nonnon さん プロフィール

  •  
nonnonさん: 思いつくままに nonnon
ハンドル名nonnon さん
ブログタイトル思いつくままに nonnon
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/miekohi33
サイト紹介文松山市を中心に愛媛県の場所やお花を紹介。 県外、海外旅行も紹介。 また飼ってる3匹の猫の話も
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供82回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2009/07/26 21:57

nonnon さんのブログ記事

  • ひょこたん池
  • なかなか元気が出ないときに行きたくなるところそれはひょこたん池この季節は周りの田んぼにひまわりが植えられています。7月の最後の日曜日にはお祭りがそれが終わるとお水を入れなくして枯らします。毎年わかっていたのですがまだ見れるかなと思って8月4日に行きました。わずかに元気なのをカルガモがいてうれしくなりました。エサをやっていました。子供もすっかり大きくなっていました。みんな一緒に行動していて可愛い。お [続きを読む]
  • 大連古代蓮
  • 考古館では大連古代蓮(だいれんこだいはす)を育成し、毎年開花させています。この蓮は、平成8年に中国大連市観光訪問団が松山市に訪れた際に同市観光局長から贈呈された種子を発芽させたもので、種子は大連市内で出土した約1,000年前のものです。ネットより松山総合公園の考古館前の蓮を毎年見に行ってます。朝雨が降っていましたが、上がったので見に行きました。第四駐車場から考古館に行く途中に蓮はこのピンクの古代蓮のみで [続きを読む]
  • ササユリ
  • 久万高原町でササユリを見てきました。といってももう1か月ほど前です。久万高原町の久万美術館にササユリを初めて見に行ったので記事として残しておきたくて半世紀以上前には通っていた小学校にたくさんのササユリが久万の小学校から毎年贈られてきていました。今はなかなか見れなくなっています。同じササユリです。いろいろ撮ってみました。可憐で魅力がありますね。緑がきれいです。紫陽花も咲いてました。久万美術館です。夏 [続きを読む]
  • サンフランシスコの旅  ケーブルカーで
  • ロンバートストリートから念願のケーブルカーに乗りました。満員でポールに手をまわして撮影です。風を切って気持ちいいです。交差点の真ん中で乗り降りします。びっくりしました。街路樹が急に道路側に曲がって生えています。坂道ばかりです。すれ違いました。レンタサイクルもたくさんあります。ユニオンスクエア近ずいてきました。バスです。ユニオンスクエアは賑やかな繁華街です。ブランドのお店やデパートホテルなどがありま [続きを読む]
  • サンフランシスコの旅  ロンバートストリート
  • 6月17日日曜日ヨセミテから帰った翌日朝食を済ませて義姉を家に残してわたしと姪でロンバートストリートに1922年まで勾配27%だったが登りやすくするために8つのカーブを入れ現在の姿に。季節の花に彩られたつづら折りの道を慎重に降りる車が走る光景は観光名所になっています。上から下まで歩道を歩きまた登っていきました。サンフランシスコの中ではここが1番見たかった場所です。今は紫陽花にアガパンサスにブーゲン [続きを読む]
  • サンフランシスコの旅  ヨセミテ③
  • ヨセミテでの1夜は義姉が時差で夜中に起きていてなんとなく気になって寝れませんでした。起床時間には起きて身支度それでもコーヒーを沸かして1個のマフィンを3等分して食べ朝6時45分位はチェックアウトして迎えの車に乗ります。今日はまささんの奥様でたまさんです。まささんとたまさんは一人旅でそれぞれここにきて魅せられてガイドの仕事を今は二人で会社を興して頑張ってらっしゃいます。標高2000m以上のグレイシャ [続きを読む]
  • サンフランシスコの旅 ヨセミテ②
  • アワニーホテルに夕食を予約してくれています。なかなか取れないようです。くまさん、よく取れましたねと言われましたがディナーは2時間はかかるといわれホテルまで帰える無料バスの最終に乗れないかもと言われ仕方なくガイドのまささんにホテルまでの送迎をお願いしました。ヨセミテ公園に入る料金もかかるようで少し高かったですが仕方ないですね。これで安心ゆっくり一休みです。アワニーホテル上高地の日航ホテルと同じ設計者 [続きを読む]
