masa1908 さん プロフィール

  •  
masa1908さん: 単身赴任の散在日記
ハンドル名masa1908 さん
ブログタイトル単身赴任の散在日記
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/masa1908
サイト紹介文単身赴任の自由さから週末ともなれば、主に北東北の町を中心に散策しています。
自由文地元の人しか知らない店や道具などを見つけるのが好きです。その地方に残る伝統工芸品(鍛冶、焼き物、漆、・・・・)を収集し、少々大げさですが後世に残すべき、あまり有名になっていない日本の伝統を探し求めています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供341回 / 365日(平均6.5回/週) - 参加 2009/08/22 06:08

masa1908 さんのブログ記事

  • 然花抄院の「生也かすてら」
  • やっと渋谷までやってきた。我が家は東横線に乗るので、自然とヒカリエに入る。ヒカリエでは、上階の雑貨関係にはあまり興味がないのだけど、たまには目の保養にとブルブラ歩きながら見て歩いたあと、目的の地下へ、ここには、大好きなロブションのパンがある。私の勝手なイメージからすると、2倍高い印象のある高級パン屋だが、値段なりに味はいい。たまにしか買えないけどね・・・・その後、同じフロアーを適当に見て回ると、然 [続きを読む]
  • 生胡椒とモリンガ茶
  • 雨になったら電車で移動だね・・・と家を出る前に話をしていたけどミッドタウンの昼時、雨にはなっていなかった。まだ日差しもなく、歩くには本当に気持ちの良い陽気になった。ちょうどお彼岸、青山墓地もちらほらと墓参りする家族がいる。しかし、こんな大都会の中心部にこれだけの墓地、その墓地にお墓をもっているとは大変だ。ほどなく根津博物館近くまできた。私は8月から、ドコモの「歩いておトク」のアプリを入れている。要 [続きを読む]
  • 汁や 東京ミッドタウン店
  • 我が家が六本木を散策する場合東京ミッドタウンから乃木神社方面に向かい、手前を左折青山墓地を通り根津美術館から、SOUSOUさん青山通りを通り、国際連合大学前のマルシェを覗き、渋谷ヒカリエで買い物をして帰るのがほぼ基本ルートと言っていい。今回もほぼ同じルートを歩いたが醍醐寺展をほぼオープンと同時に入ったこともあり11時半前には昼食をとる時間になった。ミッドタウンで食べるか、青山まで行くかと毎回悩むとこだが [続きを読む]
  • 京都・醍醐寺 真言密教の宇宙  サントリー美術館
  • 連続の3連休だが、どうも身体が気だるい。車検後にキレイになった車に乗ってドライブを兼ね日光か秩父なんかもいいねえなんて話をしていたがどうも行く気にもなれず、先週の休みは、なんとなく家でだらだらしていた。今週も同じような過ごし方をするのかと思っていたが六本木のサントリー美術館で醍醐寺展をやっていることを知り、行ってみることにした。今日は、予報も代わり雨が怪しい天気だったが、結局降られることがなかった [続きを読む]
  • ㉒西国三十三霊場 第26番 一乗寺
  • 今回の散策では、時間もそろそろ押してきた。雨は止む感じもなく、やはりこの天候で、圓教寺はきついと判断した。なので、予定通り一乗寺に向かった。一乗寺も山あいに鎮座し、本堂までは200段近い階段を昇る必要がある。ちょっと登って常行堂また登って国宝の三重塔そしてまた登って本堂とこんな感じで階段が沢山あるが境内の雰囲気は、以前参拝した出雲の大山寺と似ている感じがした。本堂で御朱印を頂くが、たかが200段でも上が [続きを読む]
  • ⑪新西国三十三霊場 客番 浄土寺
  •                                              頂いたパンフレット添付私は、神社仏閣参拝の際、Googleマップに行った所、行きたい所を記録している。それをi-padで確認しながら参拝している。あわせて小さい手帳にも、備忘のために記入しているが今回、光明寺は書いていたが、酒見寺は記載していなかった。i-padをみれば確認できたのだが、雨が強くなってきて判断力が狂ってしまっ [続きを読む]
  • ⑩新西国三十三霊場 第29番 酒見寺
  • ここからは地図に沿って近い寺から攻めて行った。金剛城寺の次は酒見寺、地図をみるとそれなりの規模の寺の様だ。ナビを頼りに走ってみると、細い道に入って行き、本坊側に入ってしまった。ここには大きな楼門があるが、雨も激しくなってきたので、見て回るにはちょっと考えてしまう状況だった。まずは御朱印を貰おうと、本坊に入るが、とてもキレイに整備されているが、人の気配が全くない。呼び鈴を1度押すが反応もなく困ったも [続きを読む]
