お針箱 さん プロフィール

  •  
お針箱さん: 和裁教室 『和裁塾・縁会』 縁会日誌
ハンドル名お針箱 さん
ブログタイトル和裁教室 『和裁塾・縁会』 縁会日誌
ブログURLhttp://yukarikai.blogspot.com
サイト紹介文和裁教室『和裁塾 縁会』のこと、着物、和裁、趣味の組紐や写真、日々の想いについて綴ります。
自由文和裁歴40年、*和裁塾 縁 会*を2008年より主宰。東京都中央区、川崎市麻生区で開講しています。趣味の組紐と写真にいそしむ日々です。着物や針仕事に興味のある方、お好きな方の、集える場になれたら嬉しく思います。 どうぞ、気軽に投稿をお願い致します。 和裁や着物に関するご質問も気軽にお寄せ下さい。

参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供107回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2009/07/30 12:18

お針箱 さんのブログ記事

  • 和裁塾だより 10/11 10/12
  • 先月23日喉の痛みから始まった風邪もだいぶ落ち着いてきました。皆様ご心配を頂きありがとうございます。11日は、4名でした。MBさんは、男物単衣です。襟付けでやや苦戦しましたが終了。襟先をしました。今までは男物の浴衣でしたが、今回はポーラの単衣なので仕立て方をグレードアップ。襟先布を付ける仕立ててにしてみました。次回は、襟裏絎け、そしてお袖付けで完成です。頑張りましょう。THさんは、絹物の単衣です。 [続きを読む]
  • 和裁塾だより 10/7 10/8
  • 7日は、4名でした。UHさんは、単衣です。絽小紋の仕立てを急いだので、途中になっていた単衣の続きです。お袖と襟衽を裁ち、標付けをしました。次にお袖から縫い始めました。SHさんは、長襦袢です。標付けを終えて、袖の縫いに入りました。TZさんは、二部式長襦袢の直しです。着た時に、振りから袖が覗くという事ですが、原因は肩幅と身幅の不足にあることが分かりました。身頃の脇に足し布をして解決します。脇縫いを解い [続きを読む]
  • 和裁塾だより 10/5
  • 先月末からの風邪が治りきらないまま、白馬方面へ撮影旅行に出かけ、帰ってからも和裁塾の無い日は半死状態で、パソコンに向かえませんでした。そんな間に日は過ぎ、もう10月も中旬となってしまいました。この間に、縁会日誌にお越し下さった方には心よりお詫び申し上げます。10月5日は、5名でした。TNさんは、大島の単衣です。脇絎けと、居敷当の上端絎けをしました。次に前幅を標しました。次回は衽付けに進みます。OS [続きを読む]
  • 和裁塾だより 9/27 9/28
  • 27日は、5名でした。MBさんは、男物単衣です。額縁を作って、襟下から裾反対側の褄下まで絎けました。襟肩明きに力布を付けて、地襟に共襟を縫い付け襟付けに進みました。THさんは、絹物単衣です。居敷当、身頃の脇縫い絎けをしました。次に前幅を標しました。次回は衽の柄を合わせ、標を付けて衽付けに進みます。TNさんは大島の単衣です。居敷当の裾を絎け背綴じ脇綴じ脇絎けと、進みました。明日も引き続き受講です。明 [続きを読む]
  • 和裁塾だより 9/23 絽小紋完成!
  • お彼岸その他、忙しくしていました。更新遅れてごめんなさい。23日は4名でした。UHさんは絽小紋の最終仕上げ、襟裏を絎けて襟中心にスナップを付けました。完成です!よーく見ると竹の柄、葉が散らしてあります。 TMさんは袷です。お袖を縫うつもりだったのですが、アクシデントにより後回しにして、身頃に進みました。揚げを縫って仕付け、背縫いをしました。 HOさんは、浴衣です。衽付け絎けをしました。早じまいでした [続きを読む]
  • 和裁塾だより 9/17
  • 今日は、5名出席。雨の中でしたが、みなさんの出足も早く賑やかにスタートしました。一番乗りはFMさんです。小千谷縮を縫っています。襟縫いの続きからです。きせ→三つ襟芯→襟に中の縫込み整え→えり巾標→衿幅折り上げ→縫込み綴じ→裏襟絎けしつけ→襟先と進みました。次回袖付けで、完成です。MOさんは、男児四つ身浴衣です。お袖の続きから縫いました。背縫い袋縫い、衽つまみ縫いと進みました。TZさんは、裄寸法の直 [続きを読む]
  • 和裁塾だより 9/13 9/14 長襦袢3枚完成!
