野球好きジジイ さん プロフィール

  •  
野球好きジジイさん: 嗚呼 ソフトバンクホークス
ハンドル名野球好きジジイ さん
ブログタイトル嗚呼 ソフトバンクホークス
ブログURLhttps://ameblo.jp/hawks08/
サイト紹介文九州に本拠を置く唯一のプロ野球チーム・ソフトバンクホークスの試合結果を語る場。
自由文第3期黄金時代を迎えつつあるホークス。混戦パ・リーグの主役を担う中堅、若手のさらなる飛躍に期待しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供159回 / 365日(平均3.0回/週) - 参加 2009/08/11 11:37

野球好きジジイ さんのブログ記事

  • 魂こもっていたのか
  • 10月18日(水)CSファイナル1回戦(ヤフオクD)、2-3で負け。対戦成績1勝1敗(AD含む)。1か月以上の休養があり、魂込めると望んだ最多勝投手の口から「改めて1球の怖さを知った」というコメントは聞きたくない。しかも打たれた3人が悪い。ヨーイ・ドンの先頭打者、1ST第3戦で調子を戻した助っ人、公式戦で乱闘騒ぎを起こした相手。打たれてはいけない試合で、打たれてはいけない打者に打たれたのだから、どれだけ魂がこもってい [続きを読む]
  • 以って他山の石とすべし
  • CS1ST第3戦を見た。梨田監督の継投のタイミングが素晴らしかった。1STでは、2位のチームに相当のプレッシャーがかかるものだということを見せつけられた。1位チームのそれは、この比ではないということになる。以って他山の石とすべし、である。5回1点差に詰め寄られて、秋山。ここで美馬から、憎たらしいが好投手の左腕高梨にスパッと替える。7回は、やはりピンチで秋山を迎えたところで、制球の悪いハーマンから福山にスイッチ。 [続きを読む]
  • 公式戦終了
  • 10月8日(日)楽天25回戦(宮城)、0-2で負け。対戦成績13勝12敗。既に順位が決定したあとの消化試合で、盛り上がるはずはなかった。こちらも優勝が決まってからは、片手間の観戦に終始。個人記録のこともあり、中止する訳にも行かない。武田は相変わらず無駄な球の多いピッチングで、見るべきものなし。藤田には四球を嫌がってストライクを投げ、完璧に打たれた。プレーオフシーズンは先発4人体制だから、この男の出番はない。今 [続きを読む]
  • 摂津が良かった
  • 10月1日(日)オリックス24回戦(京セラD)、2-0で勝ち。対戦成績17勝7敗。優勝を決めた後では最も良い試合だった。決勝打を放った今宮には死に物狂いで今季の打率270をクリアしてほしい。石川は制球が悪く、従ってテンポも悪い。追いつかれた後に逆転した試合の勝ち星などがあるので、8勝の価値はないのだが、昨年の故障明けから考えれば、頑張った部類だろう。今季の後半は体のキレがなくなって手投げになった。元々そういう投げ [続きを読む]
  • 案の定・・・
  • 9月30日(土)オリックス23回戦(京セラD)、8回表時点で7-4。これで逃げ切るのを前提に書いている。7回に中継ぎダメダメトリオが出てきて、試合の興趣が一気に失せた。20番はまあ抑えたけれど、五十嵐の態度はさすがに許せない。制球の悪さを球審のせいにするのはいつもながらで、甲斐と組むと露骨に嫌な態度を取る。今日の球審は山岡にも厳しすぎて、せっかくのゲームをぶち壊したのは事実。投手が起こるのは無理はない。しかし [続きを読む]
  • 情けなや
  • 9月28日(木)西武25回戦(ヤフオクD)、8-5で勝ち。対戦成績16勝9敗。ここ数試合、まともに観戦していない。今日も2回から見始めて初回に山川に一発食らったと聞いて、しばらくはニュースを見ていた。勝敗は抜きにして、気合の入らないゲームは見る価値がない。リーグ優勝が決まり、プレーオフまで1か月。集中力を欠くのは仕方なく、勝ちパターンをつぎ込まない理由も分かる。一度緩んだ集中力は、戻すのが容易ではない。そのよう [続きを読む]
  • 嘉弥真も使えない
  • 9月24日(日)楽天23回戦(ヤフオクD)、4-3で勝ち。対戦成績13勝10敗。嘉弥真が昨日に続いて試合をぶち壊したが、直後に逆転した。ポストシーズンでこの左腕は登録が厳しくなった。甲斐同様、春先は良かったが、後半から大失速。きょうも力のないスライダーでカウントを取りに行った初球が、恐ろしく甘かった。イニングの頭からよりもピンチの場面のほうが投げやすい、と豪語していたようだが、滅多なことは言うものではない。摂 [続きを読む]
  • 甲斐の成長が止まっている
  • 9月23日(土)楽天22回戦(ヤフオクD)、1-3で負け。対戦成績12勝10敗。ここ3年間対戦して勝っていないという塩見。見ているほうからすると、全く正反対の印象を受ける。とにかく打てない。しかし6回当たりから崩れる。きょうもそんな展開になったが、拙攻と固すぎる采配で逆転を呼び込めなかった。これだけの大差で優勝する以上、勝ち越せないチームがあるのは許されない。左腕に弱い打線だから予想通りの展開になったが、主砲不 [続きを読む]
  • やはり消化試合
  • 9月21日(木)日ハム25回戦(札幌D)、4-6で負け。対戦成績17勝8敗。期待の大谷だったが、制球難で不調。見所なく終わった。前回完封したチンタラ王子が本領発揮し、3回で観戦停止。しばらくしてかけたら鶴岡が併殺でジ・エンド。やはり、優勝が決まってからの試合は見ていてつまらない。個人タイトル争いも柳田の抹消で興味がなくなった。全治3週間の見立てだが、鍛えた体なら、復帰は少し早まるのではないか。にしても、CSでの活 [続きを読む]
  • 岩本勉のうるさいこと
  • 9月20日(水)日ハム24回戦(札幌D)、4-1で勝ち。対戦成績17勝7敗。塚田の一発で流れが変わったが、柳田の負傷が痛い。大事に至らなければいいが、痛めたところが悪い。ハムの若手投手は才能溢れる者が少なくないが、マウンドさばきが小憎たらしい。高梨やこの上沢はその代表。最近はあまり顔を見ないが、中村勝もこの部類。上沢のストレートは平凡な球速だが、緩い球が効果的で、いつもきりきり舞いさせられる。当面の敵ではない [続きを読む]
  • ナニコレ?
