あきりん さん プロフィール

  •  
あきりんさん: あきりんの映画生活
ハンドル名あきりん さん
ブログタイトルあきりんの映画生活
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/takaki2274/
サイト紹介文DVDや映画館で観た映画の感想を書いています。映画評価は5段階評価です。古い名作も観なおしています。
自由文どちらかと言えば、屋根裏に作ったマイ映画館(80インチ・スクリーン、5.1サラウンド)での鑑賞が多いです。まだ観ていない人に読んでもらうことを前提にして、ネタバレはしないように心がけています。年間150〜200本鑑賞を目標にしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供159回 / 365日(平均3.0回/週) - 参加 2009/08/05 17:46

あきりん さんのブログ記事

  • 「スパイラル」 (2011年)
  • 2011年 アメリカ 101分監督:ヤコブ・アーロン・エステス出演:トビー・マグワイア、 エリザベス・バンクスゲス男の負のスパイラル。 ★★☆産科医のジェフ(トビー・マグワイア)は、妻のニーリー(エリザベス・バンクス)と子供との幸せな家庭を築いている。しかし、最近は夫婦生活をニーリーに拒まれ、イライラ(苦笑)。おまけに、庭の芝生を毎夜のごとくアライグマが嵐に出没する。ん〜、もうイライラするなあ。この映画、 [続きを読む]
  • 「ダークレイン」 (2015年)
  • 2015年 メキシコ 90分監督:イサーク・エスバンまたもや不条理映画。 ★★★前作「パラドクス」はすごい不条理映画だった。怪作だった。あそこまで突きぬけてしまうのは凄いことだと思わせる映画だった。そのイサーク・エスバン監督作。さて、今回はどうなっている?舞台は、都市から5時間も離れたところにある寂れたバス・ステーション。カメラがこのステーションから出るのはラストの物語が終わるときだけ。登場人物はそこに閉 [続きを読む]
  • 「街のあかり」 (2006年)
  • 2006年 フィンランド 78分監督:アキ・カウリスマキ出演:ヤンネ・フーティアイネン、 マリア・ヤンベンヘルウミ孤独な男の不幸。 ★★★“敗者三部作”というアキ・カウリスマキ監督の三作目。たしかに主人公は孤独な人生の敗北者。そんな主人公がさらに不幸な目に逢う。笑わない無表情な登場人物たちが、淡々とその顛末を見せてくれる。登場人物は4人だけ。主人公のコイスティネン(ヤンネ・フーティアイネン)は、暗い馬鹿正 [続きを読む]
  • 「グッド・バッド・ウイアード」 (2008年)
  • 2008年 韓国 128分監督:キム。ジウン出演:ソン・ガンホ、 イ・ビョンホン、 チョン・ウソン韓国ウエスタン。 ★★まあ、なんというか、無茶苦茶な映画。舞台は満州事変後の混沌した情勢の満州。そこの宿場町や砂漠で、3人の男が宝の地図をめぐってすったもんだの争いをくりひろげるというもの。砂煙はもうもう、汚れ放題の中での銃撃戦や殴り合い。タイトルはあのマカロニ・ウェスタンの名作「荒野の用心棒」の原題をもじった [続きを読む]
  • 「るろうに剣心」 (2012年)
  • 2012年 日本 134分監督:大友啓史出演:佐藤健、 武井咲、 蒼井優、 江口洋介エンタメ・ちゃんばらもの。 ★★★幕末に討幕派の暗殺者だった緋村剣心(佐藤健)は、その腕の凄さから”人斬り抜刀齋”と言われていた。明治時代も10年となり、緋村は“不殺の誓い”に従い、刃が峰側についている斬れない刀“逆刃刀”を手に流浪の旅を続けていた。この映画の売りは華麗なチャンバラ場面。素早い体術も織り交ぜての派手なアクショ [続きを読む]
  • 「ダンケルク」 (2017年)
  • 2017年 イギリス 106分監督:クリストファー・ノーラン出演:フィオン・ホワイトヘッド、 トム・ハーディ、 マーク・ライランス第二次大戦ヨーロッパ戦線もの。 ★★★☆物語の舞台はフランスのドーヴァー海峡に面したダンケルク。ドイツ軍に攻め込まれた40万人の連合軍が敗走している(時代は真珠湾攻撃よりも前で、電撃侵攻したドイツ軍が優勢だった頃である)。この連合軍兵士を追い詰められた海岸から救出しなければならな [続きを読む]
