陰陽師 さん プロフィール

  •  
陰陽師さん: 陰陽の世界 光と陰の狭間で...
ハンドル名陰陽師 さん
ブログタイトル陰陽の世界 光と陰の狭間で...
ブログURLhttp://onmyouji0414.blog98.fc2.com/
サイト紹介文光と陰を操る陰陽師が、花鳥風月の世界をお届けします
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供85回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2009/07/24 03:55

陰陽師 さんのブログ記事

  • カラスザンショウの実とルリビタキ
  • 今日のお山の気温は6℃、随分と寒くなりました... 先日のカラスザンショウの実が成るポイントで、しばらく粘ってみました。急激に気温が下がったせいか、鳥影はかなり薄かったのですが、なんとかルリビタキが何度か姿を見せてくれました。ヽ(*´∀`)ノルリビタキ (スズメ目ヒタキ科) Red_flanked BluetaileNikon D5AF-S NIKKOR 800mm f/5.6E FL ED VRマニュアル(Mモード) 三脚使用 [続きを読む]
  • カラスザンショウの実とムギマキ
  • 今年のお山は台風の影響で木の実が落ちてしまい、野鳥の数も近年になく少ないようです。(つд`)そんなお山ですが、カラスザンショウがたくさん実をつけているポイントの情報を頂き、待ち伏せしてみました。(^〜^)野鳥が好む木の実がなるポイントは、正に野鳥のレストランで、高い確率で野鳥達に出逢うことができます。(`・ω・´)ムギマキ (スズメ目ヒタキ科) Mugimaki Flycatcher雄 第1回冬羽キビタキ (スズメ目ヒタキ科)&# [続きを読む]
  • 小鷹の渡り その後
  • 岬の小鷹の渡りはハイタカの数が増えてきましたがツミは少ないようです... この日(10/30)は、たまたまチゴハヤブサも飛びました。ヽ(*´∀`)ノ相変わらず向かい風(西風)が半端なくて、鷹は風上に頭を向けて北に流されてゆくパターンがほとんどで、尻追いになるため、なかなかシャッターを切るチャンスがありません。(*`Д´)チゴハヤブサ (ハヤブサ目ハヤブサ科) Eurasian Hobby強い逆光なので色合いと解像が今一です (つд [続きを読む]
  • 小鷹の渡り
  • 岬の鷹ポイントは相変わらずノスリが多いですが、ハイタカやツミなどの小鷹の渡りも見られるようになってきました。(´ー`)この日(10/25)は向かい風がやたら強くて、鳥達は風上に頭を向けるため、尻追いになる確率が高くなります。(つд`)ハイタカ (タカ目タカ科) Eurasian Sparrowhawk ツミ (タカ目タカ科) Japanese Sparrowhawkたまに成鳥の雄も混じります ↑ ↓やはり幼鳥が圧倒的に多いですねハチクマ (タカ目タカ [続きを読む]
  • 岬の鷹
  • 鷹の渡りもハチクマの数がかなり少なくなり、サシバが多くなってきました。ツミやハイタカなどの小型の鷹が混じりだしたことから、渡りもそろそろ終盤に入ってきたようです。写真は、比較的近くを飛んだものを選んでRaw現像してみました。ハチクマ (タカ目タカ科) Honey Buzzardサシバ (タカ目タカ科) Grey_faced Buzzardオオタカ (タカ目タカ科) Northern GoshawkNikon D850AF-S NIKKOR 800mm f/5.6E FL ED VR [続きを読む]
  • 岬の野鳥