  • 13日も、14日も4名での開講となりました。13日は、都内からいらして下さるNTさんが珍しく10:00到着でした。いつもお早いMBさんと、THさんもご一緒でした。駅からの道の途中で出会って、THさんが車に乗せて下さったそうです。続いて、SDさんもいらっしゃって、すごく早くメンバーがそろいました。NTさんは、「室町浅見」の「菱上布」で夏用の長襦袢を縫っています。あちこち、絎け残しが有ったので、まずは [続きを読む]
  • 和裁塾だより 9/10
  • 本日の和裁塾は4名でした。UHさんは、絽小紋です。襟付けが終わって、きせを掛け共襟先を縫い付け、襟付け側を絎けます。三つ襟芯を入れて衿幅を標し、襟を折り上げて縫込みを綴じました。裏襟絎けは仕付で留めて襟先を作りました。残ったところを絎ければ完成です。TMさんは、袷です。標付けの途中からでした。胴裏と襟の標を付けました。お袖の標も終わりました。これで、標付けすべて終了です。次回からお袖を縫い始めます [続きを読む]
  • 和裁塾だより 9/6 9/7
  • 6日は5名でした。EGさんは長襦袢です。いよいよ袖付けです。身頃と袖の袖付け標を確認して、袖付けどまりに止めを入れ、袖付けを縫いました。縫い目にきせを掛けて、振りを仕上がり線で折りました。袖付けどまりの1寸上から振りを絎けました。最後に袖山の縫込みにミミ絎けを3目いれて終了です。身八つ止まりには閂止めを入れました。半襟付けに進みましたが、衿芯を付けたところで時間となりました。続きは次回です。MBさ [続きを読む]
  • 和裁塾だより 9/2 9/3
  • 9月になりました。まだまだ残暑が続くのでしょうね。早く涼しくなるといいですね。2日は、台風接近で心配していましたが、無事に開講できました。おひとりお休みで、4名でした。FMさんは、小千谷縮です。身頃の襟肩明きを切って、襟付けカーブの標を付けました。カーブに添って力布を縫い付けました。地襟に共襟を縫い付けて、襟付けです。広襟なので、身頃を表襟と裏襟で挟んで一緒に縫います。適度な緩みを入れて新調に待ち [続きを読む]
  • 和裁塾だより 8/30
  • とうとう8月も終わりですね。秋に向かって涼しくなるといいですね。MBさんは、男物単衣です。前揚げを縫って絎け、脇縫いに進みました。脇を縫って袖付け縫い代を整え、脇の絎けです。THさんは、絹物単衣です。居敷当の裾を三つ折り絎けにしました。中心を決めて、背綴じをして脇綴じ、脇絎けと進みました。TNさんは、大島の単衣です。前揚げを縫って絎け、脇縫いに進みました。TMさんは、長襦袢です。少々手直しがありま [続きを読む]
  • 和裁塾だより 8/26 8/27
  • 26日は5名でした。SHさんは、長襦袢です。居敷当の背綴じ、脇綴じ、脇絎けと進みました。UHさんは、絽小紋です。襟付けをなさっていたのですが、褄下寸法が合わなかったり、襟裏のゆるみが少なかったり、上手くいかずやり直しになってしまいました。お疲れ様!TMさんは、紬の袷です。裁ち合わせの続きから、柄合わせを間違えないように慎重に進めました。表身頃と衽まで標を付けました。TDさんは、木綿の単衣です。後幅 [続きを読む]
  • 和裁塾だより 8/23 8/24
  • 外出続きで更新が遅れています。申し訳ありません。23日は3名でした。EGさんは、長襦袢です。上衿付けをしました。MBさんは、男物単衣です。前揚げを縫って絎け、脇縫いに進みました。TNさんは大島の単衣です。背縫いを縫いました。絹物は初めてで、背伏せを付けたのも初めてです。24日は3名で、見学運針体験の方がお一人でした。TMさんは長襦袢です。上衿付けを縫い衿幅を付けて、縫込みに綴じを入れました。襟絎け [続きを読む]
  • SYさんの小千谷縮
