ぶろぐ坊 さん プロフィール

  •  
ぶろぐ坊さん: 山寺のんびり日記
ハンドル名ぶろぐ坊 さん
ブログタイトル山寺のんびり日記
ブログURLhttp://d.hatena.ne.jp/burogubou/
サイト紹介文関西花の寺第3番札所金剛院の副住職のブログです。都会での生活を捨てて5年前から山寺で暮らしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供161回 / 365日(平均3.1回/週) - 参加 2009/07/28 16:11

ぶろぐ坊 さんのブログ記事

  • お盆の後で 月参り巡礼 わくわくワーク 
  • 本日、自坊や出仕を含め3カ寺の施餓鬼法要があり午後4時に今年のお盆の法務が全て終了である。今年は格別に暑かったので体に応えた気がする。松尾寺の施餓鬼法要に出仕して今月26日に西国札所があると伺い、お手伝いすることになった。【関連記事】http://www.saikoku33-1300years.jp/monthly/特別法要が厳修されたり特別な御朱印を頂けるなどいろいろ新しい趣向がある。お近くの方は是非お参りくださいませ。お盆終われば数日は読 [続きを読む]
  • 父の日 母の日 お盆の日
  • 数日、炎暑和らぐ。14日まで棚経が続くが乗り切れますように。訪問先でお茶などの接待を受けるがよほどのことがない限り出されたものは全て飲む。暑い日など飲んだものがすぐ汗になって身体から出る感覚がある。 【第2類医薬品】ツムラ漢方補中益気湯エキス顆粒 64包 出版社/メーカー: ツムラ メディア: ヘルスケア&ケア用品 この商品を含 [続きを読む]
  • 棚経 エアリズム祭 せんねん灸
  • 住職というのは<住む>という字が入っているが、お坊さんというのはずっとお寺にいるみたいなイメージがあるのではないかという気がする、。「坊主」という言葉も<坊>という建物の主(あるじ)であるからやはりそこにずっといる印象がある。実際には毎日、いろいろなところに出かけているし、訪問していただくときは事前に御一報いただけると有難いと思うことがある(笑)時々、檀信徒の方や一般の方でもふらりとやってこられて [続きを読む]
  • 熱中症 三方五湖 若狭の神を求めて
  • 相変わらずの酷暑続く。連日の暑さで疲れもたまり、先日は法務中に熱中症の一歩手前までいってしまった。蒸し暑い室内で小一時間法務をおこなっているうちに脱水状態になるのが自覚された。次第に身体に力が入らなくなった。かといって大勢の参列者いるなかで法務を中断できるわけもなく、倒れたらその時と覚悟をして最後まで法務をおこなった。山寺に帰って涼しい室内で休んだら回復できたが、熱中症というのは気が付いた時にはも [続きを読む]
  • 林間学校  台風の後
  • 【サルスベリ咲き始める】【猛暑ゆえか紅葉しているもみじが見られる】毎年行われている仏教会の林間学校が綾部で開催されそのお手伝いへ。綾部の大江山グリーンロッジにて小休止し鬼嶽神社から千丈ケ嶽に向かう。往復2キロほどの山道だが歩きごたえがあった。例年にない猛暑で子供たちが熱中症にならないようにといつも以上に気持ちを向ける。意外にも道中は樹林になかなので思ったよりしのぎやすい。一番暑かったのは目的地の千 [続きを読む]
  • そうめんペペロンチーノ風  郵政からの物体X
  • 毎年この時期はそうめんの頂きものがあるが、だんだんめんつゆで食べるのに飽きてくる。気分転換に“そうめんペペロンチーノ風”というのを時々作る。フライパンにオリーブオイルを入れて軽く温め、みじん切りにしたニンニクを軽く色づくまで炒める。やや弱めの火で丁寧に炒める。みじん切りにしたニンニクは大きさにばらつきがあるので細かいニンニクは焦げやすいので注意しないといけない。ゆであがったそうめんの水分をよく切 [続きを読む]
  • 新しい騙し方 キャッチーな法語
  • 子供の夏休みの工作の手伝いでネットをみているうちにこんなんでてきました…絶対騙しですな(笑)少し前はいきなり「ウインドウズのセキリュティ」とかいうのが立ち上がってウイルス感染を警告し、すぐにサポートセンターに連絡を…みたいな表示が出た。これも騙しだった。(尾木ママもこれにひっかかったらしい)騙しもいろいろあって飴と鞭を使いわけてくる。皆様ご用心を!【関連記事】https://did2memo.net/2018/02/24/malici [続きを読む]
  • 酷暑 伝説のジャズダンサー 知られざる鉄
  • 本日も酷熱の1日。書斎に座っていると前にある摺りガラスを通して入ってくる外の明るさ(暑さ)が尋常でない。夕方になって本日は舞鶴が全国1位の暑さとのニュース。暑いはずである…知り合いに電話したら既に2回も熱中症になったとこと。なんとかお盆までにこの酷暑がマシになりますように。時々、子供の頃のことを思い出す。5歳くらいの時に祇園祭に連れて行ってもらった記憶がある。そしてとても暑い日であった記憶があるが [続きを読む]
