nakajimapiano さん プロフィール

  •  
nakajimapianoさん: ピアノのハナシ -ピアノ調律師の日記-
ハンドル名nakajimapiano さん
ブログタイトルピアノのハナシ -ピアノ調律師の日記-
ブログURLhttps://ameblo.jp/nakajimapiano/
サイト紹介文ピアノ調律師のブログです。ピアノの調律、修理の紹介やピアノに関する豆知識、音楽のことを書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供9回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2009/08/08 18:11

nakajimapiano さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • ピアノの統計とってみました④ 調律の空き年数
  • 調律の頻度は最低でも年一回が理想ですが、様々な事情で期間が空いてしまったお客様からのご依頼も多くあります。 最後の調律から当社にご依頼頂いたタイミングまでの期間を集計してみました。 (つくしピアノ調律所 所有データ1083台中 2018年9月25日現在 ※ホールなどのピアノは除く) おそらく、音の狂いがさすがにまずいな...と思われる最初のタイミングが2年くらいなので、一番多いのではないでしょうか?全体としては5年 [続きを読む]
  • ピアノの統計とってみました③ ピアノの製造年
  • 今回の統計は、調律をご依頼頂いたピアノがいつ作られたかを見てみます。 1910年から10年ごとにまとめて算出しました。 1910年代・・・1台1920年代・・・2台1930年代・・・3台1940年代・・・1台1950年代・・・4台1960年代・・・103台1970年代・・・297台1980年代・・・300台1990年代・・・141台2000年代・・・73台2010年代・・・34台不明・・・124台 (つくしピアノ調律所 所有データ1083台中 2018年9月25日現在 ※ホールなど [続きを読む]
  • ピアノの統計とってみました② ピアノの種類の割合
  • 当事務所のデータからピアノの統計を公開する企画、今回は「ピアノの種類の割合」です。 ピアノは大きく分けてアップライトピアノとグランドピアノに分かれます。もちろん一般的に普及しているのは家庭にもよくあるアップライトピアノですが・・・実際にはどのような割合なのでしょうか? 結果はこのようになりました↓ ・アップライトピアノ・・・83% ・グランドピアノ・・・17% (つくしピアノ調律所 所有データ1083台中 20 [続きを読む]
  • ピアノの統計とってみました① メーカーの割合
  • おかげさまで当事務所も開業から10年を超え、お客様も1000件を超えました。 せっかく1000台以上のピアノデータの蓄積がありますので、いろいろな統計を出して公開してみたいと思います。 まず初回は「ピアノのメーカーの割合」から。 ・YAMAHA 59.1%・KAWAI 20.9%・その他国産メーカー 16.0%・アジアメーカー 2.3%・ヨーロッパメーカー 1.8% 当社のお客様の中でもやはりYAMAHAのシェアは圧倒的です。意外なのはその他国 [続きを読む]
  • 富士花鳥園
  • クラウドファンディングで支援をしました。 静岡県 富士花鳥園 南の鳥ふれあいエリア復活プロジェクト 仕事も兼ねてほぼ毎月河口湖に行っているのですが、そこから車で40分くらいの富士花鳥園。先日はじめて行ったのですが、特に鳥が好きというわけでもない私もものすごく楽しめました。(まさかの我が家も鳥を飼う話になるほどに。) とにかくスタッフの方の鳥や花に対する愛情がすごい! バードショーで撮影した動画。怖いくら [続きを読む]
  • 15歳
  • 本日15歳になりました。 人間の年齢に換算するとなんと115歳!さすがに足腰が弱くなりましたが、最近調律に伺ったお客様から、使わなくなった大型犬用のカートを頂き喜んで乗っています。 ピアノ調律・修理つくしピアノ調律所http://www.tukusi-piano.com/ [続きを読む]
  • クレベリンに注意
  • 定期調律で1年ぶりのグランドピアノ。譜面台を外してみると高音の一部の弦“だけ”が異常に錆びていました。 特定の弦だけが真っ茶色に。わりと最近錆びた感じです。 水かなにかをこぼしたのかな?と思いましたが、弦の下のハンマーには全く染みなどがありません。弦の上だけにこぼすなんて器用なことが起こるわけもないし... お客様に心当たりが無いか聞いてみても、特になにかこぼしたような記憶は無いとのことで迷宮入りかな [続きを読む]
  • ご予約状況カレンダー設置
