chikakomaria さん プロフィール

  •  
chikakomariaさん: 現代美術アーティスト、森千香子のブログ
ハンドル名chikakomaria さん
ブログタイトル現代美術アーティスト、森千香子のブログ
ブログURLhttp://chikakomaria.blog62.fc2.com/
サイト紹介文現代美術アーティストの海外、国内での展覧会とヨーロッパを中心にアートの国際交流
自由文リアルタイムな制作状況や展覧会の準備、海外での地元のアーティストとのネットワークや展覧会の話題などお届けします。ゆるーい感じと時々慌てながら活動を展開しています。
英語のホームページは http://chikakomaria.com
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供16回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2009/08/02 12:26

chikakomaria さんのブログ記事

  • 北鎌倉で柳井嗣雄さんの個展のオープニング
  • 北鎌倉のポラリス ジ・アートステージにて柳井嗣雄さんの個展が始まりました。突然降りだした土砂降りの雨の中でずぶぬれになってしまい、この足跡は私です。作品は紙の材料を使ったインスタレーション作品で、森の中に居るような大きな作品です。オープニングは盛況でしたが、ずぶぬれが冷えてきたのでブーちゃんといっしょに帰りました。オーナーの十倉さんとブーちゃんが同じ時期に名古屋で仕事をしていたようで、話が盛り上が [続きを読む]
  • 大島の風に負けた、赤い和紙
  • これは最初に展示予定だった、様々な場所を飾った赤い手漉き和紙ですが、ご覧のとおり、大島の風でべろんべろんに捲れまくって、ずっと滞在してメンテナンスできないので、一旦展示作業したもののあきらめた作品です。作品はあまり決め付けずに多めに素材を持っていって正解でした。アートアイランズTOKYO 2018 http://www.art-islands-tokyo.com/第8回 国際現代美術展 大島、新島、式根島9月1日(土)−16日(日)旧波浮小学 [続きを読む]
  • 大島の風
  • 大島の風はさすがに島だけあってなかなか激しいものがあります。暖簾のように窓辺にたらした写真をプリントした作品はこの様にばたばたして、終いには外に飛び出して今宇野で仕方なく窓を閉めると異様な蒸し暑さ。風にあおられる差品のばたばたした音を我慢するか、風の通らない締め切った蒸し暑さを我慢するか・・・アートアイランズTOKYO 2018 http://www.art-islands-tokyo.com/第8回 国際現代美術展 大島、新島、式根島9月 [続きを読む]
  • 伊豆大島の旧波浮小学校音楽室にて
  • いよいよ始まったTokyo Ilands 2018 ですが、まずは右の俊ちゃんがお掃除をしてくれています。2階の音楽室で、入り口から一番奥になります。右はbooちゃんの後姿であります。ようやく服の形にした赤い子供服は20着前後、袖をつけることはあきらめました。パフォーマンスに使った衣装はボディーに着せて展示します。アートアイランズTOKYO 2018 http://www.art-islands-tokyo.com/第8回 国際現代美術展 大島、新島、式根島9月1 [続きを読む]
  • プロトタイプ完成
  • ようやく大島出品のプロトタイプが完成!後はひたすら作業あるのみ!これから23着作る予定です。裁断、時間のかかる刺繍部分の作業は全て終了、あとはミシンたち、特にロックミシンの機嫌しだいであります。ちょうど100cmくらいのサイズの子供服で、ファスナーもちゃんと付いています。刺繍の作業をどんどんやっているうちに、見返しに赤い害の色が繰るならと、刺繍の色も黄色や水色などのバリエーションもあります。このくそ [続きを読む]
  • 地獄の釜もそろそろ開くか、ようやく大島発動
  • このブログも更新できずに何ヶ月たった後、PCがご臨終となり、別な、なんとWindows2000 搭載のB5ノートブックで書いております。字が小さくて英数字なんか読めない、フォトショップもエレメントしか入っていなくて、久しぶりに使ったのでこの様な小さな写真であります。これは作品用の染色を行っているところであります。今月末より現地入りして 伊豆大島を中心に開催される アートアイランズTOKYO2018 に参加いたします。先 [続きを読む]
