夏子 さん プロフィール

  •  
夏子さん: 虫散歩
ハンドル名夏子 さん
ブログタイトル虫散歩
ブログURLhttp://musisanpo.musikoi.main.jp
サイト紹介文身近な虫やクモ、鳥など探しながらの散歩日記です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供46回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2009/07/24 15:34

夏子 さんのブログ記事

  • ネコハグモの求愛と網張り
  •  ため池沿いの低木にネコハグモのぼろ網がたくさんありました。(2018.10.19〜25に撮影)天幕の下にメスが隠れています。----------------------------------------------◆1日目網の中をのぞいていくと、ほとんどがメスひとりか空き家でしたが、ひとつだけペアでいる網がありました。2018.10.19.16:31オスがメスに向かって求愛を始めました。(左がメス、右がオス)その動画はTwitterでどうぞ。オスが触肢をふるわせながら左右 [続きを読む]
  • ジョロウグモの産卵ラッシュ
  •   近所の緑地公園でジョロウグモの産卵ラッシュでした。気がついたのは11月8日の夜。その後毎日のようにのぞきに行きました。梅の木を中心に、産卵準備中のものや産卵後卵のうの覆いをしているものがたくさん見られました。毎年ジョロウグモの卵のう探しをしていて、よく見つかる場所を夜中にあたってみたものです。Twitterを始めたので、今回はツイート埋め込みで行こうと思います。今夜はジョロウグモの産卵ラッシュだった。写 [続きを読む]
  • 謎のハゴロモは年2化
  •  初夏に見かけた謎のハゴロモの幼虫を、最近また見かけるようになりました。※以前の記事「見たことがないハゴロモ 外来種?」2018.7.10中部地方でも、前住んでいた関東でも、ハゴロモの仲間は年に1回しか発生ないはず。初夏の時点では、食樹に謎のハゴロモの幼虫とアオバハゴロモやアミガサハゴロモの幼虫が一緒に吸汁していたのですが、今は謎のハゴロモだけが吸汁しています。少し前から気になっていましたが、出かけた先で [続きを読む]
  • 昼間からイノシシが土掘り
  •   日本庭園で遅いランチをしていたら、イノシシの子が入ってきました。周囲が山や田畑に囲まれた古くからの日本家屋。すぐそばに草取りのおばさんたちもいました。雨が降りしきる中、30分ほど土を掘り返し続けて立ち去りました。池の脇にイノシシの子が入ってきて…。(2018.9.11.15:30ごろ撮影)イノシシの子がいたのはこんな場所。大きめの小型犬ぐらいの大きさですが、まだまだ子ども。最初は物陰で掘っていましたが、途中か [続きを読む]
  • フンをするカタツムリ
  •  今日は雨降りだったので、街路樹でカタツムリがたくさん見つかりました。見かけたのはみんなミスジマイマイだと思いますが、1つだけおかしな体勢のがいました。フンをしているところ、初めて見ました。お食事中の方はご注意ください。顔のそばに黒い塊が…。何か食べているの?黒い塊は、カタツムリが出したうんちを折り曲げて圧縮したものでした。フンを小枝で突いたら、幹からコロッと落ちました。お腹側から拝見。カタツムリ [続きを読む]
  • キイロシリアゲアリの結婚飛行
  •  昨日の晩、キイロシリアゲアリの結婚飛行がありました。わが家や隣近所の門灯にキイロシリアゲアリの羽アリがいっぱい。女王アリに群がるオスアリたちの様子がおもしろので、動画も撮ってみました。(2018.9.5.20:00ごろ撮影)キイロシリアゲアリの結婚飛行は雨の翌日にあることが多いようです。わが家の周りでは9月3日にも結婚飛行がありました。9月3日は深夜から朝にかけて雨が降り、その後晴天になった日。門灯に集まったキ [続きを読む]
  • ジョロウグモの交接
  •  ジョロウグモの交接を見かける季節になりました。最近見かけたジョロウグモの交接を写真と動画に撮ってきました。◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇雑木林の北斜面に交接中のペアが3組見つかりました。前日に台風の強風が吹き荒れたせいか、いつもと比べてジョロウグモの網は激減していました。(2018.9.5.9:30ごろ撮影)斜めに渡した糸にぶら下がって交接中のペア。拡大すると…。オスは触肢の先(黒い部分)に精子を貯めて、メスの [続きを読む]
  • アズチグモ同士の共食い?
