きたろう さん プロフィール

  •  
きたろうさん: ブラムリーファンクラブ
ハンドル名きたろう さん
ブログタイトルブラムリーファンクラブ
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/apple5555/
サイト紹介文料理用りんご「ブラムリー」のファンが集めた情報を発信しています。
自由文料理用りんご「ブラムリー」の魅力は、酸味が強く、甘味が少なく、電子レンジで加熱するだけでなめらかに煮溶け、その上香りが持続する点です。
スイーツはもちろんですが、スープを作ったり、リンゴ粥を作ったり、甘いものが苦手な人も料理で楽しめます。
イギリスで一番人気の料理用りんごです。
イギリスの情報も織り交ぜて、「ブラムリー」「Bramley」をキーワードに情報を発信しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供25回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2009/08/13 09:33

きたろう さんのブログ記事

  • イギリスの雑誌に紹介されました
  • ブラムリーが誕生したイギリスのサウスウェル(Southwell)はノッディンガム州にあります。そこの LIFTLION という雑誌記者さんから取材依頼があり、約2ヶ月間、やりとりをしました。記事がオンラインで読めます。…こちら…美しいイラストはりんごの種を蒔いた少女、メリーアンと、やがてブラムリーが大きく実り、日本へと広がった歴史を感じさせます。200年を生き抜いてきたサウスウェルのブラムリーの原木は、昨年、ノッディン [続きを読む]
  • モンクレとブラムリー
  • モーニングトン・クレセント 東京 (Mornington Crescent Tokyo) の記事で、ブラムリー のこと、そして、ブラムリーファンクラブのことも紹介されています。私たちにとっても、ステイシーさんとの出会いは、大きなプレゼントだと思っています。イギリスの食生活、ブラムリーをはじめとした果物の活用など、多くのことを教えていただいています。沢山のファンがいるステイシーさんの魅力が溢れるコラムで、読みながら温かな気持ちに [続きを読む]
  • 日本における「クッキングアップル」とは…
  • 「クッキングアップル」を共に考えるセミナーでお話しをさせていただきました。弘前大学と青森県の板柳町は、これからの日本のりんご産業を見据えて、料理用のりんごの品種について共同研究を行っています。日本に西洋りんごが導入されたのは、明治に入ってから。欧米から沢山の品種を取り寄せ、その中から、育てやすく、日本人が好むりんごの市場を作り上げてきました。フジを頂点としたイーティングアップルが日本のりんご産業の [続きを読む]
  • イギリスのブラムリー
  • The Bramley in Buckland イギリスのブラムリー事情の発信を始めたフェイスブックのページです。興味深い一枚がありました。An interesting visit to No 10 Downing Street. It was John Majors 50th Birthday, and he clearly had to be given a Birthday Cake ( Bramleys in the mixture of course!) Sian, my Grandaughter, 4 at the time, presented him with a basket of Bramleys, well one can never have too many.Ian Mi [続きを読む]
  • イギリス WI レシピ ブック
  • イギリス料理に興味のある方も日本のブラムリーを応援しているので、ノッティンガムの本屋さんに、日本向けの特別通販サイトを立ち上げていただきました。100周年記念レシピブックです。りんごを使ったレシピも幾つかあります。特別に北野佐久子先生に、このレシピブックについて教えていただきました。(写真提供:北野佐久子先生)カナダで1897年に始まり、イギリスでは1915年、第一次大戦中に始まったWI(Women [続きを読む]
  • 『シードルの事典』
  • ※写真提供:日本シードルマスター協会りんご友の小野さんから、シードルの本を出したので、是非、ご一読を…とお知らせがありました。小野さんは、日本シードルマスター協会を立ち上げ日本のりんご産業に新たな風を吹き込むお一人。「あとがき」は、りんご愛に溢れています。シードルの事典海外のブランドから国産までりんご酒の魅力、文化、生産者を紹介…こちら…書店、通販サイトでも販売中ですが、日本シードルマスター協会に [続きを読む]
