秀水小田敦 さん プロフィール

  •  
秀水小田敦さん: 俳句徒然自句自解+目指せ文化的週末
ハンドル名秀水小田敦 さん
ブログタイトル俳句徒然自句自解+目指せ文化的週末
ブログURLhttp://analogjun.blog99.fc2.com/
サイト紹介文 週末は趣味的・文化的にを合い言葉に。  俳句・読書・クラシック音楽など文化的空間を目指すべく!
自由文 短詩系の中では、俳句に一番興味がありました。継続的に書き始めたのは、5年ほど前からで、これについては、前途遼遠ですね。
 読書はほぼ骨がらみに行っていますが、ここではやや「軽め」で行きたいと思っています。
 音楽はもっぱらクラシックで、大好きです。

 ともあれ文化的な芳香の漂う空間を目指したいものです。はい。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供34回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2009/07/30 21:58

秀水小田敦 さんのブログ記事

  • 文壇ゴシップをなぜ読む
  •  『病む女はなぜ村上春樹を読むか』小谷野敦(ベスト新書) また出所不明のことを書きまして誠に申し訳ありませんが、上記本のような新書のタイトルは、筆者が付けずに編集者が付けるというのを読んだことがあります。 そーだろーなーと納得するような新書が、私の読書経験にも少なからずあります。(最近はさほどではありませんが、一時期はかなり新書ばかり読んでいました。) とはいえ、筆者に完全に断りなくタイトルを付け [続きを読む]
  • トラック勝負のための「我慢」
  •    『ボクの町』乃南アサ(新潮文庫) 仕事の関係の人で、元おまわりさんという人と知り合いになりまして、時々話をします。 ある時読書の話になって、私はその時ほぼ読み終えたばかりだった高村薫の『マークスの山』の感想を言ったら、彼が持ち出してきた本がこれでした。 で、折角元おまわりさんに推薦をいただいたので、読んでみました。 面白かったですねー。 こんな作品を「上質なエンターテイメント」というのじゃな [続きを読む]
  • 「ゴッホ展」で考える(後半)
  •  前回は、先日京都まで行って「ゴッホ展」を観てきたという話しをしていました。 しかしそこで、普段から落ち着きのない私がさらに落ち着きのない絵画鑑賞をしたという展開になり、その原因を探っていたのが前回のあらすじです。 問題は、たまたまですがゴッホ展のすぐ前に、椹木野衣「感性は感動しない」という文章を読み、そこに、美術鑑賞をするのにオーディオ・ガイドみたいなちゃらちゃらしたものの力を借りるなということ [続きを読む]
  • 「ゴッホ展」で考える(前半)
  •  先日、京都まで行って「ゴッホ展」を観てきました。 展覧会終了一週間前の土曜日だったせいか、けっこう混み合っていて、落ち着いて絵画鑑賞するという雰囲気はなかなか抱きにくかったのですが、それとは別に私は一つのことが気になって、やはり集中して絵画鑑賞ができませんでした。 気になっていたこととは何かといいますと、「オーディオ・ガイド」であります。 最近何の展覧会に行ってもオプションで用意されている、鑑賞 [続きを読む]
  • ある女性指揮者のこと
  •  既に少し以前の話なんですが、クラシックの音楽会に行きました。 クラシックの音楽会に行くについては、実はわたくし、ちゃんと演奏曲を「予習」(あらかじめ家でCDを聴いておくという安易な「予習」)をして臨む場合と、当日演奏される曲名すら知らないで行くという、まー、ちょっとどうかと思うような姿勢の場合がありまして、その時は、後者でした。 曲名を確認しないで行くくらいですから、誰が指揮者なのかも調べていま [続きを読む]
  • 鍋友に 贈る 二月の 甘味かな
  •  友チョコというものが あるという事で、 わたくし(年齢ウン十歳男)も贈ってみました。 いくらなんでも 同性に贈るのは ナンだなと思いましたので、 ここ数年毎年いただいている 職場の異性にお贈りしました。 鍋友です。 三月に鍋に行こうと約束しました。                   秀水にほんブログ村 [続きを読む]
