ショットバーマスター さん プロフィール

  •  
ショットバーマスターさん: ショットバーマスター 濱田浩朱のブログ
ハンドル名ショットバーマスター さん
ブログタイトルショットバーマスター 濱田浩朱のブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/hamadahiroake/
サイト紹介文バーのマスターだった濱田浩朱の覚醒の体験、そして人生そのものの変容体験をお伝えしています。
自由文2010年、覚醒の一瞥を経験。そこから人生の質が、生き方が根本的に変容しました。拡大した船体意識は、人生を、常識を根本から変わります。バーのマスターだった濱田浩朱の覚醒体験からの気づき、変容体験をお伝えしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供370回 / 365日(平均7.1回/週) - 参加 2009/07/20 15:38

ショットバーマスター さんのブログ記事

  • 幼い頃の分離体験
  • こんにちは、降ってくる言葉を綴る作家のマスターこと浜田義之です。 幼い頃、なぜかわからないけど、怖くてずっと泣いていた記憶があるという方は結構いらっしゃることと思います。 著書にも書きましたが、わたしにもこんな記憶があります。 わたしがまだはっきりとは物心つくかつかなかったころの、3歳くらいのときのこと。 わたしは外で遊んで帰ってきて、洗面所で手を洗っていました。 そしたらね、なんだか急にものすごい虚 [続きを読む]
  • 承認欲求の意外な正体
  • こんにちは、降ってくる言葉を綴る作家のマスターこと浜田義之です。 今日の話題はとても意外で、すごく奥深いお話です。わたしには42日間のインドの旅から帰国してから、「おや?」と気づくことがあります。それはどうやら、わたしのマインド(思考と感情)が、他からの「承認欲求」を求めなくなっているということです。わたしたちの誰にも、承認欲求というものがありますよね。親や先生や先輩、家族や恋人、友人たち、会社の上 [続きを読む]
  • わかって作っていたわけではない!?
  • こんにちは、降ってくる言葉を綴る作家のマスターこと浜田義之です。 昨日の記事で、スタジオジブリの作品「かぐや姫の物語」のかぐやの美しさは、容姿や所作ではなく、かぐやの内から顕れた仏性だったという気づきを書かせていただきました。 でね、友人にジブリの人がいるので、早速気づきをシェアしたんですね。 そうしたらとても面白いことがわかったんです。 それは、監督の高畑さんは、わかってそのように作品を作っていた [続きを読む]
  • 仏性とかぐや姫の物語
  • こんにちは、降ってくる言葉を綴る作家のマスターこと浜田義之です。 先日、友人のお店で、食事をしながら話していたら、スタジオジブリの作品「かぐや姫の物語」の話題になりました。 最近なぜか、この映画のことが気になっていたわたしは、話題にあがったのが「面白い展開だな」と思いながら話を聞いていると、 スタッフの女の子の一人が、映画のかぐや姫を観て「わぁー悪女だ〜!」と思ったと言い出しました。 かぐやに求婚し [続きを読む]
  • 離れているから見えた子供のこと
  • こんにちは、降ってくる言葉を綴る作家のマスターこと浜田義之です。 先日、21歳になる長女と2人で映画「ファンタスティックビースト」を観に行ってきました。 わたしには長女と長男の2人の子供がいますが、離婚後、子供たちは妻と一緒に暮らしているので、子供たちとは普段一緒には暮らしていません。 が、最近になって、一緒に暮らしていないことで見えることもあるんだなぁと気づかされることがあります。 2人の子供たちを見て [続きを読む]
  • 一人一人違う宇宙を生きている???
