北海道・札幌への転職を支援する社長 さん プロフィール

  •  
北海道・札幌への転職を支援する社長さん: 札幌ではたらくマジメ社長の徒然なるままに
ハンドル名北海道・札幌への転職を支援する社長 さん
ブログタイトル札幌ではたらくマジメ社長の徒然なるままに
ブログURLhttps://ameblo.jp/enjoy-syuttyou/
サイト紹介文北海道・札幌で人材ビジネスを開始したマジメ社長が経営環境が厳しい北海道での気付きを赤裸々に綴るブログ
自由文私は企業経営者のための面接や選抜など採用実務のコンサルティングを地方で15年実践、リクルートで北海道から沖縄までの東名阪以外の30道県をカバーする事業部の事業部長として「TOPインタビュー」地方版編集長、地方FM局でのキャリア番組パーソナリティーなどを歴任。地方を知り抜いた男が人生を賭けて取り組むビジネスが地方転職。「人間暮らすのは地方のほうがいいに決まってる!」が経営コンセプト。

参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供237回 / 365日(平均4.5回/週) - 参加 2009/07/26 23:52

北海道・札幌への転職を支援する社長 さんのブログ記事

  • 誠と経営
  • 人間としての「真・善・美」の心を経営者としての判断基準に真我というものは実は「愛と誠と調和に満ちたもの」ではないかと思いました。それが、わたしたち人間の本質ではないかと考えたのです。しかし、残念ながらそういう美しい心でありえないのは、肉体を持っているからなのです。肉体を持っているがゆえに、自然が与えてくれた本能とか感情・感覚というもので、自分だけがよければいいというエゴが先行するようになっている [続きを読む]
  • 札幌らーめん万歳
  • 先週はリージョンズ株式会社ラーメン部の月1回の定例会でした。会社近くの老舗が定休日で振られてしまい、狸小路6丁目のこれまた老舗、「喜来登 (きらいと)」 さんに行ってきましたhttps://tabelog.com/hokkaido/A0101/A010103/1001849/以前に一度来たことがありますが、ここまでボリューミーだったとは!ねぎがいっぱい載せてあり、その下にモヤシがあって、麺にたどり着くまでにお腹が一杯になります。麺は太めで黄色くモ [続きを読む]
  • 心のトレーニング
  • たいした事業プランもなく行き当たりばったりで創業して、たまたま稲盛和夫氏との出会いがあって事業の意義や目的、目標を描くことを知り、それによって人材を採用して、潰れそうだったけど売上が伸びて、それで調子に乗って事業を無理に拡大、ひっくりかえりそうになりながら今日まで来た。事業の浮沈はまさに私の心が招いたものだ。そのことにこうして改めて気づかせていただきながら、また調子に乗りそうな自分がいて、ちょっ [続きを読む]
  • 潜在意識
  • 盛和塾にて稲盛和夫さんに学び続けています。潜在意識に思いを吹き込むことで自己の願望を達成する要諦を述べられています。 思い描いたものは必ず実現する、ということがどういうことかと言いますと、まずただ単に思ったことが実現する、ということではありません。思いはまず、業をつくります。原因をつくるわけです。その原因が発現して出てくるのが、いわゆる現象面で実現です。したがって、いいことを思えばいい結果が現れ、 [続きを読む]
  • 社内木鶏交流会
  • 7/10火曜日北海道社内木鶏交流会を開催致しました。今回は特に社内木鶏全国大会にて感動大賞を受賞した株式会社三恒の三上代表をお迎えしての開催でした。日頃社内木鶏会を実践する経営者の方のご発表や致知出版社からのご参加もいただき会社の枠を越えた社内木鶏を実施致しました。他社の社員さんのことは存じ上げませんので発表への集中度が俄然上がりますとともにいいところ探し(美点凝視)=利他の良きトレーニングにもなります [続きを読む]
  • 経済大国
  • 八戸に向かう新幹線でこんなことを考えました。日本の繁栄って凄いなあ、経済大国とはよく言ったももだなあ、と。どんな山あいや海岸にもあるゴージャスな住居群、そして今乗っている高速新幹線網も津々浦々まで伸びていて、人の乗り降りが少ない駅舎の無駄な壮麗さなどなど皮肉も含めてですが日本って凄いなあと感じました。 [続きを読む]
  • 八戸に行って来ました
  • 仙台から新幹線はやぶさ利用で83分で到着、帰りは八戸からバスで45分の三沢空港へ、プロペラ機で丘珠空港へ60分、丘珠空港は僕の住む札幌市東区にあり至近距離です。僕にとって八戸は一番時間距離の近い近い本州かもしれません。 [続きを読む]
  • ロシア語講座
