gibson3pu さん プロフィール

  •  
gibson3puさん: JURASSIC ROCK
ハンドル名gibson3pu さん
ブログタイトルJURASSIC ROCK
ブログURLhttp://gibson3pu.seesaa.net/
サイト紹介文70〜80年代のハード・ロック 、ヘヴィ・メタルの国内廃盤作品等、ロック全般の紹介サイト
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供12回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2009/08/19 01:35

gibson3pu さんのブログ記事

  • LIVE REVIEW : CHEAP TRICK
  • CHEAP TRICK 2018年10月11日(木) Zepp Tokyo歴史的ライヴアルバム 「at BUDOKAN」 発売40周年記念公演として4月25日に日本武道館で行われる予定だった記念ライヴが、なんとリック・ニールセンの急病により無期延期に。そして数か月後に発表された振替公演は何故か会場がZepp Tokyo に変更。えっ、するとスタンディング? ちょっとめまいが。(笑) 武道館が東京オリンピック用の改修工事に入るために押さえられなかったとの説 [続きを読む]
  • LIVE REVIEW : ACE FREHLEY
  • ACE FREHLEY2018年9月4日(火)2nd. STAGE Billborad Live TOKYOなんと25年ぶりのソロでの来日です。前回1993年の名古屋公演以来の参戦となりました。しかも東京は連続3公演でなんと一日2回のステージ! ちょっと前に来日したKISS の盟友、ポール・スタンレーのソロ公演と同じパターンです。しかしBillborad Live TOKYO とは、ちょっとHR / HM には似つかわしくない会場だが大丈夫か?エースは2009年にLOUD P.. [続きを読む]
  • これは嘘っこレンジャーだ NIGHT RANGER
  • 80年代に登場したNIGHT RANGER はブラッド・ギルスとジェフ・ワトソンの2枚看板のギタリストを擁し、爽快なアメリカンハードなサウンドで一世を風靡しました。彼らは本国アメリカよりも最初に日本でブレイクを果たし、さらに某アイドルグループの楽曲がリーダー・トラックの ” Don't Tell Me Love Me ” をパクった疑惑も人気に拍車を (?) かけ、デビュー作 「DAWN PATROL」 は日本国内において好セールスを記録したのです。 [続きを読む]
  • 暴れ回るオルガンにガツンと圧倒 URIAH HEEP
  • LED ZEPPELIN、BLACK SABBTH らと同じく1970年にデビューしたURIAH HEEP は、50年近く第一線で活躍している数少ないバンドであり、過去に寄りかかることの無い現在進行形の彼らの熱いアティチュードは素晴らしいの一言に尽きます。ミック・ボックス(G) デヴィッド・バイロン(vo) を中心に活動していたバンドSPICE がその後BRONZ RECORES を設立するジェリー・ブロンとマネージメント契約をび、彼のアイディアでバンド名をイギリ [続きを読む]
  • 新聞に載っていた競走馬の名前 ROBIN TROWER
  • 音楽界において突出した才能を引っ提げてミュージシャンやバンドが登場すると、その後に多くのクローンが出現します。真似される側の元祖として思い浮かぶのがジミ・ヘンドリックスで、カナダのジミ・ヘンドリックス、ドイツのジミ・ヘンヘンドリックスなど多くのフォロワー・ミュージシャンが登場ました。そう、今回の主役はイギリスのジミヘンと呼ばれたロビン・トロワーです。ロビン・トロワーの場合は60年初頭にデビューしてい [続きを読む]
  • ツェッペリンもぶっとんだ GRAND FUNK RAILROAD
  • 「ツェッペリンもぶっとんだ」 何とも凄いキャッチフレーズです。 (笑)これは69年にデビューしたGRAND FUNK RAILROAD のキャッチコピーで、彼らの地元デトロイトでLED ZEPPELIN の前座にて演奏した際にあまりの音のデカさと演奏終了後もアンコールが鳴りやまず、ZEP の演奏時間が大幅に短縮してしまったという逸話からこのキャッチフレーズが生まれました。そんなアメリカでの実績とは裏腹に日本で彼らの知名度は圧倒的に低く、 [続きを読む]
  • 素顔を見比べたら、まさにクリソツ! FREHLEY'S COMET
