がんちゃん さん プロフィール

  •  
がんちゃんさん: 巖ちゃんの日々是将棋
ハンドル名がんちゃん さん
ブログタイトル巖ちゃんの日々是将棋
ブログURLhttp://ganchansyougi.blog72.fc2.com/
サイト紹介文京都で将棋教室をひらいています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供298回 / 365日(平均5.7回/週) - 参加 2009/08/13 18:08

がんちゃん さんのブログ記事

  • 平成29年度後期大宅こども将棋教室・初回開講日
  • 10月16日(月)15時からは、平成29年度後期大宅こども将棋教室・初回開講日です。今日から翌年3月までの15回講座です。今回より、受講生増加とクラス分け講座を行うため、1部(15時〜15時45分)と2部(15時45分〜16時30分)に分けて開講。最初に、講師(小野先生・折立先生・福山先生)の自己紹介です。続いて、受講に当たっての心構え<基本精神>「将棋は礼に始まり礼に終わる」<目的>対局マナーを守り、将棋を楽しみながら強 [続きを読む]
  • ヤナギブソン&藤井奈々女流3級の将棋ワークショップ
  • 10月15日(日)11時〜12時、向島図書館において、小学生対象の「ヤナギブソン&藤井奈々女流3級の将棋ワークショップ」が開催された。ももやま児童館を通じての急な連絡でしたが、なんとか京都山科支部から小学生3名が参加。僕も見学に出向きました。最初に、将棋書籍の紹介があり、その後は大盤での対戦。先手・ヤナギブソンチームVS後手・藤井奈々女流3級。ヤナギブソンチームは参加者9名が順番に1手毎指していく対戦です。なか [続きを読む]
  • 大宅小学校運動会
  • 10月14日(土)は大宅小学校の運動会。孫(小5)と将棋部員の応援です。あいにくの天気でしたが、昼食休憩のときのみ小雨でしたが、午後からは明るくなり持ち直しました。同じ場所での立見は腰に負担になるので、来賓席で座ったり、運動場を回ったりして見ていました。運動会が途中で中止にならなくて幸運でした。 [続きを読む]
  • 将棋日本シリーズJT大阪大会開催記念レセプション
  • 10月13日(金)ノートルダム学院小学校の将棋クラブ終了後、「将棋日本シリーズJTプロ公式戦・テーブルマークこども大会」大阪大会開催記念レセプションの会場、ホテル日航大阪へ向かう。盛大なレセプションで、JT関係者の方々、羽生善治棋聖、山崎隆之八段はじめ、佐藤康光会長、脇謙二常務理事、井上慶太常務理事、谷川浩司九段、久保利明王将、稲葉陽八段など将棋連盟関西所属のプロ棋士の方々、大阪府連北川会長などとの交流が [続きを読む]
  • ノートルダム学院小学校将棋クラブ
  • 10月13日(金)午後からはノートルダム学院小学校将棋クラブに出向く。地下鉄東西線に面白いポスターがありましたのでアップしました。最初に将棋界の話題です。第65期王座戦五番勝負(羽生善治王座VS挑戦者・中村太一六段)第4局を中村太一六段が勝利。通算成績3勝1敗で王座のタイトルを奪取。続いて、昨日のC級2組順位戦5回戦で藤井聡太四段が勝利。順位戦5連勝。通算成績は46勝6敗。今日の大盤講座は、叡王戦段位別予選・準決勝 [続きを読む]
  • 大宅小学校将棋部・部活動
  • 10月11日(水)午後からは、大宅小学校将棋部・部活動に出向く。最初に、本日横浜で開催されている「第65期王座戦五番勝負(羽生善治王座VS挑戦者・中村太一六段)第4局の話題。通算成績は、中村太一六段が2勝1敗でタイトル奪取に王手がかかった注目の大一番。次に、藤井聡太四段の話題。叡王戦段位別予選の準決勝・決勝を連勝し本戦トーナメント進出を決め、通算成績を45勝6敗とした。大盤講座は「逃げ道封鎖・大駒は離して打て・ [続きを読む]
