ブルりんちょ さん プロフィール

  •  
ブルりんちょさん: 編み編み、読み読み〜ブルりんちょのひとり言
ハンドル名ブルりんちょ さん
ブログタイトル編み編み、読み読み〜ブルりんちょのひとり言
ブログURLhttp://bulllrintyo.blog54.fc2.com/
サイト紹介文編み物好き。あみぐるみと編み雑貨が中心。 本が好き。ミステリーとファンタジーが多いけど雑読。
自由文人生、半世紀をすぎてあせりだし、何かしなくてはとブログをはじめました。
好きなあみぐるみと編み雑貨の紹介と読書感想文(?)をのせてます。
編み物して、本読んで、毎日仕事して、お気楽なひとり言です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供54回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2009/07/17 08:25

ブルりんちょ さんのブログ記事

  • 「髑髏の檻」「キリング・ゲーム 」 ジャック・カーリイ
  • 年末・年始、忙しかったけど、本だけは読んだ。コナリー、ディーヴァ―ときたら次はこれでしょう、と読んだけど、実をいうとジャック・カーリイが苦手です。面白いと思うし、うまいと思うのだけど、カーソンがなんか好きになれない。重い過去を持っているので、わざと軽いのかもしれないけど、その軽さがちょっと好きくありませんな。2作続けて読んだけど、「髑髏の檻」は気持ち悪すぎた。田舎に一人いっての捜査なんで、ちょっと [続きを読む]
  • 今日からまた始まり
  • あけましておめでとうございます今日から仕事でございます。また忙しい毎日が…年末は長男が孫を連れてやってきて、楽しい毎日でしたが、疲れました。孫守りって大変!姑は呆けに磨きがかかってくるし、今年も大変そう。あみぐるみの技能認定を受けるつもりで、課題作品を編まなくちゃいけない・・・孫が帰ってからと思ったけど、、疲れ果てて編む元気なし。どーすんだ?1年の計は元旦にありだべ。今年もぐずぐずで行くかぁ。にほ [続きを読む]
  • 「スティール・キス 」  ジェフリー ディーヴァー
  • 読んだ後、スマホさわるのがちょっと怖かった・・・毎回、新たな視点で、あの手この手とやってくれるディーヴァ―に感心してます。しかし、最近の作品はちょっと専門的すぎ、それの補足に追われる部分が多くて少し食傷気味。作者もネタつくりに大変なんだろうなぁ。変なところで納得してしまいます。面白い話で、最後のドンデン返しもさすがです。むりくり感がなく、素直な感じで、この方が好きですね。でも、なんか物足りない。ハ [続きを読む]
  • 「罪責の神々 リンカーン弁護士」 マイクル・コナリー
  • きゃ〜!コナリーだ〜!いそいそ買い込んで読んだら、面白い。ボッシュものではなく、ハラ―ものなんです。今まで、ハラーってあまり好きな方じゃなかったのです。映画でマシュー・マコノヒーがミッキーを演じて、ちょっと見直したってところです。映画化されたとき、映画自体はあまり面白くなかったんですが、まあまあ、主演に免じて良しとして・・・映画のおかげで全体像が想像できやすくなりました。車の中で仕事って、庶民には [続きを読む]
  • スリーパー
  • 次男に赤ちゃんが生まれます。男の子。で、なんか編もうとはじめたのですが、ぐずぐず、ぐずぐず編んでいて・・・はよ編まんと生まれるバイ!あわてて仕上げました。斜行していた編み地もアイロンでバッチリ。余り糸を寄せ集めて編んだせいか、ちょっと前後の大きさが違うような??、よかろ。うちの孫やけん。でも、うちに仕事に来ているOさんが、 「スリーパー?  うちの子供にはあんまり着せなかったですねェ。」あらら、、 [続きを読む]
  • あみコレ京都と紅葉
  • 急に思い立って、「そうだ、京都に行こう!」で、高校時代の仲良しのK子に連絡。彼女は京都好き。京都通。 K子 「宿が取れなかったら、日帰りね。」でも、宿が取れたので、25日にあみコレに行き、ホテルに1泊。翌日、朝からもう一度、あみコレ行き。前日の夜、ホテルでK子が 「あ〜ん。あのりす、やっぱり買えばよかった〜。」 「だから、言ったでしょ。買いなさいって・・・」と、いいつつ、自分も、lemoさんのネック [続きを読む]
  • 「メソッド15/33」  シャノン・カーク