  • KISS のオリジナルメンバーであるギタリスト、エース・フレイリーが最初の脱退をしたのは、ピーター・クリス脱退後のバンド内で発言権を制限されたことに不満を募らせたのと同時に、自己のソロ・バンドを率いての活動したいという欲求が爆発したのが大きな理由でした。ただKISS との契約上、脱退後2年間は表立った活動をすることが出来ず、後任ギタリストであったヴィニー・ヴィンセントやマーク・セント・ジョンらが次々にデビュ [続きを読む]
  • 追悼 FAST EDDIE CLARKE
  • MOTORHEAD のオリジナルメンバーであり最後の生き証人、ファスト・エディ・クラークが1月10日、肺炎のために亡くなりました。享年67歳。エディのギター・スタイルは、よく聴くと初期のエリック・クラプトンに影響を受けたブルージーなプレイで、ペンタトニックを主体としたスリリングなソロがMOTORHEAD の爆音サウンドの中でクッキリと存在感を放ってます。バンド脱退後に結成したFASTWAY ではそのスタイルがより明確となり、ヴォ [続きを読む]
  • 追悼 CHRIS TSANGARIDES
  • イギリスを代表するプロデューサー、クリス・タンガリーディスが1月7日に肺炎・心不全により亡くなりました。享年61歳。ゲイリー・ムーア、イングウェイ・マルムスティーンなど気難しい一流ギタリストとの仕事や、BLACK SABBATH、JUDAS PRIEST、THIN LIZZY ら大物バンドらのプロデュースも手掛け、またジョン・サイクスのTHIN LIZZY 加入を橋渡しをするなど、HR/HM の歴史的な役割を果たしてきました。エンジニア出身らしく生々し [続きを読む]
  • 1987年 My年間ベスト・アルバム Part1
  • Happy New Year! といっても三賀日はとっくに過ぎてますが。(笑)アッという間の一年でした。光陰矢の如し! さあ、毎年恒例の30年前にタイム・スリップ! 1987年ベストアルバムを発表します。その前に、1987年はどんな年だったんでしょうか?地価の異常高騰、財テクブーム俳優・石原裕次郎が死去東北自動車道が全線開通安田生命が,ゴッホの「ひまわり」を53億円で購入銀座で1坪1億円を突破郷ひろみと二谷友里恵が結婚広島の衣 [続きを読む]
  • 追悼 MALCOLM YOUNG
  • 2017年11月18日、AC/DC のマルコム・ヤングが亡くなったと発表されました。享年64歳。2014年に認知症を患い、その後バンドから離れていたのですが。何とも悲しいニュースです。デビュー当時からGretschを愛用し、決してステージでも目立つこともなく後方で黙々とリズムを刻む姿が印象的でした。しかし、同胞のミュージシャン達からは「AC/DC で一番凄いのは、あのリズムギターだ。」と称賛されていたのは事実であり、あのGood Rock [続きを読む]
  • ミュージシャンに対して愛のないレビューはダメです MOUNTAIN
  • アメリカのバンドながら豪快かつメロディアスなブリティッシュ・サウンドで世を席巻したMOUNTAIN。巨漢に似合わず愛器レスポール・ジュニアを自在に操るレズリー・ウエストと、クラシック、フォーク等に精通しバンドの頭脳とも呼ばれたフェリックス・パッパラルディの2枚看板がバンドの生命線でした。69年から72年までの短い活動の中で 「CLIMBING」 「NANTUCKET SLEIGHRIDE」 等の名盤を発表。その後も再結成、解散を繰り返しなが [続きを読む]
  • 何ともロックらしくないアルバム・ジャケットは FOGHAT
  • HR/HM のルーツはブルースであり、70年代にFLEETWOOD MACやCHICKEN SHACK と並び英国3大ブルースバンドの一つとして数えられたSAVOY BROWN から脱退したメンバーを中心に結成されたFOGHAT は、そのブルースをルーツに様々な味付けを施したサウンドで72年にデビューを果たしました。今回紹介する75年発表の5作目 「FOOL FOR THE CITY」 は彼らの出世作であり、シングル・ヒットも手伝って見事全米進出を果たしました。当時のブリテ [続きを読む]
  • 何も変わらないサウンドに思わずニンマリ SAVAGE
