石垣の海は恋人 さん プロフィール

  •  
石垣の海は恋人さん: ナイチャーオジイの海日記
ハンドル名石垣の海は恋人 さん
ブログタイトルナイチャーオジイの海日記
ブログURLhttp://tokkuriyashi.blog.so-net.ne.jp/
サイト紹介文石垣島での海との係わり合いのなかで、海で出会った色々な生き物の姿を、コメントを混ぜて紹介します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供184回 / 365日(平均3.5回/週) - 参加 2009/07/31 21:16

石垣の海は恋人 さんのブログ記事

  • 海のアイドル(1837) 石垣島 米原リーフ下
  • 今日のアイドル「ウメイロモドキ 幼魚」2017.06.19 石垣島 米原リーフ下  斜面手前の離れ根の窪みに幼魚の集団がありました大きさは2cm位、背中が黄色く見えます形と背中の黄色で、これはウメイロモドキの幼魚でしょう普段ここにはキンメモドキくらいしかいないのですがウメイロに席巻されてキンメ達は奥で戸惑っているようですまあこれも一時的、明日になれば居なくなるでしょう 毎年恒例の高校クラス会出席で上京しまし [続きを読む]
  • 海のアイドル(1836) 石垣島 米原リーフ下
  • 今日のアイドル「三代目マイサンゴ」2017.06.19 石垣島 米原リーフ下  Acropora Valenciennesi(アクロポーラ ヴァレンシエンネシ)カッコいいな〜とお気に入りのエダサンゴの一種です以前からマイサンゴとして注目しております和名がある筈だと探してみましたが見つからない・・・一代目はリーフエッジの崖の中程にありましたそれがある日根元からポッキリ折れて下に落ちて粉々に・・・自然に落ちたのかそれとも人為的だったの [続きを読む]
  • 海のアイドル(1835) 石垣島 米原リーフ下
  • 今日のアイドル「二階建てサンゴ Ⅱ」2018.06.19 石垣島 米原リーフ下  先のハート形サンゴのすぐ隣に並ぶ二階建てのサンゴこれもつい先日撮影したばかりだと思っていましたがなんと前のは10カ月も前なのでした(こちら)さすがに10カ月経つと大きさの違いが一目で分かりますね下の段のサンゴも後の岩に迫るまでに広がっていますが上のコイボミドリイシが一段と大きくなっているようですこのままいくとそのうち上が下より大き [続きを読む]
  • 海のアイドル(1834) 石垣島 米原リーフ下
  • 今日のアイドル「ハート型サンゴ Ⅱ」2018.06.19 石垣島 米原リーフ下  一昨日のまん丸サンゴはただ丸いだけで他に特徴はなかったがこのサンゴは見事なハート形なので見間違えることは無いだろう観察を始めた二ヵ月前の画像(こちら)とは大きな変化無ししかしこのまま順調に成長して行くとどんなハートになるのかちゃんとハートの形を保って育つのだろうか・・・気の長い話だが興味を持ちつつ観察を続けたいものだ ありがた [続きを読む]
  • 海のアイドル(1833) 石垣島 米原リーフ下
  • 今日のアイドル「まん丸サンゴ?」2018.06.19 石垣島 米原リーフ下  礁斜面のミドリイシ(サンゴ)の成長を観察していますが当初「まん丸サンゴ」として観察対象としていたハナバチミドリイシ今回もそそのつもりでその姿を記録しましたところが写真を並べて見てみると、あれ?ちょっと違うぞ・・・最近は礁斜面のいたる所で成長をし続けるサンゴたち場所の気憶がいい加減なので見間違えてしまったようですしっかり観察するのな [続きを読む]
  • 海のアイドル(1832) 石垣島 米原オトヒメ御殿
  • 今日のアイドル「ジュズダマ幼稚園」2018.06.19 石垣島 米原オトヒメ御殿脇  今日もジュズダマくんは安泰で頗る元気な様子だ思えばこのジュズダマイソギンチャクとの付き合いも長いな〜過去には何度か思わぬ災難に遭った様子を見て嘆いたものだある時は、たくさん居た筈の幼魚が根こそぎ姿を消したことも多分マニアもしくは海水魚業者によって採集されてしまったのだろうまたよからぬダイブガイドの仕業か、いじめられて委縮し [続きを読む]
  • 海のアイドル(1831) 石垣島 米原リーフ下
  • 今日のアイドル「ガラスハゼ Ⅶ」2018.06.19 石垣島 米原リーフ下  再々・・・再登場のガラスハゼですしかも毎回同じようなシチュエイション・・・でも仕方が無いんです、彼の住まいはこのムチカラマツだけそしてここには今のところこの2本しかないのですから・・・彼等は一本のムチカラマツを一匹で独占しているようです根元から先っちょまで忙しそうに行ったり来たりよそ者が来るのを警戒しているのでしょう以前、ここでガ [続きを読む]