  • 「アモーレス・ペロス」 (1999年)
  • 1999年 メキシコ 153分監督:アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ出演:エミリオ・エチュバリア、 ガエル・ガルシア・ベルナル3つの人生が重なり合う。 ★★★★☆2年連続でアカデミー賞監督賞を受賞し、今をときめくイニャリトゥ監督の処女作。やはりこの時からすごかった。冒頭に、なぜか死にかけている犬を介護しながら逃走する車の内部が映る。いきなり事件の真っ最中から始まるわけで、観ている者は混乱しながらもあ [続きを読む]
  • 「イレブン・ミニッツ」 (2015年)
  • 2015年 ポーランド 81分監督:イエジー・スコリムフスキ11分間の群像劇。 ★★★この監督の作品は初めて観たのだが、どうやらヨーロッパの巨匠らしい。名だたる映画祭で賞を獲っているようだ。さて、この映画、81分ととてもコンパクトである。描かれているのは午後5時から5時11分までの11分間の出来事だけ。登場人物は11人。その11人の11分間を交互に描いていく。ホテルの一室で面会している映画監督と出演希望の女優。にやけた [続きを読む]
  • 「ゼロの未来」 (2013年)
  • 2013年 イギリス 107分監督:テリー・ギリアム出演:クリストファー・ヴァルツ、 メラニー・ティエリー不条理映画。 ★★★★☆ギリアム監督の感性をこれでもかと見せつけてくる作品。合わないときはまったくその世界に入り込めないギリアム監督作だが、こちらの感性に合ったときにはすごく好い。この映画、不思議な不条理感に酔ってしまった。コンピュータ社会となっている近未来。巨大企業マンコム社で働くプログラマーのコー [続きを読む]
  • 「ときめきサイエンス」 (1985年)
  • 1985年 アメリカ 94分監督:ジョン・ヒューズ出演:アンソニー・マイケル・ホーン、 ケリー・ルブロック電脳ヴィーナス。 ★★☆青春SFコメディ、とでも言えばいいのか。馬鹿馬鹿しい設定なのだけれども、健全な内容でホンワカともさせてくれる。パソコン少年のゲイリーとワイアットは、女の子にも馬鹿にされるような冴えない高校生。二人は理想の女性を作ろうと、考えられるかぎりのデータをコンピュータに入力する。そのとき、 [続きを読む]
  • 「悪魔を見た」 (2010年)
  • 2010年 韓国 144分監督:キム・ジウン出演:イ・ビョンホン、 チェ・ミンシク復讐バイオレンス。 ★★★☆韓国映画である。覚悟して観る必要がある。なにしろタイトルに”悪魔”と、堂々と書いてあるのだから、並大抵ではないだろうと、覚悟して観る必要がある。国家情報員スヒョン(イ・ビョンホン)の婚約者が何者かに惨殺される。怒りに燃えたスヒョンは、元刑事だった婚約者の父の協力を得て、残虐な殺人嗜好の犯人ギョンチ [続きを読む]
  • 「シンクロニシティ」 (2015年)
  • 2015年 アメリカ 101分監督:ジェイコブ・ジェントリータイム・リープもの。 ★★惹き文句は「あなたを試す100分」。たしかに試され続けて、で、私はまったく駄目だった(涙)。タイムトラベル、あるいはタイムリープものは好きで、結構慣れているつもりだったが、こりゃ、なんだ?おそらくとても不親切に作られているのだろうと思う(負け惜しみではなく、そう思う)。仲間とタイムマシンを作ろうとしているジム。なんと実験は [続きを読む]
  • 「ザ・コンサルタント」 (2016年)
  • 2016年 アメリカ 128分監督:ギャビン・オコナー出演:ベン・アフレック、 アナ・ケンドリックス、 J.K.シモンズ表の顔は会計士、裏の顔はスナイパー。 ★★★☆上に書いたように、ウルフ(ベン・アフレック)の表向きの顔は、田舎町の小さな会計事務所をしている無口な男。しかし、実は裏社会からさまざまな依頼を受ける影の会計士。そして大型狙撃銃で1.5km先の小さな的を打ち抜くすご腕スナイパー。アメリカ政府も彼の正体を [続きを読む]
  • 「関ヶ原」 (2017年)
