集まりますように!お祝いの気持ちを込めて、福寄せ。秋のお菓子、吹寄せのおやじギャグみたいな感じで思いついた銘、結構気に入りました。お多福饅頭、紅白きんとん、祝鈴、常盤浮島、おたふく豆の五種。干菓子は稲穂と、寒氷のひさご。😊絵図をかいてるうちにお祝いの気持ちが前のめりになって、盛りだくさんな内容に。骨董で見つ [続きを読む]
  • 葛蒸羊羮を持って、森の中のお家へ。
  • まりもさんと小田急線に乗って、森の中のお家へ。茶道教室をされてる、尊敬する大先輩のお宅です。前日、手土産のお菓子を作りました。小豆を茹でて漉して、水にさらして水を絞った状態、さらし小豆。砂糖を入れる前、こし餡の一歩手前のものです。以前、有名羊羹屋さんから羊羹を作る時はさらし餡に砂糖と寒天を合わせていくと聞きました。あんこに寒天を合わせるんじゃないのね、と、記憶の片隅。さらし小豆を扱ってみたかったの [続きを読む]
  • 錦玉羹ヨーヨー釣り
  • 友人の主催するワインの夕べへ、夕方から氷川神社へ☆夏祭り風情の和菓子が作りたくて、お土産は錦玉羹ヨーヨー釣り。生活クラブの安心、美味しい消費材で錦玉羹を作ります。自家製小豆こし餡、白餡。赤えんどう豆、小豆甘納豆。そして青森からのすももも入れて固めました😊形良く仕上がるように、固める時は、洗濯バサミで吊るしています(屋内常温)😊小さい子も大人も、黒文字の釣り竿でつってもらいましたԅ [続きを読む]
  • 西瓜の干菓子☆スリランカ留学生
  • 西瓜の半錦玉とお抹茶を持って、大泉学園へ。スリランカからの留学生たちにカレーの作り方を教えてもらえるとカフェの主催者さんにお誘い頂いて、でかけてきました!日本に来たばかりの留学生さん達(21歳から25歳位)えーーーみんなシェフみたーいって思えるほど丁寧で、手早い作業。美味しい料理を沢山作ってくれました!料理の名前を色々聞いたのですが、シンハラ語の音として聞こえるので日本語のカタカナに記すことはできない [続きを読む]
  • 蓮池の浮島で☆パイナップル水羊羹
  • この季節の楽しみ、蓮池の浮島で、お抹茶一服させていただきました。木工家具の巨匠の素敵なお家。リビングから森を抜けていくと蓮池が現れます。大きな鷺が飛んで、いい風が吹いて、白、クリーム、ピンクの蓮がゆらゆら。パイナップル水羊羹沖縄缶詰めパイナップルに小豆こし餡の水羊羹を流して、北海道赤えんどう豆を塩茹でして散らします。そして、波照間の黒糖をグラニュ―糖と合わせ蜜にしてとろーり。フルーツあんみつの風情 [続きを読む]
  • やさしい和菓子作りの会 わらび餅祭り
  • 7月最初の和菓子作りの会は、わらび餅祭り😊北海道福白金時豆を練り上げた白餡と、北海道小豆を練り上げたこし餡をたっぷり用意しました!1回転目、特選わらび粉で杏わらび餅、黒蜜がけ😊2回転目、本わらび粉とビートグラニュー糖できな粉本わらび餅😊3回転目、本わらび粉と和三盆で巻き本わらび餅😊本わらび粉を水に溶く様子ははセメント作りみたいー、弾力のあるわらび粉を鍋で力一杯練り上げました [続きを読む]
  • 水無月 やさしい和菓子作りの会
  • 夏越の祓い、やさしい和菓子作りの会は水戸、青森、埼玉、地元石神井からみなさんお集まり頂いています。ういろうの水無月は米粉と葛粉と、黒糖いっぱいの配合で。もちもちの中にもつるっとした歯ごたえを感じる仕上がりに。吉野本葛を使って、葛まんじゅう、葛を鍋で練っていく作業は塩梅が難しいのです。半返しのちょっと手前!本返し!やまと糊状態!など、葛独特の言い回しがあったりして、面白いのですけど(^^)同じ作業を [続きを読む]
  • 和菓子のお届け Gallery hechi 夏の展示会へ
  • 水無月初めに、喜多見のGallery hechiさんへ、展示会用の和菓子をお届けしました。The Summer Collection 2017タイ、カンボジア、ラオス、私の心を惹きつける国々のテキスタイルが、hechiさんのデザインで、和の趣に似合う風合いに仕立て上げられています。着物にも洋服にも合うトートバックは2つめを今回頂いて来ました。茶道の友人にも、大学生の娘にも欲しー💕っと言われています😊 [続きを読む]
  • 磨りガラスの様な葛まんじゅう
  • 六月水無月、葛のお菓子を作り続けています。今朝は、吉野本葛と北海道ビートグラニュー糖を鍋で練って、自家製小豆こし餡を包んで茶巾絞りの葛まんじゅう。つるつるに蒸しあがったおまんじゅうに、片栗粉でお化粧。磨りガラスの様な質感に仕上げました。冷やさなくても、葛独特のひんやり感があって、梅雨の季節によく合います。本葛は森野吉野さんを使っています。貴重な貴重な薬、袋からごろごろ出すたびにその姿に癒されます。 [続きを読む]
  • 浮島OTAUEをお土産に、筑波山へ
  • 田植えのすんだ若い緑の風景、浮島菓子OTAUEを作って、筑波山へ。クリーム色の浮島にはどんな陶器色が合うかな。笠間の伊藤アトリエさんで、菓子器の制作を頼んできました。浮島をのせて、作家さんと相談。面白い菓子器に仕上がりそう!出来上がりを楽しみに待ちます(^^)ランチはカフェ&ギャラリー p.dog5とむらへ。自家製野菜、ベーコンのサラダ。初夏の庭に、花とみつばちがいっぱい。浮島OTAUE 田植え歌 [続きを読む]