  • ⑨新西国三十三霊場 第30番 金剛城寺
  • 一宮を参拝後、このあとは西国と新西国を目標に巡ることになる。現在西国は、御朱印に草創1300年記念スタンプを押してもらえる。ジャストのタイミングなので、この霊場巡りを優先したいが、生憎この界隈には一乗時と圓教寺、ちょっと頑張って清水寺の3寺しかない、夜には、宿泊地水島にもどる必要もある上、この雨清水寺は断念するしかなく、圓教寺も雨では移動が面倒と言うことで西国は一乗寺のみ、その他は新西国霊場を巡る [続きを読む]
  • 56播磨國一宮 伊和神社
  • 中国地方の一宮は瀬戸内海側に多く鎮座しているので、私の行動範囲からすればとても巡り安い。距離的に厳しい出雲大社や物部神社、そして倭文神社までクリアできたのはとても大きい。ターゲットをだんだん東に向け、京都に近くなれば、アクセスもしやすくなる。岡山の吉備津系神社もクリアし、とうとう兵庫県に突入した。兵庫と言えば播磨國、赤穂なんかも散策したいエリアだが、向かった先は伊和神社。揖斐川を北上する道を進むが [続きを読む]
  • 広島方面へ・・・
  • 9月9日は、関東はまだ曇りだったが、中国地方は大雨の予報だった。広島空港に近づくにつれ、飛行機は大きく揺れた。雨も強くなってきた。空港に到着し、レンタカー店まで移送してもらったが、これから先、雨が止むという雰囲気が全く感じられない空だった。9日は移動なので、自由時間だ。ここ数年、広島を起点に、随分と散策しているが西は、下関、防府、宮島、南は四国、北は出雲と随分長距離の移動をしている。私の場合、横須 [続きを読む]
  • 出町ふたばの豆餅
  • 京都に行くと、できるだけ私は鍵善良房を覗くことにしているがまあそれだけ甘味が好きだってことだ。京都では伊勢丹地下に行けば、殆どの甘味を買うことができるが、やはりその店で買いたい。でも宿泊先からちょっと離れているとなかなか難しい。そんな店の1つに、ふたばさんがある。下賀茂神社参拝後、必ずと言って良いほど店の前を通るが、毎度凄い人で驚く。そんな状況なので、久しくここの豆餅をたべていなかった。豆餅と言え [続きを読む]
  • ⑬関東三十六不動霊場 第2番 清滝不動尊
  • 私の神社仏閣巡りはどうも、関西から西が多くなっているが実は、関東界隈も牛歩ながらほそぼそ巡っている。都心や鉄道駅近くは比較的めぐり易いが、僻地になるとそのタイミングが難しい。先日、伊勢原に用事があり、ちょっと遠回りして、足柄の最乗寺まで行ってきた。イメージとして小田原界隈と分類される位置だが、正確には南足柄高速道路なら東名高速からアクセスした方が近い。渋滞考慮でナビを信用すると、間違いなく東名高速 [続きを読む]
  • 閻魔の御朱印をもらいに宝珠院へ
  • 芝増上寺の別院の宝珠院今年2月偶然前を通った時、ここが閻魔寺であることが判り、御朱印を頂いた。閻魔は基本1月16日と7月16日に例祭を実施するが、なかなかタイミング良く参拝することが難しい。1月が過ぎ、次は7月には・・・・と思っていても、半年は長い、忘れてしまう。最近では寺や神社でもフェイスブックをやっていて、マメに更新しているところはタイムリーな情報を入手しやすい。この宝珠院さんも大変マメな更新 [続きを読む]
  • 久しぶりの安倍文殊院
  • 9月が見えてきたこの週末にやっと最後の参拝地、安倍文殊院の話題に入る。高畑の福智院を参拝後もうここで戻ろうかと考えたが、帰り道の時間を考えるとまだまだ東名渋滞があるのでここはもう少し奈良散策した方がいいと判断ではどこに行くか帰りのルートを考えると、やはり天理方面からもどるのが一番楽なのでその界隈でも4月には、長谷寺、大神神社などこの界隈は巡っているなあ・・・・と、明日香までは行き過ぎということで、 [続きを読む]
  • 見事な地蔵菩薩の福智院
  • 昨日ぐらいから、庭ではカネタタキの「キキキキ・・・・」と言う鳴き声がしている。この週末も、茹だるような暑さだが、秋は確実に近づいている。毎朝始発に乗り、会社まで40分歩き、夕方はジムでトレーニング1日15000歩程度を歩いているが、流石に週末となると疲れが一気に出てくる。正直、土日は何処にも出かけず、大好きな武田鉄矢氏のラジを番組「三枚おろし」の過去の話をYOUTUBEで聞きながら、午前中はTV、昼はこれを聞きな [続きを読む]
  • 口を開けたカラス
  • 実はこの現象は前日の京都でも目撃した。千本釈迦堂に近い、翔鸞公園でも流石に今年の暑さは尋常じゃなあいんだろうね。公園でフラフラしていたカラス、こいつの行動が実に面白かった。口を大きく開けて、ぴょんぴょん跳ねている。それも見ている限り口を閉じない・・・・その時は、面白いカラスだなと思っていたが翌日の奈良公園南の荒池付近でのカラスも同じ様に大きく口を開けていた。ネットで調べてみるとこの暑さ、暑さを口を [続きを読む]
