睡蓮 さん プロフィール

  •  
睡蓮さん: 強迫性障害*不潔恐怖症を治すまで
ハンドル名睡蓮 さん
ブログタイトル強迫性障害*不潔恐怖症を治すまで
ブログURLhttps://fuketsu.com/
サイト紹介文強迫性障害の不潔恐怖症(潔癖症)。自分で認知行動療法してほぼ治りました。40代、社会人、一人暮らし。
自由文2014年5月から強迫性障害の症状が出はじめて、9月ごろから悪化。克服にむけて、自分で認知行動療法をしています。2017年12月にほぼ治りました。

詳しくは「プロフィール&ブログについて」をお読みください。
https://fuketsu.com/profile/
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供91回 / 365日(平均1.7回/週) - 参加 2009/08/07 18:15

睡蓮 さんのブログ記事

  • 認知行動療法のおすすめ本と人気ランキング5冊の感想
  • 認知行動療法の本はどれがいいかな?と悩んで、あれこれ読んでみました。Amazonやネット書店で人気ランキング上位の本はだいたい読み終わりましたので、おすすめと感想をまとめます。うちのあたりでは、認知行動療法の本は大きめの本屋さんに行かないと置いておらず、あっても2〜3冊しかないんですよね。認知行動療法の本を選ぶときに、インターネットで見たあの本はどうなんだろう?と気になったものでした…。認知行動療法の本を [続きを読む]
  • 森田療法で強迫性障害を改善した症例
  • ヨミドクターに、強迫性障害の女性が森田療法の外来治療を受けて改善したお話が載っていました。不安は取り除かず「あるがまま」に…心の病気に「森田療法」東京都内の30歳代のA子さんは一昨年1月、かかりつけ医に「強迫性障害(強迫症)」と診断された。物に触ると気になって手を洗い、「仕事の書類を捨てたかも」とごみ箱を何度も確認してしまう。抗不安薬を飲んでも改善せず、勤め先を休職したが、慈恵医大第三病院(東京都 [続きを読む]
  • 強迫性障害を電磁波で治療する装置がアメリカで販売される
  • アメリカで、強迫性障害を治療する電磁波デバイス(※装置)の販売許可が下りたそうです。販売と言っても家庭用ではなく、医療機関用です。強迫性障害の症状が3割以上軽減!?脳に電磁波をあてる治療デバイスがFDAの承認へこのほど、米国食品医薬品局(FDA)より販売認可が下りた、強迫性障害を治療する電磁波デバイスについてご紹介していく。<中略>100人の強迫性障害患者のうち、49人がBrainsWayによる電磁波デバイスで治療を受 [続きを読む]
  • 限りある時間を大切にする
  • さくらももこさんが旅立たれて、とても悲しく寂しいです。私はさくらさんのエッセイが好きで、ほとんど読んでいました。ある時期から単行本が出なくなり、もうエッセイは書かれないのかなと思っていたのですが、闘病中だったのですね…。最近の私は、強迫性障害は良くなったのに、仕事や勉強などのやるべきことに取りかかれず、ついだらだらと無駄な時間を過ごしてしまいます。人は、いつ終わりが来るかわからない。もっと毎日を、 [続きを読む]
  • 強迫性障害の市販の漢方薬。選び方や効能など
  • 病院に行けない場合、強迫性障害に効く市販薬で治したい人もいると思います。強迫性障害に病院で処方されるSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)と同じ効能の市販薬は無いです。ただし、強迫性障害に漢方薬を処方する病院もあります。漢方薬は薬局や通販で買うことができますので、強迫性障害の市販薬が欲しい場合は漢方薬になるでしょう。漢方薬の選び方。ストレスに影響するのは「気(き)」と「血(けつ)」漢方薬を選ぶに [続きを読む]
  • ひさしぶりに強迫性障害的な手洗いをしてしまった