  • ご無沙汰してしまいました。先週月曜日から和裁塾をお休みにして、写真のセミナーへ行ったり、気になりながら先送りにしていた事を実践したりの日々でした。明日からまた和裁塾が始まります。10日の和裁塾で、ほぼ完成だったSYさんの小千谷縮ですが、仕上がってお召になられたと写真が送られてきました。爽やかブルーの小千谷縮です。このところ、和裁塾は、新規ご入会の方が相次ぎ満席状態です。見学と、キャンセル待ちはお受 [続きを読む]
  • 和裁塾だより 8/12 8/13
  • 8/12は5人のはずだったのですが、翌日と間違えていらした方がいて、6人になってしまいました。正確には、遅くいらした方と、早くお帰りになった方がいらしたので、お昼休みを除くと2時間だけ6人でした。UHさんは、絽小紋を縫っています。襟付けがまだなのですが、襟裏の用意が遅れているので、先に袖付けをしました。振りを絎けて、終了です、居敷当の脇絎けなど、残っているところを絎けました。SZさんは、浴衣です。 [続きを読む]
  • 和裁塾だより 8/9 8/10
  • 9日は、朝から暑い日でした。皆さん駅から汗をかきかきいらして下さいました。THさんは、絹物の単衣です。脇縫いをして袖付け標を前に写しました。脇縫いにきせを掛けて、袖付け縫い代を整え、身八つ下に忍び綴じです。次回は居敷当ですね。MBさんは、男物単衣です。揚げを縫って絎け背縫いをしました。背伏せを付けるのは初めてですが、上手に出来ました。後幅肩幅を標して、背縫いにきせを掛け、背伏せを絎けました。EGさ [続きを読む]
  • 和裁塾だより 8/5 8/6 七宝柄の長襦袢完成!
  • 5日土曜日は、4名でした。午後から見学の方がお二人いらっしゃいました。SYさんは、小千谷縮です。襟付け縫いの途中から初めて、三つ襟芯入れ、衿幅標、衿幅折り上げ、裏襟くけまででした。次回は襟先、袖付け振り絎けで完成させます。IGさんは、午後からでした。SYさんとお隣同士に座って、ちょうど同じところでした。衿幅折り上げ、裏襟くけまででした。OMさんは、長襦袢の身八つ止まりに閂止めをして完成です!ご覧下 [続きを読む]
  • 和裁塾だより 8/2
  • 今日は5人のはずでしたが、お二人欠席で3名でした。TNさんは、大島の単衣です。お袖の続きから縫いはじめ、仕付を掛けて完成しました。身頃は後の揚げを縫って、初めての絹物なのですが揚げの仕付はぐし仕付にしました。ちょっと時間が掛かって大変ですが、新しいことに挑戦です。次に、羽二重で背伏せ布を裁って、背縫いに進みました。OSさんは、絹物の単衣です。TNさんと、ほとんど同じところでした。後ろ揚げを縫って、 [続きを読む]
  • 三ぶんで呑み食べ会の時のきものとお買い物
  • 着物は能登上布。帯は松原さんの藍染、麻です。帯揚げは、撫子と桔梗の絞りで淡い藤色。帯締めは、段染めの笹波組、道明です。帯締めは、藤色濃淡、藍、緑、黄などが段染めになっていて、金糸も入っていますお買い物は、その前に行った松屋で開催中のギャラリー凛の布展でした。下の大きい布は更紗のショール、紬地に段染の帯揚げ、更紗の扇子でした。 にほんブログ村ランキング参加中です。よろしかったら を!にほんブロ [続きを読む]
  • 先週末は「離亭 三ぶん」で呑み食べ会
  • 縁会では、毎年夏のお楽しみで「泡々の会」と称して、ビールやシャンペンを楽しむ会を催しているのですが、今年は参加者が少なく、会場を「離亭 三ぶん」にしました。私以外は日本酒好きの面々です。楽しく飲んで、おいしく食べて、帰りに雨に降られた事以外は、満足な会となりました。美味しいお料理の数々を、ご紹介します。まずは、うこんやおかゆ(今日はあおさ入り)お酢 お客の健康まで気遣ってくれます鰹、鯛、螺のお刺身 [続きを読む]
  • 和裁塾だより 7/26 鮮やか色の小千谷縮完成!
