ぴけっと さん プロフィール

  •  
ぴけっとさん: ROCK N HORROR
ハンドル名ぴけっと さん
ブログタイトルROCK N HORROR
ブログURLhttp://rocknhorror.blog.jp/
サイト紹介文ホラー・SF・アクション映画中心。ネタばれ有り、記事1800オーバー。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供104回 / 365日(平均2.0回/週) - 参加 2009/07/20 21:18

ぴけっと さんのブログ記事

  • ダークハウス
  • 幽霊屋敷として知られる廃墟で3人の若者が惨殺、2人が行方不明だ。その屋敷は20年前マーサ・リビングストンが降霊会を実施、4人を殺して自殺した曰く付きの屋敷だった。以来霊が出没すると有名になっていた。捜査を担当するルイス刑事は、精神分析が専門の心理学者であり、恋人のクライン博士を現場に呼び、唯一の生存者ジョンから事件の真相を聞きだそうとする。彼の証言では、犠牲者たちは降霊術によって悪魔に殺されたという。 [続きを読む]
  • パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニスト
  • 1830年、バイオリンの名手で悪名高き女たらし、パガニーニはヨーロッパ全土で絶賛されキャリアの頂点に立っていたが、ロンドンでだけはまだ名声を得ていなかった。パガニーニを英国デビューさせるべく、指揮者ワトソンは財産を投げ打ってロンドン公演を計画、マネージャーのウルバーニは、嫌がるパガニーニを眠らせてイギリスに連れ出すことに成功。ジャーナリスト、ランガムの絶賛記事にも助けられロンドンの人々はパガニーニの演 [続きを読む]
  • バード
  • 1940年代のアメリカ・ニューヨークの夜の街。小刻みなライドシンバルのリズム、うねるようなウッドベースそして、アルトサックスの音色。ビバップの創始者、アルトサックス奏者のチャーリーパーカー(バード)はその卓越したメロディセンスとアドリブで観客の歓声を浴びていた。しかしその裏では、潰瘍による苦しみ、アルコール、ドラッグに溺れる日々、そして音楽に対する深い不安を抱えた彼がいたのであった。・・・続きを読む [続きを読む]
  • 2020
  • 米国国防総省のケイトは同僚とイエメンに機密ファイル流出事件で赴いたが、テロリストに捕まってしまった。そしてヘルストームという米国が秘密裏に開発した地下滞留兵器(地震、嵐兵器)と一緒にトラックで搬送されていた。テロリストらはケイトにこの兵器を起動させろと言うが彼女は拒否。すると拘束されてた同僚にテロリストが同じ命令をする。男は命が惜しいので起動してしまう。そこへ米軍が救出にやって来てケイト達は助かる [続きを読む]
  • 情熱のピアニズム
  • 成人してからも身長が1メートルほどしかない骨の病気に苦しみながらも、類い希な音楽的才能でジャズの本場アメリカにその名を轟かせる一方、プライベートでは数々の女性遍歴を重ねていく。そんなペトルチアーニの情熱的で型破りな人生と、周囲を虜にしてしまうカリスマ的魅力を、彼の演奏シーンや日常を捉えた貴重な映像の数々と関係者へのインタビューで明らかにしていく。・・・続きを読む [続きを読む]
  • ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEK ‐The Touring Years
  • 英国のバンド、クオリーメンはメンバーチェンジを経て1960年、ザ・ビートルズと改名して再出発するが、無名時代はドイツのハンブルクで多忙な毎日を過ごした。しかし、1962年にデビュー曲「ラヴ・ミー・ドゥ」を発表した後、母国だけでなく世界中を熱狂に巻き込むほどの人気バンドになる。彼らはワールドツアーで日本など世界各地に向かうが、バンドがカリスマ的になり過ぎたことに対してジレンマを感じるようになる。・・・ザ・ビ [続きを読む]
  • アルマゲドン2012 マーキュリー・クライシス
  • 水星探査に向かった宇宙船ノーチラス号が、消息を絶った。同時に地球を襲う、猛烈な電磁波と隕石雨。物理学者のプレストンは、太陽が超巨大フレアーを出し一瞬マグネターと化し、水星が磁気を帯び軌道を外れたことを知る。このままでは地球と水星は衝突、人類は滅亡する。破滅を回避するため、プレストンは封印されていた《プロジェクト7》を再起動。それは宇宙空間を漂う小惑星を標的に激突させ、その軌道を変えるという計画だっ [続きを読む]