  • サンフランシスコの旅  ヨセミテ①
  • 園の中央に氷河によって削られた渓谷が延びており、その中がヨセミテバレーです。驚異的な地形で有名なヨセミテバレーは、長さ11km、深さ1,220mの渓谷には、切り立った断崖や氷河が削った岩が並んでいます。その上の一帯は森林地帯が続いています。春先から初夏にかけては、断崖から雪解け水が流れ落ちる多くの滝の景色を楽しめます。氷河によって削られて、ヨセミテバレーが今の姿になったのは、約1万年前です。ネットより添削前 [続きを読む]
  • サンフランシスコの旅①
  • こんにちは。いつもありがとうございます。留守の間に大阪では地震がお見舞い申し上げます。帰ってきて早4日目です。疲れとPCを買い替えて苦戦しています。姪がサンフランシスコに住んで6年、まだ1度も行ってないので義姉(3回目)と一緒に行ってきました。成田発です。メイン機内食です。すき焼き丼日本の飛行機なのですごくおいしかったです。飛行時間は9時間です。でも到着ゲートが前の便が使ってて30分待たされました。現 [続きを読む]
  • 菖蒲と紫陽花
  • ひばりさんに会いに行くとき途中の新居浜の池田池に菖蒲と紫陽花を見てきました。前日ニュースでも朝刊でも見ごろという報道が菖蒲は見ごろ紫陽花はこれからかなというところでした。翌日には屋台も出るようです。いつもありがとうございます。今日から義姉の娘のところに一緒に遊びに行ってきます。1週間ちょっと全くできません。よろしくお願いします。期日指定です。 [続きを読む]
  • 道後温泉
  • 「道後オンセナート2018」のコンセプトテーマは、「アートにのぼせろ ~温泉アートエンターテイメント~」です。「のぼせる」とは夢中になるということ。 道後で展開されるアートは一部の人々に与えられる“特別なもの”ではなく、自由に感じられる、鑑賞できる、ごく身近なものです。 道後温泉本館です。夏使用のすだれが少し蜷川実花さんの作品が見えます。エアコンがないのですだれで涼をここは椿温泉。そして飛鳥の湯道後温泉が [続きを読む]
  • ひばりさんに逢ってきました。
  • ブロ友さんのひばりさん3年半くらい前に向こうではもう車いす生活ですねと言われて今のご主人にすべてを引き受けてもらって四国中央市のほうに帰ってこられて努力のたまもので3年ほど前にあったときは杖で歩けるほどにはなっていました。やっと今回3年ぶりにあいに行ってきました。自宅近くの国道で拾って素敵なお店にすぐの場所にありました。駐車場に猫がいました。かわいい三毛猫がお母さんのようでこんなかわいい子がひばりさ [続きを読む]
  • スターバックス コーヒー 道後温泉駅舎店
  • 日本最古の温泉と言われる道後温泉の玄関口である明治洋風建築の伊予鉄道道後温泉駅の駅舎に『スターバックス コーヒー 道後温泉駅舎店』が昨年12月に開店しました。この建物は、明治44年に施工された明治洋風建築の旧駅舎を昭和61年に新築復元し3代目の駅舎として道後の街で地域の方や観光客に親しまれてきました。実はすごい人で行列ができていて道後公園を散策して帰ってくると2階はすいてました。窓から市内電車が見えます。1 [続きを読む]
  • 中山フラワーハウス
  • 5月26日に行きたかった新谷の菖蒲は6月1日から菖蒲まつりと知ってましたがその前でも見れると思ってました。鎖がかかっていて駐車場に入れなくて見れませんでした。それで中山のフラワーハウスにこれはwebでお借りしました。ブーゲンビリアとハイビスカススターフルーツ切ると五角形の形なのでこの名前が付いたそうです。そのまま洗って食べれるそうです。そしてジャポチカバブラジル、アルゼンチン、パラグアイ、ボリビアなどが原 [続きを読む]
  • おおず赤煉瓦館
  • おおず赤煉瓦館は、明治34年(1901年)12月に大洲商業銀行の本店として建築されました。建物は主にイギリス積みの煉瓦建築で、屋根には和瓦を葺き、鬼瓦に商の字を入れた和洋折衷の様式が特徴です。その後、警察署庁舎や商工会議所を経て、現在は赤煉瓦の資料を展示した「れんが資料室」や地元主婦グループのハンドメイド雑貨・和小物・県内の特産品などを販売しております。本館と別館の中庭です。 ◆本館1階・・・・・ [続きを読む]
  • おはなはん通り
