Zu-Simolin さん プロフィール

  •  
Zu-Simolinさん: 辻乃森音楽師
ハンドル名Zu-Simolin さん
ブログタイトル辻乃森音楽師
ブログURLhttp://tsujimasa.at.webry.info/
サイト紹介文シューベルトという「門口」から『冬の旅』のカラスとなって巡遊しています。
自由文いわば、左手でシューベルトについての、右手で短い創作ものの記事を書き連ねています。根は同じような気がしますが。
プロフィール画像は、私家版シューベルト像です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供1回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2009/07/29 20:13

Zu-Simolin さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 毛をつかむ話
  •  図書館から多和田葉子さんの『雲をつかむ話』を借りてきた。この人の文章というか日本語はどこか独特で、しかも漢字やひらがなの表記にこまやかな気遣い(読者諸氏、それがわかるか?と陰でこちらを見つめているような気配もあり)が感じられ、読んでいて、おいしいご飯を食べている感じがする。少し硬めのおかずで噛み噛み、といったところ。    で、『雲をつかむ話』の本を炬燵に入って嬉しく開いた。ゆっくり読みはじめた。 [続きを読む]
  • 『シューベルトとアイスキュロス』 (Orphic Schubert)
  •  多和田葉子氏の『言葉と歩く日記』に興味深いエピソードが綴られていた。 ベルリンの少年刑務所で受刑者たちが演じる芝居を観にでかけた日の話。(因みに、その日の演者はドイツ語を母語とする人はいない。) 演目は、「ウェスト・サイド・ストーリー風の物語」で、自作のテキストを「ラップにして歌う」、そんな舞台だった。 しかし多和田氏を驚かせたように、「アイスキュロスの『テーバイ攻めの七将』の中のセリフの群唱が何 [続きを読む]
  • 『糸車心顕の段』 (黄葉小説・オルフィック・シューベルト)
  •  拍子木が打ち鳴らされ、太鼓の音も重なり、舞台の幕がさあっと開かれる。 本来なら明るい舞台がそこに現れるはずが、違っていた。真っ暗だった。百人くらいの観客は固唾をのんで何も見えない舞台を見つめていた。 ぽっ。 一つの灯りが舞台奥に灯った。そしてゆっくりと八つの灯が燈った。蝋燭の灯りだ。 闇から浮かび上がってきたのは、文楽人形の娘。 糸を紡ぐ糸車が娘の首から下を微妙に隠している。 あれは誰だ?近松門 [続きを読む]
  • 怒り号 アー・ゴーー!!
  •  たとえばあなたが何かの際、こう叫んだとする。 ……何なのよ、アイツ。頭に来たアッ! 絵柄でいえば、頭から湯気か何かがしゅぽしゅぽと発している状況。公私を大小を問わず、さまざまなところで湯気がしゅぽしゅぽしまくっている時代だから、すぐに自分の頭に来た記憶をよみがえらせることができると思う。  で、思い出したらまた頭に来た、あなた。その頭を冷やす意味からも、私といっしょに考えてみませんか。 頭に来た [続きを読む]
  • 過去の記事 …