  • 修理完成記念特別展 糸のみほとけ(国宝綴織當麻曼荼羅と繍仏
  • 奈良国立博物館は、昨年の同じ時期に源信展を見に行っているので、1年ぶりとなる。この展覧会は、公開期間が短くこの週末で終了してしまうが我が家は8月5日に見学した。この展覧会は、織物や刺繍で製作された仏達を展示するもので国宝仏像展示に比べ少々地味な感じがするが、客の入りはそれなり、外国人にも盛況だった。昨年末、當麻寺を参拝した際綴織曼荼羅のことを知り、修復され夏に展示されることを知っていた。それに今回 [続きを読む]
  • 創建1250年 春日大社
  • 8月初旬の奈良京都旅行が終わっていないので続けます。今回の2泊3日の旅行では、1日目:熊野⇒奈良2日目:京都そして3日目は奈良散策と決めた。娘の希望によることが大きいが、奈良・京都にきた場合どちらかの国立博物館をみたいというものだった。今回は、ちょうど「糸のみほとけ」と言う冬に参拝した当麻寺の曼荼羅の展示だったので行くことにした。ターゲットは奈良公園なので、じゃあプラスでどうするか?東大寺、興福寺 [続きを読む]
  • 北野御手洗神事
  • 大徳寺界隈を散策後、次は北野界隈に向かった。北野天満宮にも久しく参拝していないし、上七軒もブラブラしたいというのがかみさんの要望私は、6月の梅雨時期に、来ているので、敢えて・・・という感じもあったが、ここは頻繁に散策できない家族の意見を優先して、この界隈を散策する場合、は必ず大報恩寺に車を停めてもらう。言わずとしれた千本釈迦堂だが、ここは、仏像に関して京都で一番のお気に入りだ。静かでゆっくりと拝め [続きを読む]
  • あぶり餅
  • 大徳寺、今宮神社参拝の目的の1つに、家族と私とでは若干違うところがあったようでかみさんは、今宮神社参拝後、そわそわと辺りを確認しだした。どうも、あぶり餅が目当ての様だ。花より団子ならぬ、神社より餅ってところか・・・・この界隈私も始めてだったので、あぶり餅食べたことがなく、当然売り場もわからなかった。東側の門を出ると両側に2件、店があった。我が家は、元気の良い向かって右手のかざりやさんに入った。雑誌 [続きを読む]
  • 今宮神社
  • 大徳寺の北側に今宮神社がある。実はここも始めて参拝する神社だ。祭神は、古事記でいう大国主神 日本書記では、大己貴神と表される。日差しが厳しい中、大徳寺境内を歩く。敷地が広いので大変だ。大徳寺の西側から北に進むが、ここは瓦壁がとても美しい。正面には、見事な楼門が見える。楼門をくぐると、キレイに整理されていない感じで木々が植えられ、本殿はすぐに望むことができない。拝殿までくると右手で御朱印をもらえると [続きを読む]
  • 大徳寺 大仙院
  • 今回の大徳寺参拝も最後の別塔となった。ここで、大徳寺のメインの仏殿を横目に、大仙院に向かった。立派な本尊もひっそり祀られている。大仙院は、本坊の裏大徳寺ではもっとも北側に位置している。私が大徳寺を参拝したかった理由の1つに、家に飾ってある額の文字にある。特徴的な文字だが、この字の形や向きなどから気は長く、心は丸く、腹を立てず・・・・と人の生き方を示したものだがこの額が妙に心に響き、叔父さんから譲り [続きを読む]
  • 大徳寺 興臨院
  • 大徳寺の3つめの別塔を参拝することにここは、瑞峯院の隣になる。門に特別公開と看板を出しているのですぐにわかる。基本作りはほぼ同じ方丈を囲む様に庭があり、その庭が枯山水になっている。ここで特徴的なのは、涵虚亭と言うとても由緒のある茶室があることかもしれない。茶室とは良くできたものだが、このような小さく土壁の薄汚れた家や部屋を子供の頃はあまり好きではなく新しい家がいいと思っていたのに、年を取るとこんな [続きを読む]
  • ココナッツ クラスターズ
  • 我が家はコストコのヘビーユーザではないが2ヶ月に1回ぐらいは行くだろうか基本は、トイレットペーパーや麦茶類などを買っているが大量売りの肉や魚類は滅多に買わないが、色々と小物をちょこちょことカートに入れると結構な金額になる。大量でうれしいものに、スキッピーのピーナッツバターがあるが最近ではおいていないのが残念だ。普通に売っている容器の5倍近くの量があるだろうか、Kg単位のピーナッツバターだが、ちょこち [続きを読む]
  • 大徳寺 瑞峯院
  • 総門から左手に龍源院また道に戻って勒使門を過ぎて突き当たりをまた左手に瑞峯院と興臨院が拝観可能の様だ。まずは奥の瑞峯院から入ってみることに先ほどの龍源院同様に、庭の知識に疎い私には、正直違いがあるものの、これと言うインパクトもなく同じ様な建物に入っていく感じだ。確かに綺麗な庭だが、正直いくつ見てもそんなに感動するものではなく、まだまだ寺の楽しみ方を極めていないと思う。無くなった叔父も庭園関係の写真 [続きを読む]