  • 2017年 日本 149分監督:原田眞人出演:岡田准一、 有村架純、 役所広司正統派時代劇。 ★★★天下分け目の関ヶ原の戦いといえば、誰でも知っている我が国最大の内戦。豊臣家の義に生きようとした石田三成と、天下統一の野望を抱く徳川家康の、ここ大一番。起こったのは、(試験勉強の時はうれしかった)1600年ちょうど。幼い頃に豊臣秀吉に見出され、秀吉に尽くしてきた石田三成(岡田准一)。秀吉亡き後、天下を狙う徳川家康 [続きを読む]
  • 「眉山」 (2007年)
  • 2007年 日本 120分監督:犬童一心出演:松嶋菜々子、 宮本信子、 大沢たかお母娘のドラマ。 ★★★原作はさだまさしの同名小説(眉山は徳島市にある山である)。夫である伊丹十三が亡くなった後、映画界から遠ざかっていた宮本信子が10年ぶりに出演している。シングル・マザーの龍子(宮本信子)に育てられた咲子(松嶋菜々子)は、母が入院したとの知らせで東京から徳島へ帰省する。そして医師から母が末期癌であることを告げ [続きを読む]
  • 「忍びの国」 (2017年)
  • 2017年 日本 125分監督:中村義洋出演:大野智、 石原さとみ、 鈴木亮平、でんでんエンタメ時代劇。 ★★☆時代は戦国時代。天下を平定しつつある織田信長が伊賀も支配しようとしている時代。伊賀の忍者集団は信長の軍門に下るのか、それとも徹底抗戦するのか。と書くと、がんがんの真面目時代劇と思われるかもしれない。しかし、脚本は「のぼうの城」で一躍有名になった和田竜である(あとでノベライズもしたらしい)。だから [続きを読む]
  • 「22年目の告白」 (2017年)
  • 2017年 日本 117分監督:入江悠出演:藤原竜也、 伊藤英明、 仲村トオルあっと、サスペンス。 ★★★☆副題は「私が真犯人です」。日本の小説を原作にして、2012年には韓国映画「殺人の告白」が作られている。いわばこれはそのリメイク作。しかし、これは絶対にストーリーを知らずに観る方が面白い。というか、知らない人たち用の映画。22年前に5人の命が奪われる連続殺人事件が発生した。その事件は猟奇的で、被害者の親しい [続きを読む]
  • 「ライフ」 (2017年)
  • 2017年 アメリカ 104分監督:ダニエル・エスピノーサ出演:ジェイク・ギレンホール、 レベッカ・ファーガソン、 真田広之、 ライアン・レイノルズ新・エイリアン。 ★★★☆冒頭は、火星から採取したサンプルを積んだポッドの宇宙船への回収場面。ここから迫力のある画面が展開されて、一挙に正統派SF映画だぁ!という雰囲気になる。最近のSF映画はとにかく画面は綺麗になった。だから映画の出来はそのあとの物語の展開、登場 [続きを読む]
  • 「ワンダーウーマン」 (2017年)
  • 2017年 アメリカ 141分監督:パティ・ジェンキンス出演:ガル・ガドット、 クリス・パインDCコミックもの。 ★★★「ジャスティスの誕生」で、バットマンとスーパーマンの闘いの時にあらわれた見慣れないコスプレ美女戦士。誰だろう?と思っていたのだが、実はあれがワンダーウーマンだった。で、今作はそのワンダーウーマンの誕生秘話。これで彼女の謎が全部わかるぞ。アマゾネスの島でプリンセスとして育ったダイアナ(ガル・ [続きを読む]
  • 「君の膵臓をたべたい」 (2017年)
  • 2017年 日本 115分監督:月川翔出演:浜辺美波、 北村匠海、 小栗旬、 北川景子王道の純愛(?)もの。 ★★☆この映画(それはすなわち原作小説ということでもあるのだが)が印象的なのは、やはりタイトルだろう。タイトルにはカニバリズムを連想させる気持ち悪さを持ってきて、内容は本道の難病・悲恋もの。このギャップだろう。私もそこに惹かれての鑑賞だった。膵臓の重い病気で余命1年といわれた(うわべは)明るい高校 [続きを読む]
  • 「トゥームレイダー2」 (2003年)
  • 2003年 アメリカ 117分監督:ヤン・デ・ボン出演:アンジェリーナ・ジョリー、  ジェラルド・バトラーアクション・アンジー第2弾。 ★★★アンジーがアクション女優となった記念碑的作品「トゥム・レイダー」の続編。今回も地中海から始まって中国、上海と飛び歩き、アフリカへまで行くぞ。物語の筋を紹介しても、あまり意味があるとは思えない種類の映画であることは確か。地中海の海底に眠っていたアルキメデス大王の神殿から [続きを読む]