  • 誘拐犯に誘拐された天才女子が、脱出&復讐を企てる。  クレイジー&クレバーな主人公が挑む痛快脱出劇!とあったけど、そこまで痛快でないし、脱出劇でもない。淡々と感情の抑制された状態で文章をかいているという主人公だけど、これは・・・訳仕方が悪いんじゃなかろうか?もうちょっと何とかやりようがあったのでは・・・と感じて読んで最後に翻訳者がこれが遺稿になったとかで、さもあらんと思ってしまいました。話自体は面 [続きを読む]
  • 「ダーク・マター」 ブレイク・クラウチ
  • 見知らぬ男に殴り倒され、気を失ったジェイソン・デッセン。目覚めると、彼の人生は一変していた……。ソニ・ピクチャーズ映画化確かに、映画にすると面白いかも。今の世界と並行して枝分かれした世界が存在し、そこにいる自分が・・・となってくるとこれはSFだと思うんですが?ただ、論理的に考えると辻褄合わないことも多く、まあ、そこは小説だし、大目に見るとしましょうか。話のそもそもが自分の頭の中では整理つかなかった [続きを読む]
  • 「暗殺者の飛躍」 マーク・グリーニー
  • 続けて同じテイストの作品を読んで、飽きるかと思いきや、面白い。今回のグレイマンは新境地で、どうなるか興味津々。ちょっとできすぎかなぁと思う部分もあるけど。CIAの後ろ盾を得たのに、敵役みたいに出てくる新しいハンドラーのスーザンのいやらしさがなんか嫌だけど気になる。相変わらず、正義の人であろうとするんだけど、CIAの手先ということでそれが鈍っているようで、なんか最初は戸惑う感じ。でも、あれよあれよと [続きを読む]
  • 編み地の斜行
  • 孫用にスリーパーを編んでいます。久しぶりに編んだら、    なんかななめ。         久しぶりやけん、腕が落ちたバイ・・・なんて思ってたら編み図に書いてありました。 「斜行するのでアイロンで整えてください。」良かった・・・腕が悪くなったわけじゃあなかった。にほんブログ村 [続きを読む]
  • かぎ針編ネックウォーマー
  • 本も愚図ついてるけど、編物もはかどらない。この前から編んでいたストレッチ編みのベビーベストは写真を撮る前に送ってしまった。真ん丸ベストも編んだけど、これも写真撮り忘れ。あみぐるみはとんとご無沙汰だし、なんかほんとに愚図ついてます。で、久しぶりに毛糸を見に行って、ぐずついた気持なので何も買えず、  これってうつ?いや、いかん、と、キットを1個買ってきて仕上げました。簡単なメビウスのネックウォーマー。1 [続きを読む]
  • 「眠る狼」 グレン・エリック・ハミルトン
  • やたらと本は読んでも面白いと思うものがない。「虚ろな街」 ランサム・リグズ   ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたちの続編だけど、ちょっと長い? まだるっこしい。写真との融合だけど、無理やり写真にこじつけるのも大変なんだろなとおもってしまいました。 次回で終わるそうなので、先は気になります。「ウィッチャーⅠ エルフの血脈」 「ウィッチャーII  屈辱の刻」 アンドレイ・サプコフスキ これこそ長い! ゲー [続きを読む]
  • 甘え方を知らない犬
  • 娘が犬を飼い始めました。 「犬より子供でしょ!」とは言ったものの、写真が送られてきて納得。こんなかわいいんじゃねェ。     トタンに家のコタローが不細工に見える。いやいや、洗うとこんなに真っ白よ。なかなかかわいいよ。     娘が送ってきた動画を見て・・ふと?こんな風に甘えたことがない。よちよちの子犬の時期を保健所で過ごして、人に甘えたことがない・・。そういえば、今、やたらとお手みたいなしぐさを [続きを読む]
  • 免疫力は寂しさに比例する
  • 咳がなかなか止まりません。H氏にもうつって咳してます。でも、私みたいに熱が出ないかった。 「おれは鍛えているし、お前とは気構えが違う。」そんないわれたって・・・・思えば、娘が東京に引っ越しするときは扁桃腺が腫れて、病院で点滴を3日間したんでした。 娘が出ていく寂しさで?そして今回。心の寂しさが免疫力を落として熱が出た?    元気だそ!明日は孫がやってくる。にほんブログ村 [続きを読む]
  • H氏が泣いた日
  • 今年の一大イベントの娘の結婚式が終わりました。ハウスウェディングとかいうので、レストランを借り切って、ガーデンチャペルで式を挙げ、そのあと食事、ケーキカットとデザートはお庭でワイワイと。とてもいい式でした。        姑が結婚式に行けなかったので、娘婿が事前に娘に内緒で、姑のお祝いのメッセージビデオを撮りに来ました。わざわざ東京から福岡まで…優しい旦那さん。とても素晴らしいビデオでした。娘はニ [続きを読む]
