ショットバーマスター さん プロフィール

  •  
ショットバーマスターさん: ショットバーマスター 濱田浩朱のブログ
ハンドル名ショットバーマスター さん
ブログタイトルショットバーマスター 濱田浩朱のブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/hamadahiroake/
サイト紹介文バーのマスターだった濱田浩朱の覚醒の体験、そして人生そのものの変容体験をお伝えしています。
自由文2010年、覚醒の一瞥を経験。そこから人生の質が、生き方が根本的に変容しました。拡大した船体意識は、人生を、常識を根本から変わります。バーのマスターだった濱田浩朱の覚醒体験からの気づき、変容体験をお伝えしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供369回 / 365日(平均7.1回/週) - 参加 2009/07/20 15:38

ショットバーマスター さんのブログ記事

  • 不安の意外な正体
  • こんにちは、降ってくる言葉を綴る作家の浜田義之です。 わたしたちって先のことを考えるとき、不安を感じることがありますよね。 大丈夫かなぁ、うまく切り抜けられるかなぁ、困ったことが起こったら嫌だなぁ 不安を感じるときって、こんなふうな思いが浮かぶものですね。 不安ってすっきりとしない、感じたくない、嫌な気分ですよね。 実は不安の正体って、意外なものだったりします。 あるときのこと、わたしは仕事のことで、 [続きを読む]
  • 無意識の習慣
  • こんにちは、降ってくる言葉をつづる作家の浜田義之です。 肩こりや腰痛って、実は無意識のいつもの習慣で身体に無理がかかって起こるものってよく言われますよね。 わたしはよく右の胸の上辺りになんとなく鈍い痛みが出ることがあります。 お世話になっている整体の先生からは、物書きの仕事をしている人によく出る症状なんですよと聞いていました。 で、あるときパソコンのマウスの位置が原因なんじゃないかなと気づき、マウス [続きを読む]
  • ユーミンとの衝撃の出会い
  • こんにちは、降ってくる言葉を綴る作家の浜田義之です。 著書にも書いていますが、わたしは2009年にひじょうに不思議な体験をしました。 ユーミン(松任谷由美さん)との、思いがけない場所での衝撃の出会い。 そのとき、その場で体験した、不思議で驚きの経験を、こちらにアップしました。 ぜひご覧になってください。 ☆★8月よりスタート「西田メソッドスクール」第3期★☆詳細はこちら より深い知恵のお話はこちらのマ [続きを読む]
  • 人生の目的
  • こんにちは、降ってくる言葉を綴る作家の浜田義之です。 心の底から打ち込める、わたしの生きがいってなんだろう? わたしにしかできない、わたしだからできることってなんだろう? この人生の掛け甲斐のある生き方、人生を捧げられることってなんだろう? 誰もが人生の何処かで、こんな思いを抱いたことがありますよね。 人にはそれぞれ人生の目的というものがあるといわれています。 人生の目的とは、その人のもっとも素晴らし [続きを読む]
  • 正しいセルフイメージ
  • こんにちは、降ってくる言葉綴る作家の浜田義之です。 あるときのこと、経営者の友人から「文章の講座をやってほしい」という依頼を受けました。 仕事柄、文章を書かないといけないんだけど、どうにも文章を書くのが苦手なので、どうか個人講座をやって欲しいというのです。 そこでわたしは「絶対書けるようになるとは確約はできないけど、やりましょう」と依頼を引き受けることにしました。 講座は2週間に一度くらいのペースで、 [続きを読む]
  • 思いがけない再会
  • こんにちは、降ってくる言葉をつづる作家の浜田義之です。 先日のこと、わたしは久しぶりの友人に会うために駅に向かっていました。 で、駐輪場に自転車を置き、駐輪場の外に出たきのことです。 「浜田くん?」 ふい声を掛けられ、振り返ってみると、30年前の学生時代にアルバイト先で一緒に働いていた女性ではありませんか。 まあ、なんと懐かしい。 ですが電車がすぐに来るので、わたしたちは挨拶だけ交わして、「それじゃ、ま [続きを読む]
  • オウム報道が気づかせてくれたこと
  • こんにちは、浜田義之です。 先週末は連日の凄まじい豪雨に、オウム報道、大雨で予定していたことが、ことごとく中止になるなど「いったい今世の中でなにが起こっているの?」といいたくなるような週末でしたよね。 わたしも6日の朝、起きてすぐにオウム報道をみてみて驚き、思わずネットのニュースを読み始めました。 が、読んでいるうちにだんだん、自分と部屋の周りの空気が重くなっていくことに気がつきました。 そこでそれ以 [続きを読む]