  • こんにちは、降ってくる言葉を綴る作家のマスターこと浜田義之です。 インドを旅していたとき、ふと「一人一人全員が違う宇宙を生きているんだ」と気づいた瞬間がありました。 なんでこんなことを思ったかというと、わたしのインドで廻った土地は、土地土地でヒンデゥー、チベット仏教、仏教、キリスト教という具合に、土地で信仰されている宗教が違うところを廻っていたんですね。 そうしてみていると、宗教が違うと、考え方や行 [続きを読む]
  • クールだぜ!オカン
  • こんにちは、降ってくる言葉を綴る作家のマスターこと浜田義之です。 わたしの家では母と道教をしています。 母は82歳になりますが、いまだ髪の毛が黒いので、この人がおばあちゃんだということをよくわすれてしまいます。 子供達が母を「おばあちゃん」と呼ぶので、おばあちゃんなのだなとは思うのですが、見た目からは印象が湧かないくらい若いです。 さて、わたしがインドから帰って来たときのこと、母がこんな話をしだしまし [続きを読む]
  • 人生の望みが変わることがある
  • こんにちは、降ってくる言葉を綴る作家のマスターこと浜田義之です。 インドから帰ってきてからこっち、以前と同じような暮らしをしていても、なんかちがうなぁ、以前と違うなぁという気がずっとしていました。 で、どう違うのかなぁっていうのをよく観察してみると、日々、とてもおだやなきもちで過ごしていることに気づきました。 勿論、まったくイラっとしなくなったとか、100%不安な気持ちが起こらなくなったとか、そんなこ [続きを読む]
  • 承認欲求の意外な正体
  • こんにちは、降ってくる言葉を綴る作家のマスターこと浜田義之です。わたしには42日間のインドの旅から帰国してから、「おや?」と気づくことがあります。それはどうやら、わたしのマインド(思考と感情)が、他からの「承認欲求」を求めなくなっているということです。わたしたちの誰にも、承認欲求というものがありますよね。親や先生や先輩、家族や恋人、友人たち、会社の上司や同僚から、また、ときに大勢の人から褒められた [続きを読む]
  • 気がつくと面白いものが見えてくる
  • こんにちは、降ってくる言葉を綴る作家のマスターこと浜田義之です。 上の写真は有名な「だまし絵」ですよね。 有名な絵なのでご存知の方も多いと思いますが、この絵、若い女性の顔を斜め後ろから眺めた絵にも見えれば、気がつくと老婆の横顔にも見えてきます。 つまり「若い女性の絵」という思い込みから見れば、若い女性の絵に見えるし、老婆の絵だという思い込みから見れば、老婆に見えるという、 いわゆるどんな「思い込み」 [続きを読む]
  • インドでの不思議な祈りの話
  • こんにちは、降ってくる言葉を綴る作家のマスターこと浜田義之です。42日間に渡ったインドの旅。実はインド滞在の最終日、とても不思議なことがありました。発端はインドに旅立つ一月前のある日のこと。友人の一人がわたしのところにやってきて、こう言いました。「実は先日瞑想していたら、ふいにマスターにぜひ伝えてって、メッセージみたいなのが降って来たんです」「お伝えしていいですか?」って。友人はわたしより19歳歳下 [続きを読む]
  • 痩せるとき痩せる
  • こんにちは、降ってくる言葉を綴る作家のマスターこと浜田義之です。 「う〜ん、最近太ってきたなぁ、節制しないとなぁ」「食事を見直さないとなぁ」「運動サボってたからなぁ」「運動しなくちゃなぁ」 こんな思いを人生の時々にしたことのある方は、少なくないと思います。 実はわたしも42日間のインドの旅に行く前、こんな状態になっていました。 この数年、太ったことなんかなかったのに、急にインドに行く前からストレスから [続きを読む]
  • 承認欲求がなくなる
  • こんにちは、降ってくる言葉を綴る作家のマスターこと浜田義之です。 42日間のインドの旅から帰国してから、おや?と気づくことがあります。 それはどうやらわたしのマインド(思考と感情)が、他からの「承認欲求」を求めなくなっているということです。 わたしたちの誰もがそれなりの承認欲求というがありますよね。 褒められたい、認められたい、すごいと言われたい、素敵と言われたい、カッコイイ、可愛いと言われたい、若い [続きを読む]
  • ボヘミアン・ラプソディを観た
  • こんばんは、降ってくる言葉を綴る作家のマスターこと浜田義之です。 先日話題の映画、ボヘミアンラプソディを観に行ってきました。 言わずと知れたロックバンド、クィーンを描いた作品です。 この映画、42日間のインドの旅に行く前に、予告編は何度も劇場で観ていたのですが、実は当初、観に行く予定にはしていませんでした。 ですが帰国して友人たちから「すごくいいらしいよ」との声をあちこちで聞きました。 わたしはいつも映 [続きを読む]
  • 観念が年齢を決める?
