コウテツ さん プロフィール

  •  
コウテツさん: ツインソウルによろしく
ハンドル名コウテツ さん
ブログタイトルツインソウルによろしく
ブログURLhttps://ameblo.jp/kimitaroukun/
サイト紹介文ツインソウルとアセンション関連のブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供107回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2009/07/22 18:20

コウテツ さんのブログ記事

  • 〜戦争と平和とアセンション〜
  • 「戦争とは何か?」これは勿論色んな例え方が出来ると思うんですが、僕流に総括すれば、戦争とは“三次元の舞台装置”ではないかと思うんですね。人と人が国家の威信をかけて争い、殺し合いを行えば、様々な葛藤が人々の心に刻まれます。愛する人、家族を失う哀しみであったり、敵に対する激しい怒りや憎しみの感情、そうしたものがしっかりと肉体に刻み込まれることによって、三次元という閉じられた空間に定着していくことにな [続きを読む]
  • コウテツ版・宇宙人度テスト
  • 貴方はどこから来たのだろう?ET CHECKER?以下の各設問に関して、大きく頷けるものには5点を、まぁそういうこともあるかな〜と思えるものには2.5点をつけてみてください。全く当てはまらないなと思ったら加点0で。 【A】 アナタの子供時代・・・ (1) 幼いころ、「月に帰りたい・・・」と泣いたことがある。(2) 動物や植物をお話しすることがごく自然だった。(3) ある日ある瞬間、「あっ!自分が見たり感じたりしていることは [続きを読む]
  • それぞれの輝きある明日に向かって!
  • 新年明けましておめでとうございます。2018年は読者の皆様におかれましても色々なご経験をされたことと思います。僕の方もそうですね、昨年の秋口に父を自宅で看取り、同時期に母の入院も重なったものですからやはりバタバタと過ごすことが多く、ブログの方も更新が滞りがちになってしまいました。ようやく母の退院の目処もたち少しずつ落ち着きを取り戻しつつあるといったところですが、やはり色々な転機、変化の兆しを感じ取ると [続きを読む]
  • ツインソウルは何故出逢う?
  • 心に残る旋律は既に完成されている。 胸を打つ物語は世に出るべく定めにある。 大衆を魅了するリーダーは生まれつき強いメッセージを持っている。 ツインソウルは出逢うべくして出逢う。 偶然のような必然を、悠久の時間軸で受け止めて、 一人の旅を終わらせる。 夢が叶った人が夢を見ないように、 魂の片割れを追うことを諦める。 そして委ねる。 自我という幻想を捨て真実の自己という実相に気づくまで、 何度も何度も諦めて [続きを読む]
  • 〜ただ愛だけを〜
  • ただ、愛だけがあった 激しく罵り合った 人目もはばからず大声を放ち、どう猛な獣のような咆哮を上げた だがそこには葛藤など何もない ただ“自分の気持ちを伝えたい”という強い意識があっただけ 全身全霊で自分の思いを伝えたただけ 狂おしく愛し合った 会えばすなわち“結び”だった 心でも身体でも結び合った 一切の常識の枷を外して、およそ貞操観念からかけ離れて愛し合った 真実の愛の前では、一般常識など取るに足らない [続きを読む]
  • ひとりぼっちは孤独ではない。
  • これから年末にかけて、クリスマスやらお正月やら、世間は何となく華やかで騒がしくなり、そうした喧騒が自分の心の寂しさを一層浮き立たせる。そのように感じていらっしゃる方も少なくないかも知れません。でも貴方は決して孤独ではありません。否、表面上は幸せそうに見える人々も、その奥では深い孤独を抱えているということが往々にしてあります。貴方は貴方の心の投影を映し出して世の中を見ています。或いは“幸せという幻想 [続きを読む]
  • 〜ツインソウル〜
  • 何故 惹かれあうのか? それは 君が失ってしまって埋まらない 欠けたパズルのピースを僕が持っているから 僕がなくした記憶の欠片は 君のデータバンクに保存されているから 何故 見失うのか? あまりに近過ぎたから 何故 寂しいのか? もともと ひとつだったから 銀河の彼方 何千年もの時を隔てて出会う魂のかたわれが 再び一つに溶け合うとき 全てのピースは埋められ完全体の光を放つ ある人にとっ [続きを読む]