  • ソウルナビゲーション
  • こんにちは、降りてくる言葉を綴る作家浜田義之です。 あなたは、ソウルナビゲーションという本をご存知でしょうか? 誕生数を計算することで、その人の才能や人生の目的、どんな課題があるのかが、みることができるという本です。 この本がすごいんです。 なにがすごいかというとこの本、自分の課題がクリアになってくると、この本に書いてあることが「本当だ!」とすごく腑に落ちる本なのです。 逆に人生の課題がクリアになって [続きを読む]
  • おそれの正体
  • こんにちは、濱田義之です。 わたしたちって人生において、いろんなコワいものってありますよね。 お金がなくなったらどうしようとか、嫌われたらどうしようとか、できなかったらどうしようとか、失敗したらどうしようとか、 で、わたしたちは自分でも気づかないうちに失敗して嫌な思いをするくらいなら....嫌われて辛い思いをするくらいなら.....このままでいいと、自分を限界付けていたりします。 だけどわたしたちは本当はなに [続きを読む]
  • アガスティアの葉
  • こんにちは、濱田浩朱あらため浜田義之です。 先日のこと、わたしは私用で神戸方面に出かけていたのですが、突然お昼の予定がキャンセルになり、予定が空いてしまいました。こんなときというのは、予定とは違う新しい展開のためのことや大事な気づきを受け取ることが起こるときです。その辺で美味しいものを食べにお店に入ったり、カフェで本を読んで過ごしてもよかったのですが、ふとわたしは思いつき、以前お世話になった方のと [続きを読む]
  • 気候とメンタル
  • こんにちは、降ってくる言葉を綴る作家の浜田義之です。 ここ数日、すごい豪雨が続いていますね。 こんなお天気の中、気づくことがあります。それは気候がこころの状態に実は深く影響を与えているということです。 ここ数日は「なにがあるわけではないけど、なにか重い感じがするなぁ」とか、「なにかいまひとつ晴れやかな気分じゃないな」と感じていた方は少なくないんじゃないでしょうか。 たとえば五月病という言葉があります [続きを読む]
  • 身内とのコミュニケーション
  • こんにちは、濱田浩朱あらため浜田義之です。 わたしたちって友達とは気軽に話せるのに、身内とはかえってうまく接することができないときってありますよね。先日友人が話してくれこんな話があります。友人には離れて暮らしていた、おばあちゃんがいました。友人はたまにおばあちゃんの家に、お菓子を持って訊ねにいくんだけど、行ったはいいけど、なにを話したらいいかわからず、一緒にテレビを観ながら、おばあちゃんが話しかけ [続きを読む]
  • 名前変えます
  • こんにちは、濱田浩朱です。 実はわたし長年使ってきたペンネームをやめ、名前を変えることになりました。 濱田浩朱(ひろあけ)というペンネームは、20年前に知人に作ってもらった名前です。 人に助けてもらいながら成功するようにと知人が考えて作ってくれたものです。 ですが少し前から、この名前になにかちがう感というか、違和感を感じはじめていました。 で、先日メルマガに書いた、生まれ変わるかのような体験もあり、思い [続きを読む]
  • おそれをおそれる
  • 先日、京都で久しぶりにワークショップをやらせていただいた際、会場に向かって歩いているとき、この日扱うテーマが降りてきました。 それはわたしたちの多くが無意識のうちに「恐れることを恐れている」というものでした。 わたしたちは普段気づいていませんが、「恐れてはいけない」「怖がってはいけない」「怖がっていることを気づかれてはいけない」という思いを持っています。 そして自分自身が怖がっていることに気づかない [続きを読む]
  • 本当に欲しいもの
  • こんにちは、濱田浩朱です。 映画「ブレードランナー2049」で主人公Kの上司ジョシはKに対してこんな台詞を言います。 「みな、確かな何かを捜し求めている....」 わたしたちは人生においていろんなものを求めますよね。 恋人、健康、友人、美貌、結婚相手、お金、自信、人からの賞賛、信頼、安定した生活、ライフワーク、生きがいetc なぜそれらを求めるのでしょう? それらを得ることで、喜びや満足、安心や心の平安が得られると [続きを読む]
  • わたしたちの中心にはなにがある?
