石垣の海は恋人 さん プロフィール

  •  
石垣の海は恋人さん: ナイチャーオジイの海日記
ハンドル名石垣の海は恋人 さん
ブログタイトルナイチャーオジイの海日記
ブログURLhttp://tokkuriyashi.blog.so-net.ne.jp/
サイト紹介文石垣島での海との係わり合いのなかで、海で出会った色々な生き物の姿を、コメントを混ぜて紹介します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供183回 / 365日(平均3.5回/週) - 参加 2009/07/31 21:16

石垣の海は恋人 さんのブログ記事

  • 海のアイドル(1743) 石垣島 米原リーフ下
  • 今日のアイドル「ガラスハゼ Ⅴ」2017.09.10 石垣島 米原リーフ下  ヨスジの根の脇に3本生えているムチカラマツ、サンゴの親戚ですムチカラマツの住人といえばガラスハゼとなりますで、探してみると・・・やはり居ましたね居るのが分かっても実はあまり有り難くない被写体なのですムチカラマツは5mほどの垂直の壁の上部から生えているので中性浮力で不安定な態勢で狙わなければなりませんしかもガラスハゼはムチカラマツに沿っ [続きを読む]
  • 海のアイドル(1742) 石垣島 米原礁原
  • 今日のアイドル「サザナミヤッコ Ⅵ」2017.09.10 石垣島 米原礁原  礁原を泳ぎ往く時に見かけたサザナミヤッコですこのカラーリングはちょうど幼魚から成魚へという段階成魚になると消えてしまう青と白の筋がまだ残っていますね因みに成魚の姿は(こちら) 、印象は一変しますねところで幼魚の姿って・・・? 写真ありません!よく似た色合いのタテジマキンチャクダイの幼魚は良く見るのですがなぜかサザナミヤッコの幼魚はま [続きを読む]
  • Dive No.811  石垣島 米原
  •  朝生きて海側の窓を開け暗闇から聞こえる波の音に耳をそばだてる。昨日よりはかなり静かになっているようだ。少し明るくなり微かに見えるリーフエッジの波を見る。時々白波が立つがリーフ越えには問題なし、予定通り決行・・・。Dive No.811 (ダイブログより転記)  2017年10月09日  天気:晴れ時々曇り 気温:32℃ 水温:水面29℃・水底28℃  風:東3  波:うねり少々  潜水時間:44分  水深:最大23.1m・平均18. [続きを読む]
  • 海のアイドル(1741) 石垣島 米原礁原
  • 今日のアイドル「クロハコフグ♀」2017.08.26 石垣島 米原礁原  ダイビングの帰り道、泳ぐ礁原の窪みに体長7〜8cmの黒いハコフグがいました黒っぽい身体に無数の細かい白い点が密集しています私の姿を見つけて隠れ場所をさがしてオロオロ切羽詰まって振り返ったところですなんと言うハコフグ? 真黒だから「クロハコフグ」かな?図鑑を見るとズバリその通りの名前でした彩りが無く地味ですが何となく清楚な感じのフグです [続きを読む]
  • 海のアイドル(1740) 石垣島 米原リーフエッジ
  • 今日のアイドル「チョウハン Ⅳ」2017.08.26 石垣島 米原リーフエッジ  仲良くカップルでお散歩中、チョウチョウウオの仲間ですでも名前はなんとかチョウチョウウオではなく「チョウハン」模様も独特だし、変った名前なので覚えやすいですね でも、なんでチョウハン?で、チョウハンっていったい何?なんでも歴史上の人物、熊坂長範の頭巾に似ているからだとか名前を考えた人はきっと歌舞伎が好きだったのかな・・・そんなこ [続きを読む]
  • 海のアイドル(1739) 石垣島 米原リーフエッジ