  • 今週ロシア語講座を社内で開催しました。1年モスクワ大学に留学した社員が先生です。Rの線対称な文字やアルファベットながら英語と全く別の読み方をする文字に四苦八苦です。でも新しい語学の学びはこんなにも楽しいものかと新しい発見でした。自らを多国籍化して行こうと思ってます! [続きを読む]
  • アウトレット
  • アウトレットストアに行って来ました。だいたい年に1度行くかどうかですが、今回はたまたまセールにぶつかりどこのブランドも大安売りでした。なかでも出色は福助。もともと足袋メーカであるここの靴下は高付加価値で高品質ながら通常価格も安い。ゆるいんだけれど下がらない靴下など商品開発が気が利いている。ユニクロやイオンでトランクスや靴下など購入しますがむしろセールのたびに福助を目指したほうが遥かに良い物を安く [続きを読む]
  • 旭川に行って来ました
  • JRでわずか1時間25分で到着します。片道4790円、85分、つまり一人当たり1分間で56円稼いでいます。釧路より稼いでます。高速化の価値ですね。リージョンズ(株)コーポレートhttp://www.regions.co.jp/地方転職「リージョナルキャリア」http://www.regional.co.jp/北海道への転職  http://rs-hokkaido.net/宮城への転職  http://rs-miyagi.net/栃木への転職  http://rs-tochigi.net/ [続きを読む]
  • 釧路に行って来ました
  • 札幌から電車だと4時間かかるのですが飛行機だとものの20分程度で到着します。こういう時、飛行機の価値を感じますと同時に高速化を怠ってきたJRの悲哀を感じます。「今日よりも明日、明日よりも明後日もっと良く」という思いを持ち経営することの意味を痛感します。料金は飛行機が1万6700円、JRは指定席利用で9370円。飛行機だと20分、JRだと275分、ゆえに飛行機は1分835円、JRは1分34円の一人当 [続きを読む]
  • 企業文化
  • なぜ思想や考え方の従業員との共有が必要なのかといいますと、同じ考え方を経営の判断基準にし、行動規範にしている人たちが集まりますと、それが社風と言うものをつくるからです。あの会社はこういう会社だ、と外部から見て思われるのは、ある考え方を末端の従業員までもが共有するからなのです。一人ひとりの従業員が無意識のうちに醸し出すのが社風であり、企業文化といわれるものです。トップだけがもっていたのでは、それは [続きを読む]
  • 休日の風景
  • 海外に行く機会が年に5-6回あります。海外に行くと土日をまたぐ時は仕事になりませんから当然ぶらぶらすることになります。そもそも観光目的で行くわけではないので休日に対する事前準備が甘くただぶらぶらしていることが多いです。しかし土日のお休みの何気ない風景こそ、その国の本当のリラックスした、普段見えない姿が見えて興味深いです。台北の日曜の朝はおじさんが薄着でオープンエアで朝食を食べながら新聞読んでます。 [続きを読む]
  • 学びの連鎖
  • 学びを共有することによって自己の学びが深まる体験をしています。稲盛和夫さんの経営哲学を社員全員で学んでいます。私は9年にわたり一通り学んでいるのでそれを教えるというスタンスでの研修です。DVDやCDを選び、著作も選び2時間の研修を構成しています。札幌・仙台・宇都宮で同じ教材で同じ研修会を3回やります。さすがに3回もやれば自分が一番血肉化していないと馬鹿ですよね。 これまでに5回やってきての感想は学 [続きを読む]
  • 宗教と儀式
  • 挙式に招待されて久しぶりにチャペルに入り、こんなことをひとり考えていました。 せんだってデンマークの大聖堂に入った時、信心深そうな若い女性が最前列のキリスト像の前でしばし呆然としていました。海外の教会や聖堂は毎週の祈りの場であり、新年、クリスマス、生まれた時、死ぬ時の儀式の場であり、反省と懺悔の場であります。イギリスで見た大学内のチャペルにはお墓もあった。そこは荘厳であり、おどろおどろしさも感じる [続きを読む]
  • 強烈な願望を心に描く
  • 目標を定める、定める時にすぐに達成できる目標にしてはいけない。でも無理だと思うような目標にしてはいけない。そして人間には無限の可能性があるのだと考えてかなり高い目標を設定することが肝要。そうして定めた目標を実現したいと思うなら具体的な目標にすること、四六時中目標のことを考えること、潜在意識に透徹するように具体的にいつも考えること。強烈な願望は必ず達成できる。ならば強烈に思いたい。目標を達成し続け [続きを読む]
  • 着たきりすずめ
