ドナパパ さん プロフィール

  •  
ドナパパさん: ドナパパ DP Factory
ハンドル名ドナパパ さん
ブログタイトルドナパパ DP Factory
ブログURLhttp://donalspapa.blog34.fc2.com/
サイト紹介文オリジナル電装品の製作販売(DP Factory)、電子工作
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供29回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2009/07/29 10:59

ドナパパ さんのブログ記事

  • 久しぶりのFUSION(基板の話)
  • FUSIONの発送がシンガポール経由になってからElecrowばかり使ってたんですが、いつの間にか基板サイズが50x50から100x100に、価格が$9.8から$4.9に、Elecrowだと別料金が発生する同一デザインの面付の最小寸法が20x20から15x15に、急ぐ基板でもないので久しぶりにFUSIONに頼んでみました。出図してから届くまで、ちょうど2週間でした。おまけのステッカーも入ってました。シルクのかすれ、パターンのずれも無く、一時期3週間 [続きを読む]
  • 電子負荷装置 ARRAY 3710A
  • 中華製の電子負荷装置が使い物にならないので、某オークションサイトでポチッタやつです。この機種、古いファームだと放電終止電圧の設定が出来ない事が発覚!メーカーのホームページには放電試験用のソフトがあり、これを使えば何とかなりそうです。しかし、専用の高い通信ケーブルがいるらしい。ちょうどブルーツースの基板があったのでこれが使えないかと。無事に使えました。 [続きを読む]
  • 中華製自称150W電子負荷装置
  • 中華製自称150W電子負荷装置です。30Vで5Aの定格負荷を加えたところ10分程度で昇天されました。CPUクーラーを使うという発想はいいのですが、ファンが静音タイプで全く効きません。使っているFETがIRFP250Nですが、明らかにSOAの範囲に入っていません。(図では直流動作が出ていません。)放熱グリスもきちんと塗られていません。このタイプは最近出た物です。取りあえずFETを変えて、ファンも変えます。FET一つで150Wは無理があり [続きを読む]
  • バッテリー・デサルフェーター、サンプルNo.1
  • 1年程前に市販品の調査目的で購入した物です。はっきり言ってパルス、出ません。噂のボリュームを回して赤いLEDが点灯しても出ません。FETにはパルスが来ていて、きちんとスイッチングしています。作ったパルスはコンデンサで吸収されちゃいます。D10をポリスイッチにしてC1 470u/35Vを外した波形C5 0.1uを外した波形もう少しチューニングすればしっかり出るかもしれません。パルスが出てないのにも関わらず、効いているという方 [続きを読む]
  • バッテリー・デサルフェーター、Nの罠
  • CouperさんのDesalfatorです。最近、あまり効果がないのがあるそうです。確かにリンギングの周波数が高い。オリジナルの通りのはずが・・・Q1のFET、オリジナルではIRF9Z34ですが、こちらはIRF9Z34Nが付いています。大した違いはない?オリジナル通りにIRF9Z34に取り換えます。全く違いますね。これでオリジナルの通りになりました。それではIRF9Z34とIRF9Z34Nでは何が違うのか。Nが付いただけでこんなにも違います。Nが付いてFET [続きを読む]
  • コテ先温度計
  • 国産品の1/10以下の値段で売っていたので買ってみました。見ての通り、まず箱からして怪しい。某社の箱を一旦ばらして、裏返して再度箱に組み上げてます。説明書は日本語、英語、中国語とあるようですが、日本語のみありません。メーカー名と型番の所が抜けています。本物はMax Holdなんですが、こちらはただのHoldです。中身はいかにもって感じの作りです。本物の基板を見た事がないのでなんとも。こんな物が1万円くらいで売られ [続きを読む]
  • 黒い基板
  • お客様からのご依頼品です。簡単な回路なので試作も無しにいきなり基板にしました。表は殆ど何もありませんが、裏はびっしりって程でもありません。 [続きを読む]
  • バッテリー・デサルフェーター(ミニパル6)結果
