ぶろぐ坊 さん プロフィール

  •  
ぶろぐ坊さん: 山寺のんびり日記
ハンドル名ぶろぐ坊 さん
ブログタイトル山寺のんびり日記
ブログURLhttp://d.hatena.ne.jp/burogubou/
サイト紹介文関西花の寺第3番札所金剛院の副住職のブログです。都会での生活を捨てて5年前から山寺で暮らしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供185回 / 365日(平均3.5回/週) - 参加 2009/07/28 16:11

ぶろぐ坊 さんのブログ記事

  • ピラカンサ 台湾料理『萬盛』
  • いつの間にか玄関前のピラカンサが満開。細かな白い花なのが密集しています。花が開花すると季節が粛々と歩んでいるを感じます。本日は朝から雨。強く、弱く一日降り続く。気温が上がっているせいで寒さを感じない。むしろ気持ちいいくらいである。午前中はヨガをやりたくなり少しヨガをやった後で座禅を1時間。雨垂れの音を聴きながらすわると誠に気持ち良い。近くに台湾料理の店ができたとのことで車で27号線を福井方面に10分ほ [続きを読む]
  • うるしの話
  •  気温の高下大きく時々雨が降る。「身体がついていきませんね」というのがお決まりの挨拶。田植えも順調に終わったようで水の張られた田んぼというのも見ていて気持ちが良い。山野の緑もいよいよ濃くなっている。山道を車で走っているとウツギが目につく。今年はなぜかピンクのウツギが多い気がする。うるしの話 (岩波文庫) [ 松田権六 ]ジャンル: 本・雑誌・コミック > 文庫・新書 > 文庫 > その他ショップ: 楽天ブックス価格: [続きを読む]
  • 銀杯草 アナグマさん
  •  京都の老人大学の方が拝観に来られて、仏像の説明した後で質問と言って手を挙げた女性があった。仏像か仏教についてかと思ったら、「建物の外に咲いている花はなんという名前ですか?」という質問だったのでちょっとコケた…銀杯草はこの時期から咲き始めるが参拝者にもとても人気がある。草丈に比して花が大きく、白い色も清潔な感じがする。英名は「ホワイトカップ」だが和名の「銀杯草」のほうが趣きがあるといえる。ナス科と [続きを読む]
  • 危険な趣味 「銀河英雄伝説 Die Neue These」
  • 娘が消しゴムハンコなるものにこっていて、寺務所の消しゴムが次々行方不明に…それくらいはいいとして、床に彫刻刀が落ちていることがあって、先日は足にブスッと突き刺さるところだった。危ないなあ… かんたん、消しゴムはんこ。―かわいい、たのしい、すぐできる。ビギナーさんのための「消しゴムはんこ」ことはじめBOOK。 作者: 津久井智子 出版社/メーカー: 宝島社 発売日: 200 [続きを読む]
  • 仏舞 ののさま
  • 8日は松尾寺の卯月八日法要。毎年好天に恵まれるが、今年は珍しく小雨のなかでの法要となった。住職として日々の法務についているが、卯月八日法要のような由緒ある法要に出仕できるのは冥利と感じる。歴史的な意義のある行事であっても様々な面で継承が難しくなっている。この卯月八日法要も永く受け継がれることを念じている。昨日は地元仏教界の花まつり。市内の幼稚園児と共にお釈迦様の生誕をお祝いする。ここ数年、代表の園 [続きを読む]
  • 明日は仏舞 珍菓
  • 終日雨模様。雨に打たれる新緑がとても心地よかった。新緑の色も深まりつつあるが、葉先がまだ淡い色であるのが心地よい。雨に打たれてもみじの葉の一葉一葉が小さく揺れていた。明日は松尾寺の卯月八日法要。12時に本堂より進発し、本堂にて重要無形文化財の仏舞が行われる。本夕は前日の供養に出仕。幸い明日は雨が上がるようなので一安心である。先日、檀家さんに島根のお菓子を頂いた。島根の代表的な銘菓を三種詰め合わせにし [続きを読む]
  • 蠅男 青もみじの寺 怪音VS御祈祷
  • 連休に入り参拝が増える。もう藤の花が満開である。サツキもオオデマリもいつもより早くに盛りを迎えている。京都府の青もみじ特集で取り上げていただきました。【KYOTO SIDE】http://www.kyotoside.jp/entry/20180430  ご都合がつきましたら新緑の山寺に青もみじをお尋ねくださいませ。昨日は朝から応対に疲れて軽い逃避のつもりで昼食は市内のインドカレーを食べにいく。正午になるとお約束でNHKの「のど自慢」が [続きを読む]
  • 青葉山松尾寺 