  • 10月8〜9日と、鷹の渡りを見にいってきました... 写真は本命が少ない時間帯に撮った、岬の野鳥です。(´ー`)ノスリは渡っているのか、居付きなのかは判断がつき兼ねるところですが、この時期ここで見られる個体は、ほぼ100%が幼鳥です。(`・ω・´)ノスリ (タカ目タカ科) Common Buzzardふだんノスリは狙わないのですが背景が良かったので...コサメビタキ (スズメ目ヒタキ科) Asian Brown Flycatcherこの付近の桜は秋を [続きを読む]
  • 鷹の渡り その後
  • 鷹の渡りが気になり深夜から出かけました(10月3日)... まだ夜明け前の暗い時間に現場に到着、案の定一番乗りでした。(ノ∀`*)早朝の時間帯は風が弱かったせいか、鷹の飛ぶ高度が低く、空抜けではない写真も数枚撮れましたので、今回は合成写真は無しです。(*´∀`)かなり遠かったですが、今回はチゴハヤブサも飛んでくれました。ヽ(*´∀`)ノハチクマ (タカ目タカ科) Honey Buzzard朝日を浴びて赤色が強いです ↑ ↓↑ 背景は [続きを読む]
  • 台風前 鷹の渡
  • 写真は台風24号が来る前、9月28日に撮影したものです... 久々のお天気で期待して出かけたのですが、渡りの鷹は数が少なく、全般に距離も遠かったです。(つд`)渡りの鷹は空抜けばかりで面白くないので、最後の3枚は遊びで、Photoshopを使って付近の風景と合成してみました。(^〜^)合成のコツは背景にピンが来ないように、少しぼかすことでしょうか。(*´∀`)ハチクマ (タカ目タカ科) Honey Buzzardサシバ (タカ目タカ [続きを読む]
  • 渡り途中のサンショクイ
  • 大型の台風24号が、またもや日本列島直撃コースをとっています... 被害のないことを祈るばかりです。鷹の渡りの観察ポイントで、渡り途中のサンショウクイを見つけたので狙ってみました... 数年前にはこの狭い場所で100羽以上のサンショウクイに囲まれたこともあります。(*´∀`)サンショウクイ (スズメ目サンショウクイ科) Ashy Minivet虫を捉えて興奮気味のサンショウクイ... 尾羽に力が入っていますね (^〜^)飛び出し [続きを読む]
  • 台風後のお山
  • 悪天候続きでブログの更新が滞っていましたが、台風後のお山の様子が気になり、9/22(土)に見に行ってきました。(`・ω・´)台風21号の爪痕は思った以上に深刻で、お山の頂上付近では倒木が激しく、見慣れた景色も一変してしまいました... 強い風で枝同士がこすれ合い、広葉樹には葉がほとんど残っておらず、野鳥観察ポイントのクマノミズキやカナクギノキの木の実も壊滅状態です。(つд`)写真は僅かに残ったカナクギノキの実に訪れ [続きを読む]
  • エゴノキの実とヤマガラ
  • 毛色の変わったヤマガラが居るとの情報を頂き見に行ってきました。(´ー`)エゴノキの実を求めヤマガラが群れ、果実を割って中の種子を咥え、飛び去るといった行動を何度も繰り返していますが、どうやら木の実を何処かに備蓄しているようです。(^〜^)このヤマガラの群れの中に、ちょっと毛色の違う個体が、1羽だけ確認できました。( ゚Д゚)普通のヤマガラとの違いは、頬や目先、前頭から後頭にかけて頭央部の薄いクリーム色が、体 [続きを読む]
  • 晩夏の鷲・鷹
  • 大型の台風21号が日本列島直撃のコースで近づいています... 風雨の被害に備え十分な対応をとってください。(`・ω・´)写真のイヌワシは8月29日に撮影したもので、この日は早朝から昼過ぎまで濃い霧のため身動きがとれず、シャッターチャンスは、足下の谷を一度だけ通過したのみでした。(つд`)翌日は南東の風と風向きが悪かったのでイヌワシを諦め、クマタカのポイントに立ち寄ってみました。クマタカは幼鳥が飛んでくれ、山の稜 [続きを読む]