  • デサルフェーターでパルスを掛ける前が青、1回目が緑、2回目が橙です。1回目は0.1Cで10.5Vまで放電してからパルス掛け20時間。2回目は0.1Cで10.5Vまで放電後通常充電で最後に5時間程度パルス掛け。パルス掛け前は0.1C負荷でも12Vまで低下していますが、パルス掛け後は徐々に改善されています。この部分が実際にはCCAの変化として現れる部分です。ただし、実際の容量は減っていますね。つまりCCAだけ測ってもわからないって事です。 [続きを読む]
  • Buell XB 故障原因 その13 あああ
  • 最近、エンジン温度センサーのエラーが始動時に出るようになりました。走り出せば出なくなるのであまり気にせず、12か月点検に出しました。点検が終わって店長さんから。「結構濃い目にしていますか?、エンジン掛けてすぐはそう感じます。走り出すと調子は良いです。」との指摘を頂きました。症状としては完全に冷えた状態でエンジンを掛けると「ボッボッボッボッ」って感じで温まるとまともになります。ECMが本当に温度が低いと [続きを読む]
  • 充電機能付きバッテリー・デサルフェーター(ミニパル5+) I-V特性
  • 過充電にならないのかとか、充電終了の検出はどうしているのかなどの質問が多いので、DPF-05のI-V特性です。基本的にはフローティング充電なので充電終了の検出はありません。最大で14.2Vくらいですが、これは無負荷の時です。バッテリーを接続時は13.6V〜13.8Vくらいまでになります。電子負荷の定抵抗モードで1KΩから1Ωまで振って出力の電圧と電流をグラフにしてあります。30年くらい前のユアサの充電器、フの字特性になってい [続きを読む]
  • 充電機能付きバッテリー・デサルフェーター(ミニパル5+) 結果
  • バッテリー・デサルフェーター(ミニパル5+)、原付のバッテリーでも効果があるのかという問い合わせを頂きましたので、修理屋さんから+端子が粉を吹いていたバッテリーを貰って実験しました。左から、もらって満充電にした状態、ミニパル5で1日、ミニパル5でもう一日です。1週間くらいパルス掛けてみますかね。時短のため0.2Cで放電しているので0.1Cでは当然伸びます。デサルフェーター関連の完成品はヤフオクに出品していま [続きを読む]
  • 中華製 DC SSR(謎→偽物)
  • アマゾンで中華製のDC SSRを購入しました。SODIAL(R)SSR-25DD単相ソリッドステートリレーモジュール25A DC 5-60V1番ピンと4番ピンがつながっています。非絶縁です。そういうもんなんですね。「また、つまらぬ物を買ってしまった・・・」どうやら偽物のようです。気を付けましょう。 [続きを読む]
  • オシロスコープ・キット DSO-150 組み立て
  • JYE Techの最新のオシロスコープ・キット DSO-150を組み立ててみました。JYE Tech DSO-1503種類あって、これはSMD実装済みでケース付のタイプです。電源を入れたら変な匂いがしたので気になってましたが、輝線が出ません。下側に張り付いていました。説明書のトラブルシューティングに従って調べると、どうやら負電源を作っているICL7660が壊れているようです。交換したら正常に動作しました。組み立ての注意ですが、LCDがいいか [続きを読む]
  • Buell XB 故障原因 その11 ECMの手術 そして退院
  • なんか変なタイトルになってしまいましたが、ECMは全快しました。こちらは灰色のコネクタ側のみ治した状態です。1か所だけ症状が出ています。青い囲みの部分。こちらは黒のコネクタ部分も治した結果です。まったく症状が出ていません。ECM自体はこれで治ったようです。そろぞれ一番上のデータの途中で赤い線が立ち上がっている部分、ファンが回り始めた時です。エンジン温度CLTが一瞬高くなっています。ファンが回った瞬間に電圧が [続きを読む]
  • 放電中
  • こんな感じに仕上がりました。隙間にセメダインスーパーXのブラックを充填して出来上がりです。 [続きを読む]
  • Buell XB 故障原因 その9 ECMの手術 その2
  • 念のため黒いコネクタ側も開けて半田付けを治しました。以前は片側だけのつもりだったので基板を被せるつもりでしたが、両側とも開けたので仕上げはアルミでこんなカバーを被せる予定です。こちらのカバーですが、ECMの開腹手術をした時の保護用なので、何もしないでカバーだけ付けてもあまり意味はないですよ。ただし、壊れてないECMの場合は放熱効果が期待できます。ECM自体は動作中にかなり発熱します。DDFI2とDDFI3で共用でき [続きを読む]