  • 80年代に英国で勃発したNWOBHM のムーヴメントは、IRON MAIDEN、SAXON、DEF LEPPARD など一流のバンドを生み出しましたが、その底辺には何百というB級、C級のバンドがウヨウヨと存在していました。NEAT RECORDS と並んで当時のシーンを支えたEBONY の第一弾アーティストとしてデビューしたSAVAGE もその底辺の中で動めいてたバンドの一つで、何故静かに眠っていた墓場から突然引きずり出されて脚光を浴びたのか? それはNWOBHM [続きを読む]
  • ヒゲを生やしたその顔がちょっと気持ち悪い TREASURE
  • 64年にニューヨークで結成され 「People Got to be Free」「Groovin'」 など多くの楽曲をビルボード・チャートのNo.1に送り出したTHE RASCALS は、白人による黒人音楽を継承するブルー・アイド・ソウルを基盤としたバンドです。中心人物であったヴォーカリスト、フェリックス・キャバリエはTHE RASCALS 解散後にソロ・アルバムを発表。そして77年に本バンドTREASURE を結成します。まあ、ここまで書くとHR/HM にはあまり関係無いん [続きを読む]
  • LIVE REVIEW : GRAHAM BONNET BAND & ALCATRAZZ
  • GRAHAM BONNET BAND2017年3月14日(火) 名古屋クラブクアトロまさかグラハムのリーダー・バンドの単独公演が観られるなんて、夢にも思ってませんでした。いやー、長い間待った甲斐がありました!今回はGRAHAM BONNET BAND としての公演なんですが、途中ベーシストがゲイリー・シュアに代わってALCATRAZZ のライヴとなるという、一粒で二度美味しいライヴなのです。イングウェイやスティーヴ・ヴァイは無理にしろ、どうせならヤン [続きを読む]
  • 追悼 CHUCK BERRY
  • ロック・ギターのレジェンド、チャック・ベリーが3月18日、ミズーリ州セントチャールズの自宅で亡くなりました。享年90歳。黒人でありながら多くの白人のミュージシャン達に大きな影響を与え、リフ中心のギター・スタイルはその後のロック・サウンドの基盤となりました。若者たちが共感する吟遊詩人的な歌詞に、ダック・ウォークなどの愛嬌あるパフォーマンスも人気を博し、多くのフォロワーを生み出したのです。97年の来日公演を [続きを読む]
  • すれっからしのルックスはどストライク GIRLSCHOOL
  • 今ではHM/HR の世界でも女性が当たり前のように活躍してますが、NWOBHMの嵐が吹き荒れる79年にイギリス・ロンドンからデビューを飾ったGIRLSCHOOL は、女性初の本格的メタル・バンドだったんじゃないでしょうか?彼女らのデビュー前にはRUNAWAYS、SUZI QUATRO などもいましたが、どっちかというと女性らしさを前面に出したビジュアル優先のイメージが強く、男性と対等なイメージをまとったGIRLSCHOOL のデビューは驚きでした。デニ [続きを読む]
  • 追悼 JOHN WETTON
  • 悲しいニュースが続きます、28日にジェフ・ニコルズが亡くなったばかりなのに。1月31日にジョン・ウェットンが結腸癌のために亡くなりました。享年67歳。ベースを抱えた渡り鳥と揶揄もされましたが、KING CRIMSON、URIAH HEEP、UK、ROXY MUSIC、ASIA など、在籍してきたのはまさに一流のバンドばかりです。その裏打ちされたテクニックからプログレッシヴ・ロック畑のミュージシャンというイメージが非常に強いですが、甘いヴォーカ [続きを読む]
  • 追悼 GEOFF NICHOLLS
  • BLACK SABBATH のキーボーディスト、ジェフ・ニコルズが1月28日に肺がんのために亡くなりました。享年68歳。長い間BLACK SABBATH のアディショナルメンバーとしてバンド・サウンドを影ながら支え、ドラマティック&ミステリアスな雰囲気を醸し出すのに大きく貢献していたと思います。元々ギーザー・バトラーの後任としてベーシストとしてSABBATH に加入。リズムギター 〜 キーボードへとパートを変わっていったマルチぶり。彼のキ [続きを読む]
  • 1986年 My年間ベスト・アルバム10 Part1
  • つい先日、年間ベスト10を作ったと思うんですが、もう1年が過ぎてしましました。(汗) 毎年恒例の30年前にタイム・スリップ! 1986年アルバム・べスト10を発表します。その前に、1986年はどんな年だったんでしょうか?アメリカのスペースシャトル「チャレンジャー」が打ち上げ72秒後に爆発、来月7人全員が死亡アイドル歌手・岡田有希子飛び降り自殺、後追い自殺続発ソ連・ウクライナでチェルノブイリ原子力発電所事故英皇太子夫 [続きを読む]