akira さん プロフィール

  •  
akiraさん: 日能研の歩き方
ハンドル名akira さん
ブログタイトル日能研の歩き方
ブログURLhttps://ameblo.jp/akira11552001/
サイト紹介文全国3万の日能研生へ中学受験に成功するための方法を日能研スタッフが公開します。
自由文小学生のみの中学受験専門塾「日能研」の歩き方を内部スタッフの目から紹介していきたいと思います。日々、保護者や生徒の皆さんから寄せられる質問や相談ごとなど、同じ中学受験を控えた皆さんの参考になると思います。また、これから塾をお探しの方や、日能研を検討されている方にも参考になるようなブログ作りを心がけていきたいと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供170回 / 365日(平均3.3回/週) - 参加 2009/08/15 17:40

akira さんのブログ記事

  • 第11回 速さⅠ─速さの三公式(5年生) その2
  • 昨日の続きです。技として、分速を経由せず、一気に単位換算できる方法もアップしておきましょう。 ★速さの単位換算(一気ワザ!)秒速□m→時速□km  ×3.6秒速□m←時速□km    ÷3.6 例題4(1)秒速7m=時速□km(2)時速126km=秒速□m↓↓↓答え 例題4答え(1)25.2 (2)35 また計算するときに単位がそろってないときは単位をそろえましょう。今年は和歌山のアドベンチャーワールドの赤ちゃん誕生のニュースがありまし [続きを読む]
  • 第11回 速さⅠ─速さの三公式(5年生) その1
  • 今週から速さが5週連続で続きます。今まで習ってきた比も使っていきますから、いろいろな分野の融合的な単元とも言えます。「速さ」はほとんどの中学校で出題されますから、絶対に逃げられない単元です。しっかり自分のものにしましょう。 まず、時間の単位換算についてです。ポイントと例題も載せておくので参考にしてください。 ★時間の単位換算(覚えよう!)1/2時間=30分   1/3時間=20分 1/4時間=15分1/5時間=1 [続きを読む]
  • 比例(4年生)
  • 今週から比例やその応用(速さ)の単元が続きます。本科そのものの単元は計算が楽になりますが、再三このブログで書いているように「計算と漢字」の計算は小数の四則混合やその逆算になってきますからけっこうきついです。さぼらないように計画的にやっていきましょう。 いつも通り昨年の記事のリンクを載せておきます。参考になさってください。 https://ameblo.jp/akira11552001/entry-12329691657.html にほんブログ村ランキン [続きを読む]
  • 第10回 比Ⅵ─相似比と面積比(5年生)
  • 相似な図形というと例えば、正方形や正三角形、円などがあげられます。これらは拡大、縮小すればぴったり重なりますから、必ず相似になります。(ひし形は角度が違えば、ぴったり重なりませんから、必ずしも相似とはなりません) 相似比が 1:2 のとき、面積比は (1×1):(2×2)=1:4になります。ここで問題なのが、今自分が求めるべきは相似比なのか面積比なのか子どもたちは混乱するということです。ストレートに面積比を求めなさ [続きを読む]
  • 重大ニュース2018 その1
  • 日能研 重大ニュース2018 が発売されました。6年生の皆さんにとっては12月からの授業で使う教材ですので、買う必要はないです。もうしばらくお待ちください。 2019年度中学受験用 2018重大ニュース (日能研ブックス)1,620円Amazon4,5年生の方で興味がある人は読んでみてもいいかもしれません。※ニュースは連続性があるものも多いですし、4,5年生の公開模試にもときどき時事問題が出るときがあります。 気になる目次を紹介してお [続きを読む]
  • 場合の数(4年生)
  • めっきり寒くなりましたね。肌や手がかなり乾燥するのでハンドクリームが手放せなくなりました。おすすめのクリームがあれば教えてほしいです。(今は駅のコンビニで売っているものをあちこちにおいて使ってます) メンソレータム 薬用ハンドベール うるおいさらっとジェル (チューブ) 2種類のヒアルロン酸×...368円Amazon 今週は、場合の数です。昨年の記事のリンクを載せておきます。計算が一気に楽になりましたね。 https://am [続きを読む]
  • 式を書く意味とは
  • 3年生の授業中でのできごとです。宿題チェックの際に、途中式がないノートがあったので、子ども達に「式を書く意味とは何か」ということを尋ねてみました。いくつか答えが返ってきましたが、3年生としてはかなりいい答えでした。 次回からは、もう少し途中式、プロセスをていねいに宿題をやってほしいです。 式を書く意味自分へのメリットとしては、①ミスの防止考え方の途中を残しておくことはミスの防止になります。途中で間違 [続きを読む]
  • 分数(4年生)