  • 今日のアイドル「ハマクマノミ ⅩⅥ」2017.08.26 石垣島 米原リーフエッジ  今更ではありますが、ポピュラーな三種のクマノミクマノミ、ハマクマノミそしてカクレクマノミですねこの見分け方、皆さん既にご存知かと思いますが・・・一ハマ・二クマ・三カクレ・・・、白い筋の数で区別します一本がハマクマノミ、二本がクマノミそして三本がカクレクマノミということでしたね写真のクマノミ、目の後ろに太い白線が一本、でハマ [続きを読む]
  • 海のアイドル(1738) 石垣島 米原礁斜面
  • 今日のアイドル「ハタタテハゼ ⅩⅠ」2017.08.26 石垣島 米原礁斜面  浮上ポイントへ向かう途中のガレ場でいつも見るハタタテハゼオッ、今日は三匹お揃いでお出迎え?・・・ですこれに気を許して不用意に近付くと裏をかかれるのがオチ距離を保ちしばし様子を伺うのですが大方これも徒労に終わりますここと思ったところでとりあえずシャッターを切りますそして息を殺し静かに前進・・・できればいいのですがこの時もこのあと一 [続きを読む]
  • 海のアイドル(1737) 石垣島 米原オトヒメ御殿脇
  • 今日のアイドル「ヤッコエイ Ⅹ」2017.08.26 石垣島 米原オトヒメ御殿脇  根を離れて砂地を進むと砂の中に丸い突起が二つ並んでいますおっとあれはヤッコエイの目だ〜! 砂に潜って餌待ちだな〜そうとわかって接近を中止しようとしてもここは水中急ブレーキをかけようとしてもそれは無理というもの惰性で近付く私に気付いたヤッコエイはこりゃヤバいぞとむっくり頭を起こし逃げの態勢です、そこでパチリ・・・ここまで来ると [続きを読む]
  • 海のアイドル(1736) 石垣島 米原オトヒメ御殿
  • 今日のアイドル「クマノミ ⅩⅩⅩⅩⅣ ♀」2017.08.26 石垣島 米原オトヒメ御殿  何度も登場しておりますジャニーズ系クマノミくんですまあ毎度派手に出迎えてくれますが今日はクリーニング?ヘンなオヤジに構ってなんかおれないよって・・・クマノミの雌雄は尻尾の色で解るのですがそれでいくとこのジャニーズ君の尻尾は白、メスなんですね〜カップルで居れば区別できますが一匹の場合どうなんでしょうそもそもクマノミ種は [続きを読む]
  • 海のアイドル(1735) 石垣島 米原オトヒメ御殿
  • 今日のアイドル「クリーニングされるドクウツボ Ⅳ」2017.08.26 石垣島 米原オトヒメ御殿  時々この根に顔を出すドクウツボくんです毒なんて、如何にも恐ろしい海の生き物って印象ですがこれは単に外形と体色から付けられたようで、毒なんてありませんそれよりこのチッコイ目のとぼけた顔を見てやってください以前の記事で眼前に迫るオトヒメエビが危ない!と書きましたしかしウツボくんはそれを狙うふりはありませんね〜そう [続きを読む]
  • Dive No.810  石垣島 米原
  •  高温で安定した天気の連続、海水温の上昇が気掛かりなところ台風18号の接近、しかしこーすが宮古島の東を通過で肩透かしの感、しかし海は荒れていたので多少の影響をのこしてくれたかな? 今回はその確認を・・・Dive No.810 (ダイブログより転記)   2017年9月24日  天気:晴れ時々曇り 気温:33℃ 水温:水面29℃・水底28℃   風:南0.5  波:ベタ凪  潜水時間:45分  水深:最大23.1m・平均17.7m 今日もポ [続きを読む]
  • 海のアイドル(1734) 石垣島 米原オトヒメ御殿