  • 海のアイドル(1830) 石垣島 米原オトヒメ御殿
  • 今日のアイドル「オシャレカクレエビ?」2018.06.19 石垣島 米原オトヒメ御殿  小さい穴の入り口付近、黒い背景にエビらしきものが・・・白いヒゲがないからここの主であるオトヒメエビではない例の如くとりあえずカメラに収めて検証することにしようテナガエビ科のオシャレカクレエビとわかりましたふん、お洒落ネ〜、でもどこがオシャレなんだろう・・・とまあ、またしても詰まらないことに拘ってしまいましたまあ、名前を付 [続きを読む]
  • 海のアイドル(1829) 石垣島 米原オトヒメ御殿
  • 今日のアイドル「カタボシオオモンハゼ Ⅳ」2018.06.19 石垣島 米原オトヒメ御殿  いつもの場所ですが今回見慣れない魚に出会いました一見してハゼの仲間だと分かったが、さてなんというハゼ?図鑑で検索、カタボシオオモンハゼと分かったのですが・・・因みに過去のブログを探ってみると・・・在りましたね〜2011年のブログ、しかもその画像は2000年のもの (こちら) ということで18年も経っての懐かしい再会なのでありまし [続きを読む]
  • 海のアイドル(1828) 石垣島 米原リーフ下
  • 今日のアイドル「ミツボシクロスズメダイ ⅩⅢ」2018.06.19 石垣島 米原リーフ下  前方の低い岩の上で白っぽい二匹の魚が怪しげな動き・・・ミツボシクロスズメダイのカップルが求愛もしくは産卵かな?暫く観察し近付くと警戒して逃げて行ってしまいました現場を見るも、産卵した形跡などは確認できませんでした前記事でミツボシの幼魚のことを書きました真黒な菱形の身体に三つの白斑、当にミツボシクロスズメダイところが成 [続きを読む]
  • 海のアイドル(1827) 石垣島 米原リーフ下
  •  寝室に差し込む朝日の眼を覚まさせられる季節になりました。澄み切った青空に純白の雲がやけに美しい朝、しかし今日も暑くなりそうです。暑さにやられたわけではありませんが更新が遅くなってしまいました。今日のアイドル「ユメウメイロ Ⅳ」2048.06.18 石垣島 米原リーフ下  ユメウメイロ、なんか古式ゆかしい名前の魚ですウメイロとは梅色、背中の黄色が熟した梅の実の色だとか単純に黄色で済ませなかったところが学者さ [続きを読む]
  • 海のアイドル(1825) 石垣島 米原リーフ下
  • 今日のアイドル「ニセクラカオスズメダイ」2018.06.18 石垣島 米原リーフ下  ヨスジの根の上に一匹だけ住みついていましたあまり注目されない普通のスズメダイです以前ここには黄色のヤマブキスズメダイが住み着いていましたその時にはこの子も居たのですが無視、可哀想な事しましたこの名前、ニセはともかくとして「クラカオ」ってなに?色々調べて見ると、学名にAmblyglyphidodon curacao種名にクラカオと在ります、読み方を [続きを読む]
  • Dive No.820  石垣島 米原
  •  このところ海況が思わしくなく前日まで諦めていたダイビングではあったが、当日起き抜けに海を眺めるとリーフエッジの波はさほどでもない。 海のアイドルブログネタもいよいよ底をついてきたこともあり、ネタ収集にいざ出陣! 今日はウエイトを忘れないように指差し確認!Dive No.820(ダイブログより転記)  2018年6月18日  天気:曇り時々小雨 気温:30℃ 水温:水面27℃・水底27℃ 風:南東2  波:凪 風波少々  潜 [続きを読む]
  • 海のアイドル(1824) 石垣島 米原ビーチ前
  • 今日のアイドル「クロソラスズメダイ ⅩⅠ」2018.06.03 石垣島 米原ビーチ前  渚から10m程沖に点在するマイクロアトール(小さな環礁)の上そこでセッセセッセと働く?クロソラスズメダイ働いて何を得るのかって? 自分の食べ物を育てているのです岩の上にモジャモジャと生えているのがイトグサという海藻縄張りを作って畑作業に余念がありませんそこへうっかり手を突こうものならツンツン攻撃に遭います海水浴客が知らずに [続きを読む]
  • 海のアイドル(1822) 石垣島 米原オトヒメ御殿
  • 今日のアイドル「ハナミノカサゴ ⅩⅩⅩⅩⅩⅢ」 2018.06.02 石垣島 米原オトヒメ御殿  2週間置きとはいえ毎回同じポイントに潜っていると出会える魚達も♪いつもの所、いつものように〜♪ってことですでも同じ種類でも前と同じ個体かどうか・・・これが問題!このハナミノカサゴ、比較的若い個体です前回逢ったウツボと一緒に居たのはもう少し老けて?いたような・・・やはり彼等は夜な夜な泳ぎ回って居場所を渡り歩いている [続きを読む]
