陰陽師 さん プロフィール

  •  
陰陽師さん: 陰陽の世界 光と陰の狭間で...
ハンドル名陰陽師 さん
ブログタイトル陰陽の世界 光と陰の狭間で...
ブログURLhttp://onmyouji0414.blog98.fc2.com/
サイト紹介文光と陰を操る陰陽師が、花鳥風月の世界をお届けします
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供118回 / 365日(平均2.3回/週) - 参加 2009/07/24 03:55

陰陽師 さんのブログ記事

  • 望遠レンズサポート・ロングプレート
  • 雨降りが長らく続いたので、今日はカメラ機材ネタです... (´ー`)シャッターを切った時の、レンズとカメラ接合部のマウントの揺れ止めに、従来、BENRO レンズブラケットLH4000を装着していました。しかし陰陽師は、三脚座をローダウンしているため、フィールドでのテレコンの脱着が事実上できないという難があり、代替品を探していましたが、先日ネットで見つけたので取り寄せて装着してみました。(^〜^)この製品は、ビデオ雲 [続きを読む]
  • 鷹の渡り中盤 チゴハヤブサ・ツミ
  • 鷹の渡り中盤、小鷹も出始めましたがツミの数は少なく、これから10月末から11月初めにかけて、ハイタカ等と共にその数も増えてくるものと思われます。(`・ω・´)写真は鷹自体が小さく距離も遠いことから、等倍でトリミングしているので、若干ノイズが出ています。(´・ω・`)チゴハヤブサ (ハヤブサ目ハヤブサ科) Eurasian Hobbyこの個体は右足を怪我しているのか、ずっと足を垂れたままでした (つд`)これより下は、上とは別個体 [続きを読む]
  • 鷹の渡り中盤 ハチクマ三昧
  • 前日の午後から対岸の四国方面の見通しが悪くなり、途中で引き返してくるタカ達も多かったせいか、この日は朝一番に、この滞留組のハチクマが大挙して真近を飛んでくれました。(*´∀`)ハチクマは,、暗色型・中間型・淡色型と、体色や模様のバリエーションも豊富で、ずっと観察していても飽くことのない、猛禽好きにとっては恰好のターゲットと云えます。(^〜^)しかし喜んだのもつかの間で後が続かず、午前8時半を境にタカの出現 [続きを読む]
  • 鷹の渡り中盤
  • 鷹の渡りも、そろそろ佳境を迎えましたが、今年は例年に比べ数が少なく、ポイントも遠いように思います... 渡りのコースがちょっとずれているのではという気もします。┐(´〜`;)┌ この日( 10/8 ) は前日が悪天候だったせいか、渡りの鷹は午前中全く飛ばず、お昼頃になってやっと、姿を見せ始めました。(´・ω・`)ハチクマ (タカ目タカ科) Honey Buzzardサシバ (タカ目タカ科) Grey_faced Buzzardチゴハヤブサ (ハヤ [続きを読む]
  • 鷹の渡り その後
  • 鷹の渡りのその後ですが、今年は渡りのコースがずれているのか、遅れているのか、とにかく例年に比べ絶対数が少ないです... 特にこのポイントでは、サシバの数が少ないようです。(´〜`;)居付きのハヤブサやオオタカは、朝一番に飛んでくれますが、渡りの鷹の数が今一なので、ピークと思われる10/10 頃に再度挑戦しょうと思っています。(*´∀`)ハチクマ (タカ目タカ科) Honey Buzzard サシバ 幼鳥 (タカ目タカ科) Grey_ [続きを読む]
  • 曇天のお山
  • この日は、お昼から天気が崩れるとの予報で、午前中に撮影をと思い、お山に出かけました... (´ー`)アオゲラの声がするので待っていると、早速、枯れ松の上方にとまってくれましたが曇天のため順光でも空の色が出ません。(´〜`;)今季のお山は野鳥の姿が少なくて、シャッターチャンスもごく僅かです。アオゲラ 雌 (キツツキ目キツツキ科) Japanese Green Woodpecker メボソムシクイ (スズメ目ウグイス科) Arctic Wabler エゾビタ [続きを読む]