  • 将棋講座&初めての将棋教室
  • 10月10日(火)午前中は、山科中央老人福祉センターにおいて「初めての将棋教室」6ヶ月講座の開講日。6名(うち女性4名)の方が受講。それと、看護実習生3名が見学。卒業生を入れると30名を超す受講生です。最初に、明日横浜で開催される「第65期王座戦五番勝負(羽生善治王座VS挑戦者・中村太一六段)第4局の話題です。中村太一六段が2勝1敗でタイトル奪取に王手がかかった注目の大一番。次に、藤井聡太四段が叡王戦段位別予選の [続きを読む]
  • 日本将棋連盟・京都山科支部第157回将棋教室
  • 10月9日(月・祝)11時より事前に京都山科支部四役会議を開催。支部運営の課題について話し合う。13時からは、日本将棋連盟・京都山科支部第157回将棋教室を「京都市東部文化会館」で開催。参加者は66名(大人27名、こども39名)。体験受講として5名(小澤鉄さん、堤田陽羽君、高畑奏楽君、椎葉充晴さん、浜睦雄さん)が来てくれました。本日体験受講の4名が新入会。山科支部会員数は134名。最初に、支部長より2件。1、京都山科支部 [続きを読む]
  • 山科・小野将棋教室
  • 10月7日(土)の午後は、山科・小野将棋教室です。大盤講座は、10月1日(日)に京都新聞文化ホールで開催された京滋職域・団体将棋大会・団体の部決勝トーナメント2回戦・三将戦の棋譜<先手・小野巖(京都山科支部)VS後手・井出大輔(メディカル王将会)>を振り返り、解説を行うとともにみんなの意見を聞きました。大盤講座のあとは、谷岡4級に4枚落ちでの指導と並行して受講者同士の対局カードによる駒落ち対戦です。熱戦譜に [続きを読む]
  • 「京都シニア詩歌と舞の会」代表・辻登さんの告別式に参列
  • 10月6日(金)は「京都シニア詩歌と舞の会」代表・辻登さんの告別式に参列。代表の辻登さんとは、俗に言う「同じ釜の飯を食った仲間」で、現役時代に苦楽を共にした間柄です。定年後、セカンドライフの「生きがいと楽しみづくり夢づくり」を目的として発足された「京都シニア詩歌と舞の会」に共感して、お手伝いをさせて頂いておりました。突然のことで、残念でなりません。合掌告別式終了後、参列していた同期の大同君と5年ぶりに [続きを読む]
  • 黒田辰秋展・大阪くらしの今昔館
  • 10月5日(木)は、京都駅ビル美術館「えき」KYOTOで開催の京都・祇園生まれ・木漆工芸家「黒田辰秋展」を鑑賞。素晴らしい作品が展示。その後、以前「ニュースキャスト」浦川さんが紹介されていた「大阪くらしの今昔館」に向かう。場所は、天神橋六丁目・地下鉄、阪急、直結です。入館すると、外国人の多いこと、特に中国人が目立ちました。着物コーナーで着替えているのは、みんな外国人でした。江戸時代(天保の頃)の大阪の町並 [続きを読む]
  • 日本将棋連盟京都山科支部第158・159回将棋教室ご案内
  • 日本将棋連盟・京都山科支部の将棋教室を、下記の通りご案内申し上げます。万障繰り合わせの上、参加いただきますようお願い致します。              記                     日時  2017年11月12日(日) 午後1時〜5時・・・158回将棋教室 2017年11月26日(日) 午後1時〜5時・・・159回将棋教室場所  「京都市東部文化会館」 第1・第2会議室(室内は禁煙で [続きを読む]
  • 将棋講座&初めての将棋教室
