しろちゃん さん プロフィール

  •  
しろちゃんさん: しろちゃんブログ
ハンドル名しろちゃん さん
ブログタイトルしろちゃんブログ
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/shirochan_7384/
サイト紹介文定年退職者の徒然日記。「上海レポート]、「映画」、「個人事業主」のカテゴリーがあります。
自由文某重工エンジニアリング会社を定年退職、現在は、個人事業主として海外プロジェクト関係の仕事に従事。趣味は、映画、クラッシク音楽、ガーデニング、オーディオと多彩?会社生活の大半を海外関係の仕事に費やし、東南アジア、中近東、アフリカに出張を繰返し、10年前、上海に3年間駐在。「上海レポート」はその時の記録である。その他、現在のところ、「映画」、「個人事業主」のカテゴリーを持つ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供92回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2009/08/22 17:25

しろちゃん さんのブログ記事

  • 内部留保の活用
  • 希望の党が消費税凍結の見返りに企業の内部留保に課税すると言い出したとき、しろちゃんはやっと内部留保の処分に言及する政党が出てきたと率直に喜んだ。ご承知のように、企業の内部留保(利益剰余金)は貯まりに貯まり、300兆円(一説には400兆円)を超えている。国家予算の3倍以上で、どうみても異常である。希望の党は消費税の不足分、6兆円は内部留保に2%課税するだけで賄えると豪語したが、すぐさま、内部留保に課税するの [続きを読む]
  • 希望の党失速
  • マスコミ各社の予想では、自公が300議席を超える勢いに対して、希望は40から50議席とのことだから、惨敗である。政権選択どころの話でない。序盤では自民を上回るのではないかと言われたのが、なぜこうなったのか。公認候補を選出した玄葉光一郎は、小池の希望の党の基本政策に賛成しない民進党議員は排除するという「排除の論理」の発言がなければ、200はいけたと恨んでいるが、後の祭りである。まあ、小池の踏み絵を踏ませる強引 [続きを読む]
  • インターネット
  • 昨日の朝、インターネットをつけようとしたら繋がらない。あれこれやってみても繋がらないので、ケーブルテレビに電話してみた。我が家は、テレビ、電話、インターネット、メール、最近は電気まで、すべて、地元のケーブルテレビと契約している。一括契約することで安くなるというメリットもあるが、パソコンやインターネットで困ったことがあれば相談できるうえに、地元の業者だからすぐ来てくれるという金額に表示できないメリッ [続きを読む]
  • マイナンバーカード受取
  • 市役所からマイナンバーカードが出来たという連絡がやっときた。写真に影が映っているので心配して居たが、何とかクリヤできたようだ。申請してから1カ月、以前よりは早くなったとのことだが、やはり長い。受け取るのに予約が要るというのには驚いた。要するに、カードに暗証番号を入力したり、カードの説明をしなければならないので、一度にたくさんの人が来られたら困ると言うわけである。カードに暗証番号を入力するのは、市の [続きを読む]
  • 民進党リベラル派
  • 前原は小池とどういう話をしたのか。小池は民進党を丸ごと受け入れるとは最初から言ってない。前原は小池に民進党を受け入れる条件を確認すべきであった。そうしていれば、今日の混乱はなかった。前原は、条件を確認することによって、この話が壊れてしまうことを恐れたのだろうが、彼はこの齟齬をどうするつもりだったのか。小池が軟化して最後は受け入れてくれると考えていたのなら、大甘だ。小池の政治姿勢、理念から考えたら、 [続きを読む]
  • 希望の党
  • やっぱり出てきましたね。国政は若狭さんに任せていると言っていたが小池は人に任せるような度量を持ってない。自分で仕切らなければ気持ちがおさまらない。小池は都知事選に出馬した時は、都知事になることが自身の政治生活の花道だと思っていたが、知事選及びそれに続く都議選で圧勝すると、持ち前の野心がむくむくと頭をもたげてきた。天下を取れるかもしれない。そこへ、衆議院選挙という絶好のチャンスが巡ってきた。年齢的に [続きを読む]
  • 電通、過労死事件
  • 電通の違法残業裁判は罰金50万円の求刑で結審したが、多くの人は50万という額の低さに驚いたことだろう。しかし、現行の労働基準法では、監禁などの強制労働をしてなければ50万円が上限だと定められているので、この求刑は現行法で課せられる最高刑なのである。通常、労基法違反は、略式起訴になり公開の裁判になることはない。よって、世間に知られることもなく葬られてしまう。今回、マスコミに大々的に取り上げられ、司法も裁判 [続きを読む]