  • コウノトリ at 近江
  • 前回、出逢えなかった蓮池のコウノトリですが、この日は1羽だけ、この池で観察することができました。(^〜^)ピーク時この付近に12羽いたコウノトリは、現在8羽に減っているようで、昼間は周辺の田圃に居ることが多いそうです。(´・ω・`)鳥との距離が遠かった(250〜300m)のと、半逆光で解像はあまり良くないですね... (´〜`;)コウノトリ (コウノトリ目コウノトリ科) Oriental StorkNikon D850AF-S NIKKOR 800mm f/5.6E FL ED [続きを読む]
  • お盆明けのクマタカ
  • 狗鷲山の帰り、8月18日にクマタカのポイントに寄ってみました。(´ー`)このポイントのクマタカは4年振りの営巣成功ですが、この日は雄が2度ほど飛んだのみで、幼鳥の鳴き声を聴いたものの、その姿を見ることはできませんでした。(つд`)クマタカ (タカ目タカ科) Mountain Hawk Eagle↑ ここをテリトリーとする雌雄とは別個体のクマタカ... 少し若い個体のようです↑ ↓ 7月3日 撮影 クマタカ幼鳥... この時はシークレットだ [続きを読む]
  • お盆明けのイヌワシ
  • お盆明けの8月17日、山の天気予報で風の状態が良いようなので、狗鷲山に行ってきました。 (^〜^)山頂付近の気温は朝方で13℃と低く、そろそろダウンジャケットが必須の状況で、北風が強く吹くと体感温度はさらに下がって、寒さが増幅されます。 (((;゚Д゚))) サムーイヌワシは結構飛んでくれたのですが、少し風が強すぎたのか、上空を飛ぶことが多く、なかなか足下の谷まで降りてきてくれません。 (つд`)南の海では、台風が19・20 [続きを読む]
  • 盛夏のイヌワシ
  • 狗鷲山の標高1,200m付近のポイントで撮影していました... 風が止むと、めちゃくちゃ暑かったですが、下界のことを考えると贅沢は云えませんね。(´ー`)紫外線が強く、日焼け対策はしていたのですが、それでも顔や腕の皮がむけてしまいました。(ノ∀`*)写真のイヌワシは1〜8枚目までが雌、9〜11枚目までが雄です。イヌワシ (タカ目タカ科) Golden Eagle眼が入りません (つд`) ↑ 空抜けでなく、背景は山並みです...これは空抜 [続きを読む]
  • イヌワシのハンギング
  • イヌワシは風の強い日、向かい風を利用して、翼を羽ばたくことなく、翼や尾羽の風を受ける角度調整だけで空中の1点に浮揚することができます。(`・ω・´)イヌワシのハンギングは一般に、風が強いかなり上空で見られることが多いのですが、この日は結構低い位置でのハンギングを見ることができました。(´ー`)ただ、相当強い逆光だったため、露出は上げていても (露出補正+2.0) 解像が今一でした。(つд`)イヌワシ雌 (タカ目タカ [続きを読む]
  • 暑中お見舞い申し上げます
  • 狂ったような猛暑が続いていますが、皆様には、いかがお過ごしでしょうか...あまりの酷使に耐えかねて、陰陽師の寝室兼書斎のエアコンも、先月半ばころより故障し、隣室に仮の寝床を設けて急場を凌ぎ就寝しているような有様です。(ノ∀`*)皆様方には、熱中症などにかかりませぬよう、水分補給や休養など、体調管理に十分留意されますように...イヌワシ雄 (タカ目タカ科) Golden Eagle 2018.08.03 撮影Nikon D850AF-S NIKKOR 8 [続きを読む]
  • 立山室堂周辺の風景と花