  • 今日のアイドル「ハナミノカサゴ ⅩⅩⅩⅩⅦ」2017.08.26 石垣島 米原オトヒメ御殿  このところこの根の主役はハナミノカサゴの代役が主です乙姫さんは穴に潜り込んでいますので探さないと分かりませんがその点ハナミノカサゴは根の上を自由に行き来して目立ちますしかも派手なコスチュームなので無視するわけにもいきませんね他の根にもハナミノカサゴは居ますがいずれもこのサイズ以上できればもう少し幼いチビ個体が来てく [続きを読む]
  • 海のアイドル(1733) 石垣島 米原リーフ下
  • 今日のアイドル「フタスジリュウキュウスズメダイ ⅩⅠ」2017.08.26 石垣 米原リーフ下  一昨日のクマノミカップルの次のチェックポイントはその隣にある小さなトゲサンゴとフタスジリュウキュウスズメダイ彼等は今日も皆同じ方向を向いてサンゴを出たり入ったりいつものようにここでちょっと魚達との駆け引きで遊びます8月前半にはこのトゲサンゴに白化の兆候が見られたのですがどうやらその後の進行は止まり落ち着いているよ [続きを読む]
  • 海のアイドル(1732) 石垣島 米原リーフ下
  • 今日のアイドル「クマノミ ⅩⅩⅩⅩⅣ」2017.08.26 石垣島 米原リーフ下  壁際のシライトイソギンチャクに住むクマノミカップル距離を置いて眺めると住処から大きく離れて泳いでいますが近付くと威嚇するように飛びかかり派手に迎えてくれます時に大きい方のメスはカメラを構える手に噛みついてきますそれほど警戒するのは卵を守っているのかな?・・・しかし何処を探してもその形跡なし、ただ邪魔者を嫌っているだけけなげに [続きを読む]
  • 海のアイドル(1731) 石垣島 米原リーフ下
  • 今日のアイドル「クロユリハゼ Ⅲ」2017.08.26 石垣島 米原リーフ下  壁の先の広場を折り返して進む途中の低い小さな根その手前で一時ストップし根の向こう側を確かめますクロユリハゼ、彼等を見つけたらここからが勝負?ですアップで撮るために如何にして近付くか・・・不用意に動くと素早く穴に逃げ込んでしまいます一旦穴に潜り込むとなかなか出てきてくれないので一発勝負ファインダーを覗きながら近付きたい気持ちを抑え [続きを読む]
  • 海のアイドル(1730) 石垣島 米原リーフ下
  • 今日のアイドル「ツツウミヅタ」2017.08.26 石垣島 米原リーフ下  いつもなにげに通り過ぎているところですがなぜか今日はそこに咲く白い菊の花?が目に入りました菊の花の正体は、刺胞動物門花虫鋼ウミトサカ目ウミヅタ科ということでこれもサンゴの仲間「ツツウミヅタ」です大方こんもりと密集して生えている事が多くあまり注目されません注意していれば普通に見つけることが出来るのですが今回は花の咲き具合というか位置取 [続きを読む]
  • 海のアイドル(1729) 石垣島 米原リーフ下
  • 今日のアイドル「ヨスジフエダイ ⅩⅩⅩⅩⅣ」2017.08.26 石垣島 米原リーフ下  毎度、変わり映えのしないヨスジフエダイでお茶を濁しますいつもヨスジの根には上からそっと降りていくのですが当のヨスジ達は私の存在を全く気にしないように自然体です毎回こんな様子を見て、もう少し気にしてくれないかな〜警戒して逃げるでもなく、何かを求めて寄って来るのでも無く嬉しいような淋しいような・・・、今日もまた無表情です  [続きを読む]
  • Dive No.809  石垣島 米原
  •  朝起きて2階の窓から眺める海、今日も鏡のように空の雲を写しベタ凪、天気も上々で申し分無し、気持ちは逸るがさて海の中は如何に・・・ Dive No.809 (ダイブログより転記) 2017年9月10日  天気:晴れ時々曇り 気温:33℃ 水温:水面30℃・水底29℃ 風:南0.5  波:ベタ凪  潜水時間:43分  水深:最大23.1m・平均18.3m 暑く天気は上々だが9月ともなればビーチの観光客も若干減ってきたようだ。 イノーの中程 [続きを読む]