  • 10月3日(火)午前中は、山科中央老人福祉センターにおいて「初めての将棋教室」6ヶ月講座の初回開講日です。7名(うち女性5名)の方が受講。卒業生を入れると30名を超す受講生です。最初に新潟県魚沼市「龍言」で本日開催されている「第65期王座戦五番勝負(羽生善治王座VS挑戦者・中村太一六段)第3局の話題です。中村太一六段が2勝でタイトル奪取に王手がかかった大一番です。大盤講座は阪田指導員と共に、上手・馬場さんVS下手 [続きを読む]
  • 平成29年度後期「第29回ももやまこども将棋教室」開講日程のご案内
  • 平成29年度後期「第29回ももやまこども将棋教室」開講日程を下記の通りご案内致します。             記日程・・・11月:11日(土) ・・・初回教室と将棋教室登録会      25日(土)12月: 2日(土)  9日(土) 16日(土) 25日(月)1月: 6日(土) 13日(土) 20日(土) 27日(土)2月: 3日(土) 10日(土) 17日(土) 24日(土)3月:17日(土) ・ [続きを読む]
  • 京滋職域・団体将棋大会・団体の部決勝トーナメント2回戦
  • 10月1日(日)京都新聞文化ホールで開催された「京滋職域・団体将棋大会・団体の部決勝トーナメント2回戦」の三将戦の棋譜を振り返りました。先手・井出大輔(メディカル王将会)VS後手・小野巖(京都山科支部)先手が居飛車穴熊、後手が四間飛車で美濃囲いの戦形。中盤が短く、すぐに終盤に突入した将棋でした。図-1は、後手が「4九飛成」と相手陣に成り込んだ局面。「5九金」「3九龍」「4六角」「5五銀」と進んだ局面(図-2)。 [続きを読む]
  • 京都新聞将棋フェス2017第2日目
  • 10月1日(日)は、「京都新聞将棋フェス2017・第2日目」京滋職域・団体将棋大会に急遽、出場することになり、会場の「京都新聞文化センター」へ出向きました。京都山科支部・中高生チームの3番手に入り、孫世代に当たる4人と共に4局指してきました。対局時計を使用して双方25分切れ負けルールです。案の定、実戦感覚がつかみきれず、必勝の局面での切れ負けや肝心の局面で緩手を指してしまい、めちゃくちゃ疲れましたが、孫世 [続きを読む]
  • 京都新聞将棋フェス2017第1日目
  • 9月30日(土)は、「京都新聞将棋フェス2017・第1日目」京都王将戦、初段・二段獲得戦、京都ジュニア棋王戦の会場「京都新聞文化センター」へ出向きました。目的は出場選手の応援と京都府連関連の打合せです。初段獲得戦の予選4組は激戦枠。抽選のいたずらか2回戦では京都山科支部所属の小森さんと小川永瑚君が対戦することになった。結果、予選4組からは小森さん、小川君、柏本君の3名が午後からの決勝トーナメント戦に駒を [続きを読む]
  • 京都市みぶ身体障害者福祉会館主催 「将棋講座」
  • 9月27日(水)午後より折立指導員と「京都市みぶ身体障害者福祉会館・将棋教室へ出向く。12名が受講。最初に、本日対局中の棋聖戦一次予選・先手・竹内雄悟四段VS後手・藤井聡太四段の途中経過と千日手の可能性があることを話す。続いて順位戦システムについて話しました。現在は、名人1名、A級11名、B級1組11名、B級2組25名、C級1組37名、C級2組50名の135名。それぞれに昇級・降級の規定があり、毎年順位が入れ替わります。奨励会 [続きを読む]
  • 将棋講座&初めての将棋教室