  • 9月18日(月)西武24回戦(西武D)、延長10回、13-14でサヨナラ負け。対戦成績15勝9敗。5回裏終了時点で11−5。あとは録画して夜ゆっくり見ようと外出して帰ってきたら、なにこれは、である。 消化試合にしては、出る投手が打たれ過ぎだ。更新する気もおこらない。コメント広場でお願いします。 お読みいただけましたら、↓を し ていただければ嬉しいです。 にほんブログ村 [続きを読む]
  • 山川に打たれ過ぎ
  • 9月17日(日)西武23回戦(西武D)、2-3で負け。対戦成績15勝8敗。昨日のスタメンがそのまま出てくるとは思わなかった。千賀の規定投球回数到達がきょうのテーマだったが、この敗戦は仕方ない。気になったのは、甲斐のバッティング。右に押っ付けていたのか、フルスイングだったのか。判然としないが、昨日のハシャギ疲れならともかく、このところバットにかすりもしない打席が多い。5月頃の勢いのある時期はHRも出ていたが、それ [続きを読む]
  • 2年ぶりリーグ優勝
  • 9月16日(土)西武22回戦(西武D)、7-3で勝ち。対戦成績15勝7敗。主戦級が投げ主軸が打ち、最後は守護神が緊張したが2失点に留めて2年ぶりの優勝となった。工藤監督は試合後、珍しく声を詰まらせた。昨年の屈辱がなければ無類の4連覇だっただけに、いまだに悔やむが、指揮官も相当悲嘆していたのだろう。それでもぐっとこらえて気丈に振舞った。東浜は5月頃の好調時に近く、初回から飛ばした。山川には失投したが、久しぶりにスト [続きを読む]
  • 打たれて勝つ
  • 9月14日(木)オリックス22回戦(ヤフオクD)、7-4で勝ち。対戦成績16勝6敗。3連続四球に走者一掃の2塁打。登板間隔が開いていたとはいえ、期待の若手石川が中田の好投を一瞬にして潰した上に味方の反撃で白星が付いた。なんとも不条理なゲームだった。こうなると、5回で交代させたベンチの継投ミスになるが、石川から度胸の良さを取ったら、残るものは少ない。パワーカーブが決まらず、投げる球はストレートだけ。打撃巧者の小谷 [続きを読む]
  • 無題
  • 9月13日(水)オリックス21回戦(ヤフオクD)、2-5で負け。対戦成績15勝6敗。同じ選手に3発食らって試合は勝てない。金子もさほど良くはなかったが、悪いなりの投球ができたかどうかの差が出た。バンデンハークは前回同様ピリッとせず、体が重そうだった。1年を通して投げるスタミナが身についていないせいか。この大柄な選手が、だるそうに投げると、見ているほうは息苦しくなる。テンポも悪い。途中でウトウトしてしまい、マレー [続きを読む]
  • 最後はバタバタ
  • 9月10日(日)ロッテ24回戦(千葉)、6-3で勝ち。対戦成績18勝6敗。再三の好機をつぶし4度目のチャンスでようやく3点。相手センターがまともに守備をしていたら、この得点は怪しかった。最後は気を抜いてピンチを作り、継投失敗を守護神が火消し。バタバタの試合になった。2回、デスパが二木につけたクレームはいったい何だったのか。こういう時にこそ、日ごろ不要と思うベンチレポートが欲しかった。2段モーションかロージンのつ [続きを読む]
  • 僅差
  • 9月9日(土)ロッテ23回戦(千葉)、2-1で勝ち。対戦成績17勝6敗。一流投手は不安定な立ち上がりを攻めるのが攻略のカギ。涌井には今季1勝2敗だが防御率は1.73。対戦内容ではホークスは、涌井にとって最も分が良いのだ。遊撃・平沢の投球エラーで2塁に進んだことが試合を分けた。1死1塁で止めておけば、涌井は徐々に良くなって術中に嵌まるところだった。相手のミスを見るにつけ、今宮の守備がいかに貢献しているかを痛感する。柳 [続きを読む]
  • ヘロヘロ
  • 9月8日(金)ロッテ22回戦(千葉)、6-4で勝ち。対戦成績16勝6敗。4回までに毎回6得点の援護をもらいながら、6回持たずに途中降板。首位ホークスでなければ、15勝など夢の夢だろう。1回飛ばして走り込みをするしかない。東浜が良かったのは、初回鈴木にインローに投げた5球目のストレート1球だけだった。ボール先行でカウントを悪くし、球威のないストレートや腕が緩んで見破られた変化球を痛打され、塁上を賑わした。決め球のない [続きを読む]