  • 新谷の菖蒲を見に行こうと大洲に出掛けました。時間が少し遅かったのでまずはランチをとおはなはん通りに今回は前から気になっていた郷土料理 旬にどういう言われrのある家か調べましたがわかりませんでした。満席で忙しそうでしたがお店の人に尋ねればよかったと後悔です。お弁当にしました。その後肱川のほうにそしてここは鵜飼いでも有名なところです。向こうには大洲城が次は赤煉瓦館にいつもありがとうございます。コメント [続きを読む]
  • 瓦館の薔薇
  • もう3週間も前の写真です。瓦館の薔薇この日は駐車場は満車状態に近くてこんなにここが混んでるのは初めてでした。薔薇見ごろで美しかったです。コメント欄を開けようと思ってましたが結局ゆっくりブログタイムが取れないのですっかり遅くなってしまいました。コメント欄閉じさせていただきます。期日指定投稿です。 [続きを読む]
  • 白石の鼻
  • 海面上に浮かぶ神秘的な花崗岩の巨石群。昔から自然に積み上げられたと伝えられてきたが、近年になり岩の中央部の空洞から春分、秋分の前後の数日間に夕日が差し込むことが判明し、古代の太陽観測装置などではと調査が進められている。また、岸辺から海上にかけて人工的に積み上げられたとされる形跡も発見され、謎はますます深まっている。岸辺には白石龍神社が祀られており、神聖な空気の漂うパワースポットとして注目を集めてい [続きを読む]
  • 浄明院
  • 浄明院んはいろいろなお花が楽しめますがこの時期行ったことがなくて行ってみました。大きなクスノキ緑がきれいでした。15佛の横には盆栽が知人のご主人の作品です。うまく写せないのが申し訳ないです。テッセンにクレマチスそしてシランダリアシモツケなどの花が咲いてました。最後まで見てくださってありがとうございました。コメント欄閉じさせていただきます。 [続きを読む]
  • くじゅう花公園
  • 10(てん)こもり!やかばい九州ツアーの最後は日本を代表する有数の自然が残る阿蘇くじゅう国立公園内の久住高原。目前にくじゅう連山を眺望できる絶好のロケーションの中のくじゅう花公園です。22万?春から秋にかけて約500種500万本の花々が咲き誇るそうです。扇ケ鼻(1698m9肥前が城(1685m)星生山81675m)久住山(1787m)稲星山(1774m)、大船山(1747m)をバックにリビングストーンデージーパンジーネモフィラポピ [続きを読む]
  • 阿蘇 瀬の本高原
  • 5月5日瀬の本高原に、熊本県阿蘇郡南小国町の東端大分県竹田市久住町・玖珠郡九重町にまたがる一帯のなだらかな高原地帯。標高850〜900mで阿蘇北外輪山と九重連山の間に位置する。ネットよりバイクが多いのですが、手前の駐車場は車もバスも昼食時だったので多かったです。ここには大きなドライブインがあってレストランに展望台もここは昼食のために寄りました。でも1時間あるので高原のさわやかさ満喫しました。展望台から降りて [続きを読む]
  • 裏見の滝自然花苑
  • ツアー2日目最後は裏見の滝自然花苑、世界のシャクナゲ約40種類、およそ6,000本が4月上旬〜5月上旬を見頃に咲き乱れます。公園内の遊歩道は「裏見の滝」へと続いており、落差30mの美しい滝が目の前に現れます。ということですがやっぱりシャクナゲはわずか咲いてるだけでした。裏見の滝です。滝の裏が見える滝だったそうですが今はいのししが出て落石の危険性があるので裏には行けないようです。急な坂道をどんどん降りていきます [続きを読む]
  • 九十九島パールシーリゾート
  • 長崎県佐世保の九十九島パールシーリゾートです。すごく気持ちがいいところでした。一人旅同士で知り合った人孫を連れてきたい場所だわとおっしゃってました。早めのお昼は「海鮮丼」か「佐世保名物レモンステーキ膳」だったので佐世保名物レモンステーキ膳をいただきました。ステーキと言われて分厚いのを想像してましたがでも牛肉味があってすごくおいしかったです。海鮮丼の人たちは失敗したなと言ってました。席が別だったので [続きを読む]
  • 二日目は御船山楽園
  • 御船山を背景に約20万本のツツジが咲き乱れますと日程表には書かれていました。やはり今年は早く咲き終わってました。佐賀県武雄市にある御船山楽園です。ここも緑がきれいです。きれいなところを早じゅうたんにあとはもう全く影も形もなくてポスターの写真です。こんなの見たかったです。素敵でしょう。キショウブは水辺で藤の花もポスターではお花のツアーはなかなかむつかしいですね。それで百羅漢があるというので行ってみまし [続きを読む]