  • 独特のフォルムという事
  •  先週と先々週の週末、どちらも新聞屋さんにチケットをいただいたからなのですが、連続して美術館に行ってきました。 先々週は神戸の小磯良平記念美術館でやっていた「藤島武二展」、先週は阪神間は西宮市大谷美術館でやっていた「藤田嗣治展」(「展」というのとは少し違います。下の写真参照)でした。 「藤島展」は、藤島武二も面白かったけれど個人的な好みとしては小磯良平の方がいいなと思ったものでした。これは全く個人 [続きを読む]
  • 中学生三年生への眼差し
  •   『ひとり』吉本隆明(講談社) 親戚に学校図書館に勤めている者がいまして、我が家が、公立の図書館のそばにあることを言ったら、それは利用しない手はありませんと大いに勧められました。 そこで、家のそばの図書館に行き始めたら、なるほど、これは便利だ、と今更ながらに気づきました。 昔と違って、家にいるままでも図書館のホームページからいろんな事ができて、書籍をネット経由で予約したら、貸し出し準備ができまし [続きを読む]
  • 温水の名ばかりなれど初泳ぎ
  •  あけましておめでとうございます 新年も2日になり、 今日はプールに行きました。 さすがに比較的すいていましたが、 やはりコアな泳ぎ手がいて、 気が付けばひょっとしたら 私もそんな一人か、 皆様と 新年のあいさつを交わしてきました。 ……ふーむ、コアなプール仲間か……。                  秀水にほんブログ村 [続きを読む]
  • 「女の子を殺す」って?
  •  『女の子を殺さないために』川田宇一郎(講談社) なかなかショッキングなタイトルですね。 一体どんなことが書いてあるんだろうと興味深く思いますね。 でも少し考えれば、かなり想像がつきそうです。そしてその想像は、きっと当たっています。 タイトルの意味の説明じみた文章は本文内に点在しているのですが、例えばこんな風に書いてあります。 (片山恭一『世界の中心で、愛をさけぶ』に触れて)基本的に恋人の女の子が [続きを読む]
  • 百年の夢 過ぎ越して 漱石忌
  •  ……、えー、ちょっとだけ、解説させていただきますね。 前年度に続き今年も「漱石イヤー」であったことが一つ、 (今年ももうすぐおしまいですが……) もう一つは「百年」といえば、 漱石では『夢十夜』である、と、 と、まぁ、そんなところです。 以上。では。                     秀水にほんブログ村 [続きを読む]
  • 老いの戸惑いをどうする?
  •  『いつまでも若いと思うなよ』橋本治(新潮新書) なかなか刺激的なタイトルですね。 まー、タイトルもさることながら、筆者について、私は今までに何冊か読んでいましたので、ちょっと癖のある理屈っぽいお方だという印象と同時に、基本的に信じられる書き手であるなという評価をさせていただいておりました。 だから、そのお方が老いについて書くというので、本書を手に取ってみました。 考えれば本書を手にする人はほぼみ [続きを読む]
  • フェイヴァレット関川作品について
  •  『昭和三十年代演習』関川夏央(岩波書店) なんか少し変な感じの構成の本です。 タイトルに「演習」と書いてありますが、どこかの大学での講義をもとにしたものでもなさそうでありながら、時々、そんな講義のやり取りめいた場面が出てきます。 最後の「あとがき」のような文章になって初めてわかるのですが、本書で講義めかして語っている聴衆は、出版元岩波書店の数名の編集者であるようです。 本当にそうしていたのかどう [続きを読む]
  • 知性のフットワーク、スリリングなゴシップ話
  •   『ゴシップ的日本語論』丸谷才一(文春文庫) 「ゴシップ」です。 「日本語論」です。 そして丸谷才一とくれば、もう、読むしかないではありませんか。 私にとってそんなフェイヴァレットな丸谷才一ですが、やはりこの本も堪能しました。 たくさん出版されている丸谷氏の文庫本エッセイ集については、一時期、少し内容が難しすぎはしないかいと思うような時期があったように思いますが(もちろんそれは物知らずな私にとっ [続きを読む]