  • 熱が出た
  • 熱が出た。夜中にいきなり…寒気がして、咳が出て、熱が出た。扁桃腺も腫れてない。姑がデイサービスで風邪をもらってきて、ぐずぐず長引いているけど、それがうつった。  あかん、もうすぐ娘の結婚式・・・・薬飲んでなんとか、治りつつあるけど、咳が止まらない。めちゃめちゃ体がだるい。結婚式に新婦の母がマスクなんて・・・強力咳止めを作るべ。後は気力で乗り切ろう。にほんブログ村 [続きを読む]
  • いささか疲れております
  • 甘えて吠える・・・ご飯くれ!散歩行きたい!遊んで!おバカなうえに自分勝手・・・まあ、それは最近の姑も同じ・・・ではないか。ちょっと“かまってちゃん”になっているので手がかかるだけ。娘の結婚式もあるし、次男に赤ちゃんが生まれるし、同窓会の案内が来てもいけません。 でも、めげませんよ!コタローを引きずりながら、散歩して、赤ちゃんの編物して、眠たい目をこすりつつ、本も読み、自分の生活のリズムを取り戻しつ [続きを読む]
  • 「弥栄の烏」 阿部 智里
  • いやいや、これで完結ですか?どこが弥栄(いやさか)やねん!まあ、万歳の意味もある言葉なのでお手上げで終わりってとってもいいかもしれん。この話は前作の「玉依姫」から続けて読まないとわからんですよ。前作が私としては面白くなかったのでそれを踏まえてこの本を読むというのがまた、面白くない。話の設定は面白いのですよ。このシリーズが好きなんですよ。決してつまらない話じゃないんですよ。ただ・・・・好みじゃない。 [続きを読む]
  • 「風の名前」 パトリック ロスファス
  • とてもおもしろい・・・と、4巻までは読んだ。5巻が出るのにちょっと間があったので、他の本を読んだりして、時間あけて読んだら・・・これがつまんないんだよ。なんで ハリーポッターのちょっと大人版ていうわけだけど、最初はスムーズにいくのに、途中から話がもたついているからかな?作者は自分の学生時代が楽しかったんだろうね。私が思うに・・・女がじゃまじゃ。麗しのデナとかいって主人公のクォートがやに下がっている [続きを読む]
  • 「パンドラの少女」 M・R・ケアリー
  • 「風の名前」が5巻が出るまでにちょっと間があったんで、その間に暇つぶしの感で読んだらこれが…確かに出だしはカズオ・イシグロの「わたしを離さないで」なんだけど、最後まで来て、やられちゃいました。 こうくるかバイオハザード:ザ・ファイナルでは最後にゾンビがみんな死ぬんだけど、これは違う。話違うけど、バイオハザードの映画でのローラはたいしたことなかったねェ。ローラちゃん好きだからもっと活躍してほしかった [続きを読む]
  • 頭の悪いイケメン犬
  • とても凛々しく見えますが、おバカです。全く学習しない。裏の畑だけで、外に散歩に行けません。とても怖がり。何とか私には懐いて尻尾も振るけど、H氏のことは怖がっています。私から見ると少し興味もあって懐きかけているのに、 「おれから逃げ回って・・・かわいくない!」そんないってるから、懐くのがまた遅れます。もうちっと気長に待てよ。年寄りは待てないんだわね。先が短いから。H氏も老年の始まりか・・・加齢臭も気 [続きを読む]
  • あみコレ出れない
  • 今年もあみコレの募集が始まりました。でも、今年も参加できそうにありません。残念!仕事は相変わらず忙しいし、姑の介護もあるし、娘の結婚式もあるし、年末には次男に子供が生まれるし、なんか、気がせくというか、落ち着かないというか、ゆっくり編めないのです。自分の時間がないこんな状態が続くのはつらいので、なんとかすれば出れるかも? やっぱムリだわ・・・にほんブログ村 [続きを読む]
  • 犬のしつけも編物もできないけど、本だけは読みまくり
  • コタロー、大きく、りりしくなってきましたが、何も覚えません。様子はいいようでほめられます。頭の軽いイケメン犬です。編物もバッグを編み上げて後、鬱々で進みません。本は読んでも、感想を書くのが億劫です。「レッド・クイーン」  ヴィクトリア・エイヴヤード まあ、こんなもんかなぁ。期待したほどは面白くなかった。でも、続きは気になる。「ブラックボックス」 マイクル・コナリーきゃあ、ボッシュよ〜!って読んだけ [続きを読む]