  • 海のアイドル(1821) 石垣島 米原ミノカサゴの根
  • 今日のアイドル「スカシテンジクダイ他」2018.06.02 石垣島 米原ミノカサゴの根  冬場殺風景だったミノカサゴの根も夏の賑わいを見せてきました小さいのはお馴染みスカシテンジクダイ手前のやや大きいのはキンメモドキでしょうか右側にはミツボシクロスズメダイの幼魚もいますこの日の海底、体に感じない位の微かな流れがありましたスカテン、キンメはその流れに向かっていますそれに比べミツボシはあっち向きこっち向きでバラ [続きを読む]
  • 海のアイドル(1820) 石垣島 米原礁斜面
  • 今日のアイドル「ハマクマノミ ⅩⅧ」2018.06.02 石垣島 米原礁斜面  これもお馴染み、礁斜面トップのハマクマノミくんです今日も仲良くカップルで出迎えてくれましたカップルって・・・? 一匹だけじゃん!お揃いのところを撮ろうとしたのですが、なかなか〜お二人勝手にバラバラで動き回るものだから大きい方、気の強いメスが突っかかって来たところを・・・ 目の手術の翌日、眼帯を付け片目運転で病院へ出掛けました。ま [続きを読む]
  • 海のアイドル(1819) 石垣島 米原オトヒメ御殿
  • 今日のアイドル「ハナミノカサゴ ⅩⅩⅩⅩⅩⅡ」2018.06.02 石垣島 米原オトヒメ御殿  何時の頃からかオトヒメ御殿に居付いているハナミノカサゴや〜、また来たのかい・・・と出迎えてくれましたちょうど中層に浮かんでいたのでやや煽り気味に撮影・・・まあいつものことながらカッコいいですね〜そう思われている事を意識しているのかどうかゆっくり動きながらフラッシュを浴びても平然としていますしかし・・・どう見ても美 [続きを読む]
  • Dive No.819-2  石垣島 米原
  • Dive No.819の顛末です スーツはペラペラの3mm、気泡はかなり潰れている筈、だから7〜8mも潜れば浮力も減るだろう、真下にはヨスジの根、とにかくあそこへ届けば岩伝いに下がり、手ごろな石片を拾ってBCに挟めばなんとかなると目論む。 ワントライ−5m、耳が痛い、耳を抜こうとしたが頭が下だと抜け難い、で上を向くと浮力に負けて水面へ・・・。岩に掴まりながら何度か目でやっと耳が抜けた。エイヤット海底へ下り手ごろ [続きを読む]
  • Dive No.819  石垣島 米原
  •  前回とは一転しての梅雨空の最中、家の2階から見る限り海はベタ凪、3日後に目の手術(白内障)を控え、手術後の経過によっては次が何時になるかわからないし、写真ネタも増やしておかなければ・・・と決行!Dive No.819(ダイブログより転記) 2018年6月3日  天気:曇り一時晴れ間 気温:30℃ 水温:水面27℃・水底27℃ 風:南南東1  波:ベタ凪  潜水時間:30分  水深:最大23.1m・平均19.5m とりあえずいつものよ [続きを読む]
  • 海のアイドル(1818) 石垣島 米原リーフ下
  • 今日のアイドル「イシフエダイ」2018.05.20 石垣島 米原リーフ下  ブログへの登場はこれが初めてですが以前見たことがある・・・この魚の姿はとても強く印象に残っていましたサバのようなスマートな形にしては大きめのカッコいい尾鰭そして一番のポイントは怖そうなくらいデカイくち(口)ですイシフエダイ・・・なに? これもフエダイなの?フエダイといえば・・・マイポイントでのお馴染みは大人しく優しい感じで群れている [続きを読む]
  • 海のアイドル(1817) 石垣島 米原リーフ下
  • 今日のアイドル 「カスミアジ」2018.05.20 石垣島 米原リーフ下  壁際を進むとすぐ前の穴から中型の魚が飛び出してきましたヒラアジ系の特徴ある体型「カスミアジ」ですこの海域で確認したのは久し振りだな〜って初登場です昔伊豆の海でのことだったかとても人懐っこいカスミアジにストーカーされたことがあった大きい個体だったので仲間とでも思ったのだろうかまぁ伊豆なら普段からダイバーも多いので人慣れしていたんだろう [続きを読む]
  • 海のアイドル(1816) 石垣島 米原リーフ下
  • 今日のアイドル「ガラスハゼ Ⅵ」2018.05.20 石垣島 米原リーフ下  ヨスジの根の先端、落ち込む壁に2本のムチカラマツが生えているそこには大概小さなハゼとかエビが住んでいるいつもは通過ざまチラリと探してみるだけなのだなにしろ垂直の壁なので壁の途中で身体を固定する術がないそしてそこに住む小さな生物の撮影なんぞハナから遠慮したいのだしかしまあ、写真ネタが乏しいことで敬遠ばかりしてはおれん意を決して中性浮 [続きを読む]