  • 裁ち板の高さはふつう20cm位なのですが、慣れない皆さんは普通の座卓の高さがお好みの様なので、裁ち板の脚を30cmの物に買い換えました。買い換えたといっても、20cmの方が好き、とおっしゃる方もいますので、こちらの脚も残してあります。みなさん、座りやすいと喜んで下さっています。7月最後の和裁塾は5名の参加でした。HOさんは、浴衣です。お袖を縫いました。袖の丸みを作って、袖口を絎け、袖幅を標して終了です。 [続きを読む]
  • 和裁塾だより 7/22 7/23 おしゃれな浴衣完成! 麻長襦袢完成!
  • 更新遅れて申し訳ありません。先週末は、2日連続開講しました。22日は3名でした。MOさんは、四つ身浴衣のお直しです。お袖を縫い直して、脇縫いに紐通し穴をあけ、揚げをして付け紐を付けます。男児用なので、筒袖に縫いました。早じまいだったので、お仕事は、ここまででした。前回縫い上げた浴衣の仕上げをしてお持ち下さったので、ご覧ください。緑の暈し縞に織られた布に注染で柄を染めた凝った浴衣です。 TZさんは、 [続きを読む]
  • 和裁塾だより 7/19 7/20
  • このところ、和裁塾縁会へご入会のお問い合わせを多く頂いております。先月から4名の方がご入会下さいました。有難い事です。19日は5名の方がいらして下さいました。Mさんは、男物単衣を縫っています。お袖を縫いました。お家で眠っていた古い布なので、布幅が足りず足し布をしました。袖下を袋縫いにして縫い、丸みを作って、袖口絎けです。ひとつひとつ丁寧に縫いました。THさんは絹物単衣です。背縫いを縫っていらしたの [続きを読む]
  • 和裁塾だより 7/16
  • お盆の準備、墓参、来客などのためお休みさせて頂きました。16日は、1週間振りの和裁塾でした。出席された方は、5名でした。MOさんは、浴衣です。襟先を作って、残りを絎け襟は終了。袖幅を標して、袖付けどまりの標を確認しました。袖付けどまりに止めを入れて、袖付けを縫いました。きせを掛けて、振りを絎けて、身八つ止まりに閂止めを入れました。少し残ったようですが、ほぼ完成ですね。縫い始めたのは、昨年でしたが、 [続きを読む]
  • 和裁塾だより 7/8 7/9
  • 先週末は、連続開講いたしました。8日は4名でした。FMさんは、小千谷縮です。居敷当の脇綴じ、身頃の脇絎け居敷当の脇絎けと絎け仕事頑張りました。次に前幅の標を付けて衽の柄合わせをしました。縞柄なので、縞が順番良く並ぶように前幅を付けてからの柄合わせです。襟衽を裁って、衽の標を付けました。次回は衽付けに進みます。SYさんも小千谷縮です。共襟を地襟に縫い付け、襟付けの待ち針を打っていたら、衽下がりの標が [続きを読む]