  • 巨大溜池で
  • お山の野鳥が少ないので、地元の巨大溜池で水辺の鳥を探してみました... 幸運にもシマアジとヒバリシギに出逢うことができました。(^〜^)シマアジは、いつものようにコガモの群れの中にいて、幼鳥ゆえに距離が近くないと、なかなか判別が難しいですね。撮影した時間は午後1時頃で、光が半逆光のギラギラ、この場所は午前中の早い時間が撮影にはよろしいようです。┐(´д`)┌シマアジ 幼鳥 (カモ目カモ科) Garganeyカラスが騒 [続きを読む]
  • 鷹待ちの合間に
  • 鷹待ちの合間に現われた、エゾビタキの飛び出しを狙ってみました... (´ー`)その他、この鷹の渡りポイントの海で、よく見掛ける潜水艦と、潜水艦救難母艦が南進していたので、撮影してみました。潜水艦は来年3月竣工予定のそうりゅう型9番艦で、潜水艦救難母艦を伴い、南の深い海で潜水テストを実施するものと思われます。(`・ω・´)エゾビタキ (スズメ目ヒタキ科) Grey_streaked Flycatcherそうりゅう型 潜水艦 「ss-509 せい [続きを読む]
  • 鷹の渡り序盤
  • 鷹の渡りの下見に行ってきましたが、台風の影響でしょうか、午前中は、居付きのオオタカとミサゴが飛んだのみで渡りの鷹は全く飛びません。(つд`)お昼頃から午後2時過ぎまで、渡りのハチクマがボチボチ飛びましたが、数は少なく全部で5羽程度でした。゚(゚´Д`゚)゚サシバも飛ぶには飛んだのですが、遥か彼方の上空、おまけに真逆光で、シャッターを切る気にもなりません。┐(´〜`;)┌ 此処は全般的に幼鳥が多いのですが、渡りの [続きを読む]
  • 秋のイヌワシ
  • 急にイヌワシに逢いたくなり、台風の影響でお天気が悪くなる前にと、はるばる狗鷲山まで撮影にいってまいりました... ほとんど病気ですね。 (ノ∀`*)この日は北西の風で、雌が近くを飛んでくれて、大興奮でした。 o(`ω´)oイヌワシ (タカ目タカ科) Golden Eagle Nikon D5Nikon AF-S NIKKOR 600mm f/4G ED VR Nikon TC14E Ⅲマニュアル(Mモード) 三脚使用 [続きを読む]
  • お山の木の実
  • お山の遊歩道、野鳥の観察ポイントでは、野鳥達の大好きな木の実が色付き始めましたが、まだ野鳥達はこの実に付いていないようです。(´・ω・`)例年、あと10日も経てば、お山ではエゾビタキやサメビタキが入りますが、その頃になれば多くの野鳥達が、これらの実を求めて集まってくることでしょう。(^〜^)野鳥達の好物の木の実が、何時、何処で食べ頃になるのかを知っていれば、野鳥達との出逢いの機会がぐっと増えます。(`・ω・´ [続きを読む]
  • トリカブト
  • イヌワシの出が悪い時間帯の暇潰しに、頂上の登山道でトリカブトの花を探してみました... 近年この近辺ではトリカブトが減少しているそうで、唯一群生が見られたのは下り専用「東登山道」の出口付近のみでした。┐(´д`)┌トリカブトは全草が毒で、特に根の部分は毒性が強く、北海道ではアイヌが熊を獲るのに矢尻にこの毒を用いたといわれています。(`・ω・´)イブキトリカブト(キンポウゲ科トリカブト属)↑ 頂上中央登山道の中 [続きを読む]
  • 初秋のイヌワシ