  • 仙台・宇都宮・東京・東京・宇都宮という順番で5泊出張でした。着たきりすずめ、一流には程遠い。まさにスケジューリングミスでした。パフォーマンスがあがるスケジューリングにせねばと反省しきり、ならびに毎日酒量が多すぎると反省しきり。リージョンズ(株)コーポレートhttp://www.regions.co.jp/地方転職「リージョナルキャリア」http://www.regional.co.jp/北海道への転職  http://rs-hokkaido.net/宮城への転職  http: [続きを読む]
  • 小樽
  • 小樽運河のクルーズ船を気に入りまして、先週末に二度目の利用となりました。キャプテン(船頭さん)のガイドを聞きながら思うことは小樽はかつて20万人の人口を誇り、これは当時札幌と同規模だったり、海運が盛んな明治・大正・昭和初期には銀行が凄い数あり北のウォール街と言われていたらしく、確かに歴史的建造物が多いです。街全体を住民の意見を聞きながら観光地化していく取り組みをもっと加速すればもっと街全体として稼 [続きを読む]
  • 勉強会
  • 月に1度の京セラフィロソフィ勉強会を先週から3拠点で実施して回っています。今回のテーマは「高き願望と努力」です。「真面目に一生懸命に仕事に打ち込む」「誰にも負けない努力をする」という稲盛フィロソフィの学びの基礎を加速するために「目標を強烈な願望にまで高めること」について学んでいます。そのために具体性が大事であること、毎日、四六時中考えることの大切であることを学んでいます。 リージョンズ(株)コーポ [続きを読む]
  • 願望
  • 先週は一部上場会社・社長の取材にお邪魔してきました。最も感じたのは事業目標に対する願望の強さ。人間、願えば叶う。私ももっと強く思い願わねばと思いました。リージョンズ(株)コーポレートhttp://www.regions.co.jp/ 地方転職「リージョナルキャリア」http://www.regional.co.jp/北海道への転職  http://rs-hokkaido.net/宮城への転職  http://rs-miyagi.net/栃木への転職  http://rs-tochigi.net/ [続きを読む]
  • 時差ボケ
  • 北欧から戻って一週間が経過したのですが時差ぼけが治らずずっと眠いままです。助けてくれー、眠い〜。リージョンズ(株)コーポレートhttp://www.regions.co.jp/地方転職「リージョナルキャリア」http://www.regional.co.jp/北海道への転職  http://rs-hokkaido.net/宮城への転職  http://rs-miyagi.net/栃木への転職  http://rs-tochigi.net/ [続きを読む]
  • 親孝行
  • 妻の両親が1年ぶりに札幌に遊びに来まして、小樽、余市、赤井川と終日ドライブしてきました。小樽は運河でクルーズ、余市はニッカウイスキー創業の地訪問、赤井川はおいしいソフトクリームを食べに行ってきました。できれば年に1度でなくてもっと会ってもっと話がしたいと思います。こんどは家族で両親が住む宮城、ルーツである山形を訪問したいと思います。リージョンズ(株)コーポレートhttp://www.regions.co.jp/ 地方転職「 [続きを読む]
  • 留学の話
  • 留学について感じたことを二つ。 フィンランドでは日本人の留学生とも一緒になりました。器用にフィンランド語を操ってましてびっくりでした。その時感じたのは留学先の選定って難しいということ。フィンランドでは英語の授業もありますがやはり基本はフィンランド語です。例えばドイツだと授業料が基本無料とか聞きますがその国の母語がやはり会話の基本になりますよね。 デンマークからの帰りにコペンハーゲン(デンマーク)か [続きを読む]
  • 生産性
  • 再び先週行った北欧の話。フィンランドやデンマークとわが国の生産性についてですが国民一人当たりGDPは日本38000ドル、デンマーク56000ドル、フィンランド46000ドルとデンマークのほうが2万ドル近く高く、フィンランドは少し上(※)。どっちがいいという議論は拙速には出来ないです。でも我が社は北欧のように生産性が高く高福祉、でも低負担なんていうことが実現できたら幸せだなあと思います。高付加価値 [続きを読む]
  • ラッセル
  • ラッセル「幸福論」を読んでいます。 第3章「競争」にある、「金というものが、ある一点までは幸福をいやます上で大いに役立つことも、私は否定しない。しかし、その一点を越えると、幸福をいやますとは思えない・・・成功は幸福の一つの要素でしかないので、成功を得るために他の要素がすべて犠牲にされたとすれば、あまりにも高い代価を支払ったことになる」ここを読んで痛感しました、日本では拝金主義に毒されている、と。 [続きを読む]