  • 所用で松尾寺へ。新緑の山道を走っていると前方を横切るリスが…あまりの可愛さに見とれてハンドル操作を誤るところでした。御リス様…やっぱり可愛いです!庫裏の下の駐車場が満車だったので本堂そばの駐車場に車を止め、まずは本堂へ。新緑もいよいよ鮮やかな時期ですが、本堂の周囲には樹齢数百年は数えるにちがいない野村もみじが何本もあり、周囲とのコントラストが鮮やか。驚いたのは八重桜がまだ盛りと咲いていること。これ [続きを読む]
  • 季節の足音 遠蛙
  •  サツキが咲き始めている。オオデマリの花が薄い綺麗な緑色をまとい始めている。白い花も良いがこの時期のオオデマリも涼しげで良いものである。季節が駆け足で進行しているようである。季節の移ろいの全てが早い。夜半に寺務所に入ると大きなムカデがのっそりと這い出してきた。ムカデが出始めるのまでも少し早いような気がする。この時期は少しづつ薪作りを始めないといけない。適当な木を切り倒し、庫裏の裏手に運んで電動の丸 [続きを読む]
  • 人生の領収書 御影供 オプション不要
  • 新緑が美しい。今年は桜が随分早くに散ったが新緑の到来も例年より早い気がする。新緑のもつ生気、清々しさ、エネルギー、明るさ…これらをどう表現すればよいか適当な言葉が見つからないし、写真に撮ることもできそうにない。どなたも是非、新緑の野山に出て直に触れられることを願うばかりである。新緑の季節は素晴らしい。昨日は隣町の真言寺院で行われる御影供法要に参加。天井の高い大きな本堂のなかで数百の塔婆が朗々と読み [続きを読む]
  • 恩送り 間違った使い方 自虐 青もみじ 
  •  新学期が始まりひと段落。諸般の事情によりPTAの役員になり、昨日と今日は夜9時まで会合。老僧も私が子供の頃はよく学校の役員をやっていた記憶がある。名前が僧名で目立つので投票する人が多かったようだ。先日も保護者の中から学級委員を選ぶ選挙が行われたが、名簿があいうえお順だと順番の早い人に投票される傾向があるらしく、名前の配列もアトランダムになった名簿から投票する仕組みなっている。今どきは家庭も仕事も [続きを読む]
  • 病院にて アンビグラム 再訪 指紋を発見した男
  •  時々、老僧の検診の付き添いで病院に行くが先日はものすごく若いドクターが出てきて…老僧の脈拍数に驚き「脈ムッチャ早いッスね!」見事なタメ口で笑ってしまった。“逆さ文字”?…アンビグラムというのがあるのですね…今日初めて知りました。言語遊戯、言語芸術のジャンルになるのでしょうか。至高の言語芸術は御大師様の「いろは歌」だと思っています。【代表的アンビグラム作家ノムライッセイさんのサイト】https://1chan. [続きを読む]
  • 侵入者 唯在る
  • 桜も記録的な早さで散り、新緑の季節を迎えつつあるが新緑も例年より早い印象である。新緑の鮮やかな、瑞々しい様子に惹かれる。4月に入ってから鳥の鳴き声も増え、外に出ると鳥の声で脳を洗われるような心地よさがある。子供が消しゴムハンコにハマっていて、事務所に大量の消しゴムの屑が…おまけに時々彫刻刀を床に置きっぱなしになっていて数日前などはあやうく足裏に刺さりそうになった。そのうち禁止にしてやる! 股 [続きを読む]
  • 春の良き日に 四股トレーニング
  • 本日は兼務寺院へ。標高が高いのでまだ桜が盛りの風情だった。午後はお墓の開眼1件。体調のすぐれない檀家さんからの依頼で1人で山手の墓地に上がってゆくと何やら茶色い物体が動いている。雉である。丸々した雉が体をゆすりながら草むらに逃げ込んでいった。どうも数匹いる気配。開眼の読経を始めるとしきりに雉が鳴く。助法ありがとうね!現在、諸般の事情によりPTA会長を拝命している。この時期は入学式で祝辞を述べることに [続きを読む]
  • 銀英伝 話題の舞鶴場所
  •   公私ともに多忙でしばらく更新をお休みしました。神戸へ家族旅行を計画していたところ、直前になって旧友から「神戸で集まりがあるので参加してはいかが?」というお誘いをうけ楽しいダブルブッキングになった。旧友と再会した際に話題になったのが「銀河英雄伝説」の新作スタート。【関連サイト】http://gineiden-anime.com/個人的にハマりは「オーバーロード」(第2シーズン)でアマゾンプライムで見て楽しんでいる。舞鶴に [続きを読む]
  • 法事のガンタンク 亀のクラッシュ
  • 桜が満開の風情。今年は記録的な早さで桜が満開を迎えつつあるらしい。京都で一番遅いといわれる御室の桜はどうであろうか…春の花々も眼を楽しませてくれる。レンギョウ、ボケ、水仙、ユキヤナギ…本日は法事2件。法事では必ず足を崩して楽にしてくださいと声をかける。法事中に無理に正座して脚が痛いという表情の人が少なからず居られるからだ。皆さん真面目なのだろう。法事ではお経を聴きながら故人のことを偲んで頂くことが [続きを読む]