  • 投げ切る
  • 9月6日(水)オリックス20回戦(神戸)、8-0で勝ち。対戦成績15勝5敗。無四球完封。やればできるでねえの、である。大量点に守られてではあったが、きょうは気合が入っていた。今季は日程から見て3回は登板機会がある。もう一度この投球を見せてほしい。ストライク先行でカウントを作れたのが大きかった。ストレートもまずまず走っていたし、時々投げる140キロのカットボール(?)やスライダーが要所で決まっていた。カーブも制球 [続きを読む]
  • 間一髪
  • 9月5日(火)オリックス19回戦(京セラD)、6-5で勝ち。対戦成績14勝5敗。とっておきの走り屋が残っていた。松田の打球はライナー気味で、2塁スタートは少し遅いようにも見えたが、捕手の追いタッチを計算してホームベースの外側に向かって腕を伸ばした。間一髪だった。このところ精彩を欠いていた本多が久しぶりに良い仕事をした。試合のポイントは1回表1死1-3塁。2-0と先制したあと福田の打席。ストライクの直球を3球見逃した。 [続きを読む]
  • 非情
  • 9月3日(日)楽天21回戦(ヤフオクD)、1-0で9回サヨナラ勝ち。対戦成績12勝9敗。試合に勝って勝負に負けた。則本はそう思っただろう。和田も良く投げたが、則本は付け入るスキがまったくなかった。9回は今宮の初球が甘く入った。3番中村は形勢からして送りバントが濃厚。しかし楽天バッテリーは警戒するでもなく、転がしやすいボールを投げた。柳田は3打席とも凡退していて、塁を埋めて2安打しているデスパと勝負するのは危険な場 [続きを読む]
  • 疲労感ありあり
  • 9月2日(土)楽天20回戦(ヤフオクD)、3-1で勝ち。対戦成績11勝9敗。さすがに疲労困憊だ。げっそりしたこの表情がそれを物語る。昨日も先頭打者を出して苦戦した。勝ち越しを狙い、明日は休ませるつもりの3連投だった。日曜はベンチ入りしないほうがいい。千賀は、悪いなりに楽天の拙攻にも助けられて8回途中まで我慢した。初回、オコエが出たあと、銀次が無抵抗の見逃しをしたことで、楽天の敗色が濃厚になった。カーブかフォー [続きを読む]
  • 見逃し三振が多すぎる
  • 9月1日(金)楽天19回戦(ヤフオクD)、2-0で勝ち。対戦成績10勝9敗。昨日3安打で4点、今日は4安打で2点。投手戦ではあったが、アマダーの退場劇が目立つ連日の貧打。3本、4本で勝つのは強い証拠だろうが、ちょっと異状である。松田が久しぶりに一発出したが、明日も打つ保証はない。東浜は打たれては抑えるいつものピッチングだったが、要所でシンカーが決まりピンチをしのぐ。僅差だけに7回は固い継投に入ったが、前回よりはまし [続きを読む]
  • 2日連続
  • 8月31日(木)日ハム23回戦(札幌D)、4-3で勝ち。対戦成績16勝7敗。きょうは塁に走者がいたという違いで勝敗は分かれたが、内容のなさは昨日と五十歩百歩。短かったが大谷のピッチングと、福田のラッキーパンチが見れただけのゲームだった。石川は良い投球をした。球威がありカーブも制球されていて、7回まではいけそうだった。しかし突然四球を出す癖は治っていない。3回も先頭で2割打者の大野(苦手の打者だったかもしれない) [続きを読む]
  • 見せ場なし
  • 8月30日(水)日ハム22回戦(旭川)、1-3で負け。対戦成績15勝7敗。今宮のHRを除いて見せ場ゼロ。散発4安打に先発不調。今季ワースト5指に入る見る価値なしのゲームだった。バンデンハークはストレート、カーブともに制球力がなく、今季最低に近い出来。最近、良いピッチングが続いていただけに、息切れしたか。1日ずれ込んで集中力が不足していたか、とにかく見ていて酷く疲れる、ウンザリの投球だった。3点で収まったのが不思議 [続きを読む]