VFK さん プロフィール

  •  
VFKさん: よしろう農園
ハンドル名VFK さん
ブログタイトルよしろう農園
ブログURLhttp://hyakusyo.com
サイト紹介文中国山地にIターンし自然農法や有機栽培で農産物を自給自足している田舎暮らしの趣味多き団塊世代
自由文自分が食べたくて、子供や孫に食べさせたくて自然農法に取り組み、こりに凝った無農薬栽培の米や野菜を作り 百姓(百の事が出来る人)を目指して廃屋を修理しながらの暮らし、来訪者がとても多くて皆さんから元気をもらい60代の体にしては案外と応えてくれます
出来たお米は最高よ〜!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供147回 / 365日(平均2.8回/週) - 参加 2009/08/15 08:27

VFK さんのブログ記事

  • 焼芋器のチェックで焼いてみる
  • 燃料はLPガス陶器製の窯ガスの配管を外して保管していたらハチが巣をしてゴミだらけノズルも詰まっていたノズルもバルブも分解できるところは外して掃除で、焼いてみることにクズ芋があったので入れて点火1時間くらいで焼き上がりねっとりと甘い焼芋が出来上がった12月第三日曜日(16日)はひろしまみなとマルシェで『い〜〜し やきい〜〜いもぉ〜!』です [続きを読む]
  • ボーリング孔に落下したエアハンマー回収作業
  • TONNさんが作ってくれた回収器具回収器具にロープが絡まって上がって来た地上に上がって来た掘削部分パイプの上にホルダーを載せてロッドが落ちない様に固定してからウインチのワイヤーロープに繋ぐワイヤーロープで吊上げて回収完了河川にに近いこの場所は、基岩である花崗岩の上に転石玉石混在の砂礫層となっている花崗岩も亀裂が多いと砂レキ層同様に掘削中崩れやすいのでパイプを入れて崩壊防止する6mで硬質岩盤となったので、 [続きを読む]
  • 地域美化が終わって救急訓練・ヘリのエンジンと点検
  • 町内一斉美化の日、神社下の広場もモミジの落葉でいっぱい濃霧の中 焚火で暖を取りながら美化作業が終わったら消防署の方による緊急担架の作り方、三角巾や消火器の使い方などがあった   昼からはUEさんに付き合って約1時間のフライト、上空は全体にガスっているのと夕日の眩しさで視程が悪かった、それにプラスして目標の取りにくい山間部のコース設定約40km飛んで、横に3kmずれていた帰りは、進行方向の目標の取り方を伝えた [続きを読む]
  • 燻炭作りと裏山の様子
  • 新聞紙や杉の葉などを入れて焚付るモミガラが燃え始めたら煙突を立ててもみ殻を足すうちでは籾殻も大切な農業資材となっているそのまま畑の畝間に敷いたり、発酵させて堆肥にしたり焼いてクンタンにして稲や野菜の苗土として利用している根菜類の保存にも使う   焼き上がりも終わりに近づくと燃え残りが無いようにスコップで下から上に掻き上げるすると、燃え残っていた籾殻から一斉に煙が立ち上る息はしにくい目はしょぼしょぼ [続きを読む]
  • 井戸ボーリング 仕上げに入る
  • パイプの中に水が入るようにスリット加工する、パイプはネジ接続掘削孔が崩れないようにケーシングパイプを120m入れるお昼は豊里ファームでIKEさんが焼いたピザを食べる掘削したボーリング孔にこのパイプが全て入った一人で食べたらちょっと多かった [続きを読む]
  • 収穫祭 1
  • 今年の収穫祭は40人くらいの参加申し込みだったけど、始まってみたら86人になっていた最初は数年前、自然農法グループで芋煮会から始まった里山整備メンバーや関係者、だんだんと地域の人々、役場、趣味の仲間、道の駅出荷者メンバー、エコカフェに関わった人達 など等、多彩な集まりとなっていた案内板終わりも近づいたころ逆光で焚火コーナー     ピザの生地を手際よくピザ担当焼けたらカットして皆さんへギョーザ屋さん [続きを読む]
  • 井戸掘り コンプレッサー壊れる
  • 三重県津市での井戸ボーリング2本目、順調に掘り始めて2日目、掘削深度6m付近で急に入らなくなったプレッシャーゲージの圧力が下がった、ボーリング機械を止めてコンプレッサーに行ってみるとエンジン温度異常のランプが点灯して止まっていたエンジンルーム内を見るとファンベルトが細長くちぎれて飛び散っている整備工場に連絡して手配してもらう、カミンズのディーゼルエンジンなので国内在庫は無いの返事、あちらこちらを探し [続きを読む]
  • 井戸ボーリング2本目掘削始まり 友人が現場に来訪
  • 1本目の井戸は多量の良い水が確保できたので別の場所に移動して2本目を掘削することになった機材の移動も終わり掘削を始める   友人夫妻がボーリング現場まで来てくれた、話始めると、つい最近まで一緒だったような錯覚に・・・・地面に座り込んで喋る、果物の差し入れをいただきながら又喋る、砂利で尻が痛いのでヘルメットを置いて座り又喋る楽しい時間だった [続きを読む]