  • ウェブサイト(申し込みページ)にご予約状況のカレンダーを設置しました。 http://www.tukusi-piano.com/order.html 午前、午後それぞれで空きがある場合は◯、空きがない場合は?の表示となります。 訪問するサービスという性質上、予約される方の地域と前後のご予約の地域によって訪問できるorできないが変わるため、正確な空き状況を掲載するのが難しく今まで設置を見送っていたのですが・・・絶対に伺えない日時だけでもわか [続きを読む]
  • お客様にピアノの気になるところを質問する意味とは
  • 調律でご訪問してピアノの点検をする前には必ずお客様に「どこか気になるところはありますか?」と質問してます。 お客様によっては「素人の意見ですから...」「気のせいかもしれないので...」と遠慮される方も多いのですが、実は普段弾かれている方の素直な感覚はものすごく大事なんです。 点検ではもちろんピアノ全体の音やタッチ、部品の動きや位置を項目ごとに細かくチェックするのですが、その人のタッチの強さでしか出ない不 [続きを読む]
  • ピアノの騒音対策
  • ピアノに限らず楽器を弾く際に関わってくる問題 “ご近所への騒音”当社のお客様でも気にされている方は多いです。 ピアノの騒音対策としては以下のようなものがあります。・窓を閉める・弱音ペダルを使用する・防音パネルを取りつける・消音装置を取りつける・部屋を二重窓、防音室にする これらは一定の効果がありますが、それぞれデメリットがあったり、大きなコストがかかったりします。もちろん最低限の騒音対策は大前提です [続きを読む]
  • “年数空きによる追加料金なし”という調律料金について
  • お客様から「調律料金安いですね!」と言われることが多いので、料金に対する考え方を少し。 調律料金のシステムは業者によって大きく分けて2パターンあります。 ・前回の調律からの年数に関わらず一律料金・前回の調律からの年数によって基本料金+追加料金(1年ごとに1,000〜2,000円程度) 当社では空き年数に関わらず一律料金になっています。作業料金が安くなる理由は、この調律の追加料金がかからないことが大きくなっています [続きを読む]
  • 14歳
  • 事務所の名称の由来にもなっている実家の愛犬つくしが本日14歳になりました。 41kg以上の超大型犬なので人間の年齢に換算すると108歳らしいです。食欲もあるし足腰も丈夫で元気過ぎます。 近影 散歩から帰りたくないと駄々をこねる図 十分長生きですが元気でさらに長生きしてほしいものです。 ピアノ調律・修理つくしピアノ調律所http://www.tukusi-piano.com/ [続きを読む]
  • ピアノの音が出ない!
  • 今年に入って急にピアノの音が一部出なくなる症状のご相談が増えています。原因はほぼ「スティック」と呼ばれる症状で内部の可動する関節部分の動きが悪くなることです。 ※1音につき3箇所、このような太さ1mmほどの軸で動く関節部分があります。 通常は湿気で部品が徐々に膨らんで行ったり、軸の部品が汚れて行ったり、それがあるとき限界を越えて動かなくなる→音が出なくなるということが多く、だいたい症状が出るピ [続きを読む]
  • ゆるキャラから始まる新年
  • 本日(1月5日)から2017年の業務開始です。 本年も宜しくお願い致します。 今年はせっかくの引っ越してきてから初の元旦だったので、5時頃起きて近くの(と言っても徒歩40分くらい)の展望台まで初日の出を見に行ってきました。 ほぼすべての道のりが山の中で、早朝からの登山はなかなか堪えました・・・ その甲斐あってばっちり初日の出が拝めました。 そして最近就任したばかりの埼 [続きを読む]
  • 空飛ぶピアノ
  • 引越しから9ヶ月経って、やっと新居にピアノがやってきました。 2階へクレーンで搬入です。基本的に戸建ての場合階段はつかえないので、2階以上はピアノを吊って窓から搬入することになります。 30分ほどで搬入完了。ピアノの運送屋さんの作業は驚くほど早いです。 やっとピアノ用の部屋が落ち着きました。 とりあえず外装を少しだけクリーニング。 磨いたところと [続きを読む]
  • ドライバーいろいろ
  • ドライバーを買い替えました。 旧 これから プラス・マイナスではっきり色分けされているのは使い勝手いいですよね 新 これへ サンバースト塗装で見た目もかっこいい! 柄が硬いのが嫌でずっとゴム製の持ち手のものを使っていたのですが、使っていると汚れてべとついてくるので今回は木製のものにしました。別にメーカーに拘りはないのですが、ここ三代たまたまベッセル社製で、どうやら合ってい [続きを読む]
  • 弦いろいろ
  • 最近たまたま、まとめて色々な楽器の弦を張り替えました。 ピアノエレキギターアコースティックギターベースバイオリン・・・ ピアノ以外は仕事ではないですけどね。 並べてみるとそれぞれ違いがあって面白いですが、切ったときの感覚も全然違います。 それぞれ適当に抜き出したものなので音域などバラバラですが、切り比べてみた感じは ピアノ(スチール)→細くても“張り”があるた [続きを読む]
  • 過去の記事 …