  • 海のアイドル(1728) 石垣島 米原リーフ下
  • 今日のアイドル「ミズイリショウジョウ(貝)Ⅹ」2017.08.13 石垣島 米原リーフ下  リーフ下ミニケーブの脇に鎮座するミズイリショウジョウ(貝)です毎回見ているのですが、写真は久し振りのようです貝自体は元気なようですがこうなると目立つのは乗つかったサンゴ前回の様子は丁度一年前の写真(こちら) 、白化の心配をよそに、まあずいぶん育ったもんですサンゴが大きく張り出しているので貝の方は日陰物になってしまいま [続きを読む]
  • 海のアイドル(1727) 石垣島 米原リーフ下
  • 今日のアイドル「フタスジリュウキュウスズメダイ Ⅹ」2017.08.13 石垣島 米原リーフ下  成長を続けるミドリイシ類のサンゴに住みつく幼魚達最近特に多いのがものフタスジリュウキュウスズメダイです流れに向かってプランクトンを待ち受けていますが臆病で決してサンゴから大きく離れることはありません少しでも危険を感じると一斉にサンゴに潜り込みますある程度大きくなったサンゴには大方幼魚が住み着きますので程良いサイ [続きを読む]
  • 海のアイドル(1726) 石垣島 米原オトヒメ御殿
  • 今日のアイドル「オトヒメエビ Ⅵ」2017.08.13 石垣島 米原オトヒメ御殿  名実ともにオトヒメ御殿が復活したようですこの日も根をぐるりと回り数匹の存在を確認しました復活はありがたいのですが彼等はどこから来たのでしょう根の周りは広い砂地、そこを夜中歩いてやってきた?イセエビがゾロゾロと夜間行進するって聞いたことがあるけどまさか、この小さなエビも行進? それは無いかな・・・この幼生がたまたま流れに乗って [続きを読む]
  • 海のアイドル(1725) 石垣島 米原オトヒメ御殿
  • 今日のアイドル「ハナミノカサゴ ⅩⅩⅩⅩⅥ」2017.08.13 石垣島 米原オトヒメ御殿  根に近付くと居ましたね、前回と同じ個体でしょう「また来たのかよ〜、暇だね〜!」と迎えてくれました根の小魚を独り占めして住み心地は申し分ないようです正面顔、馬面にこの入れ墨? どう表現してよいか・・・オーストラリアのアボリジニもビックリの奇抜さ創造の神様がふざけて筆でなぞったとしか思えませんね入れ墨だけではなく、口髭 [続きを読む]
  • 海のアイドル(1724) 石垣島 米原リーフ下
  • 今日のアイドル「海のダンサー、ヒラムシの一種」2017.08.13 石垣島 米原リーフ下  先日のダイブログで紹介したヒラムシの一種・・・久し振りに見たので改めて登場してもらいます、ヒラムシとは、扁形動物門 渦虫綱 ヒラムシ目そしてこの子は ニセツノヒラムシ科 で和名無し学名はThysanozoon nigropapillosum とのことん? ニセツノヒラムシ? ハハ〜ンなるほど・・・偽の角があるのが特徴ってこと? でこ写真を観察 [続きを読む]
  • 海のアイドル(1723) 石垣島 米原リーフ下
  • 今日のアイドル「キンメモドキ Ⅴ」2017.08.13 石垣島 米原リーフ下  ケーブの小魚達、毎回見る光景ですが少しずつ変化していますそれは、個体が成長し大きくなっていること小さい時はなんか細かい魚の固まりで済ましていましたが最近は個体の姿が見立つようになってきましたしかしこれでもまだまだ幼魚の段階、成魚の3/1程の大きさでも、このケーブに暮らすのはこれ位が限界でしょうね近いうち身の程に合った住処を求めてこ [続きを読む]