  • 様々なる読書感想顛末
  •  『夜のピクニック』恩田陸(新潮文庫) よく知らないのですが、この作家は今わりと売れている方だと、あちこちで読んだような気がします。確か、直木賞も最近受賞なさったように記憶します。 今回読んだこの作品も、新潮文庫にいつも付いているカバーの裏表紙の「宣伝文」によると「本屋大賞を受賞した永遠の青春小説」とあります。 本屋大賞といえば、あの名作小川洋子の『博士の愛した数式』が受賞したものではありませんか [続きを読む]
  • あさ焼けと丹波の栗をいただけり
  •  もうことしで3かいめとなりました。 ゆうじんたちとの 丹波の秋まんきつツアー であります。 ほんっとうに、 きもちがすうっと かるくなります。 もじがみんな ひらがなになるほどに。                 しゅうすいにほんブログ村 [続きを読む]
  • 『こころ』のタイトルを読み替える
  •   『夏目漱石、読んじゃえば?』奥泉光(河出書房新社) わたくし、本書を図書館で見つけたんですが、どうも少年少女用の書籍であるようです。 いえ、本当はその事は分かっていました。だって、そんな少年少女用の書棚から見つけたんですから。(それに本書の中表紙の上の方に「14歳の世渡り術」と、たぶんシリーズ名でしょう、書いてありましたし。) というわけで読みましたが、さすがにとても読みやすかったのと、特に『 [続きを読む]
  • 漱石没後のあれこれ
  •  『漱石の印税帖』松岡譲(文春文庫) 漱石生誕150周年「極私的漱石まつり」第3弾として、前回読んだ漱石の孫娘の親父の本、つまり漱石にとっては娘の連れ合いになる松岡譲の漱石関係エッセイを読んでみました。 本文中にもそんな話題があるのですが、実はわたくし、何を隠そう漱石の描いた絵を一枚持っていましてね。……ふふ、ふ。 茄子とキリギリスの絵です。ちゃんと「漱石山人」と名前が書いてあって、印影もあります [続きを読む]
  • 「夏目鏡子悪妻説」異聞(後編)
  •  『漱石の長襦袢』半藤末利子(文春文庫) 前々回の続きです。 前々回は、漱石の子孫にとって「夏目鏡子悪妻説」がいかに事実を捻じ曲げたものであったかが本書に書かれています、と書いたところで終わりました。 それは、本書中の「まぼろしの漱石文学館」という随筆を中心に書かれてあるのですが、何か所か一気に抜き出してみますね。 松岡によれば、漱石は大変魅力的な人であった。彼を慕って集まる弟子達に分け隔てなく接 [続きを読む]
  • ブータンの碧空ならず葉月尽く
  •   ……えー、何というか、  ……ああ、今日で8月も終わりだなぁ、  ……あ、いいてんきだなぁ、青空がきれいだ、  ……でも、世界にはもっときれいな空が、     あるんだろうなぁ、  ……たとえば、  ……ブータン、とか。 という句です。 ほぼ、無意味、……かな。                   秀水にほんブログ村 [続きを読む]
  • 「夏目鏡子悪妻説」異聞(前編)
  •  『漱石の長襦袢』半藤末利子(文春文庫) 漱石生誕150周年「極私的漱石まつり」第2弾として、前回は漱石の妻をモデルにした小説を読みましたが、今回は漱石の孫娘(といっても1935年生まれの方です)の随筆を読んでみました。 ……いやぁ、なかなか面白かったです。 どこがどう面白かったかといいますと、……えーっと、遡りますれば「夏目鏡子悪妻説」がその発端でしょうが、さらに個人的なことを考えますと、私は今 [続きを読む]
  • 「歴史」と「歴史小説」の間で
  •     『漱石の妻』鳥越碧(講談社) まず、こういう小説は「歴史小説」というのですかね。 わりと小説が好きで、まーまーの数の小説を読んでいるつもりですが、「歴史小説」には(そういえば「時代小説」というのもありますね。「歴史小説」と「時代小説」はまたどう違うのでしょうか)、さほど興味がないせいで、分からないことが幾つかあります。 あ、そうだ。これは歴史小説と関係があるのか、まぁ、少しはかすっていると [続きを読む]