  • 植木市 お遍路さんと違和感 
  • 明日の最低気温は2度の予報。まだ少し寒い。庫裏の裏手の水仙はまだ咲き始めたばかりである。白糸神社の植木市を毎年楽しみにしている。今年はジューンベリー、馬酔木、長寿桜、サルスベリ、レンギョウなどを購入。鹿は不思議とサツキを食べないので今年は沢山買う予定でいたのだが、植木市に行くとツツジは沢山あるがサツキが一本もない。御主人に尋ねると150本もってきたサツキは現在改修中の某公共施設の植栽として全部買い上げ [続きを読む]
  • 生きている密教
  •   島根県太田市で野焼きが風であおられて待機していた消防車に燃え移り、まさかの…消防車全焼野焼きというのはあっという間に燃え広がるので要注意である。相変わらず国会ではモリとカケとかやってますよね…気が付けば北朝鮮はいうに及ばず、アメリカ、ロシア、中国では不気味な指導者が一斉に輩出している。そんな事態のなかで小さな小さな問題を延々やっていてどうなのよとつぶやきたくなる。夕方、仏像拝観の方が来られた。 [続きを読む]
  • 過ぎたるは… ツーショット
  •  地元の「S工房」というスーパーに行くと地元で水揚げされたというエビを売っていたので娘にエビフライにでも作ってもらおう…と思って買ったのだが。パックを開けたら…何匹かがビチビチ跳ねながら飛び出してきた新鮮すぎる…娘が…「水槽で飼おう!」「陽だまり」というのは温かな感じのする良い言葉だと思う。陽だまりという言葉には水仙の明るい色が似あう気がする。お寺の川べりに水仙が沢山咲いている。すぐ近くに桜が咲い [続きを読む]
  • スギちゃん ヨーグルトの木 ダカタの世界
  • 知り合いのお寺で杉の大木を伐採したら…もの凄い量の花粉が立ち上って飛散したとか。想像するだにムズムズしてくる。先輩のお坊さんと話ししているとしきりに「サンシュ」の話をされるのでお寺の「山主」のことかと思ったら…植物の「山須臾」のことだった。「サンシュユ」という名称が一般的だが、当地では「サンシュ」と呼ばれることが多い。山茱萸のことをヤマグミということもある。「茱萸」とはグミのことらしい。山茱萸は花 [続きを読む]
  • オタク川柳 御朱印ダッシュ
  •  シルバー川柳、サラリーマン川柳は有名ですがありそうでなかった?オタク川柳というのを見つけました【1位】 いいじゃない 通貨も彼女も 仮想でも (ポチパパ:40代)【2位】アイドルに MajiでKoiする 50前 (あかねん:30代)【3位】 厨二病 完治せぬまま 成人病 (霜月秋:20代)なかなかよくできてますね(笑)【オタク川柳】https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180322-00000001-withnews-sci夕方交差点の赤信号で止 [続きを読む]
  • 彼岸中日 ウグイスと檸檬 放てば手にみてり
  •  【雨に打たれる松尾寺の本堂】【モクレンのつぼみふくらむ】4日間、松尾寺の彼岸法要に出仕。本日は彼岸の中日。初日以外は連日冷たい雨の降るお彼岸になった。関東では時ならぬ雪も降り天候はいよいよ不順である。本日は午前中の彼岸法要の後、法事1件。寒さで手の感覚が少し無くなっていたらしく読経中にい経本を取り落とし…大般若状態に!(経本が思いっきりバラバラになった状態)法事の後は再び松尾寺に出仕し最後の総供養 [続きを読む]
  • 寒の戻り 喫茶去 
  • 暑さ寒さも彼岸までとはいうが寒の戻りが厳しい。彼岸の入りは穏やかな天候だったが、本日から数日雨模様との予報。本日も松尾寺の彼岸法要に出仕。「観音経」「理趣経」などでお勤めをする。雨のせいか参拝者はやや少ない。 ぶっカフェ!(1) (星海社COMICS) 作者: 小林ロク 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2017/10/07 メディ [続きを読む]
  • 彼岸の入り
  • 陽当たりの良い道端では水仙が咲き始めた。境内は陽当たりが悪いので水仙はまだほとんど見ない。地温があがり畑で働く人の姿を見るようになった。倉庫のシャッターがあげられ耕運機が引き出されているのをよく見かける。そういう光景から春を実感する。本日は彼岸の入り。彼岸参りを2件の後、松尾寺の彼岸法要に出仕。その後は送別会1件。春は転勤の季節である。家族ぐるみで親しくお付き合いを頂いたご家族が転勤のため引っ越しさ [続きを読む]