  • こんにちは、降ってくる言葉を綴る作家のマスターこと浜田義之です。 先日の記事で、インドで出会ったヨーロピアンのおばあちゃんたちの話を書かせていただきました。 2人のとても太ったおばあちゃんたちが、カラフルなビキニを身につけ、子供のように砂浜に絵を描いていたという話です。 記事はこちら で、日本人って文化として、周りにどう思われるかということがとても大事になっている民族だけど、 ヨーロピアンの人たちは、 [続きを読む]
  • 幻の遊園地
  • こんにちは、降ってくる言葉を綴る作家のマスターこと浜田義之です。 京都には誰も観たことのない幻の遊園地があります。 誰も観たことのない幻の...と書くと、架空の、幻想の、というようなイメージを抱きそうですが、実はかつて実在した遊園地です。 また誰も観たことのないと書きましたが、1944年までは存在していた(74年前)ので、もしかしたら行ったことのある方は、いらっしゃるかもしれません。 この幻の遊園地とは [続きを読む]
  • 幸せそうな師匠に幸せな気持ちになる
  • こんにちは、降ってくる言葉を綴る作家のマスターこと浜田義之です。 わたしには今、お世話になっている師匠がいます。 瞑想の修行でお世話になっている修行仲間であり、瞑想に関して先人の師です。 これまでも、座禅の老師をはじめ、お世話になってきた師は何人もいますが、今お世話になっている師は、これまでのどの人ともまったくタイプが違います。 とにかく一緒にいるだけでいつも笑いが絶えず、周りの皆が幸せな気持ちにな [続きを読む]
  • 大好きな映画のワンシーン
  • こんにちは、降ってくる言葉を綴る作家のマスターこと浜田義之です。 大好きな映画のワンシーン。 あなたにも忘れられないそんなワンシーンがあるんじゃないかと思います。 わたしも映画が大好きなものですから、数々の大好きなシーンがあるのですが、そんな中でも特に大好きなシーンがあります。 それは1980年公開の、ハリソン・フォード主演の「ブレードランナー」のワンシーン。 現在出回っているファイナルカット版がやはり一 [続きを読む]
  • 現実を「描写」しないで観る
  • こんにちは、降ってくる言葉を綴る作家のマスターこと浜田義之です。 先日、原稿を書いていたら、ふいに降ってきた言葉があります。 それは「瞑想の中で浮かんでくる想念、五感での体験、それら全ての事実だけを観るように、現実を観察するとき、体験を「描写」するのではなく、事実だけを観る」というものでした。 座禅、瞑想をはじめてから長い長い間、わたしはずっと座禅や瞑想で、一切の考え事の浮かばない無念無想の境地を目 [続きを読む]
  • 日本に帰ると肌荒れするなぜ?
  • こんにちは、降ってくる言葉を綴る作家のマスターこと浜田義之です。 42日間にわたるインドの旅から帰ってきて、愛しの日本食を食べたときは身体と心が、「ああ、これ、これなのよぉ〜」と、思わず身体と心が安堵の声をあげました。 インドでは途中からたんに食事に飽きたというのだけでなく、なにかの飢餓状態になっていたみたいで、なにを食べても、お腹は膨れても、心は満たされない状態だったのです。 それが帰国して日本で食 [続きを読む]
  • 国によって全くちがう「若さ」の考え方
  • こんにちは、降ってくる言葉を綴る作家のマスターこと浜田義之です。 42日間に渡るインドの旅の中で、ものすごく印象的で、人生観を変える場面に出会いました。 わたしと友人が、インドの旅の最後に過ごしたのは、ゴアのアンジェナビーチという、インドのヒッピー文化の発祥の地でした。 ここは海岸沿いのビーチのある観光地で、インドの他の街とはまったく趣がちがっていました。 そこでものすごく印象的だったのが、観光で訪れ [続きを読む]
  • カルロス・ゴーン逮捕が象徴するもの
  • く こんにちは、降ってくる言葉を綴る作家のマスターこと浜田義之です。 先日の日産のカルロス・ゴーン会長の逮捕劇は、世界中に激震となり、衝撃を与えましたね。 重大な経営危機から日産を救った英雄のように言われてきた氏は、心理学者や脳科学者からは近年、サイコパシー(精神病質)ではないかと言われるようになっていました。 サイコパシーについては、脳科学者の中野信子さんの著作をはじめ、科学的な見地から客観的で中立 [続きを読む]
  • 結婚して変わるのは何故?
  • こんにちは、降ってくる言葉を綴る作家のマスターこと浜田義之です。よく恋愛で付き合いだした頃は、一緒にいるだけで楽しかったのが、仲違いするようになったり、結婚したら関係が変わってしまったなんて話を耳にしますよね。実感あるわぁって方も多いことと思います(笑)。付き合いだしたときは、「他の人たちはそうかも知れないけど、自分たちは違うもんね」って思うのに、しばらくすると、自分たちも例外ではないことに気が [続きを読む]
  • インドのパンはすぐカビる
  • こんにちは、42日間のインドの旅から帰国した降ってくる言葉を綴る作家のマスターこと浜田義之です。 インドに行く前、旅慣れた友人から「インド料理絶対飽きますよ」と言われていました。 ですがわたしはインド料理が大好き。 なので自分は大丈夫、長いたびの間も、飽きずに美味しく食べれるとタカを括っておりました。 ですがそんな思いもインドに渡ってわずか2週間で、打ちのめされてしまいました(爆)。 最後のとどめが高 [続きを読む]
  • 大切なことは目に見えない
  • こんにちは、降ってくる言葉を綴る作家のマスターこと浜田義之です。「大切なことは目に見えない」サン・テグペジュペリの名作「星の王子様」に登場するとても有名な言葉ですよね。目に見えないものって耳にすると、わたしたちはなにを思い浮かべるでしょう?わたしの師たちは「人は本来余計なことさえしなければ、すべてうまくいくようにできている」「すべてをゆだねたら奇跡が起こる」とよく言っていました。わたしは長い間、彼 [続きを読む]