nisizawa さん プロフィール

  •  
nisizawaさん: ランシット日記
ハンドル名nisizawa さん
ブログタイトルランシット日記
ブログURLhttp://rangsit.net
サイト紹介文タイ王国パトゥムタニ県ランシットからタイの話題やお役立ち情報など
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供135回 / 365日(平均2.6回/週) - 参加 2009/08/23 22:23

nisizawa さんのブログ記事

  • タイの迷惑SMSを解除する方法
  • タイの携帯電話を使っていると、申し込んでないし、許可した覚えもない、SMSの広告が送られてくることがありませんか? タイの国家放送通信委員会(NBTC)は、こうした広告SMSや、いつの間にか登録してしまった有料SMSの苦... [続きを読む]
  • 去る Uber 来る LINE MAN タイのタクシー配車アプリの栄枯盛衰
  • これまで、タイのタクシー配車アプリといえば Uber と Grab の2つでした。しかし、Uber は2018年3月には東南アジアからの撤退を発表しました。・米ウーバー、東南アジア撤退へ=シンガポール同業に事業売却Uber が去り、今後のタイ市場は Grab が独占するのか!?と思っていたのですが、LINE が提供する配達アプリ LINE MAN が、タクシー配車事業に新規参入しました。LINE MAN は以前から、タイでフードデリバリー、メッセンジャー [続きを読む]
  • カンボジア不動産投資による脱税手法を暴露〜『富裕層のバレない脱税』感想
  • 『富裕層のバレない脱税』という本を読んだ。富裕層のバレない脱税―「タックスヘイブン」から「脱税支援業者」まで (NHK出版新書 526)この本では、元国税局資料調査課の著者が、「富裕層のあらゆる脱税の手口を白日のもとにさらす」として、さまざまな脱税方法を暴露、解説している。紹介している脱税の手口は、例えば次のようなもの。・水商売や風俗における売上の除外・宗教法人の脱税(オウム真理教が経営していたパソコンショ [続きを読む]
  • タイ新国王の新札発行、その裏で高騰する前国王の旧札
  • タイ新国王の新札発行タイ中央銀行は、ワチラーロンコーン国王の肖像が描かれた新紙幣の発行を発表しました。(出典:タイ中央銀行)新紙幣の流通は、2018年4月6日のチャクリー記念日:20・50・100バーツ紙幣2018年7月28日の国王誕生日:500・1000バーツ紙幣と2回に分けて開始されます。新紙幣の図柄は、表面はすべてワチラーロンコーン国王の肖像ですが、裏面はそれぞれの紙幣で異なり、20バーツ紙幣:ラーマ1世・2世50バーツ紙幣: [続きを読む]
  • タイで蔓延する狂犬病についての情報まとめ
  • 2018年3月5日、狂犬病による死者の発生を受けて、タイでは13県が狂犬病危険区域(赤色)に指定されました。黄色は注意区域です。(出典:Ch3)危険区域(赤色)に指定されたのは次の13県。スリン、チョンブリー、サムットプラカン、チャチューンサオ、ナーン、ブリラム、ウボンラチャタニ、チェンラーイ、ローイエット、ソンクラー、ラヨーン、ターク、シーサケートチョンブリー、サムットプラカン、チャチューンサオは日本人の方 [続きを読む]
  • タイ気象局、2018年3月3日からの暑季入りを宣言!
  • タイ気象局は3月5日、タイが暑季入りしたことを宣言しました。これから4月のソンクラーン(今年は4月13〜16日)にかけて、一年で最も暑くなりますので、タイで過ごす方、タイを訪れる方は、熱中症にならないよう、帽子や日傘などの暑さ対策、小マメな水分補給を心がけるようにしてください。また、タイ気象局は、中国南部から高気圧が接近しているため、次の時期と場所で雷雨・強風・雹(ひょう)の可能性があるとして注意を呼びか [続きを読む]
  • 【2018年版】タイの RMF(退職投資信託)情報まとめ
  • タイで個人所得税を節税する手段のひとつが、この RMF(退職投資信託)の購入です。RMF は、LTF(長期投資信託)や生命保険といった他の節税手段と同じように、購入時に所得控除が受けられます。ただし、自分で貯める退職金という性質があるため、売却できるのは満55歳以降になってからです。このため、若い方には向いていませんが、40代後半以降の方にはおすすめの節税方法です。LTF(長期投資信託)は2019年を最後に終了が決定し [続きを読む]
  • 最速でマイルが貯まるタイのクレジットカードはこれだ!
  • はじめにタイでは、さまざまなクレジットカードが発行されています。その中には、買い物をすればポイントが貯まり、そのポイントが航空会社のマイルと交換できるカードがあります。こういったカードを使えば、お金を使わずに、貯めたマイルをJALなどの特典航空券と交換して、日本へ帰省したり、近隣諸国へ旅行に行ったりすることができます。ただし、燃料サーチャージなどは別途支払いが必要です。この記事では、タイで日本人が入 [続きを読む]
