こうさん さん プロフィール

  •  
こうさんさん: 法の語りべ
ハンドル名こうさん さん
ブログタイトル法の語りべ
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/koujirikoaisiteru
サイト紹介文野に下り法を語る
自由文生まれても地獄、死んでも地獄
地獄とは場所にあらず
我そのまま地獄なり。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供256回 / 365日(平均4.9回/週) - 参加 2009/07/23 15:57

こうさん さんのブログ記事

  • 仏法を聞く目的
  • 最近一人の方に取り組むべく少しお話をさせて頂きましたが、どうやら仏法を聞く目的があやふやなようでした。なぜ、生まれて来たのか?なぜ、辛くとも生きるのか?死が不安で仕方ない。そんな悩みある方には勧めますが、現世利益、生き方の改善が悩みなら仏法でなくともいいはずです。確かに仏法で信心成せば生き方も変わりますが、その聞く目的次第では遠い道のりになりかねません。今回はそんな判断からお話を取りやめました。先 [続きを読む]
  • 母とのメール 近況報告
  • 私)新たに一人取り組み始めました。さて、どうなるか?(^-^)母)頑張って 私も 何十年 聞いて来た人を 触ってますが なかなか 真剣に成らなく その内に 何とか なると その癖 やはり 何とか成りたい 困ったもんじゃ私)聞いてもダメなことがわからないんだろうね。悪人正機が全てなのにね。自力を潰えさせるそれが自分では出来ない。だから僕らの手伝いが大事なんだよね。母)聞いて来た 古狸には 信じるのは 自分だけ 証拠を 見 [続きを読む]
  • 母がやってくる
  • 来月の終わりに母と姪がやってくる。ただ一人残された長男を仏法を通すためだ。人は触れても肉親は簡単には行かず母のお出ましとなった。私、嫁、次男、姪、母と信心成した者同士での仏法談義も楽しみだ。それに長男も加われれば家族全員が仏様の子として頂けたことになりもう今生で何があろうと心配はない。今またネットでも、一人の方に取り組み始めました。残りの人生をかけて一人でも多く導けたらと願っています。 [続きを読む]
  • コメントから
  • 顔アイコンtronこんにちは。あなたが力説する地獄の存在についてお聞きしたくなりました。よろしいですか?2017/10/7(土) 午後 5:01削除こうさん貴方のブログにご返答しましたが地獄は場所ではなく、心の在りようなんです。自分の犯した業による苦しみを自業苦=地獄というのです。2017/10/7(土) 午後 6:32削除顔アイコンtron心のありようというなら、なるほどと思えます。初めからそう言ってくれればいいのに。いや、ごめんなさい [続きを読む]
  • 最後にこれを残して終わります
  • 私が幼い頃 母に連れられてはよくお寺に詣でていました。そこでは参拝者で幾つかお経を読み上げその後、ご住職から法話なるものを聞き、ありがたい気持ちにさせて頂き帰路に着くことを繰り返していました。法話を聞いた後は その余韻に浸りながらの温かい気持ちでそぞろ歩きし駅に向かいます。やがて駅に着き電車に乗り、人の喧騒に巻かれる頃、あの、ありがたかった心持ちは何処へやら… いつもの粗雑な日常へと戻っていました。 [続きを読む]
  • 最後通告
  • 聞けば助かります聞かぬなら地獄行きです何をためらう必要がある選択ですか!そんなに地獄が好きなのか?地獄が無いなんて思ってませんよね?今までここで述べてきた通りご自分の心をご覧なさい、その醜い心の行くべき所 それが地獄ですよ。地獄は貴方の心が作ったのですから… [続きを読む]
  • これが最後通告です!