  • トイレ後の手洗いで上の空になり、ひさしぶりに洗いなおしてしまいました。トイレに入っているときから考え事をしていまして。トイレットペーパーが残り少ないので、補充しなければと思ったのですよね。手洗いに集中していなかったので、手洗いをしたかどうかがわからなくなってしまいました。手洗いのときに集中していなかった私はトイレットペーパーを補充するのは、トイレに入るときに一緒に持ち込みます。トイレットペーパーは [続きを読む]
  • 『反応しない練習』の感想。仏教は悩み解決のエキスパート
  • 『反応しない練習』を読みました。仏教の教えをもとに、悩みを解決する方法を書いた本です。仏教――宗教というと抵抗がある人もいるかもしれません。私は祖母が熱心な仏教徒だったので、仏教の教えは身近にありました。あ、祖母が入信していたのは無理な勧誘やお布施のない実直な団体で、私に入会をすすめたことは一度もありません。母は祖母に付き合って名ばかりの会員になっていましたので、家には会報誌が届けられていました。 [続きを読む]
  • 「強迫的性行動症」と強迫性障害は違う病気
  • 世界保健機関(WHO)は「強迫的性行動症」を精神疾患と認めました。同じ強迫という言葉がついている病気として、強迫性障害と混同されないか心配です。「強迫的性行動症」が精神疾患になった「強迫的性行動症」とはざっくり言うと、性的な衝動を抑えられないことで社会生活に障害が出る病気です。具体的には、セックス依存症や痴漢行為として問題になることが多いです。「強迫的性行動症」は精神疾患、依存症かどうかは未判断 WHO [続きを読む]
  • ガムを踏んだ靴をそのまま履いている
  • 先日、恋人の家の駐車場でガムを踏みました。気持ち悪かったですが、靴(スニーカー)を捨てることはなく履き続けています。道の汚れはあまり気にしなくなった道を歩くときは、まだそれなりになんとなーく注意はしています。といっても、気にしているのは犬のフンくらいですね。液体系の汚れは気にしていたらキリがないのであまり注目しません。あきらかに唾を吐いた跡などがあればよけますが、踏んでも仕方ないかなと思っています [続きを読む]
  • 体調が悪くなっても強迫性障害には影響しなくなった
  • 梅雨ですね。ほとんどの人がそうかと思いますが、私もこの季節がとっても苦手で調子が悪いです。でも、調子が悪くなっても強迫性障害が再燃しなくなりました。気象の変化で体調が悪くなる「寒暖差疲労」人は気温に応じて体内環境を調整する機能があります。なので、寒さと暑さの差が激しいと疲れてしまうとのこと。差が激しいだけでなく朝晩だけでも頻繁に変わりますからね。この時期は体調が悪くて当たり前くらいに思っていると、 [続きを読む]
  • シャワー時間を20分に短縮してみた
  • 私の最近のシャワー時間は25分です。シャワー25分って、まだ長いほうらしいんですよ。これ以上短くできないのかどうか、限界に挑戦してみました。シャワー時間と強迫性障害前に書いた記事ではリンス無しで30分でしたが、リンスもしたうえで25分になり、5分短くなりました。シャワー時間を30分に短縮。おしっこが出る強迫観念でお風呂から出られなかったそのころと比べるとシャワーを浴びている間の強迫観念と強迫行為は…うーん、 [続きを読む]
  • 『強迫症がわかる本』の感想。読みやすいけれど物足りない
  • 『本人も家族もラクになる 強迫症がわかる本』を読みました。このシリーズの『自分でできる認知行動療法 うつ・パニック症・強迫症のやさしい治し方』は薄いなりによかったんですよね。『自分でできる認知行動療法 うつ・パニック症・強迫症のやさしい治し方』の感想なので手に取ってみたのですが、うーん。こちらは消化不良気味でした。本人も家族もラクになる 強迫症がわかる本 ココロの健康シリーズposted with ヨメレバ松田 慶 [続きを読む]