  • 暑中見舞い 朝ドラみたいな体験 眼を大切に
  •  暑中お見舞い申し上げます。稀なる酷暑につき皆様くれぐれも御自愛くださいませ。                  ぶろぐ坊九拝勉強会に参加のため数日にわたって山寺を留守にしましたが、その間に猛暑の来襲です。ここ数日ほどの暑さになるとさすがに日中の草刈りはできそうにない。猛暑になる前に懸案だった場所の草刈りを行ったのは正解だった…と久しぶりに自画自賛。作業着の下に着る肌着をユニクロのエアリズムに替え [続きを読む]
  • 斬新な係 お化けの子 
  • 先日、学校行事で校内を見学する機会があった。最近の子供たちはどんな本を読んでいるのか興味津々だったので図書室を覗いてみたら、予想以上に本が少ないので少しびっくりした。たまたま私の通った小学校が蔵書豊富だったのかもしれないが、大人向けの文学作品をはじめ沢山の蔵書があった記憶がある。しかも図書室はコンピューター室を兼ねていて面積のかなり部分がコンピューター教育ようのスペースに充てられている。もう少し蔵 [続きを読む]
  • 西日本豪雨 星に願いを 
  • 昨日は大雨の影響で午前中に予定されていた法事が正午開式に変更。一昨日とうって変わった好天となり家でのお勤めとお墓詣りまですますことができた。法事の後は兼務寺院への見回り。砂防堰堤が決壊して大規模な土砂崩れとなり電気、電話も一時不通となった。現在は電気のみ回復。かなり大規模な崩落らしく詳しい方に伺うと「国レベルの復旧工事が必要で本格的な復旧には2、3年が必要かもしれない」と。お盆も近いというのにどうな [続きを読む]
  • 豪雨 ハリウッド版ガンダム 竿打ち仙人
  •  昨日より西日本各地が記録的大雨に見舞われる。昨夕は激しく降る雨を観ながら、こんな雨のなか子供に雨に打たれる経験をさせてやってもいいかもと思いながら外を見ると…雨のなかを大笑いしながら走り回っている娘。それでよいぞ…本夕から雨も小降りに。娘を連れて向かいの公園の状況を確認。川の水位は上がっているが昨年の台風ほどではないので一安心。山寺に帰ろうとするとまた、雨の中を走りだす娘…子供の時には自然に触れ [続きを読む]
  • ブーム拡大中 鬼の迷宮 エアリズム
  • 昨日は炎天の1日。アジア系の男女がこられて…「ジューイン!ジューイン!」3秒くらい考えて「朱印」だと判明。拙筆で御朱印させていただきました。御朱印帖も高野山の杉材を使った凝った御帳面でした。御朱印ブーム以前拡大中の模様。 鬼の研究 (ちくま文庫) 作者: 馬場あき子 出版社/メーカー: 筑摩書房 発売日: 1988/12/01 [続きを読む]
  • パンのほっぺ 五感で味わう鬼そば
  •  実に暑い1日。そして7月の始まりである。そして…そして…お寺にとって7月といえば『プレお盆』…軽くブルー入ってます(涙)かなりのパン好きを自負しているが一昨日は新しくオープンした「パンのほっぺ」へ。素朴ながら美味しいパンを堪能。【関連記事】https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000023.000017127.htmlちなみにお店の場所は「麺楽」の向かい也(笑)昨日はPTA関連の行事に参加するため大江町へ。PTAの役 [続きを読む]
  • 住の着ぐるみ 蛮勇のお土産
  •  身辺多忙につき更新も滞りがち…このままお盆に突入か。保護司会の会長さんに“社会を明るくする運動”のお手伝いを依頼された。内容は京都府の“社会を明るくする運動”のマスコットキャラクターである『京の社明くん』という着ぐるみに入ること。面白しろそうなので二つ返事で引き受ける。会場にゆくと全身で2mはあろうかという着ぐるみが準備されていた。装着すると…蒸し風呂状態である。ところが身体に装着したバッテリー [続きを読む]
  • 山寺のレスキュー隊 インディアンハーブ 気になるお店
  • 定期的にご供養に来られる檀家さんがいつもより少し遅れてこられた。車輪を堰堤の泥土にとられたとのことだったので、ご供養の後で見に行くと、真新しい軽自動車の前輪が泥土にはまりこんでいた。薪にしている垂木を前輪の下に置いて少し押したらすぐに動き出した。去年の台風で川の泥土が岸に上がっているところがあり雨になるとひどくぬかるむので11月までになんとかしないといけない。山門の手前の道路に映えているもみじの梢に [続きを読む]
  • ヤバイ寺 犯人はそこに あいつらも大変らしい