  • コンサート
  • しろちゃんちが契約しているケーブル・テレビの「ケーブルネット296」は毎年、契約者に感謝して、抽選のうえ、当選者を佐倉市民ホールで行われる特別演奏会に招待してくれる。家内が出してくれた申込書が当たったので、行ってきた。ローカルのケーブル・テレビが主催するかといって、いい加減なオーケストラを呼ぶわけではない。今回は東京フィルハーモニー交響楽団、前回は読売交響楽団と一流である。演目は、しろちゃんの好きな [続きを読む]
  • 金正恩を震え上がらせる方法
  • 金正恩は、核実験が米国のレッドラインを超えるかもしれないのに水爆の核実験を強行したのか。米国はこれまでどこがレッドラインなのかあいまいにしてきた。これは、戦術上当然のことで、レッドラインを示したら、北はそれを超えない範囲でしたい放題のことをことをやるからだ。グアム周辺に弾道ミサイル4発を打ち込むと事前に通告したのは、レッドラインについての米国の反応を見るためであった。米国は公海上に着弾しても米国に [続きを読む]
  • マイナンバーカード交付申請
  • マイナンバーカードは確定申告のeTaxに必要である。マイナンバーカードがないと、確定申告書は作成できても、電子送信ができない。また、医療費などの領収書を合わせて郵送しなければならない。今年の確定申告は、マイナンバーカードが間に合わなかったので、大量の領収書を台紙に貼り付けるなどえらい目に遭った。マイナンバーカード交付申請はスマホ、PCのどちらからでもできるが、しろちゃんは入力がしやすいと考え、PCを選んだ [続きを読む]
  • 北ミサイル、破壊措置命令
  • 北が発射した弾道ミサイルに対し、破壊措置命令を出さなかったことについて、菅官房長官は「我が国の安全、安心を総合的に考えて判断した」と述べているが、本当だろうか。発言の文脈からみると、我が国は、ミサイルを撃ち落とす能力はあるが、総合的に判断して中止したと聞こえるが、本当に能力があるのだろうか。陸上のPAC3は射程距離が20〜30kmなので、今回のミサイルの飛翔高度には届かない。仮に、高度が低かった場合でも、 [続きを読む]
  • 高等教育の無償化 (その2)
  • 昨日、「高等教育の無償化」という記事をアップしてから種々考えてみて、いっそーのこと国立大学の学費をタダにしてはどうかと思い立った。意欲、能力があるにもかかわらず、経済的理由により進学できない若者を救済することは国の役割であり、国益にかなうものである。幸い、国立大学はどの都道府県にもあるので、生活費のかかる都会の大学に行く必要はない。若者の地方定着のきっかけとなり、政府が掲げる地方創成の一助となるか [続きを読む]
  • 高等教育の無償化
  • 安倍政権が掲げている高等教育の無償化は、下記2案に絞って検討を進めることになったようだ。A案: 在学中は授業料を取らず、卒業後に所得に応じて供出金の形で納付する。オーストラリアで行われている方法。B案:一定の所得制限をかけたうえで給付型奨学金を拡張する。返済の必要はない。当初の完全無償化案よりかなり後退したが、現実を考えるとこんなところになるだろう。しろちゃんは、若者に高等教育を受ける機会を均等に与 [続きを読む]
  • 人種差別
  • 奴隷制度をつくった米国人にとって、人種差別という言葉は、触れたくない過去の汚点を表す禁句である。だから、本音はどうであれ、人種差別反対は、敬虔な米国人のモラルとなっている。トランプはモラルがないから、自分の発言がなぜ人々の反感を呼んでいるのか理解できない。トランプはパンドラの箱を開けてしまったのだが、そのことに気づいてないのだから幸せである。人種差別ということから、本ブログを開設して間もない時期に [続きを読む]
  • 集団的自衛権
  • 今朝のTBSのサンデーモーニングで、北のミサイルを日本が撃ち落とすかどうかの議論があった。北からのミサイルを日本の上空で撃ち落とすには、現状のPAC 3では射程距離が短い(20〜30km)。従って、日本海上にあるイージス艦のSM 3(射程距離500km)を使用することになるが、討論に参加していた辺真一はただちに「それはまずい。金正恩は、日本のイージス艦から発射されたら、日本、米国のイージス艦から発射されたのだら米国のイ [続きを読む]
  • チキンレース
  • 金正恩とトランプのチキンレースも愈々終局に来た。北は今月中旬までに弾道ミサイル「火星12」4発をグアム周辺海域に同時に打ち込む準備を整え、金正恩の指示を待って実行すると発表した。辺真一をはじめとする専門家の多くは、北は言ったことは必ずやると言っており、しろちゃんもそう思う。ミサイルは日本の島根県、広島県、高知県の上空を飛翔することになるが、日本はどうするのか。撃ち落とすのか。撃ち落とすというコメン [続きを読む]