  • 4年生の分数の単元です。昨年の記事のリンクです。参考にしてみてください。 https://ameblo.jp/akira11552001/entry-12325365120.html 毎年、質問に来るのがいわゆる「倍分」の問題です。 5分の3の6分の1はいくつですか? という問題です。5年生であればかけ算で終了です。4年生はまだ習っていないので線分図で解いていきます。 5分の3と10分の6が同じ(倍分)というのをこの線分図で何とか理解してもらい、10分の [続きを読む]
  • 第9回 比Ⅴ─底辺比と面積比(5年生)
  • 先週の「食塩水」どうでしたか? けっこうきつかったのではないでしょうか?公開模試にも出る可能性があるので育テをしっかりふり返りしておきましょう。 今週から図形です。1回目は底辺比と面積比です。今週は比較的何とかなる単元です。ただし、何とかなるのは、ある程度のレベルまでです。 今までは考えようは比較的簡単なものが多かったですが、今週は考えよう2の(2)と考えよう3の(2)はなかなか難しいです。考えよう [続きを読む]
  • 第8回 比Ⅳ─濃度と比(5年生)
  • 今週は「食塩水」です。苦手な生徒が多い単元でもあります。 まずは、面積図で3つの公式を頭に入れましょう。 大原則として、食塩水=食塩+水 です。 その次に3つの公式です。濃度は%から小数に直して計算します。①濃度=食塩÷食塩水(×100)②食塩=食塩水×濃度③食塩水=食塩÷濃度 ①②の2つが大事です。そのときに、ビーカーの図を書いて説明するとイメージがつかみやすいようです。 自分は↓のように書いています [続きを読む]
  • 小数の応用(4年生)
  • いろいろあわただしく、4年生の更新が止まっていました。(3年生もですが)長かった小数の応用もやっと終了しましたね。今後も計算と漢字やテストでは小数の計算が出てきますから継続して練習をしていくようにしましょう。 過去記事のリンクを貼っておくので参考にしてください。 小数の応用Ⅰhttps://ameblo.jp/akira11552001/entry-12320772840.html 小数の応用Ⅱhttps://ameblo.jp/akira11552001/entry-12323142072.html 小数 [続きを読む]
  • 第7回 比Ⅲ─平均と逆比/分配算・倍数算(5年生)
  • 比の3回目です。今回からいよいよ「比」を実践的に使っていきます。 ①平均と逆比前期にも平均を扱いましたが、逆比を使えると計算が楽になります。面積図を書いてビジュアルに訴えて解くようにしましょう。 ②分配算こちらも4年生のときに扱いましたね。線分図をていねいに書いて解いていきましょう。先週習った「比例配分」をうまく使っていきましょう。3つの時は最小にそろえるなどルールを決めておくとよいでしょう。 ③倍数 [続きを読む]
  • あと5点あげるために生徒が自分ですること その1
  • アクセスがよかったのでシリーズ化してみます。今回はあと5点あげるために子ども自身がすべきことです。 それは、パターン問題をすばやく解けるようにすることです。算数を暗記で処理しようとするとNGを出す先生はけっこういます。それは応用問題までやり方を覚えようとしているからです。ここでいうパターン問題とは「計算と漢字」の一行題や公開模試の□2番の正答率50%以上の問題、またはステージVの例題や前期のテキストの [続きを読む]
  • 直角と図形(3年生)
  • 今日は人間ドックでした。自分は、バリウムが苦手なので、胃カメラにしています。私が行くクリニックは無痛胃カメラという麻酔をしてから胃カメラを入れてくれます。寝てる間に終わるんですね。ただ、毎年やる前は緊張します。今日はその緊張から解き放たれてごはんをおいしく食べられました。ジムに通っている成果もあって、毎年体重が減っているとドックの先生がほめてくれるんですね。ほめられるとうれしいのは生徒と同じ感覚で [続きを読む]
  • あと5点あげるために親ができること その2
  • 昨日の続きです。10月の公開模試(6年生)の□1の(6)単位換算、体積。皆さんのお子様は正解していたでしょうか。正解していた方は読み飛ばしてください。 正答率は45.9%です。けっこう低いですよね。日能研の歩き方の愛読者の方であれば、単位換算についてはこのブログでけっこう記事にしているので「またか」と思われるかもしれませんが、このブログの認知度がまだまだ低いようで単位換算はけっこうな割合で間違えるのです。 [続きを読む]
  • あと5点あげるために親ができること その1
  • 6年生向けの記事ですが、5年生の方にも参考になると思います。10月の公開模試□1番の(5)の計算問題、皆さんのお子さんは正解できていましたか?正解していた人は読み飛ばしてください。 残念ながら不正解だった人は、次回以降の模試や入試で正解できるようにふり返りをしておきましょう。ちなみに正答率は56.5%ですから計算問題としてはなかなか難しい問題でした。 逆算が難しくなる理由は①計算の回数を増やす(今回は5回) [続きを読む]
  • 第6回 比Ⅱ─連比・比例配分・逆比(5年生)