  • 薯蕷饅頭「波に魚」なみにうお
  • 茶道のお稽古用に薯蕷まんじゅう作り。夏の間は大和芋の独特の粘りが弱くなってくるのでお饅頭がふくらんでくれるように念入りに空気を入れこんだり、注意深く生地を作ります(^^)上手くふくらみましたー。渦巻文様の焼印をじゅー。若鮎形の小さな羊羹をのせて、波に魚のお饅頭が出来上がりました。水紋の菓子器は、、、実は明かりとり窓にはめる窓ガラスです。デザインサンプル用にに作られたものを数種類、工場から頂きました [続きを読む]
  • フランスからのお客さま☆和菓子作りの会
  • フランスからのお客様がきてくださいました。前回きていただいてから、もう4年の月日。http://wanokashi.exblog.jp/18557124/フランスでの和菓子作りや日本食レストランのこと、ワインのことなど、聞きたいことがいっぱーい!和菓子の会、番外編は私の趣味のクメールミニランチ付。おしゃべりいっぱいの楽しい会になりました(^^)フランス、横浜、湘南、東京、あちらこちらから和菓子好きのみなさんとご縁がつながって嬉しいで [続きを読む]
  • 青楓の練切☆スリランカ料理祭り
  • GWのお客様、スリランカ料理を食べに行ったり、習いに行ったり、食材を探しに行ったり、美味し、面白く作れるようになってきたので、お友達を呼んでスリランカ料理祭りをしました。玄関ドアを開けたら、スリランカスパイスの香り〜。そんな中、数寄茶の間でお抹茶一服。青楓の練切を作りました(^^) [続きを読む]
  • 二宮のカフェダイニング「NINO」へ☆木の芽薯蕷饅頭
  • GW、遊びのはじまりは、二宮のレストランへの遠足(^^)生活クラブ生協の組合員さんのお店に懐かしいみんなが集まって美味しいお料理を頂きました。https://tabelog.com/kanagawa/A1404/A140408/14037298/乾杯に出てきたシードルに感激☆私の大好きな神楽坂のガレット屋さんで頂ける美味しいシードルでした。お土産の木の芽薯蕷饅頭。友達から分けてもらった山椒の木が、植木鉢で育ってます。 [続きを読む]
  • 花菖蒲☆薯蕷練切
  • 端午の節句が近いですね。このブログがご縁で茶道を学んでいらっしゃる方々が和菓子作りの会に来てくださいました。大和芋を蒸して、濾して、白餡とあわせて皆さんで練切の生地作り。布巾でもんでいくと、だんだんに白くなって、なめらかになっていくのがわかります。紫、黄色で色付けをして、茶巾でしぼって、たくさんの菖蒲の花が咲きました(^^)作りたての柔らかい練切でお抹茶一服。朧 浦島草ご参加の皆様、どうもありがと [続きを読む]
  • イタリアンのお店で茶の湯立礼点前
  • 茶の湯三回講座の生徒さんが経営するイタリアンのお店へ伺いました。美味しいピザ、パスタ、ドルチェの後、お抹茶を点ててもらいました!イタリアのアマルフィ窯元で焼いてもらっているというオリジナル食器を茶道具に見立てて、テーブルでのお店前です。カラフルな絵付け文様が明るくて楽しい!ピッチャーから熱々のお湯が注がれます。街で大人気のお店なので、時間に余裕がある時だけのサービスだそうですが、常連のお客様にも喜 [続きを読む]
  • 上野東博、桜の茶会&第12回ボジフェス
  • 上野東京博物館のお池の向こう、見え隠れするお茶室。先日、念願かなって、友人のお茶席へいってきました。工芸作家さんたちがこのお茶会の為に創った釜、炉縁、風呂先、茶入れ、茶碗、どれも素敵。お茶会の様子はまりもさんのブログへ。http://soujinboku.tea-nifty.com/marimo/2017/04/post-ae38.html楽しいお茶会の後は、向島の足袋屋さん「めうがや」さんに連れて行ってもらって、隅田川の桜をぶらぶら鑑賞。その後、大混雑の [続きを読む]
  • 村雨生地のお菓子☆実験中
  • 村雨生地のお菓子を急に実験したくなったのは、先日、高輪のお茶会で寒川神社様の「年輪」という美味し〜お菓子を頂いたことがはじまり。小豆餡の村雨生地で、美味しい粒あん羊羹をぐるぐるまき。京観世とか、雲龍とか、そういうお菓子が大好きなんですが、以前、試しに作った時に難しくてへこたれてしまってました。でも、やっぱり、このほわっとぽそっとした食感は好き。というわけで村雨生地のお菓子を実験中。自家製白餡に米粉 [続きを読む]
  • 夏みかん浮島と羊羹の流し合わせ
  • 夏みかんのジャムが沢山できたので、夏みかん浮島を蒸しました。ぽかぽかの春を待つこの季節には、やっぱりピンクを使いたくなります(^^)色粉でピンク色に染めた羊羹生地を流し合わせてみました。浮島生地を蒸して、冷ましてから、羊羹を流しこむのですが、羊羹生地の温度が高いと、とろとろで浮島生地に吸い込まれて終わり。温度が低いと、食べる時に、浮島とぱっかり割れてしまう。温度調整が結構難しいのです。今回は45度 [続きを読む]