  • 〜性愛を特集にする理由〜
  • 『TWINSOUL☆LEGEND』では主に“性愛について”の特集コーナーを設けているのですが、その主な理由と致しましては、 もしも我々の存在が元々は両性具有的な完全体を為してして心も身体も完全に調和していた・・・。そういう存在を無理やり半分に引き裂いて心身供に不完全な“男”と“女”という鋳型に押し込めたなら・・・? もうどうしていいのか羅針盤を見失って右往左往彷徨い歩くのではないでしょうか? それが現在の私達、そ [続きを読む]
  • 〜愛とは何か〜
  • 愛とは道徳ではない 愛はいかなる倫理にも縛られない 愛に境界はない 自分の中にあらゆる線を引いて愛するものではない 自分に課した、あらゆる境界線を外して求めるものである 愛に条件はなく、いかなる取引も行えないのが“愛”である 上にしても下にしても逆さに振っても熱しても 水につけても風雨にさらしてもいつも変わらないのが“愛”である どこに置いても高い純度を保って浮かんでいる どんなに時を経ても一つも埃 [続きを読む]
  • 〜ツインソウルは命を懸ける〜
  • ?愛する人のために命を懸ける”という思いや行動は、勇ましく、真摯で尊いもののように思います。 でもその反面には、「こんなにも自分は真剣なんだ!」というヒロイックな自己陶酔に陥っている部分もないではないのかも知れません。 本当に愛する人のために命を懸けるというのはどういうものなのか・・・ というのを自分自身の体験を元に一風変わった視点から考察してみました。 さて皆さんはどんな風に思われるでしょうか^^ [続きを読む]
  • 〜愛の革命〜
  • 愛とは奉仕するこころ 愛とは理屈じゃないんだ。 自分が幸せになろうとする気持ちでもない。 気がついたら常に相手のことを想っている。 ただそれだけ、それが愛なんだ。 ただひたすら相手の心の安寧を思う気持ち。 相手のためならどんなことでもしてしまおうとする気持ち。その時に、自分の身の保身なんか全く考えていない気持ち。 正しいとか正しくないとかで判断しない気持ち。 相手の生い立ちやこれまでの苦労をそのままで受け [続きを読む]
  • 〜抱擁〜
  • もしも貴方のおっぱいが垂れてきたなら・・・それはそれで素敵なことだ。もしも貴方のお尻が引力に負けてきたなら・・・それはそれで素敵だろう。もしも貴方の顔に皺がたくさん刻まれても、僕はそれを笑い皺に変えるだろう。もしも貴方が一つ歳をとったなら、僕はまた一つ貴方の魅力を見つけるだろう。だからどこまで行っても変わらないよ。永遠のプラスとマイナスで、永遠に変わらぬ愛の園。一つ減ったら一つ増やして、一つ増えた [続きを読む]
  • 愛と死を見つめて
  • ブログの更新が9月12日以来少々滞ってしまいました 一番の理由は去る9月23日、自宅で介護していた父が亡くなったことです。85歳でした。加えて父が亡くなる数日前に母が入院してしまうというアクシデントもあり、何かとバタバタしておりました。 結局一人で父を看取ることとなりました。 人生の去り際、人としての死への向かい方など、多くの学びをさせてもらいましたが、それはまた後に譲ることとして、 今回本当に助けられたのは [続きを読む]
  • 〜ツインソウルの愛し方〜
  • ―ツインソウルの愛し方― 全身全霊で愛する。 善悪の判断を超えて愛する。 人間的優しさを越えて愛する。 人間的優しさを込めて愛する。 自分の直感に従って愛する。 全てのものに最優先して愛する。 真の母性で愛する。 真の父性で愛する。 全てで愛する。 全てを愛する。 それを毎瞬、毎分、毎秒切れ間無く行う。 それは覚醒そのもの 極自然に始まる“融合” 魂の自然回帰 時の静止 無限の始まり 大河に溶け込 [続きを読む]
  • 一旦立ち止まって考えるということ
  • 今年の日本の夏は記録的な猛暑に始まり、西日本を襲った豪雨災害、そして関西方面の猛烈な台風、北海道の記録的な大地震・・・・毎日天変地異が進行中であるとは、拙著『TWINSOUL ☆LEGEND』でも表現しましたが被害に合われた方々には心よりお見舞い申し上げます。今の日本を襲う憂うべき状況、これは付け焼き刃的な対応でどうなるようなものでもないような気がします。モラルハザードの観点からは元横綱日馬富士の暴行引退事件を [続きを読む]
