哲郎 さん プロフィール

  •  
哲郎さん: 列車往来
ハンドル名哲郎 さん
ブログタイトル列車往来
ブログURLhttp://ebatetsu.shiga-saku.net/
サイト紹介文日常の列車との関わり合いを公開していきます。
自由文JR好きで日本中の列車を撮っています。
皆様、次は列車往来でございます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供341回 / 365日(平均6.5回/週) - 参加 2009/07/30 22:46

哲郎 さんのブログ記事

  • えっ、時刻表がっ?
  • 指定席を連結している急行、快速、普通列車の車両形式が新たに掲載される。画像はイメージ(画像:JTBパブリッシング)。JTBパブリッシングが『JTB時刻表』2018年12月号で、「もっと使いやすく」をコンセプトにリニューアルを行います。同誌はすでに「N700系」「E7系」といった車両形式を新幹線と特急列車で掲載していますが、指定席を連結した急行、快速、普通列車にも対象を拡大します。これにより、特急用車両で走る快速列車な [続きを読む]
  • えっ、大阪東線!
  • JR西日本は11月13日、2019年春に新大阪〜久宝寺間20.3kmが全線開業するおおさか東線の運行概要を明らかにした。おおさか東線は、大阪東部の鉄道路線を充実させるため、片町線の貨物支線である「城東貨物線」を活用して計画された路線で、1999年6月に着工。2008年3月には放出(はなてん)〜久宝寺間9.2kmが開業しており、残る新大阪〜放出間11.1kmは2019年春に開業する運びとなっている。 [続きを読む]
  • えっ、赤電!(近江鉄道)
  • 新八日市駅にて通称「赤電」さて、昨日ふと思い立って「そうだ新八日市駅に行こう」と・・・別に深い意味は無いのですが確か興味深い駅だったような気がしたような・・やはり 大正13年建設だそうで昭和所ではないですねー今にも壊れそうな感じが有ります・・ひっそりとした休日を惜しむかのようにベンチが物語っていました。夕闇迫る駅構内この後すかさず「市辺駅」へ折り返しました。そして撮影。次回へ「赤電」市辺にてへ。 [続きを読む]
  • えっ、ブルトレ瀬戸!
  • 「瀬戸」は、1950年10月に初の宇野線直通列車となる四国連絡の急行列車が東京駅 -宇野駅間で運転を開始したのがルーツで、東京駅 - 岡山駅間は、東京駅 -広島駅間急行の「安芸」と併結運転していた。一方、四国側の連絡列車は、高松桟橋駅-宇和島駅間に準急「せと」が設定された。準急「せと」は、高松桟橋駅 -多度津駅間で、高松桟橋駅 -窪川駅間の準急「南風」を併結していた。1951年9月からは単独運転となったが、 [続きを読む]
  • 秘境駅 為栗(してぐり)駅!
  • 長野県統計書」によると、1日平均の乗車人員は以下の通りである。2007年度 - 8人2010年度 - 6人2011年度 - 8人2012年度 - 4人2013年度 - 5人2014年度 - 4人2015年度 - 10人戦前は天竜川の川岸に為栗の集落が点在していたが、平岡ダム完成によって水没し、人家は周囲に殆ど無い。駅裏にダムによって水没しなかった二軒の人家が存在しているが、いずれも無人の家屋である(2015年時点)天竜川駅からすぐの場所で流路が大きく湾曲して [続きを読む]
  • えっ、C11 2両へ!
  • 同社はJR北海道からC11形蒸気機関車207号機を借り受けて、2017年8月から「SL大樹」として鬼怒川線で運行しています。今回さらに東武鉄道は、東武博物館が日本鉄道保存協会から譲り受けたC11形の復元に挑戦し、日常の保守のみならず、SL全般の技術力を磨き上げていくと説明。蒸気機関車を動態保存用として復元するのは大手私鉄として初めてといいます。 復元予定の機関車(C111)は、1947(昭和22)年に日本車輛製造が製造。江若( [続きを読む]
  • きたぐに火災事故から46年。
  • 昭和47年11月6日 発生事故から46年経ちますがこの事故を教訓に、地下鉄や長大トンネルを走る車両の難燃化・不燃化の基準が改訂され、車両の火事対策が進められた。車両の構造上においての主な対策としては、内装材をアルミ化粧板に取り替えガラスの破損による隣の車両への延焼防止のため、貫通扉の窓ガラスを網入りガラスに取り替え隣の車両への延焼防止のため、貫通幌の難燃材料化寝台車と寝台列車に連結する食堂車の難燃化車内 [続きを読む]
  • 新型車両9000!
  • 静岡県富士市の吉原駅と岳南江尾(がくなんえのお)駅を結ぶ岳南電車は11月17日、新型車両9000形の運行を開始する。9000形は、元京王電鉄5000系だった山梨県の富士急行1000形1206編成を譲り受けたもので、9001+9101の2両編成。10月14日に搬入された後、試運転が行なわれている。 [続きを読む]
  • キハ55!
  • 優等列車向けとしては国鉄最初となる準急型気動車で、1956年から1960年にかけて486両が製造され、日本各地に配置された。在来の蒸気機関車牽引列車を走行性能で凌ぎ、客室設備面でもほぼ同等の水準に達した。勾配線区やローカル線でも高速運転を可能としたことから、日本全国に気動車準急のネットワークを作り上げる原動力となった。1950年代後期から1960年代初頭に本系列で運転開始された地方線区の準急・急行列車は、日本各地で [続きを読む]
  • キハ82!
  • おおとり日本における初の特急形気動車であり、1967年(昭和42年)までに384両が製造され、日本全国で広く特急列車に用いられた。1987年の分割民営化時には、北海道旅客鉄道(JR北海道)と東海旅客鉄道(JR東海)に継承され、一部はリゾート列車に改造されている。JR東海所属車両が1992年(平成4年)まで特急列車として定期運用された後、約2年半の間は臨時列車で運用され、1995年(平成7年)1月が最後の運転となった。同年2月以降 [続きを読む]