  • ブラムリーのハロウィン装飾
  • (写真提供 Desing Team Liviu) 横浜山手西洋館 234番館にて、 『魔女が運んだマムとブラムリーアップルで飾るハロウィン』展示が始まりました。 234番館…こちら… 【装飾】 Desing Team Liviu  石畑 真有美 葛西 知子 【協力】 (有)ジャパンフラワードリーム 仙北果樹園 (株)サカタのタネ  ブラムリーファンクラブ  横浜山手西洋館 [続きを読む]
  • 北野先生、サウスウェルに到着
  • #ブラムリー が誕生した イギリス サウスウェルに到着した 北野 佐久子 先生から、 Daily Telegraph の記事画像が届きました! 個人宅にある瀕死の原木を、 その家と敷地ごと保存していこうと 大学が名乗りを上げました。 200年以上前に種を蒔いた少女、メアリーアン。 たわわに実る頃、そのりんごに目を留めた 17才の苗木商、ヘンリー・メリ [続きを読む]
  • 10/9 いいづな りんご並木フェスタ
  • 現在、英国りんごフェア期間中の長野県 飯綱町のいいづなアップルミュージアム。 開館20周年の特別イベントが開催されます。 チラシのPDFをダウンロードできます。…こちら… 開館当時、イギリス、英国王立園芸協会ウィズリーガーデンから17品種のりんごの穂木が贈られ、 それが りんご並木 になりました。 このフェスタのために、8月頃から順次収穫した りんごを保存してきたそうです。 [続きを読む]
  • ブラムリー 生果の販売情報
  • 現在、ブラムリーの生果を販売している方々のリストです。他にも、販売をされている生産者さんはいます。また、催事やファーマーズマーケットなどで販売されることもありますが、ネット販売が主軸です。 長野県 小布施町 小布施屋…こちら… 特徴日本でのブラムリーの商業生産を最初に取り組んだ町。 飯綱町 山下フルーツ農園…こちら… 特徴農薬を半分に減らしたエコフ [続きを読む]
  • ブラムリーが紹介されます。
  • 金曜イチからスペシャル「秋のごちそう いただきます!」 9月29日金曜 NHK総合1 午後7時30分〜 午後8時43分 長野の"りんごの里"ではタレント・鈴木ちなみさんが新品種のりんごを見つけ、想定外のおいしさにびっくり! 飯綱町の ブラムリー と 高坂りんごをなど、珍しい品種が登場するそうです。 関東を中心としたエリアでの放送らしいので、確認してください。 …こちら… [続きを読む]
  • 第11回小布施ブラムリーを楽しむ会
  • 2017年9月20日ブラムリーシーズンもたけなわ。今年40トンの生産高をあげた、長野県小布施町。すでにその実りを受け取られた方も多いことでしょう。 小布施町主催の昼食会「小布施ブラムリーを楽しむ会」も 11回目を迎えました。 今年も東京ステーションホテルのエレガントなレストラン「ブランルージュ」で、総料理長石原雅弘氏の手による正統派フレンチのフルコースをいただきました。前菜からデ [続きを読む]
  • ブラムリー、届く!
  • 小布施屋さんから、今年初のブラムリーが届きました!今年もまた会えてうれしいです。3キロで大きいのから小さいのまで、いろいろなサイズが混ざって10個。まだ香りは出ていないので、落ちついていられます。ジャムより淡い甘さにさっと煮て冷凍しようか、瓶詰めにしてちゃんと脱気して、どのくらい美味しさを保てるか、試してみようか、などなど、今年は早めに加工して、生果で野菜室を占領しないように、美 [続きを読む]
  • 小布施ブラムリー 先行販売
  • 小布施屋さんより 【1】新宿高野「小布施マルシェ」開催のお知らせ--------------------------------------------------- 新宿高野本店地下2階で小布施マルシェを開催することになりました。 日時:8月22日(火)、23日(水)の2日間 10:00〜場所:新宿高野本店 B2地下通路入口にて  一足お先に「ブラムリー」の販売を行います。 また、旬の桃2種類と旬の野菜も併せてお持ちしますよ〜。 http://takano.jp/ [続きを読む]
  • 北野佐久子さん「物語のティータイム」
  • 夏休みのシーズン。 子供時代の楽しい記憶がよみがえる時でもあります。ブラムリーにも理解が深く、 英国児童文学、お菓子、ハーブの視点からイギリスの文化や歴史を楽しく解説してくださる北野佐久子さんが、岩波書店から新刊を出されました。 「物語のティータイム」お菓子と暮らしと児童文学です。 岩波書店…こちら… 図書室でいつも見かけた幼ななじみのような物語 「ナルニア国も [続きを読む]