  • 比の基本の2回目です。まだ比のルールを習っている段階ですから1つ1つはそれほど難しくありません。ミスをしないように反復練習しておきましょう。 ①連比はA:Cに注意連比はA:B、B:Cの連比を問う問題は比較的正答率が高いのですが、A:BとA:Cの連比を問われているのに先入観でB:Cと間違えることがあります。もったいないミスですから問題をよく確認しましょう。A:Cは見逃しやすいということを念頭に入れて問題に挑みましょう。 [続きを読む]
  • 算数苦手っ子への処方箋(5年生)
  • 【算数苦手っ子への処方箋】後ろ向き発言を前向き発言へ(解らない・難しい・面倒くさいはNGワード)うちの子は算数苦手だからもNGワード。①問題をよくばらない。ある程度解けるようになったところで、難しい問題もと考えると、うまくいかない。テストでも、まずは取るべき問題をしっかり取れていればOKというスタンスで臨む。苦手っ子にとっては、全体正答率の−20%程度が実感値に近い正答率です。 正答率80%=普通なら取りた [続きを読む]
  • センス派への処方箋(5年生)
  • 先日の5年生の保護者会で「センス派への処方箋」という話をしましたので紹介させていただきます。 10月、11月は4科目とも大変になる時期。センスが通用しなくなる。コツコツ派は大丈夫。【これまで】実数を扱うことが多かった。 【これから】イメージしづらい分数や、全体を1と置き換えて考えていく割合を扱う。(さらに比の登場)センスの良さでどうにかクリアできていたものも通用しない。算数を頼みにしていた子にとっては、こ [続きを読む]
  • 第5回 比Ⅰ 等しい比・比例式(5年生)
  • ここから比が6回続きます。ある意味導入の単元ですから今まで以上にしっかりものにしておきたいです。 中でも子ども達がつまづきやすいのが ①〜に対してA:Bの場合、Bに「〜に対して」にあたるもの、割合で言えば①(マルイチ)や「もとにする量」が来ます。 ②比の値比の値を求めなさい。という問題はおそらく今回限りです。忘れやすいので復習しておきましょう。A:Bは、A÷Bですから比の値はA/B(B分のA)となります。(例)1 [続きを読む]
  • 小数のわり算 商とあまり(4年生)
  • 今週で小数の基本が終了します。去年の記事のリンクです。参考になさってください。 https://ameblo.jp/akira11552001/entry-12319314140.html あまりの小数点の位置のルールです。複雑ですから反復練習して身に付けましょう。 また、のりしろの問題については去年も書きましたが苦手な生徒が多いです。このタイミングで等差数列で解けるようにしておきましょう。 次週からは四則混合です。 ↓教室の本棚に下の本を導入したら取り [続きを読む]
  • 小数÷小数(4年生)
  • 今週は小数÷小数です。昨年の記事のリンクを載せておきます。 https://ameblo.jp/akira11552001/entry-12317309763.html 基本的な計算のルールを学んでいる時期ですから家庭学習=反復練習が非常に大切です。 ここはさぼらずに反復練習をしっかりやりましょう。小数点の移動のルールをしっかりマスターしておきたいです。 にほんブログ村ランキングに参加しています。よろしかったらポチッと押してくださいね。にほんブログ村 Edu [続きを読む]
  • 空間の位置関係(3年生)
  • 今週は少し難しかったかもしれません。 線(辺)と線(辺)の関係線(辺)と面の関係面と面の関係 を勉強しました。 キーワードとしては「平行」「交わり」「ねじれ」「すい直」が出てきました。この中でも必ず覚えてほしいのが「平行」です。 できれば体を使って覚えましょう。前へならえが「平行」でスペシウム光線が「すい直」です。 にほんブログ村ランキングに参加しています。よろしかったらポチッと押してくださいね。にほ [続きを読む]
  • 第4回 規則性Ⅲ-比例・反比例・一次関数(5年生)
  • 次回の育テのもうひとつの単元です。 ★比例の式y=□×x (商一定) ★反比例の式x×y=□ (積一定) の2つは必ず覚えておきましょう。いつものようにレポート用紙に書いて部屋に貼るのです。 子ども達が苦手にしていたのが、文章を読んでこれが比例か反比例かまたはどれでもないか選ぶ問題です。とくにどちらでもないのを選ぶのが苦手なようです。テキストでよく復習をしておきましょう。2つの式を見てわかるようにかけ算が [続きを読む]
  • 小数÷整数、整数÷小数(4年生)
  • いよいよ、小数の計算も中ボスわり算に入りました。(ラスボスは整数同様四則混合の逆算です) 特にわる数が小数の場合にいろいろとルールがややこしいです。小数点を移動した場合はすぐに商の小数点を書き込みましょう。 「すぐやる」がポイントです。勉強も仕事もコツはすぐやるです。 昨年の記事のリンクを載せておきます。参考にしてみてください。 https://ameblo.jp/akira11552001/entry-12314587553.html ガソリンや石油の [続きを読む]