あきりん さん プロフィール

  •  
あきりんさん: あきりんの映画生活
ハンドル名あきりん さん
ブログタイトルあきりんの映画生活
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/takaki2274/
サイト紹介文DVDや映画館で観た映画の感想を書いています。映画評価は5段階評価です。古い名作も観なおしています。
自由文どちらかと言えば、屋根裏に作ったマイ映画館(80インチ・スクリーン、5.1サラウンド)での鑑賞が多いです。まだ観ていない人に読んでもらうことを前提にして、ネタバレはしないように心がけています。年間150〜200本鑑賞を目標にしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供149回 / 365日(平均2.9回/週) - 参加 2009/08/05 17:46

あきりん さんのブログ記事

  • 「マガディーラ 勇者転生」 (2009年)
  • 2009年 インド 139分監督:S.S.ラージャマウリ出演:ラーム・チャラン、 カージャル・アガルワルインド製エンタメ映画。 ★★★「バーフバリ」で熱狂させてくれたS.S.ラージャマウリ監督の2009年の作品。今回も「バーフバリ」を思わせる古代インドを舞台に、二人の男女の恋と闘いが描かれる。目新しいのは、古代から現代に生まれ変わった主人公たちも登場してくるところ。まずは1600年ごろのウダイガル王国。相思相愛の近衛軍兵 [続きを読む]
  • 「イコライザー」 (2014年)
  • 2014年 アメリカ 132分監督:アントワーヌ・フークア主演:デンザル・ワシントン、 マートン・ソーカス、 クロエ・グレース・モレッツアメリカ版必殺仕事人。 ★★☆ホームセンターで仲間と明るく働いているマッコール(デンゼル・ワシントン)が主人公。夜は行きつけのカフェで静かに小説を読む日々。とても善人風なマッコールだが、映画情報として元CIAの腕利きであることは、観ている者はみんな知っている。ここぞとい [続きを読む]
  • 「ブラジルから来た少年」 (1978年)
  • 1978年 アメリカ 125分監督:フランクリン・J・シャフナー出演:グレゴリー・ペック、 ローレンス・オリビエ、 ジェームス・メイソンネオ・ナチの陰謀。 ★★☆奇妙なタイトルだけは知っていたが、どんな映画かは知らなかった。そうか、ネオ・ナチの陰謀をあつかったサスペンスものだったのか。それにしても、このタイトルの意味は?南米パラグアイで旧ナチス党員が秘密めいた会合をおこない、なにやら画策している。約65歳の公 [続きを読む]
  • 「湿地」 (2006年)
  • 2006年 アイスランド 93分監督:バルタザール・コルマウクル北欧ミステリー。 ★★★ネット上での評価は芳しくはなかったが、いや、なかなか面白かった。北欧ミステリーらしい、どんよりとした空気感もよかった。原作は「このミステリーがすごい!」で傑作と評されていたようだ(未読)。映画は、難病に罹っていた幼女が亡くなっての葬儀の場面から始まる。時が流れて、現在。アイルランドの湿地帯に建つ家で男性の死体が発見さ [続きを読む]
  • 「東ベルリンから来た女」 (2012年)
  • 2012年 ドイツ 105分監督:クリスティアン・ベツォールト出演:ニーナ・ホス東ドイツに生きた女性医師のドラマ。 ★★★☆舞台は、秘密警察が人々を監視し抑圧していた社会主義時代の東ドイツ。重苦しい雰囲気が人々の生活のすべてにただよっている。当時は密告制度もあったりして、人々はお互いに疑心暗鬼で接さざるを得ない状況もあったのだろう。主人公は田舎の小さな病院に左遷されてきたような女医バルバラ(ニーナ・ホス) [続きを読む]
  • 「その女諜報員アレックス」 (2015年)
  • 2015年 アメリカ 96分監督:スティーヴン・カンパネッリ出演:オルガ・キュリレンコ女性アクションもの。 ★★始めにひとこと。どこが女諜報員じゃい?ヒロインは元CIA諜報員だったらしいのだが、そんなのまったく関係なし。強盗一味に加わった、戦闘スキルを持った女の闘い、だったじゃあないか。アレックスは、盗みの依頼を受けた元恋人などと一緒に、ダイヤモンドを銀行の金庫から強奪する。ダイヤと一緒に保管されていたそのU [続きを読む]
  • 「SAFE/セイフ」 (2012年)
  • 2012年 アメリカ 94分監督:ポアズ・イェーキン出演::ジェイソン・ステイサム無敵アクションもの。 ★★☆元刑事のルーク(ジェイソン・ステイサム)は、落ちぶれた今は賭け格闘技のファイター。八百長試合で失敗をして胴元のロシアン・マフィアに妻を殺されてしまう。自殺も考えたルークは、幼い中国人少女メイがロシアン・マフィアに追われているのを助けてしまう。実はメイは数字記憶の天才少女で、彼女は大金に関する暗証番 [続きを読む]