  • タイのモスバーガーに客がいない3つの理由
  • 僕はモスバーガーのファンだ。おいしくて、新鮮な野菜を使ったモスバーガーが好きで、タイでも月に1度は食べている。学生時代はモスバーガーでアルバイトをしていたことがあり、働く側から見ても、良心的な企業だと思っている。モスバーガーは、2007年3月にタイへ進出した。2017年には店舗を2つ増やして、現在は7店舗である。一見すると、順調に展開しているように見える。しかし、僕がよく行くモスバーガー・フューチャーパーク店 [続きを読む]
  • タイ・バンコクで深刻化する大気汚染PM2.5の情報まとめ
  • (Photo By : Roberto Trombetta)タイのバンコクでは、2017年1月末ころから、過去に例がないほど大気汚染が深刻化しています。2018年2月になると、次のような記事が相次いで新聞に掲載されました。バンコクでは8日、微小粒子状物質PM2.5が米環境保護局の大気質指数で「極めて健康に良くない」に相当する203に達した。同指数では50以下が「良い」とされる。(出典:時事ドットコムニュース 2018年2月9日)この記事では、 [続きを読む]
  • タイ中央銀行が、銀行の仮想通貨取引を禁止した意味を考える
  • タイ中央銀行による禁止通達2017年2月13日の各社の報道によると、タイ中央銀行は、仮想通貨を扱わないよう、タイ国内の金融機関に通達を出したとのことです。日本語記事・「タイ中央銀行 仮想通貨に関わらないよう金融機関に要求」(NHKニュースウェブ 2018年2月13日)・「タイ中央銀行、国内金融機関の仮想通貨取引禁止」(newsclip 2018年2月13日)タイ語の記事にはもう少し詳しく載っていました。・「タイ中央銀行、銀行の仮 [続きを読む]
  • 平昌冬季オリンピックに参加するタイ人選手が熱い!
  • (Photo by : PAN Photo / Davit Hakobyan)2018年2月9日から、2018年冬季オリンピック・パラリンピックが韓国の平昌で開催されました。日本からは、男子52名+女子72名=合計124名の選手団が參加しています。この平昌冬季オリンピックには、実は、南国・タイからも4名の選手が参加しています。常夏の国タイでは、雪が降ったことがありません。最近になって、首都バンコクにはスケート場ができて、フィギュアスケートを習う子供も出 [続きを読む]
  • バンコクから行けるおすすめ旅行地14選!【日帰り・1泊・2泊】
  • 旅好きの筆者が、バンコク周辺のおすすめ旅行地をまとめてみました。有名な場所などはガイドブックにおまかせすることにして、この記事ではあまり有名ではない場所筆者が実際に行って面白かった場所をまとめています。土日や連休のお出かけの参考になれば幸いです。宿泊日数は、筆者の経験を基にしましたが、スケジュールによってはもっと短くしたり、長くしたりもできると思います。バンコクからの距離は、BTSプロンポン駅を基準 [続きを読む]
  • 海外からAmazonプライムビデオの全番組を見る方法
  • Amazonプライムビデオとは?Amazonプライム・ビデオは、約25,000本の映画、TV番組、ドキュメンタリー番組を視聴できる定額動画配信サービスです。Amazonプライム会員(年会費3,900円 or 月会費400円)になると利用できます。(Amazonプライムビデオで視聴できる映画)日本では、定額動画配信サービスは他にも「Netflix」「Hulu」「U-NEXT」などがあります。ですが、これらのサービスでは、後述する方法を使っても海外では視聴できな [続きを読む]
  • アユタヤ銀行のクレジットカード5選【徹底解説】
  • アユタヤ銀行はどんな銀行?アユタヤ銀行のタイ語名は「クルンシイ・アユタヤ銀行」。タイで資産規模では5番目に大きな商業銀行です。2013年12月に、三菱東京UFJ銀行の連結子会社になりました。日本の銀行の傘下に入ったため、最近は日本人向けのサービスに力を入れており、サイアムパラゴン支店には「日本語サービスデスク」もあります。また、タイに駐在される方のために、タイ渡航前に、日本で口座開設・クレジットカードやイン [続きを読む]
  • タイ在住者におすすめのスマホアプリ19選
  • この記事では、タイ在住のブログ主が、実際に愛用して便利だと感じたスマホアプリを、タイ在住の方タイへ旅行に来る方に向けて紹介しています。すでに皆さんが使っているであろう、Youtube や Twitter といった有名なアプリは除きました。あまり有名ではないが、役に立つアプリを中心に載せています。この記事は随時更新です。交通・旅行関係のアプリGrab Taxiタクシー配車アプリ。タイ国内では、この Grab Taxi と、次の Uber を [続きを読む]