  • 聞けば助かります聞かぬなら地獄行きです何をためらう必要がある選択ですか!そんなに地獄が好きなのか?地獄が無いなんて思ってませんよね?今までここで述べてきた通りご自分の心をご覧なさい、その醜い心の行くべき所 それが地獄ですよ。 [続きを読む]
  • ここで縁あって出会えた人へ
  • ここで縁あって出会えた人へたとえ、今生では救えなくてもいつの世か 必ず救います、約束です。ただし、どれくらいの時を苦しまれた後になるかは想像だにできません。また、その時があれば…と、言うことです。それが今かも知れない!そう気付いてください!私はそのために居ますから…もはや人様のために私ができるのはそれが精一杯ですから命をかけて取り組みます。見返りは貴方が救われてくれたらそれが一番の私への見返りとな [続きを読む]
  • シンプルにお話しさせてもらいます。
  • ここを好意を持って応援して頂いた方、残念ながら、広島の住職さん、カーさんのパパさん、このお二方以外はこのブログでは救えませんでした。私は些細な縁でも縁あった人は全て救いたいと今も変わらず思いますが、聞いてくれないと救いようがないのも事実。助けてほしい、聞かせてほしいと願われた方はココと実生活を合わせて全ての方を救えました。一人でも救えたことは喜びですが、ここで仲良くさせて貰った多くの方がまた、地獄 [続きを読む]
  • 実生活において
  • 実生活で人生ってなんだろう?毎日同じことをして年老いていく。なんのために生きてるのか?そんな悩みを持った人を、また一人救えました。真剣に悩む人を救うのはなんと効率のいいことか!ここで3年以上話してきて成果は広島の浄土真宗のお寺の住職ブロ友のカーさんのパパさん、実生活でのママ友のちなみちゃんと、たった3人、あまりにも効率が悪いと嫌というくらい知らされました。大切な時間を無駄にした思いです。これからは実 [続きを読む]
  • 命の期限
  • 私も病を抱えながらに、暫くは生かされそうですが母は齢88で、常識的にみればいつその時が来ようと不思議ではありません。今まだ私のポテンシャルは途上にありそれは未知数といえます。母に手渡すまでは充分な仕事をこなし最後の仕上げまでの一歩手前までを任せてもらえるまでにはなりましたが、一人で導けるかは未知数です。だから、今聞かないと先の約束は出来ません。今なら絶対と言える自信はあります。 どうか、聞くなら今 今 [続きを読む]
  • 信じる信仰はつらい
  • 神様、仏様の存在を信じる信仰はつらく、時に安らぎを覚えようと長続きせずまた安堵するために更に信じる努力を重ねる、信仰とは99%の疑いと1%の信じる心の葛藤だ。と、誰か言われたみたいですが、全くその通り。信じようとする信仰は辛いものです。仏様の存在を肯定して受け止めたなら疑いもなく、よって 信じるという行為もなくなります。では、どうしたら存在を肯定できるか?姿は見えなくとも、その力を感じたら考えられないよ [続きを読む]
  • 取り返しのつかない選択
  • 以前の記事を…信心後の不安は必ずある。母は言うご苦労様 何度も何度も これでいいのか?と繰り返します。そしてやがて固まる。母さんは 誰も 居なかった から 苦しんだ 今の人は貴男やら 私が居るから すぐに直して 貰えるから 楽やね今の内に 聞かないと 大きな損をするね ただ で 聞けるのにね 昔みたいに 山越えて 野宿して 母さんなんか お寺を 探して いいお坊さんを探して なけなし の お金を はたいて 仏法聞かせてもらっ [続きを読む]
  • ありがたい?法話
  • 私が幼い頃 母に連れられてはよくお寺に詣でていました。そこでは参拝者で幾つかお経を読み上げその後、ご住職から法話なるものを聞き、ありがたい気持ちにさせて頂き帰路に着くことを繰り返していました。法話を聞いた後は その余韻に浸りながらの温かい気持ちでそぞろ歩きし駅に向かいます。やがて駅に着き電車に乗り、人の喧騒に巻かれる頃、あの、ありがたかった心持ちは何処へやら… いつもの粗雑な日常へと戻っていました。 [続きを読む]
  • 殺生
  • 殺生と聞いて 生きる為には仕方ない、とか、人間の食べる為にある、とか、ベジタリアンだから関係ない、とか、思ってたりしませんか?生き物の命は全て平等。 どんな小さな命も失われたら生き返らせはしない。今あるそれぞれの形はただの器魂の入れ物に過ぎず、魂は平等なんだと水を例に挙げて母から教えられました。魂を水に例えると、器で呼び名が変わるように、コップの水、お茶碗の水、洗面器の水、お風呂の水、洗濯機の水 と [続きを読む]