  • ツインソウルラヴァーズのための・・・
  •  トークセッション・・・ スカイプ  ライン  もしくは携帯電話を使ってのトークセッションです。定期的な告知をしておりませんが、お申し込みは随時受け付けさせて頂いております。 アパレル関係のお仕事と並立させて頂いております都合上、お申し込み頂いてから調整をさせて頂きます。 トークセッションに関してのご案内はこちらから↓↓↓『ツインソウルラヴァーズのためのトークセッション』 ツインソウルに特化した変性 [続きを読む]
  • 〜出逢った頃のように〜
  • 出逢った頃のようにあの突然の出逢いの衝撃のように突然始まった衝動のようにお互い片時も放さず見詰め合っていた語り明かしていつの間にか夜の明けていたあの頃に毎日がドキドキで毎日がワクワクして毎日が驚きの連続で毎日が感動の連続だった忘れていた輝きを取り戻したあの頃のように一度捨てたはずの人生に再び輝きを取り戻した再びあの頃に一巡して再びあの頃の君に出逢う 何度も何度も分かれては 何度も何度も再会した 分か [続きを読む]
  • 〜ツインソウル〜
  • 何故 惹かれあうのか?それは 君が失ってしまって埋まらない 欠けたパズルのピースを僕が持っているから僕がなくした記憶の欠片は 君のデータバンクに保存されているから何故 見失うのか?あまりに近過ぎたから何故 寂しいのか?もともと ひとつだったから銀河の彼方 何千年もの時を隔てて出会う魂のかたわれが再び一つに溶け合うとき全てのピースは埋められ完全体の光を放つある人にとってそれは「死」であり、またある人 [続きを読む]
  • 〜ツインソウルの目的〜
  • 今生で引き合う“ツインソウル”の目的として、一つ具体的な提示を行ってみたい。 それが事実かどうかより、そういうテーゼを行う方が現在の状況を読みやすくなることがある。 ツインソウルの出会う意味、それは本来その組み合わせの数だけあるのだろう。 “ツインソウル”が今生で出会う目的、それは・・・ 『意識を保ったままアセンションを迎えるため』 である。 “アセンション”・・・この言葉も解釈によって異なるが、意識 [続きを読む]
  • 〜エマヌエルの書〜
  • 自分を認め 愛する喜びお互いを優しさと思いやりをもって眺める喜びそれらはほんとうの永続的な喜びです肉体の物質性もまた楽しめます性的存在であることも楽しめます愛があるならば幻想に対する究極の挑戦とは“愛”ですですから自分を愛してください他人をも 自分を愛するように愛してください(それが愛せる最大限です)いったん愛が生じたらそれは全方向に広がっていきますあなたの人生を祝福してください喜びをもたらせると [続きを読む]
  • 三次元のお仕事的な・・・?
  • こちらは都内某所の婦人服路面店ですね。若干店舗のてこ入れを行いました。 ビフォー・アフター的な、 ↑こちらのコーナーが、 こんな感じに↑ ↑こちらが・・・ こちら↑ そしてこちらが↑ ↑こちらにという感じです。 路面店というのは中々入りにくい雰囲気を醸していると思うので、小物、バッグ類を多めに興味を引いて頂けるように工夫してみました。 お店のスタッフさんには大好評で、まぁそれだけでもやって良かったな [続きを読む]
  • 〜『TWINSOUL☆LEGEND』に関しまして〜
  • 『TWINSOUL☆LEGEND』は、30の章と7つのコラムから構成する主にツインソウルに特化したPDFファイル形式の読み物です。 全部で380ページあります。 お読み頂くには、 アクロバットリーダーや kindle などの無料アプリをダウンロードして下さいませ。 『TWINSOUL☆LEGEND』は、元は2012年の9月より約1年間、メールマガジンサイト?まぐまぐ”で有料配信させて頂いたものをその後数年間にかけて更に読みやすいものとなるように加 [続きを読む]
  • “生産性”ってなんだろう?
  • 今一人の国会議員の発言がLGBTに該当する方、及び子供のいない夫婦の方々をざわつかせていますが、このような強気で心無い発言をする人って、大概同じような仲間に囲まれているからこそ言えると思うんですね。だけど自分の発言に誰も耳を傾けてくれなかったら、身の回りの百人中一人の賛同者もいなかったら、同じような発言を自信をもっては出来ないと思います。 それほど人間という生き物は本来か弱き生き物なんです。だからこそ [続きを読む]