  • 平均余命
  • 昨晩、WBSの茂木経済再生相と大江麻理子とのインタビューのなかで、茂木大臣が面白いことを言った。「今、10歳の子供の半数は107歳まで生きることになる」。本当かなと思ったが、茂木が嘘をつく理由はないので、なんらかの根拠があるのだろう。それにしても、107歳とは恐ろしい世の中だ。107歳でも健康であれば良いが、そういうわけにもいかないだろう。前に、しろちゃんは、自分の寿命を平均寿命に設定しようと書いたが、それは間 [続きを読む]
  • 軽井沢
  • 今年の夏は軽井沢と決めてました。と言っても、長期滞在する余裕はもとよりなく、たった2泊3日の小旅行。上野より、新幹線で軽井沢へ行く。新幹線は速い、1時間ちょっとで軽井沢に着いた。ホームに降りると思ったより涼しい。息子が改札口で待っていた。我々は彼は新幹線で来たとばかり思っていたので、車で来たと聞いて驚いた。滋賀県大津から5時間かかったと言う。まあ、車があった方が良いに決まっているが。宿は、「ホテル軽井 [続きを読む]
  • 再始動
  • しばらくの間放っていたが、預貯金も大分減ってきたので、投資を再開することにした。収入の少ない老人がトライするのだからリスキーこの上ないが、仕方ない。先ず、小型株の投信を買う。従来も持っていたのだが、売ったので、再度買うことにした。小型株を選んだ理由は、小さな会社は会社内容がよくわからないので、個別に買うよりプロに任せた方が良いと考えたからだ。ジャスダックは上昇し続けているのでまだいける。日立を売っ [続きを読む]
  • サービス残業のからくり
  • 前回の建設会社の新卒社員(仮にAとする)の過労死を招いた長時間にわたる時間外労働の対価(残業代)は支払われていたのか。あの電通の高橋まつりさんの場合、支払われていなかった。(電通との和解書の中で、慰謝料とともに、未払い残業代が支払われたことが確認されている)。電通のような大会社が支払ってないのなら、Aの場合、支払われてなかったのは間違いないだろう。しかし、ここで注意しなければならないのは、残業代のす [続きを読む]
  • 新卒の若者がまた自殺
  • 電通の新卒女子社員の自殺に続いて、また新卒の若者が自らの命を絶った。この若者は、大学卒業後2016年4月、都内の建設会社に就職し、新国立競技場建設工事の現場監督をしていた。彼が勤務していた会社の名前は公表されてないが、大成建設の下で、地盤改良工事を請け負っていたというから、電通のような大会社ではない。ご存知のように、新国立は設計段階での紆余曲折の末、決まったものだから、そのしわ寄せが工事にきて、もとも [続きを読む]
  • 運転免許証の更新
  • この数カ月間、白内障の手術に振り回され眼鏡を二度作る羽目になったが、眼鏡が出来上がってきたので、免許センターへ行ってきた。平日の朝一番に行ったのだが、混んでた。問題の視力検査だが、5年前と違い機械が導入されており、それを覗いて輪の切れ目の方角を答えるようになっていた。上から順に下りていくのではなく、あらかじめ許容視力が設定されていて、それを読むかたちになっていた。その方が確かに合理的である。多少、 [続きを読む]
  • 白内障(保険請求)
  • しろちゃんは2年前、医療保険を更新しているので、今回の白内障手術にこれが適用される。病院から診断書が届いたので、本日、保険請求の手続きをした。保険と言うのは、どんな保険でも請求しなければ保険会社は払ってくれない。加えて、医療保険の場合は医師の診断書が必要。病院に支払った金額と保険金額は下記の通り。病院へ: 入院診療費 44,400円X2回= 88,800円 (国保 20%、高額療養費制度適用)保険から: 入院給付金 [続きを読む]
  • 都議選
  • 都民ファが勝つとは思っていたが、ここまでやるとは思わなかった。50人立候補して、49人当選というのだからまさに完勝。自民党に入れていた人の過半数以上が都民ファに投票したかたちだが、共産党を除いて既成政党はみんな星を落としている。有権者は、与野党を問わず、自民党を筆頭とする既成政党の隠蔽・癒着体質に辟易としていたからだ。もちろん、自民党が惨敗したのは、籠池に始まる一連の疑惑や不祥事によるところが大きいが [続きを読む]
  • 小泉進次郎
  • 農業改革ならわかるが、こどもの居ない独身の小泉進次郎がなぜこどもの教育無償化に熱心に取り組むのかがわからなかった。その熱心さは半端でなく、「こども保険」の制度設計までまとめてしまったのは驚きである。その疑問の一端が文芸春秋7月号の「こども保険」が必要だと題する田村憲久、木原誠二、小泉進次郎の鼎談記事から読み解けた。その部分を下記に引用する。『小泉 ・・・僕は小さいころに両親が離婚して、シングルファ [続きを読む]