  • ドクターX を観ていて
  • 人気のドクターXの再放送を観ていて、確かにこんなドクターに診てもらえれば私の右目も失わずにいれたのかな…と、思ったりもし、少しネガティヴにもなるが、この世ではスーパードクターでさえ命を伸ばすことはできても、いつかは寿命となりそれには逆らいようがない。それを思うと仏様の救い 信心叶えば未来永劫の安寧を得られるにも関わらずなんと、皆の関心のないことか…有るか無いか分からないというだけで無いという方に賭け [続きを読む]
  • 妙好人の独り言
  • 自力、他力と語られはするが、そのどちらも間違えて捉えては意味がありませんなぁ。自力とは思い上がりに過ぎず、他力とは学ぶもので無く受け取るものだと知らんお人ばかり、他力を学ばせる教えは遠回り、受け取り方を教えんから ややこしゅうなるのやな。 [続きを読む]
  • 菩提心
  • よく菩提心を我がもののように話す方を見かけますが、そうでは無いのだと母から教わったことを少しお話しします。菩提心、色々語られますが、私達 人間には元々無いものと、言うと異論のある方が居るかな?私達 凡夫には悟りを求めるような心は無くただただ煩悩を湧かす心しかありません、だから、それを不憫に思われた仏が現れたのです。そして、仏の働き掛けにより、仏法を聞き、仏心に触れ 芽生えるのが菩提心だと、信心成った [続きを読む]
  • 逃げない覚悟
  • 人が仏教に取り組む目的は?心の安らぎ、死への恐怖、死後の不安様々であろうと思います。仏教を勉強したい方はさて置いて死への恐怖や死後の不安、心の安らぎを求める方は仏の救いを願うと思います。それには仏の本願〈約束〉を受け取らねばなりません。それに取り組む求道は特別なものですが、難しい学びは一切ありません。仏壇や仏様に手を合わせることも、お経をあげることも必要なく、ひたすら自身の心と向き合い、対話するだ [続きを読む]
  • 母へのメール
  • こんちは!元気?(^-^)最近 経典を学んでいます。で、よく分かりました。信心頂くには必要ないこと。聞く側は必要ない、説く側が理解していればいい と。信心叶った後で なぜ信心頂けたのか理屈を知ればいい。とにかく実践、導き手を頼りに実践!経典を学ぶなら信心通ってからなのだと。 [続きを読む]
  • 経典は確かに有難いが…
  • 歎異抄や悪人正機など、確かに有り難くその通りなのだが…それを読み解き理解したつもりでもそれは意味を成さない。などと云うと非難を受けるだろうが事実と言おう。意味をなすならば 何故?悟り、信心が得られない?それは、先にも記事にした学び方が間違っているからだ。悟り、真理、信心を得るには方法が存在する。それさえ留意して望めば それ程の難しさはない、と言っても差し支えないだろう。今迄の既存の教えは遠回りし過ぎ [続きを読む]
  • 仏法は法鏡なり
  • お釈迦さまが、三十五歳で仏のさとりを開かれてから、八十歳でお亡くなりになられるまでの 四十五年間、説かれた教えが 仏法 です。その教えを一言で表されたのが、ほう きょう『 仏法は法鏡である 』 のご金言です。法とは、インドの言葉で ダルマー と言い、 真実 の意。 法鏡とは、真実の自己を映し出す鏡ということです。 「 仏道を習うとは、自己を習うことなり 」 と 言われますが、仏教を聞けば聞くほど、真実 [続きを読む]
  • 貴方は生きていれますか?
  • 自力を頼りに煩悩を無くせ!と、教える貴方、殺生の罪、欲の食欲ひとつ、無くせますか?睡眠欲は無くせますか?人間である以上、生きている以上、無理なことは明らかですよね?それでも貴方は言い張れますか?真理も知らず真理、真理と語る無明の凡夫はその程度なのでしょう 笑 [続きを読む]
  • 学びの落し穴
  • 仏教に勤しみ、皆が成ろうと求めます。自分には出来るんだと学びます。 しかし、その教えは、自分には成れない、自分には出来ないとしるためのものなのです。お釈迦様や、親鸞聖人も、それに気付き厳しい修行を辞めたのです。では成れない、出来ない私はどうなるか?それを考え見詰めるのが本当の学びなんですよ。出来るなれると学んでも一生を無駄に費やすだけ。少し考えれば分かりそうなもの… しかし、私の我がそれを拒むのです [続きを読む]