  • 9月26日(火)午前中は、山科中央老人福祉センターにおいて平成29年度上期の最終将棋講座です。最初に、順位戦の話をしました。現在は、名人1名、A級11名、B級1組11名、B級2組25名、C級1組37名、C級2組50名の135名。それぞれに昇級・降級の規定があり、毎年順位が入れ替わります。C級2組からA級に入るには、最短でも5年かかります。また、名人への挑戦権は、他の棋戦と異なりA級の中から選ばれます。藤井聡太四段はC級2組ですので [続きを読む]
  • 大宅こども将棋教室・平成29年度前期最終日
  • 9月25日(月)15時30分からは大宅こども将棋教室に出向く。平成29年度前期開講の最終日(15回目)です。大盤講座は、6枚落ち定跡の指し方を復習。その後、詰将棋を出題し符号で答えてもらいました。大盤講座終了後、折立先生と共に、指導対局です。福山先生は、こどもとの対局とこども同士の自由対局を見守ってもらいました。最終日に当たり、最後まで頑張って受講してくれた子どもたち全員を対象に、ささやかなご褒美を贈呈。教室 [続きを読む]
  • お墓参り
  • 9月24日(日)は山科別院にある小野家のお墓参りのあと、東山五条・本寿寺の、杉浦家(女房の実家)のお墓参り。その後、子どもの頃にいつも遊んでいた大谷本廟(西大谷)にお参りしました。【和顔愛語】をお花で表現、大勢の方が参拝されていました。いつもながら本寿寺、西大谷に来ると、子どもの頃が懐かしく思い出します。お墓参りのあと、東大路通りは人人人でにぎわっていました。 [続きを読む]
  • 山科・小野将棋教室
  • 9月23日(土)の午後は、山科・小野将棋教室です。今日は運動会でお休みが5名。最初に、今日から1部の谷岡光里君が2部にも受講することになったので、2部のメンバーに紹介する。大盤講座は1部では、王座戦一次予選・先手・藤井聡太四段VS後手・小林健二九段の棋譜。2部では、王位戦予選・先手・渡辺明竜王VS後手・井手隼平四段の棋譜を並べてみんなで鑑賞。大盤講座のあとは、谷岡4級に4枚落ち、若林5級、中村6級、伊藤8級、椿本 [続きを読む]
  • ノートルダム学院小学校将棋クラブ
  • 9月22日(木)午後からはノートルダム学院小学校将棋クラブに出向く。最初に、第65期王座戦五番勝負(羽生善治王座VS挑戦者・中村太一六段)は第2局が終わり、中村太一六段が2勝。第3局の大一番が10月3日新潟県魚沼市「龍言」で開催。注目の対戦です。今日の大盤講座は、王座戦第1次予選(先手・藤井聡太四段VS後手・小林健二九段)の棋譜を並べて鑑賞。後手が角交換四間飛車に対し、先手は居飛車7筋位どりで対峙。中盤は角2枚で後 [続きを読む]
  • 将棋講座&初めての将棋教室
  • 9月19日(火)午前中は、山科中央老人福祉センターにおいて将棋講座です。最初に、第65期王座戦五番勝負第2局(羽生善治王座vs中村太地六段・挑戦者)が、本日「ウェスティンホテル大阪」で開催される話題です。大盤講座は阪田指導員と共に、先手・廣田さんVS後手・田中重雄さんの棋譜を並べて解説。一局の将棋には必ずチャンスが巡ってくることが実証された内容でした。その後、5手詰め詰将棋を2問出題。講座終了後、初めての将 [続きを読む]
  • 日本将棋連盟・京都山科支部第22回将棋交流大会
  • 9月18日(月・祝)9時より17時まで、東部文化会館において、日本将棋連盟・京都山科支部第22回将棋交流大会を開催。参加人数は過去最高の75名。椅子の数が足りず苦肉の策として、A級、B級共に4人一組の予選リーグ戦において、3人枠(1人・不戦勝)を多く作りなんとか乗り切りましたが、運営役員席の椅子が無くなり、たいへんでした。最初に、支部会員増加に伴いB級に参加の人数が増加した為、昼食休憩までに予選リーグ戦3局と決勝ト [続きを読む]