アジスキ さん プロフィール

  •  
アジスキさん: 酒紀行研究会・アジスキ
ハンドル名アジスキ さん
ブログタイトル酒紀行研究会・アジスキ
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/sakekiko
サイト紹介文 東北の地酒を中心に、日々味わった小さな「幸せ」を紹介します。
自由文 お酒は一期一会。同じお酒でも,心や体の調子で景色が違って見えます。
 お酒の感想は,私・アジスキの個人的な感想ですので・・・m(. . )m。

 皆様の「幸せ」の端緒になれれば,「幸せ」です。

 尚、自分自身で味わった日々の記録を兼ねていますので、
 お酒にナンバリング(*献目等)はしていますが、
 重複もあります。
 あしからず、お許しくださいm(−−)m。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供26回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2009/08/10 14:22

アジスキ さんのブログ記事

  • 酒国有長春をgoogle先生に聞いてみた。
  • あけましておめでとうございます。新年の酔い言葉を探していたら, 硯田無悪歳、酒国有長春と言う漢詩が現れた。(NHKの「2時間で回る伊勢神宮」の 迎賓館?の大広間の額に書いてあった(^^))だいたい意味はわかるが,google先生にも聞いてみました。う〜ん,興味深いなf(^^);。昨年末から,少し生活が変化して,更新が滞っています。しかし,お酒のある春のような日々を,今年も送ります。本年もよろしくおねがいしま [続きを読む]
  • 酒器16品目 純錫ちろり
  • 実は、4週間前に母が入院しました。脳の病気です。意識はあり、順調に回復しています。毎日のように、病院に行っていました。どんつくにも、行けず、実家の冷蔵庫の中を、整理整頓していました(^^;;。今日は、マスターの誕生日ですが、逆に、素晴らしい酒器を、譲り受けました。今日も、幸せ! [続きを読む]
  • 第31回 どんつく酒紀行研究会のお知らせ
  • (いつものことなのですがf(^^);)なんと! 明日、研究会を開催いたします。今回は、「事務局(とマスター)が、飲みたいお酒を呑む。」という、わがままな企画にもかかわらず、多くの参加予定者が集まり、無事に開催できそうです。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・事務局である私・アジスキは、先日より、風邪をひいておりますが、明日は、頑張ります(^^)ゞ。今日も幸せ!(明日も幸せ!) [続きを読む]
  • 1464盃目 十四代(超特撰・純大・播州山田錦)
  • 山形県村山市@「どんつく(宮城県大崎市)」です。季節の変わり目は、なんだか、わかりやすいお酒が飲みたくなります。極限まで、コメの力を引き出して、お蔵の心を表現しています。心に共鳴する人も(しない人も)、文句のつけようがない仕上がりです。製品として100%でも、官能に30%以上の支配を受ける世界で、心を伝えて、そして、広げたお蔵の力。とても綺麗で、秋の空のようなお酒です。風の声も聞こえてきそうです。 [続きを読む]
  • 1463盃目 美味燗倍・会津栄川(本醸造60・五百万石)
  • 福島県西会津町@「個人購入」です。福島には、他の「栄川(エイセン)」があります。しかし、こちらの方は、とても小さなお蔵で、「会津栄川(サカエガワ)」です。私・アジスキは、幼い頃に、ここ西会津町に夏から春にかけて、住まわせていただいたことがあります。もう、半世紀も前になろうとしています。雪国・会津のお酒は、昭和の頃は、とても甘く、お銚子がテーブルに貼りつくほどだった覚えがあります。このお酒は、それほ [続きを読む]
  • 1462盃目 亀齢(純米・ひとごこち)
  • 長野県上田市@個人入手祝い酒です(^^;;。甥っ子の結婚式のギフトです。淡麗で、仄かな香りで、キ・レ・イ・やや、おもさもありますが、素晴らしくバランスのあるお酒です。今日は、学芸会があり、さらに、夕方に、蕪栗沼に行き、充実の一日です。今日も幸せ! [続きを読む]
  • 水戸へ出張した話。
  • 先週末に、茨城大学に行ってきた。内容はともかく?として、駐車場整理のおじさんに、「受付(入口)はどこ?」と聞いたら、おじさんは、宮城県(石巻)の出身で、ニコニコしながら親切に、しっかり、案内していただいた。校門を出るときに、「お疲れ様、、、」と言うと。「おお、ご苦労様、またなぁ。」と大きな声で言われて、ちょっと恥ずかしかった。。。帰り道、駅ビルのインフォメーションのお姉さんに、「水戸のお土産はどこ [続きを読む]
  • 水戸へ出張した話。
  • 先週末に、茨城大学に行ってきた。内容はともかく?として、駐車場整理のおじさんに、「受付(入口)はどこ?」と聞いたら、おじさんは、宮城県(石巻)の出身で、ニコニコしながら親切に、しっかり、案内していただいた。校門を出るときに、「お疲れ様、、、」と言うと。「おお、ご苦労様、またなぁ。」と大きな声で言われて、ちょっと恥ずかしかった。。。帰り道、駅ビルのインフォメーションのお姉さんに、「水戸のお土産はどこ [続きを読む]