  • 知り合いのお寺の御住職がネットを見ていたら自分のお寺の記事を発見。「この寺ヤバイ」と書いてあったので何事かと思ったら…「ものすごく新緑が綺麗」という意味だったとのこと。若い人の言葉遣いにはついていけません…と苦笑されていた。先日の日曜日は参拝多かった。御朱印を求められて御朱印帖を拝見すると福知山の観音寺さんの御朱印が書かれてあった。「アジサイはいかがでしたか?」とお尋ねすると感極まったように「ムチ [続きを読む]
  • 青岸渡寺参拝  那智御滝
  •  補陀洛や 岸打つ波 三熊野の那智のお山にひびく滝津瀬子供の頃、家にあった御詠歌の本の最初のページに載っていたのが西国札所第一番の青岸渡寺の御詠歌だった。子供の頭の柔らかさですぐに暗唱することができたが、この御詠歌はいつまでも印象残っていた。昨日、ようやく念願だった青岸渡寺に参拝。西国札所の難所といえば山道険しい施福寺と遠路紀州にある青岸渡寺ではないだろうか。兼務寺院で毎年西国札所にお参りしているが [続きを読む]
  • 熊メール 白馬寺 スムージー
  •  最近やたらと行政から熊の出没メールが届く。子供の通っている小学校区でも熊が何度も目撃されるようになった。舞鶴だけでなく福知山でも同様に増えているらしい。自然は目まぐるしく変化しているようである。用事があって与保呂地区に行ったのだが、獣害除けの柵がびっしりと田んぼを覆っていて少しびっくりした。お百姓さんも大変である。車を止めた空き地に沢山ホタルブクロが咲いていた。清げな白い花といい、少し背の高く、 [続きを読む]
  • プレミアムな体験 雄島 住職の困りごと 
  • 梅雨らしい雨天が続く。夕方5時を過ぎてから晴れ間少々。何層になった雲が照らされて美しかった。本日午前10時に史上初の米朝会談。朝鮮戦争の終結には言及せず…とあったが朝鮮戦争がまだ終結していなかったとは。米朝関係にも晴れ間は見えるのか。GWは勉強会に参加するために関東へ。京都から東京までは夜行バスに乗ったのだが、連休期間中で満席ばかり…ようやく取れたのは高速バス「プレミアムドリーム」号のプレミアムシー [続きを読む]
  • 6月の宵 猫王 朝ドラ 一考をうながす
  •  夕方、薪を取りに勝手口から出ると裏山にホタルの飛ぶのが見えた。今年初めてのホタルに少し嬉しくなった。自然文化園のアジサイまつりも開園。まだ5分咲きのようだが満開になる前のアジサイも綺麗である。山寺の周囲のアジサイも一時期随分と増えたが鹿の食害で大半が枯死してしまったのが残念である。最近、毎日のように行政から熊の出没のメールが届く。大半は自分に関係のない場所であるし、熊はすぐに移動するのであまり意 [続きを読む]
  • 入梅 名筆 お薬師様のお薬
  • 関西は本日から梅雨入り。終日雨模様。気温もそれほど低くない。穏やかに雨の降る日は心も落ち着く気がする。雨をもらって雑草がぐんぐん伸びるのが眼に浮かぶようである。梅雨は雨をもらって草が伸びる一方、雨天で作業の日が減るのでなかなか大変である。真言宗の開祖で「日本三筆」の一人として知られる弘法大師・空海(774〜835年)の直筆書を基にした拓本が四天王寺大学(大阪府羽曳野市)で見つかった。嵯峨天皇(78 [続きを読む]
  • ねこ住職
  • 本日は猫住職小雪様の来訪あり。最近、御朱印を始められたとのことで当山の御朱印である阿弥陀様とお不動様をを書かせて頂きました。御朱印帖の1ページ目に大日猫来の御朱印が…多分「だいにちにゃらい」と読みます…何枚か写真を撮らせて頂こうと思ったが2枚撮ったところでSDカードがいっぱいになってしまった。どうでもいい写真は消しておくべきだったと後悔。またお越しくださいませ。【関連記事】https://chill-tv.com/artic [続きを読む]
  • 雄島参り 漁師さんの味噌汁
  • 念願かなって毎年6月1日に執り行われる雄島参りに初参加。舞鶴市の沖合に並ぶ無人島雄島と女島。その雄島に上陸して神事を行うのが雄島参りである。朝9時半に三浜の桟橋から幾艘もの船に分乗して出発。20分ほどの船旅。船速は不明だが隣を航行する船は速度は増すと船底が半分くらい海面から浮いてみえる。体感するスピードはかなりの速度である。けして波は高くないが時々体が浮くほどの衝撃を受けてヒヤリとする。雄島の手前から [続きを読む]
  • 残高 お坊さんみたいな 花に思う
  • 本日は天候不順。朝方、空が暗転して大粒の雨が降り始め、やがて強雨へ。夕方には晴れ間も見えたが夜半には再び雨模様。明日は念願の雄島参りである。天候も概ね良好のようで一安心。京都府に補助金を申請することになり20年以上しまい込んでいた護持会の通帳を取り出した。何気なく残高を観たら…数字がズラッと並んでいるイチ、ジュウ、ヒャク、セン、マン、ジュウマン…ヒャクマン…イッセンマン…!一千万以上の残高が!よくよ [続きを読む]