  • えっ、博物館動物園駅がっ!
  • 上野公園の最寄り駅として20年前まで親しまれた京成電鉄のかつての博物館動物園駅の内部が、改修工事を経て公開されました。よみがえった「幻の駅」には、至る所に当時の姿が保存されています。1933年に開業した旧・博物館動物園駅は、上野公園の玄関口として60年以上にわたって親しまれましたが、1997年に営業を休止しました。それから20年以上を経たことし6月に、当時のまま残されていたホームの内部が公開された後、改修工事が [続きを読む]
  • えっ、キハ40!
  • 1977年から1982年にかけて計888両が製造され、日本全国の非電化路線に投入された。電車に近い車体構造の気動車で、当時の在来気動車に比し、客室設備の改善や走行機器の刷新などが図られている。一方、在来の気動車よりエンジン出力は若干増加したものの重量も増加しており、動力性能はあまり向上していない。本系列は客用の片引き戸を車端部2か所に設置したキハ40形(両運転台)、キハ48形(片運転台)と、都市近郊向けに両引き戸 [続きを読む]
  • えっ、ラッセル車!
  • DE 15キヤ143ラッセル車(ラッセルしゃ)とは、除雪用車両の一種である。「ラッセル」とは、ラッセル車の開発元、米国ラッセル社に由来する。車両の前方に排雪板(ブレード)を装着し、進行方向の片側もしくは両側に雪を掻き分ける。雪が少ない地域や豪雪地域の初期除雪に活躍する。豪雪時など、雪を押しつけたり排雪したりするスペースが無くなる場合には運用できない。その場合には、ロータリー車で投雪するか、ブルドーザーなど [続きを読む]
  • えっ、西武鉄道001系!
  • 西武鉄道は2018年10月29日(月)、同社が導入を計画している新型特急車両の形式名を「001系」、愛称を「Laview(ラビュー)」に決めたと発表しました。001系「Laview」は、西武が「いままでに見たことのない新しい車両」の実現を目指して開発した特急電車です。基本デザインは建築家の妹島和世さんが監修。車内のテキスタイル(布地)はデザイナーの安東陽子さん、照明デザインは照明家の豊久将三さんがそれぞれ担当しました。妹島 [続きを読む]
  • えっ、キハ10系!
  • 国鉄の量産形気動車としては初めて液体式変速機を実用化し、複数車両の総括制御を容易としたことで、日本におけるその後の気動車普及の途を開いた。一般形気動車の現代に至る運用形態の基本は、本系列を以って確立されたといえる。また、車両の電気系統・編成回路・動力機器の構成も、多くが以降の一般形内燃動車両開発の基本として受け継がれた。日本の鉄道技術史上における重要な系列である。キハ17形が量産グループ最多両数形式 [続きを読む]
  • えっ、遮断機がない!
  • これは京津線 大谷〜上栄町間の遮断機がない踏切です。大津市で有るにも関わらずこのような踏切が付近に2ヶ所有ります。非常に危険です。何故?横は国道そして上は名神高速。踏切の音が聞こえずらい・・私も1度列車が来てるのに渡ってしまいそうになった・・京阪様へ遮断機付けて頂けませんか?おカネ要るのは解ってますが安全第一ですから。 [続きを読む]
  • えっ、京トレインにも!
  • 阪急電鉄は2018年10月25日(木)、京都本線で特急などに使用している車両に、11月3日(土・祝)から無料Wi-Fiサービスを導入すると発表しました。車両は9300系電車11編成と、6300系の観光特急「京とれいん」1編成です。Wi-Fiは、誰でも利用できる「HANKYU TRAIN FREE Wi-Fi」と、訪日外国人向けの「HANKYU HANSHIN WELCOME Wi-Fi」のふたつが用意されます。いずれもSNSアカウントや電子メールの認証により利用が可能です。時間に制 [続きを読む]
  • えっ、新快速に有料座席?
  • 2019年春運行開始 JR西日本は2018年10月24日(水)、新快速の一部に有料座席サービス「Aシート」を導入すると発表しました。琵琶湖線、JR京都線、JR神戸線(北陸本線、東海道本線、山陽本線)を走る新快速が対象。12両編成のうち1両(9号車)に快適性を高めた有料座席が設けられます。内装は落ち着きのある空間に変更。座席はリクライニング機能やテーブルが付いたタイプに変わるほか、JR西日本の在来線普通車では初という電源コ [続きを読む]
  • えっ、新旧トワイライト展示!
  • JR西日本が網干総合車両所(兵庫県太子町)の一般公開イベント「ふれあいフェア2018」を2018年11月3日(土・祝)に開催します。豪華寝台列車「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」のほか、先代「トワイライトエクスプレス」を牽引(けんいん)していたEF65形電気機関車、213系電車などを展示(車内見学は不可)。大型天井クレーンによる車体吊り上げ実演や洗浄線通過体験、電車運転シミュレーション体験、鉄道グッズ販売なども予定しています [続きを読む]
  • ムーンライト信州廃止?
  • 臨時夜行快速「ムーンライト信州」は登山やスキーシーズンの週末などに運行されていましたが、JR東日本八王子支社の広報担当者によると、この冬は運転を予定していないといいます。 同列車は新宿駅から白馬駅(長野県白馬村)に向かう臨時列車です(下りのみで上りの運転はなし)。2018年の夏季は、新宿23時54分発、松本4時32分着、白馬5時40分着の時刻で運転されていました。列車は189系電車(6両)を使用、全車指定席です。1年 [続きを読む]