  • 「フォロウィング」 (1998年)
  • 1998年 イギリス 70分監督:クリストファー・ノーラン時間軸が錯綜するサスペンス。 ★★★☆クリストファー・ノーランの長編第1作。モノクロの70分というコンパクトな作品で、ノーランは製作・監督・脚本・編集・撮影の5役をおこなっている。まさに彼が作りたいように作った映画。自称作家志望のビルは、創作のヒントを得るために、行きずりの人のあとをつける行為をおこなっていた。ほんの好奇心からの行為で、同じ人物の尾行 [続きを読む]
  • 「夜に生きる」 (2016年)
  • 2016年 アメリカ監督:ベンアフレック出演:ベン・アフレック、 ゾーイ・サルダナ、 エル・ファニング禁酒法時代のマフィアもの。 ★★★舞台は禁酒法時代のデトロイト。警察幹部の父を持ちながら、仲間と組んで強盗稼業をしていたジョー(ベン・アフレック)が主人公。この映画はそんなジョーの一代記の形ですすむ。ジョーはアイルランド系ギャングのボス、ホワイトの賭場を襲ったり、彼の愛人エマ(シエナ・ミラー)に恋をした [続きを読む]
  • 「静かなる叫び」 (2009年)
  • 2009年 カナダ 77分監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ銃乱射事件。 ★★★ポスターのコピーは「あの日のことは今も、私の魂を揺さぶる」。実際に起きた銃乱射事件を基に描かれており、現場に居合わせた一人の女性と男性を描いている。77分という短めのモノクロ作品。音楽もほとんどなく、ドキュメンタリーの感じですすむ。モントリオールの理工科大学で、突然一人の男子学生が銃を乱射しはじめる。フェミニズム思想に怒りを覚えて抗議 [続きを読む]
  • 「静かなる復讐」 (2016年)
  • 2016年 スペイン 92分監督:ラウール・アレバロ出演:アントニオ・デ・ラ・トレ復讐サスペンス。 ★★☆映画はいきなり宝石店の強盗事件の逃走場面から始まる。3人が店を襲い、クーロは逃走用の車の運転手として待機していたのだが、事故を起こして一人だけ捕まってしまう。で、物語はその8年後にとぶ。いくらかでも派手さがある場面は、あの冒頭の車の場面だけ。あとはひたすら静かな映像が続く。あの事件で、最愛の恋人を殺され [続きを読む]
  • 「響 HIBIKI」 (2018年)
  • 2018年 日本 104分監督:月川翔出演:平手友梨奈、 北川景子、 アヤカ・ウィルソン、 小栗旬15歳の天才文学少女。 ★★★ちょっと失礼な言い方になるが、予想を超えてはるかに面白かった。原作はマンガ大賞を受賞したコミックとのこと(未読)。主人公は15歳の女子高生の響(平手友梨奈)。とにかく小説を読むのが好き、そして小説を書くのが好き。ただしあまりに小説至上主義なために、周りとはすぐにいざこざを起こす。彼女 [続きを読む]
  • 「レディ・ガイ」 (2016年)
  • 2016年 アメリカ 96分監督:ウォルター・ヒル出演:ミシェル・ロドリゲス、 シガニー・ウィーバー性転換された殺し屋。 ★★まずは設定で、ええっ!と思わされる。女にされてしまったすご腕殺し屋! そう、この映画はそれがすべてである。逆に言えば、それ以上のものは何もない(苦笑)。凄腕の殺し屋フランク(ミシェル・リドリゲス)は、依頼主のマフィアのボスに裏切られる。そして撃たれて意識不明となった彼が目を覚まして [続きを読む]
  • 「バッド・ウェイヴ」 (2017年)
  • 2017年 アメリカ 94分監督:マーク・カレン出演:ブルース・ウィリス、 ジョン・グッドマンアクション・コメディ映画。 ★☆(ご注意:貶し記事です)う〜ん、ブルース・ウィリスは好きな俳優だったし、いつもそれなりに楽しませてくれていた。しかしこの映画は駄目だった。まるで覇気がない。ブルースも歳を取った?主人公は探偵業を営むスティーブ(ブルース・ウィリス)。彼が友人の依頼を受けたり、ギャングのボスといざこざ [続きを読む]
  • 「コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命」 (2018年)
  • 2018年 日本 127分監督:西浦正記出演:山下智久、 新垣結衣、 戸田恵梨香TVドラマの劇場版。 ★★☆”コード・ブルー”は、生命に関わる緊急事態が生じた時に人員招集をかける時の符丁。で、事故現場にドクターヘリで向かうフライト・ドクターを描いているのがこの映画。大ヒットしたTVドラマの映画版ということだった(TVドラマは未見)。こうしたTVドラマを受けての映画の場合、登場人物への親近感が問題とはなる。しかもこ [続きを読む]