  •  雑木林のサクラの葉で変わったものを見つけました。アズチグモが共食いしようとするところだったようです。(2018.9.2.22:45ごろ撮影)サクラの葉にアズチグモの影が…。たぶん卵のうを守っているメスなんだろう…。折れ曲がった葉を開くと、アズチグモのメスが2頭。どうして2頭もいるの?見ていると、アズチグモ同士ががっぷり四つに組み合って…。撮っていたら、大きい方のアズチグモが退散。右手でカメラ、左手でライトを [続きを読む]
  • アオマツムシを捕まえたカナヘビ
  •  カナヘビがアオマツムシを捕まえているところを見かけました。カナヘビは以前子どもが飼育していたので、虫を食べることは知っていましたが、野外で虫を捕まえているところを見たのは初めてです。(2018.9.3.10:50ごろ撮影)雑木林の茂みの上の方でガサゴソと音がするのでカメラを向けると…。カナヘビがアオマツムシの幼虫をくわえていました。ヤブムラサキの茂みの上をヤブガラシが覆っていて、チョウや蜂が集まっている場所 [続きを読む]
  • ゲホウグモの卵のうとまどい
  •   7月の終わりから見ていたゲホウグモが2回産卵し、最初の卵のうから子グモたちが出嚢してきました。◆2018.8.15.17:40カシの木に卵のうができているのに気がつきました。14日は普通に網を張っていたので、産卵はその前くらい? 見逃した!◆2018.8.15.23:52上の卵のうを夜に見ると、卵のうの近くから枠糸が出ています。この枠糸は昼間もYの字に残してあります。(夜にライトを当てた方が見やすい)◆2018.8.22.23:05卵の [続きを読む]
  • ヨコヅナサシガメの幼虫が集団で捕食
  •  雑木林のサクラの木で、ヨコヅナサシガメの幼虫たちが集団で捕食中でした。終令幼虫で越冬したヨコヅナサシガメは初夏に産卵し、夏に孵化します。(2018.8.27.13:30撮影)スズメガの幼虫に集まるヨコヅナサシガメの幼虫たち。もう少し拡大。更に拡大。ヨコヅナサシガメはこの雑木林の桜並木には、かなりたくさん繁殖しています。もう少し早い時期に孵化して活動を始めていたはずですが、ほかの虫に気をとられていて、存在を忘れ [続きを読む]
  • アキニレにあったたくさんの産卵痕
  •   近所の街路樹のアキニレにたくさん産卵痕ができています。去年はこの木のそばのムクノキにゴマダラカミキリの産卵痕(たぶん)ができて樹液が溢れるようにでていましたが、今年はムクノキの方は全然で、このアキニレの木に産卵痕がいっぱい。産卵痕をつけた犯人はやっぱりゴマダラカミキリなのかな?(2018.8.25〜27撮影)木全体に数え切れないほど産卵痕があって、樹液がほんの少ししみ出しています。去年のムクノキは樹液が [続きを読む]
  • キマダラカメムシの成虫
  •  いつものように夜のクモ探しをしていたら、キマダラカメムシの成虫がいました。(2018.8.19.23:45ごろ撮影)枝垂桜の葉裏にいたキマダラカメムシ。クモを探していたので、その大きさにびっくり。大きさ比較でシャープペンを置きました。体の位置が斜めになっていることを考えると、体長は約2センチ。大きめカメムシのクサギカメムシと比べてもかなり大きく感じました。夜中のライトの光ですが、黒とクリーム色のコントラストが [続きを読む]
  • ジョロウグモの乗っ取りと共食い
  •  ジョロウグモが網を乗っ取ろうとして返り討ちにあっているのを見かけました。ジョロウグモの網に別のジョロウグモ♀が近づいてきました。メス同士なのにどうするんだろうと見ていたら、あっというまにつかみ合いになりました。(2018.8.14.23:30ごろ)がっちり絡み合っています。円網のギリギリの場所でした。写真ではわかりにくいので、YouTubeに動画を上げておきました。ジョロウグモの共食い現場では何が何だかよくわかりま [続きを読む]
  • ゲホウグモの網張り
  •  ゲホウグモは遅い時間に網を張るクモ。造網作業を見てきました。裏山では今年になって成体の大きい網は4つ見かけました。成体の網が完成するのは早くて11時半過ぎ。幼体の小さい網は9時か10時には張ってあります。昨日は造網作業中を狙って、いつもよりも遅く出かけてきました。(2018.8.10〜11撮影)23:52ちょうど縦糸を張りはじめたところでした。動きがダイナミックなので写真失敗。0:02足場糸を張りはじめました。まず最 [続きを読む]
  • クロアナバチの穴掘り