  • 極秘捜査
  • 1978年の釜山で漁業を営む裕福な家庭の子女ウンジュが誘拐される。コン・ギルヨン刑事は犯人逮捕より少女の救出を優先し、少女の家庭に泊まり込んで極秘捜査を行うことを決断する。しかし犯人は一向に接触する気配がなく時が過ぎる。事件が展開を見せないことで憔悴した少女の家族は数々の占い師を訪ねて娘の安否を探ろうとするが、どの占い師も娘は既に死亡していると答える。ただ一人だけキム・ジュンサンという導師は15日後に犯 [続きを読む]
  • 暗殺(2015韓国)
  • 1933年。杭州に拠点を置き、日本からの独立を目指す韓国臨時政府は日本政府要人と彼らに協力する親日派カン・イングクの暗殺を計画。韓国独立軍が誇る戦闘のエキスパート、女狙撃手アン・オギュン、速射砲チュ・サンオク、爆弾職人ファン・ドクサムの3人を上海に集め暗殺チームを結成する。しかしチームを作った臨時政府の警務隊長ヨム・ソクチンは日本政府の密偵で、秘かに殺し屋“ハワイ・ピストル”を雇い3人の殺害を依頼して [続きを読む]
  • アンダーワールド ブラッド・ウォーズ
  • ライカンに追われ、長老殺しの罪でヴァンパイア族からも追放され、孤独な逃亡生活を送るヴァンパイアの処刑人セリーン。ある日、新たなリーダー、マリウスに率いられたライカン族の猛攻の前に劣勢を強いられていたヴァンパイア族に呼び戻され、恩赦を受けて処刑人の養成を依頼される。しかし彼女の血を狙う女ヴァンパイア・セミラの裏切りに遭い、絶体絶命の窮地に陥る。・・・アンダーワールド ブラッドウォーズ amazon続きを読 [続きを読む]
  • ラスト・タンゴ・イン・パリ
  • パリ・パッシーのアパルトマンの空室でうらぶれた45歳のポールとブルジョア系の20歳の娘ジャンヌは単に部屋を探していた身であったが、たまたま居合わせて、ポールはジャンヌを犯す。ジャンヌにはれっきとしたTVディレクターのトムという恋人が居たものの、アパートで会う時は互いにただのオス・メスとして行為に更ける。その内にポールの妻が最近自殺したばかりだという暗い過去が明らかになり、更に5年の結婚生活の内、妻にはこ [続きを読む]
  • 愛の嵐
  • 1957年、冬のウィーン。とあるホテルで夜番のフロント係兼ポーターとして働くマクシミリアン(マックス)は、戦時中はナチス親衛隊の将校で、現在は素性を隠してひっそりと暮らしていた。ある日、客としてアメリカから有名なオペラ指揮者が訪れる。マックスはフロントに現れた指揮者の妻を見て困惑する。彼女、ルチアは13年前、マックスが強制収容所で弄んだユダヤ人の少女であったからだ。ルチアもまた驚きの表情を隠せなかった。 [続きを読む]
  • ターミネーター新起動 ジェニシス
  • 西暦2029年。「審判の日」から30年以上に渡って繰り広げられていた、未来を知る男ジョン・コナー率いる人類とスカイネット率いる殺人機械群の戦いは、人類の勝利に終わった。窮地に陥ったスカイネットは、ジョンの母サラ・コナーを殺害することで彼の存在自体を抹消すべくタイムマシンでターミネーターT-800を1984年に送り、人類側もそれを阻止すべく志願したカイル・リースが送り込まれることになる。しかしタイムトラベルの瞬間 [続きを読む]
  • 哭声 コクソン
  • 韓国の農村、谷城(コクソン)で、村人が家族を惨殺する事件が立て続けに発生。容疑者にいずれも動機はなく、幻覚性のキノコを摂取して錯乱した為の犯行と発表されたが、謎の赤い発疹を発症するなど説明しきれない不可解な点が多く残っていたことから、いつしか、村人たちの中では山中で暮らす謎の日本人が関わっているのではないか?と囁かれ始める。捜査にあたるジョング巡査部長はオカルトじみた意見をまともに取り合わなかった [続きを読む]
  • ディープ・インパクト
  • 天文部に所属する高校生、リオ・ビーダーマンは天体観測中に彗星を発見。その情報をエイドリアン・ピーク天文台のウルフ博士に伝える。計算の結果、彗星が地球に衝突するとの結果を弾き出し、メールが届かないため、博士はCDを持って出かけるが交通事故で亡くなってしまう。1年後、テレビ・キャスターのジェニーは、元財務局長官のリッテンハウスの突然の辞職の理由が「エリー」という女性との不倫スキャンダルだと察知して取材を [続きを読む]