  • 「MEG ザ・モンスター」 (2018年)
  • 2018年 アメリカ 113分監督:ジョン・タートルトーブ出演:ジェイソン・ステイサム、 リー・ビンビン巨大サメとの戦い。 ★★★舞台は、中国大陸の200キロ沖に浮かぶ最新設備の海洋研究施設。深い海底にはさらに深海があり、そこには絶滅したとされていた巨大サメが生息していた、というお話。サメ映画といえばその代表は言わずもがなの「ジョーズ」だが、この映画は大予算をつぎ込んで作られているとのこと。その超巨大サメ、メ [続きを読む]
  • 「ラストベガス」 (2013年)
  • 2013年 アメリカ 105分監督:ジョン・タートルトープ出演:マイケル・ダグラス、 ロバート・デ・ニーロ、 モーガン・フリーマン、 ケヴィン・クライン4人組爺さんの馬鹿騒ぎ。 ★★☆ポスターを見てほしい。とにかく豪華な顔合わせの4人組。子供時代からの親友4人組の一人、ビリー(マイケル・ダグラス)が娘のような若い恋人と結婚することになる。独身最後の夜を祝おうと、久しぶりに再会するパディ(ロバート・デ・ニーロ) [続きを読む]
  • 「テレフォン」 (1977年)
  • 1977年 アメリカ 117分監督:ドン・シーゲル出演:チャールズ・ブロンソン、 リー・レミックアクション・サスペンスもの。 ★★☆監督はドン・シーゲル、音楽はラロ・シフリンとくれば、当時の売れっ子コンビ。それに脚本がピーター・ハイアムズなので、的を外さない出来上がりとなっていた。アメリカの軍事基地で不可解な自爆テロがつづいて起こり始めた。そのなかには、今はあまり有用ではないような旧式の施設も含まれていた [続きを読む]
  • 「アンコール!!」 (2012年)
  • 2012年 イギリス 94分監督:ポール・アンドリュース出演:テレンス・スタンプ、 ヴァネッサ・レッドグルーヴ、 ジェマ・アータートーン老人コーラス・グループの物語。 ★★☆頑固老人のアーサー(テレンス・スタンプ)は口数も少なく不機嫌そうだが、妻のマリオン(ヴァネッサ・レッドグレーヴ)を心から愛していた。しかし、マリオンは持病を抱えていた。そんなマリオンの楽しみは、地域の老人たちのコーラスグループで、皆と [続きを読む]
  • 「アントマン&ワスプ」 (2018年)
  • 2018年 アメリカ 118分監督:ペイトン・リード出演:ポール・ラッド、 エバンジェリン・リリー、 マイケル・ダグラス、 ミシェル・ファイファーマーベルの蟻男シリーズ第2弾。 ★★★予習も済んでさあ、第2弾を鑑賞。前回も軽いノリだったが、今回も世界的な大事件などは起こらずに、家族の絆を求めての大活躍。コミカルな部分(これはDCコミックものには全くない要素 汗)も多いのがアントマン・シリーズの特徴。アントマン [続きを読む]
  • 「検察側の罪人」 (2018年)
  • 2018年 日本 123分監督:原田眞人出演:木村拓哉、 二宮和也、 吉高由里子検察サスペンス。 ★★★これまではタブーとされていたというジャニーズの人気者二人の共演映画。かってはキムタクも嫌いではなかったし、ニノは今でも好きだし。ということで、鑑賞。原作は雫井脩介。かなりの長編のようだが、未読。キムタクはエリート検事の最上。ニノはその部署に配属される若手検事の沖野。二人は老夫婦殺人事件を担当することにな [続きを読む]
  • 「アントマン」 (2015年)
  • 2015年 アメリカ 118分監督:ベイトン・リー出演:ポール・ラッド、 マイケル・ダグラス、 エヴァンジェリーン・リリーマーベル蟻人間第1弾。 ★★☆もちろん公開された第2弾を観るための予習観賞(苦笑)。あれ、このシリーズって割と新しいんだ。ウルトラマンにしてもゴジラにしても主人公は大きいことが多かった。しかし、この映画の主人公は小さい。蟻の大きさ、1.5cmなのだ。こんなに小さかったら、弱いんではないかい?  [続きを読む]
  • 「今そこにある危機」 (1994年)
  • 1994年 アメリカ 131分監督/フィチップ・ノイス出演:ハリソン・ゴード、 ウィレム・デフォージャック・ライアンもの第3作。 ★★★前作に続いてジャック・ライアンはハリソン・フォード。私の中では、やはりライアンは彼だなあ。今回の敵は南米の麻薬王。麻薬なんて絶対悪に決まっているのだが、そこに金と政治が絡んできたりするので、話がややこしくなる。絶対悪まで利用しようとする輩も現れるわけだ。さあ、そんな思惑には [続きを読む]