  • 鷹の渡りが本格的になる前にと思い立ち、イヌワシに逢いに行ってきました... 予想通りイヌワシの出現は夕方のみでした。┐(´ー`)┌9月3日 15 : 58 〜 18 : 17 撮影イヌワシ (タカ目タカ科) Golden Eagle↑ ↓ この日最も近くを飛んだ雌↑ 空抜けは、この1枚のみです (雌の飛翔)↑ 夕陽のゴールデンイーグル、これ以降は雄です...17 : 14 雄が西側稜線の木の根元付近に降りました... 撮影地点からの距離は、およそ400m18 : [続きを読む]
  • もうすぐ旅立ち
  • お山で一夏を過ごしたサンショウクイ達も、もうすぐ旅立ち、そろそろ渡りの季節となりました... 写真は塒入り前のサンショウクイを狙ったものです。(´ー`)サンショウクイ (スズメ目サンショウクイ科) Ashy Minivetクマノミズキにとまったサンショウクイ、距離は約5m、近過ぎてAFの限界です 30%トリミング (*´∀`)エナガ (スズメ目エナガ科) Long_tailed Titこちらは留鳥のエナガですNikon D5Nikon AF-S NIKKOR 600mm [続きを読む]
  • 休耕田のツバメチドリ
  • ツバメチドリの情報を頂いて、とある休耕田に行ってきました... 数えてみると全部で7羽いましたが、この地に、これだけの数がまとまってやって来るのは、かなり珍しいと思います。( ゚Д゚)ツバメチドリの群れにムナグロも混じって餌を捕っていました。(´ー`)ツバメチドリ (チドリ目ツバメチドリ科) Oriental Pratincole ↑ 幼鳥ムナグロ (チドリ目チドリ科) Pacific Golden Plover Nikon D5Nikon AF-S NIKKOR 600mm f [続きを読む]
  • 尾張のコウライウグイス
  • 珍鳥情報を頂き早速、日帰りで行ってきました... 情報は耳に入ってはいたのですが、往復約450kmという距離だけに躊躇していたところ、背中を押してもらったかたちとなりました。(*´∀`)天気予報に反して途中、明け方に車のワイパーが効かない位の激しい雨が降りましたが、幸いにも現地到着時には何とか雨も上がってくれました。(^〜^)コウライウグイスの撮影ポイントは河川敷の遊歩道から、小さなグランドを隔てて、およそ100 [続きを読む]
  • 黎明
  • 夜明け前からカメラを構え、狗鷲山から御来光を狙ってみました。本来なら、3脚をセットしスローシャッターで iso 感度を落として撮影したいところですが、風景用の3脚を用意してなかったので手持ち撮影です。(ノ∀`*)黎 明日の出は AM 5:09 でしたシモツケソウ (バラ科シモツケソウ属)コオニユリ (ユリ科ユリ属)中国原産のオニユリと異なり、日本原産の「コオニユリ」は少し小振りで、葉の付根にムカゴをつけませんNikon D700AF-S [続きを読む]
  • 真夏のイヌワシ (2)
  • 真夏のイヌワシ 第2弾です... 最初の2枚が雄で、それ以外はすべて雌です。雄・雌は、おもに雨覆いや尾羽根の白斑模様で見分けていますが、他に羽根の欠損部分や、短期的には新しく生え始めた羽の位置などを参考に判別しています。(´ー`)最後の4枚は霧の尾根をバックに、夕陽が当たって正にゴールデンイーグルとなった情景で、トリミングすると背景が霧で単調になってしまう為、主題をあえて小さく表現してみました。イヌワシ (タ [続きを読む]
  • 真夏のイヌワシ (1)
  • お天気と風向きを調べて、この日しか無いと思い立ち、1泊2日でイヌワシに逢いに行ってきましたが、山の天気予報は全くあてにならず、雨と霧に悩まされた遠征でした。(*`Д´)でも2日とも、イヌワシが何とか飛んでくれたので、満足して帰途に就くことができました。(^〜^)イヌワシ (タカ目タカ科) Golden Eagle ↑ 上4枚はすべて雌↑ 上4枚はすべて雄↑ 雄・雌 2羽が連続して頭上を通過した後、お立ち台にとまりました... こ [続きを読む]
  • 台風でお天気も悪いことから...