  • 忠臣蔵 (1958年)
  • 元禄十四年三月、江戸城松の廊下で浅野内匠頭は度重なる侮辱にたえかね、勅使接待役指南の吉良上野介へ刃傷に及んだ。幕府では上野介派の老中柳沢出羽守が目付役多門や老中士屋らの反対を押しきり、上野介はお咎め無し、内匠頭は即日切腹という処分を裁決した。赤穂で、悲報を受けた大石内蔵助は、家中の意見を篭城から殉死へ導き、その後始めて仇討の意図を打ち明けた。内蔵助は順序として浅野家再興の嘆願書を脇坂淡路守に託した [続きを読む]
  • 赤穂城断絶(1978年)
  • 元禄14年3月14日江戸城松の廊下にて、赤穂藩主浅野内匠頭(あさのたくみのかみ)が高家旗本である吉良上野介(きらこうずけのすけ)に刃傷(にんじょう)に及ぶ事件が発生。原因は吉良が口にした浅野への侮辱の言葉の数々だった。幕府は喧嘩両成敗の御大法に反し浅野のみ切腹を命じ吉良にはお咎めなしの決定を下す。取調官の多門伝八郎はこの不公平な決定に反発するが、大老柳沢吉保から「お上の御一言こそ、その時々の御大法」と [続きを読む]
  • 日本のいちばん長い日
  • 1945年4月。戦況が悪化の一途を辿る中、次期首相に任命された77歳の鈴木貫太郎は、組閣の肝となる陸軍大臣に阿南惟幾を指名する。2人はかつて、侍従長、侍従武官として共に昭和天皇に仕えた関係でもあった。その後、連合国によるポツダム宣言の発表に続いて、広島、長崎へ原爆が投下される。それでもなお、陸軍の若手将校、畑中達は本土決戦を訴え、阿南に戦争継続を強く迫る。阿南はそんな将校たちの暴発を押さえようと対応に苦 [続きを読む]
  • 永遠の0
  • 司法試験に落ち続け、人生の目標を失いかけた青年・佐伯健太郎とフリーライターの姉・佐伯慶子は実の祖父だと思っていた賢一郎とは血のつながりがなく、本当の祖父は太平洋戦争で特攻により戦死した宮部久蔵(みやべきゅうぞう)という人物であることを知る。久蔵について調べ始めた2人は、祖父が凄腕のパイロットであり、生きることに強く執着した人物であったことを知る。そんな祖父がなぜ特攻に志願したのか。元戦友たちの証言 [続きを読む]
  • ヒトラー 最期の12日間
  • 1942年、トラウドゥル・ユンゲは数人の候補の中からヒトラー総統の個人秘書に抜擢された。1945年4月20日、ベルリン。第二次大戦は佳境を迎え、ドイツ軍は連合軍(ソ連軍)に追い詰められつつあった。ヒトラーは身内や側近と共に首相官邸の地下要塞へ潜りユンゲもあとに続く。そこで彼女は冷静さを失い次第に狂人化していくヒトラーを目の当たりにするのだった。ベルリン市内も混乱を極め、民兵は武器も持たずに立ち向かい、戦争に [続きを読む]
  • 二百三高地
  • 十九世紀末。ロシアの南下政策は満州からさらに朝鮮にまで及び、朝鮮半島の支配権を目指す誕生間もない明治維新政府の意図と真っ向から衝突した。開戦か外交による妥協か、国内では激論がうずまいていた。軍事力、経済力ともに弱小な日本にとって、ロシアは敵にするには強大すぎた。しかし幾度となく開かれる元老閣僚会議で次第に開戦論が高まっていくが、ロシアの強大さを熟知している伊藤博文は戦争回避を主張していた。巷でも、 [続きを読む]
  • 226
  • 昭和恐慌により拡大する貧富の差に皇道派の野中、河野、磯辺、栗原、中橋は財閥・大臣・官僚を抹殺し天皇を中心とした皇道派による独裁政権を作ろうと2月26日、雪の降りしきる夜にクーデターを実行。多くの大臣、官僚、当時の総理をも暗殺。軍部は彼らの行動に理解を示し、クーデターは成功したかに見えた。しかし、それは事態を収拾しようと画策した政府と宮内省による必至の時間稼ぎで、首相が生き延びていた事がわかると事態は [続きを読む]
  • 八甲田山
  • 日露戦争前夜、徳島大尉率いる弘前第三十一連隊と神田大尉率いる青森第五連隊は、八甲田山を雪中行軍することに。少数編成で自然に逆らわず行軍する三十一連隊。一方、大編成で真っ向から八甲田に挑んだ五連隊は、目的地を見失い吹雪の中を彷徨し、遭難する。・・・八甲田山 amazon続きを読む [続きを読む]