  • 手を洗ふ2、始まりました
  • イベントは手を洗ふ2が神楽坂のえすぱすミラボオで始まりました。週末土曜日のイベントに向けて俳優の使う小道具など製作中です。ドラムもからむ斬新で、ややうるさいパフォーマンスですが、皆様ぜひお越しください。パフォーマンス:3/10(土)開場14:00 開演15:00(30分程度)展示:3/2(金)3/3(土)、3/5(月)−3/9(金) 11:30−19:00、3/4(日)、3/11(日)11;30-17;00 入場無料えすぱすミラボオ〒162-0925 東京都新宿区 [続きを読む]
  • (無題)
  • シェイクスピアのマクベスとマクベス夫人についてのメモ 住田至朗■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■まず、何故マクベス夫人は執拗に「手を洗う」のか?マクベス夫人は、罪業のシンボルである幻の血痕を執拗に洗い落とそうとします。これが森千香子の作品テーマである「赤」と通底しています。日本人は「足を洗う」ことで罪業からの離脱を宣言しますが、「手を洗う」ことにはキリスト教 [続きを読む]
  • 手を洗ふ2、練習2回目、衣装合わせ
  • 24日土曜日、先日お知らせした個展「手を洗ふⅡ」の中で行うコラボレーションイベントの練習の2回目を行いました。俳優の浩さんは、ほぼ出来上がった衣装を着け、メイクまでして本番さながらの迫力です。衣装は前日まで根詰めてでようやく出来上がり、すそが長い上にドレスのつもりなのでスカートの布の分量をたっぷり取っているので縫製はなかなか苦労します。でも、衣装も作品の一部であり、それを着て動く、というのが今回の重 [続きを読む]
  • 2018年、あけましておめでとうございます
  • 2018年、新年明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。年が明けて、まずは1月9日から神楽坂のえすぱすミラボオでアヴァンギャウドクロッキー展に参加します。クロッキーの新しい試みの展覧会と言う趣旨なので、クロッキー&刺繍に挑戦しようかと考えていますが、刺繍PRO10のソフトの調子がいまいちでこれから作業です。先日も年賀状の宛名欄を印刷しようとしたら、1枚ずつ、あるいは何度も再起動をか [続きを読む]
  • 神戸のケーニッヒスクローネ本店にて
  • 京都での展示会のついでに、神戸に寄りました。以前、従姉妹に案内されてなかなか面白かったのでチェブも一緒に散歩です。港の近くは昔の港湾関係会社の入っていたビルなど年代風の素朴な建物に地元の洋服やさんやアクセサリーやさん、カフェなどが並んでいます。三ノ宮駅近くにはケーニヒスクローネの本店兼ホテルがあり、1階のカフェでケーキセットを頼むとご覧のようにケーキ以外にデザートが2つもついてきます。この日は抹茶と [続きを読む]
  • 京都の北、鞍馬山
  • 京都での展示会が始まり、開場前の時間を利用して鞍馬山に行ってきました。ケーブルカーからの眺めは急斜面ですが、この絶景のあと、1分ほどで到着。ぐるっと回り道をして本堂前の階段を駆け上がると、冬場のダウンジャケットでは汗だくです。朝から結構な人手でした。この本堂前の石に組み込まれたポイントに立って、皆さんおまいりしていました。この地点が強力なボルテックスで大地のエネルギーが湧き出していると、ウェブ上で [続きを読む]
  • いよいよ始まりました、京都でのバックとアクセサリーの展示販売階です
  • 今回はお世話になっているご夫妻が京都で経営されているB&Bと予約制のレストランを会場にして、バックとアクセサリーの展示会です。商品の点数が多いため、出品リストの整理で精一杯で値札をつけるのが間に合わずに会場でごそごそやっていたら、初日は時間より少し前からお客様があって大慌てでしたが、初日から順調なスタートで大き目のバックが売れて、その後、ご近所の方や、大阪からご夫妻で駆けつけてくださった方も小ぶりの [続きを読む]
  • 京都でアクセサリーとバックの展示販売します
  • 京都の北の下賀茂神社そばでB&Bと予約制のレストランを経営している友人のお店でアクセサリーと布製のバックの展示販売を行います。アクセサリーは1点物でシルバーのオリジナル金具に天然石を留めたジュエリークラスのものから、天然石の他に直輸入の珍しいチェコビーズやスワロフスキークリスタルガラス、淡水パールを使ったピアスやネックレスは今年流行の大振りで個性的なものからシンプルな普段使いのものまでバラエティに富ん [続きを読む]