  • 熱帯魚水槽の外部フィルターの調子が悪く、注文していた製品が届いたので、台風でお天気も悪いことから、セットィングをすることにしました。(´ー`)水槽は900mmなのですが余裕を持たせて、1200mm水槽にも対応できる外部フィルター(エーハイム)と、水草用にLEDライトをネットで買い求めました。(^〜^)水槽の掃除やら水の交換、レイアウトを多少変更したこともあり、結構時間がかかりました。(>_<)バルーン・ラミレジィカー [続きを読む]
  • 木の実(ウワミズザクラ)と野鳥 2
  • 今日もウワミズザクラの実に、ケッケッケと鳴きながらアオゲラがやってきました... 恐らく昨日と同一個体と思われますが、枝被りが多く撮影が困難でした。┐(´д`)┌一瞬、クロツグミの雄も入ったのですが、枝葉が被りまくりで、まともに観察できず、シャッターを切るまでには至りませんでした。(´・ω・`) ショボーンオオルリは昨日と違って、雄の成鳥と雌幼鳥が交互に姿を見せました。(^〜^)アオゲラ 雄 (キツツキ目キツツキ科) J [続きを読む]
  • 木の実(ウワミズザクラ)と野鳥
  • ウワミズザクラは、バラ目バラ科ウワミズザクラ属の落葉高木で、樹高は最大15〜20mになります。直径6〜8mmほどの果実は、丁度今頃の時季に熟れ始めますが、英名の 「Japanese Bird Cherry」 が示すように野鳥が大層好む実であり、またツキノワグマの好物でもあります。( ゚Д゚)果実酒に漬込んでも美味しいと云われていますが、ツキノワグマの出没する地域では採取の際、熊と鉢合わせしないよう注意が必要ですね。(*´∀`)ウワミズザ [続きを読む]
  • 水呑み他
  • ハリオアマツバメの水呑みシーンを中心にまとめてみました... その他の画像は、比較的 近距離で撮影できたものを編集しています。(´ー`)ハリオアマツバメ (アマツバメ目アマツバメ科) White_throated Needletail上の画像を大トリミング上の画像を大トリミング Nikon D5Nikon AF-S NIKKOR 600mm f/4G ED VR Nikon TC14E Ⅲマニュアル(Mモード) 三脚使用 [続きを読む]
  • 水遊び
  • ハリオアマツバメは水呑みの場合は着水寸前から大きな口を開けていますが、そうでないときには派手な水飛沫を上げて飛込んで水浴びをしたり、水面すれすれを滑空したりと、遊びの要素も大きいように思います。(^〜^)どのようなシチュエーションでも、近距離撮影が画像解像度アップの定石ですが、何しろ水平飛行時の最高速度が時速300km以上と云われるハリオアマツバメですから、距離が近くなる程にファインダーに入れてピンを取 [続きを読む]
  • 連続ショット
  • 先日の遠征(7/19〜20)の際、撮影したハリオアマツバメですが、まだ全く整理が出来ていません... (ノ∀`*)下の写真は、7連続ショットで、最近はカメラの性能が良くなり、3〜4枚シャッターを切ったつもりが、7枚も写っていました。(*´∀`)12 コマ / 秒 で撮影していますので、およそ0.6 秒の世界ですね。(`・ω・´)すべてがジャスピンではありませんが、珍しいことに、そこそこAFが追随してくれています。(`・ω・´)[ 撮影データ [続きを読む]