  • 立山室堂の野鳥撮影の合間に写した、風景と花の写真です... 月の出とヘリ、花の写真はサンニッパレンズで3脚を使用しています。(´ー`)その他の風景写真は、すべて24-70mmレンズで手持ち撮影ですが、基本、花の写真以外はノートリミングで現像の際、傾きのみの修正です。(`・ω・´)立山連峰と血の池横方向ノートリ、全紙サイズの比率 ( 1 : 1.23 ) で縦方向のみトリミング立山連峰の雄山と血の池みどりが池の逆さ立山と日の出西側 [続きを読む]
  • 立山 室堂の野鳥 (3)
  • 「立山室堂」3日目、最終日の写真です... この日は2個体のライチョウを見ることができましたが、いづれも単独の雌で、雛は連れていません。(つд`)鳥との距離が近かったので、テレコンを外してサンニッパ一本での勝負でしたが、ノートリで写真が使えるよう、構図を意識しながら、ホーカスポイントを適宜移動させながらシャッターを切っています... ほとんど動きのない鳥なので、そこらへんは比較的楽に実施できますね。(*´∀`)今 [続きを読む]
  • 立山 室堂の野鳥 (2)
  • 立山室堂2日目にして、やっとライチョウと出逢えました... あちこちとライチョウを求めて歩き廻って、逢えたのは皮肉なことに宿泊している「みくりが池温泉」の展望デッキ正面です。本来は雛を連れた母鳥という狙いでしたが、贅沢は云えません。(つд`)終日観察しましたが、雛がいる気配はなく、おそらくはペアリングに失敗した雌ではないかと思われます。(`・ω・´)結構距離があったので、サンニッパに2倍テレコンを装着し、焦点 [続きを読む]
  • 立山 室堂の野鳥 (1)
  • 避暑を兼ね2泊3日で、野鳥撮影と温泉目的で「立山室堂」まで行ってきました。(´ー`)機材・装備の選定に悩みましたが、レンズ= 300mm f/2.8 ・24-70mm f/2.8、テレコン=1.4倍・2倍、カメラ= Nikon D850、三脚=ジッツオ3型、雲台=ザハト8型に決定。(`・ω・´)山登りをするわけではありませんが、室堂近辺はそこそこのアップダウンもあり、これが体力的には限界の組み合わせかなとの判断です。(´・ω・`)実際この周辺は2,450m前後の [続きを読む]
  • 超高速系 飛び物
  • 今回の遠征の目的の一つに、Nikon 800mm f5.6 の、「超高速系飛び物」に対する適正テストが含まれておりました。(´ー`)最初、1.25倍のテレコンを装着して、焦点距離1,000mm(開放値f7.1)で撮影していました... 焦点距離1,000mmでもファインダー内でターゲットを追うのは比較的容易にできるのですが、悲しいかなピン(合焦)のタイミングが一瞬遅れます。o(`ω´*)o光量不足の時間帯ということもあったかも知れませんが、ストレスを [続きを読む]
  • 避暑遠征
  • 避暑を兼ねて、恒例のハリオアマツバメの撮影に行ってきました。豪雨後、つい最近までは高速道路も通行止めでしたが、とりあえず一部対向2車線での開通です。(´・ω・`)ここは車載の高度計では、標高863mの高原で、日陰にさえ入っていれば真昼でも、すこぶる快適です。(*´∀`)ただハリオアマツバメは、9:00 〜 15:00 の間、ほとんど飛ばないので、近くの温泉に入って食事と昼寝を堪能しておりました。(ノ∀`*)ハリオアマツバメ (ア [続きを読む]
  • 豪雨後のクマタカ
  • 豪雨後のクマタカの飛翔を狙って出かけましたが、相変わらずクマタカの出現率は低いようです。┐(´д`)┌ちょっと距離は遠かったですが(200〜300m)、今回は久々の枝どまりのクマタカを見ることができました。ヽ(*´∀`)ノクマタカ (タカ目タカ科) Mountain Hawk Eagle何やら吠えています (*´∀`)顔の角度によっては木漏れ日をキャッチアイ... (^〜^)枝替わりのチョイ飛び クマタカ VS サシバNikon D850AF-S NIKKOR 800mm f/5. [続きを読む]