  • こんにちは、濱田浩朱(ひろあけ)です。 わたしたちってときどき、自分でもハッと驚くくらい、優しい気持ちや思いやり、慈しみのこころが溢れてくることってありますよね。 で、目の前の人だけでなく、内から湧き上がる慈しみの気持ちに、自分自身がこころ震え、自分自身癒されたり、深く満たされたりします。 あの慈しみの気持ちって、いったいどこから湧いてくるのでしょう? 実はわたしたちの中心にあるのが、あの慈しみその [続きを読む]
  • 悪い習慣がなくなるとき
  • こんにちは、濱田浩朱です。 昨日はわたしの父に起こった許しと癒しのお話をしました。 今日はわたしに起こった許しと癒しのお話をしたいと思います。 わたしたちの身に起こる現実は、全て自分が作り出しているといいますよね。 ときに自分では気づかないままわたしたちは無意識のうちに自分を苦しめていたりします。 20代前半のころまでのわたしはむちゃくちゃで、まるで自分自身を破滅させようとしているかのような生き方をし [続きを読む]
  • 父に起こった許し
  • こんにちは、濱田浩朱です。 先日のこと、ふと「あの瞬間、父は許されたんじゃないか?」と気づいたことがあります。 わたしの父は大正生まれで、とにかくとても厳格な人で、やさしい側面もあったのですが、とにかく「〜であるべき!」というのがとても強い人でした。 あまりに「〜であるべき」が強いために、わたしは従順になるのではなく、従順なふりをする子供になっていきました。 で、親の見ていないところで、好きなことを [続きを読む]
  • なぜ鏡を読み解くのは難しいの?
  • こんにちは、濱田浩朱です。 人は自分を映す鏡と、よく言いますよね 「あの人、なんかひっかかるなぁ、自分の何を映しているんだろうなぁ?」 心理学やセラピー、人間心理、潜在意識をはじめとした、こころのことに関心を持ったことのある方なら、こんなことを思ったことがあることでしょう。 ですが鏡を読み解くのって、難しいですよね。 その人のことを思い出したり、会ったりするとなにかひっかかったり、感情的になる人がいて [続きを読む]
  • 本当の原因ってなに??
  • こんにちは、濱田浩朱です。 もう10数年前の話になりますが、以前のわたしは自転車で長距離を走ると、左の膝がひどく痛んでいました。 わたしはサイクリングが好きなものですから、当時はよく、琵琶湖に100キロくらいの距離を走りに行っていました。 で、温泉に入って帰って来るのが、当時のわたしの楽しみでした。 が、100キロくらい走ると、なぜか左の膝がひどく痛み出しました。 最初は原因が全然わかりませんでした。 医者に [続きを読む]
  • 闇は怖がるものではない?
  • こんにちは、濱田浩朱です。 よく人のこころには闇の部分があるとか、ダークサイドがあると言われますよね。 で、闇と言う言葉を聞くと、わたしたちはついつい怖いもの、よくないものという印象を抱きますよね。 ですが闇とはそもそもなんなのでしょう? 闇ってどういう状態のものをさすかというと、暗くて見えない状態、つまり、そこになにがあるのかわからない場所ということですよね。 先日のシークレットメルマガ(無料)で、 [続きを読む]
  • 震源地はここ
  • こんにちは、濱田浩朱です。 わたしたちはあらゆる物質同様に、常に振動し、電波のように波動を発しています。 そして発している周波数に等しい体験を現実として引き寄せ、体験しています。 楽しい体験を引き寄せるのも、面白くない体験を引き寄せるのも、自分がどんな振動を発しているかによって決まるんですね。 楽しいことも面白くないことも、出来事は向うのほうからやってくるようにみえますよね。 ですがその体験は、わたし [続きを読む]
  • 言葉が降ってくる文章術
  • こんにちは、濱田浩朱です。 スポーツや芸術の世界にゾーンと呼ばれるものがあるように、文章の世界にもゾーンというものがあります。 ゾーンに入った選手は神がかったような演技をしますよね。 全く同じに、ゾーンに入ったときの文には、みえないパワーがあるのです。 同じ文章でもゾーンから書いた文とテクニックで書いた文とでは、パワーが全然違います。 ゾーンから書かれた文は、人の深いところにまで響き、深い気づきを与え [続きを読む]
  • 整頓するとなぜ奇跡が起こる?
  • こんにちは、濱田浩朱です。 整理整頓すると、なぜかお店のお客が増えたり、幸運な展開が起こる。 こんな体験があなたにもありませんか? 「あの時はたまたまだとしか思ってなかったけど、そう言われれば....」 そんなふうに思い当たる方もいらっしゃるかもしれませんね。 これ、実は偶然じゃないのです。 わたしがこのことに気づいたのは、昔バーのマスターをやっていた時のことです。 お客がいない暇な日に、わたしは急に思い立 [続きを読む]
  • 座禅は楽しい!?
  • こんにちは、濱田浩朱です。 わたしがはじめて一週間、禅寺に泊り込みで禅の修業をしたとき、ドイツからピアニストの女性が参禅に来ていました。 修行がはじめって数日目、彼女がふと老師にこう言いました。 「すごく楽しいです」と。 とても印象的な言葉だったので、その場面のことをよく覚えています。 修行といえば厳しいものというイメージがある方には、「なんで楽しいの?」「え?禅って楽しいの?」と思われる方もいると思 [続きを読む]