  • 感動のミシン刺繍
  • 先日からはまっている、ミシン大行進ですが、ついに刺繍ソフト「刺しゅうPRO10」と四転抜刀の大格闘の末、ようやく出来上がりました。イラストレーターデータをパス化してベクトル画像に変換してこのブラザー刺しゅうPRO10で呼び出すと、あっという間に刺繍データの出来上がり。これは単純に最初からパス化されているスクリプトフォントなので簡単でした。しかし、自由描画はぺじぇ化するのはめんどくさい、なんでもJPE [続きを読む]
  • えすぱすミラボオで柳井嗣雄さんの個展
  • えすぱすミラボオで開催中の柳井嗣雄さんの個展に行ってきました。長く銅版画制作の経験をお持ちなのが作品にも影響しているかも、とはご本人の説明ですが、技法はともかくシンプルな中にも豊かさを感じる作品でした。私が一番気に入ったのはこの杉の紀ノ川の繊維がもにょもにょ出てくるような、バックにわずかが調子がかっているのが写真だとわかりづらいのが残念です。ミラボオで待ち合わせした牧子さんとその後、神楽坂ランチし [続きを読む]
  • 2017の夏、のはずが信濃追分は秋の気配
  • 8月のお盆時期、信濃追分の油やは秋の気配がしてきました。滞在3日の間にわずかながら紅葉の木々の葉の一部が赤くなってきています。油やでは昨年、作品を展示した中庭のテラスが拡張され、屋根と階段状のベンチまで出来ています。シルバージュエリーに石留めするワークショップは厳しい結果に終わり、ワークショップの組み立てから改善点多々あり、猛省であります。高めの料金のワークショップは飛び入りはなかなか難しく、事前に [続きを読む]
  • 今年もサンキャッチャーのワークショップやります
  • 今年も信濃生追分の油やにてサンキャッチャーのワークショップやります!講師は昨年と同じ高村牧子さん、私はアシスタントとして補助をします。昨年より、材料もバージョンアップして、球形だけでなく、リーフ形やハート型のクリスタルでもサンキャッチャー作りが楽しめます。宣伝も兼ねて新しいサンキャッチャーの完成品を既に油やにて販売中です。日程は6月開催を目標に調整中ですが、決まり次第、お知らせします。夏の前のまだ [続きを読む]
  • 4月末、追分はまだ薪ストーブをたいています
  • 4月末、今年の追分での企画の打ち合わせで油やにいきました。軽井沢の街中は桜が満開でしたが、幾分高度の高い追分は桜の開花もまだで、肌寒いを通り越してマジで寒い!薪ストーブの穂っこ利した暖かさがうれしい、そんな季節でした。今年は展示がない分、ワークショップに力を入れていきます。昨年開催した和紙の団扇と高村さんのサンキャッチャーのほかに、ソフトエッチングで葉を刷って見よう、とシルバージュエリーの石留めに [続きを読む]
  • 引越し騒動
  • すっかりこのブログもご無沙汰していて、というのも2月中旬より引越し準備のためにコンピューターをいったんはずしていましたが、昨日ようやく引越し先の実家に設置してネットも開通しました。実家はアトリエとして度々利用していましたが、実家を増築のリフォームをしたので常時、制作ができるようになります。作業開始できるまでは、まずは荷物の片づけで気が遠くなりそうですが、4月下旬には油やの活動も始まるので、オリジナル [続きを読む]
  • 油屋の秋、その2
  • 秋の油屋の紅葉鮮やかさは見事です。この写真はコンパクトデジカメで撮影で、フォトショップでの色調調整は一切無くてもこの彩度はすばらしい。11月初旬が見ごろですが、一面の赤の色合いが堪能できます。現在の油やは雪景色でしょうか、しかし、中は暑く今年度のみならず来年度まで見据えた企画についての意見交換が活発に行われています。昨年のビエンナーレに続き、展示自体は来年を予定していて今年はありませんが、ワークショ [続きを読む]
  • 油やの秋
  • 油やの紅葉の様子です。寒暖の差が激しく海から遠いので潮風にも当たらないし、特別な場所でなくてもほとんどの木の紅葉がとても鮮やかです。これは油やたまたま敷地内ですが、軽井沢一帯がどこでもこのような鮮やかな黄色や赤に彩られます。これは昨年秋の様子で、現在はもう雪景色でしょう。油やの活動は来年に向けて議論が始まっています。昨年のような大掛かりな展示はありませんが、ワークショップや商品の展示、販売などで活 [続きを読む]