  •  道路脇でクロアナバチたちが穴掘りをしていました。クロアナバチは穴を掘り、幼虫のエサとなるツユムシなどを運んで、そこに産卵します。今回は穴掘りの作業中に出会ったようですが、3頭が忙しそうに穴を出たり入ったりしていました。(2018.8.4.11時ごろ 三重県にて撮影)穴はいくつか開いていました。図鑑などによると「偽穴」と言って幼虫のための本当の巣穴以外にダミーの穴も掘るそうです。3頭は同じような動きをしてい [続きを読む]
  • カブトムシたちのバトル
  •  夜の樹液で、カブトムシが恋の争奪戦を続けていました。わが街は雑木林に囲まれているのにカブトムシには時々しか会えません。私がカブトを探していないせいもありますが、樹液チェックや夜の散策をしているのに、会うのは年に数回。なのに、今夜の樹液の木にはカブトムシが9頭も来て、婚活(昆活?)していました。(2018.8.1.23:55〜撮影)大きなメスを奪い合う小さいオスたち。コクワは行司さん?オス同士でバトルも。こち [続きを読む]
  • クヌギの葉をかじるクロヤマアリ
  •  公園のクヌギの木で、クロヤマアリが葉っぱをかじっていました。去年の写真をながめて整理していたら、これを撮ったのを思い出したので、載せておきます。(2017.7.28.10時半ごろ撮影)肉食か甘いものに行くのが普通のアリでは?葉っぱを食べるアリって、初めて見ました。クヌギの葉って甘いんでしょうか。他に食べ物がないから、応急処置?このクヌギは、5月の時点ではアブラムシがいっぱいいて、甘露で葉が濡れていました。( [続きを読む]
  • オオヒメグモの卵のうを食べるコウガイビル
  •  クロイロコウガイビルがクモの卵のうを捕食していました。今住んでいる場所は、普通に暮らしていればコウガイビルに会うことはありません。(落ち葉の下を掘ったりすれば別でしょうが…)この後、ナメクジみたいなミミズみたいな虫(コウガイビル)が出てきます。↓↓↓この街に住んで初めてコウガイビルを見かけました。黄色いけれど、クロイロコウガイビルだと思います。2018.6.30.7時半頭を拡大。約一週間後、コウガイビルを [続きを読む]
  • 枯れ葉を吊るす不明グモ ヒメグモの仲間?
  •  裏山の北斜面の階段に枯れ葉がたくさん釣り下がっているのに気がつきました。ツリガネヒメグモのような感じで、地面すれすれの低い位置にあります。枯れ葉の中をのぞいてみると、ヒメグモっぽいクモがいるのですが、図鑑を見てもよくわかりません。こういう形の住居が一番多かったです。(以下2018.7.8.撮影)階段の段ごとに、左右の両端に住居がある感じ。上の枯れ葉の中をのぞくと、出嚢済みの卵のうが3つ。別の住居はこんな [続きを読む]
  • ヒメグモの交接
  •   近所の松の木にある網の中でヒメグモが交接していました。ヒメグモは庭木や生垣などで見かける超普通種ですが、交接は初めて見ました。不規則網の中で交接中のオスとメス。被写体が小さいのでカメラを近づけたくても、網が邪魔になって寄れないし、ピントもなかなか合いません。刺激して交接が終わってしまうのも困るし…。2018.7.20.23:39体勢を変えました。23:41ライトの光を全開にして撮ってみても、白飛びしただけで詳細 [続きを読む]
  • ゴマジロオニグモの円網
  •  ゴマジロオニグモは裏山の下草のあるところで見かけます。今回初めて網の形を写真に撮ることができました。普段は葉を折り曲げて隠れてそばに円網を張り、獲物が網に近づくと住居から飛び出します。裏山にはたくさんいるのですが、草がごちゃごちゃした場所にいるので、今まで円網の形がよくわかりませんでした。葉を折り曲げて隠れるゴマジロオニグモ。(以下すべて2018.7.15.5:50ごろ撮影)葉を広げて外に誘導しようとすると [続きを読む]
  • イチモンジカメノコハムシに脚をはさまれたアカサシガメ
  •  アカサシガメとスケルトンのハムシがおかしなダンスをしていました。裏山のヤブムラサキの群落はイチモンジカメノコハムシがたくさん繁殖しています。アカサシガメとイチモンジカメノコハムシが肩を組んで(?)ゆらゆらしていました。動画も撮りましたが、何度見ても不思議。2018.7.9.朝どうもハムシの頭と固い翅の間にサシガメの脚が入ってしまった模様。カメラを向けても、いつまでも揺れています。サシガメがハムシを襲おう [続きを読む]
  • ムネアカハラビロカマキリが強い
  •  今、裏山の広場は、外来種のムネアカハラビロカマキリが優勢です。ハラビロカマキリはなかなか見つからないし、オオカマキリも自然度が高い奥の方まで踏み込まないと見つかりません。5月から、クモ見のついでにカマキリに会えば記録として撮ってきました。そのうちの一部をまとめてみます。最近の様子は…。夜に見かけたムネアカハラビロカマキリの幼虫。いつもこのソテツの茂みに陣取っています。鎌のギザギザにひっかけられる [続きを読む]