伊勢の風 さん プロフィール

  •  
伊勢の風さん: 伊勢の風 美しい風景との出合いを求めて
ハンドル名伊勢の風 さん
ブログタイトル伊勢の風 美しい風景との出合いを求めて
ブログURLhttp://isenokaze.blog39.fc2.com/
サイト紹介文三重県中心の風景写真にエピソードや撮影ポイントなどを添えています。メインは銀塩、最近はデジタルも。
自由文日本風景写真協会の会員です。2006年に写真集「伊勢神宮の四季」を上梓しました。その翌年、和紙による同名の写真展を開きました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供27回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2009/08/25 06:08

伊勢の風 さんのブログ記事

  • 残暑お見舞い
  • 「オニバス」 愛知県愛西市残暑お見舞い申し上げます。久々の更新です。暑くて撮影に行く気も起らず、7月など全く撮影もしていませんでした。ところが今日は、愛西市のほうに所用もあり、曇りがちだったこともあって、やっと蓮田などを見て回ることができました。いつも行く船頭平の蓮田は花も少なく、終盤だったので何も撮らず、アクアワールドのオニバスを見ていくことに、、、。行ってびっくり、去年は池を埋め尽くすほどあっ [続きを読む]
  • 「隔風」7−8月号結果!
  • 「隔風」7−8月号 組写真部門現在販売中の隔月刊「風景写真」7−8月号のコンテスト結果は、組写真部門で前号に続き、またまた佳作で、、、最近この壁なかなか超えられません。組んだテーマは「冬の蓮田」、良く行くフィールドの一つになっている愛知県愛西市の蓮田の作品です。選評では、どれも造形感覚に優れ、構図に無駄がなく主題がすっと浮かび上がって良いとほめていただいていますが、③の作品が①のバリエーションに見えて [続きを読む]
  • 喧騒 モネの池
  • 「涼しいのは鯉だけ」 岐阜県関市 「モネの池」この日曜日、写友3人と板取方面に行ってきました。メインはイワツツジだったんですが、天候などで延び延びになっていたこともあっていろんな場所に行きました。通称「モネの池」も、なるだけ早く行けば少しは人も少ないだろうと9時過ぎに到着、そして見事に裏切られました。車も止める場所がないほど混雑、うまく隙間を見つけて何とか止めて取あえず見てみることに、、、。時間が [続きを読む]
  • 霧湧く神宮林
  • 「神秘の森」 三重県伊勢市このところ、さっぱり撮影していないので、更新していませんでした。渓谷のサツキや池のスイレンなど、撮影意欲はあるんですが、最低撮影条件の天候と休みが全然合いません。などと言っている間に旬は過ぎ、どんどん撮影ができなくなって今に至っています。カメラもカビが生えてしまいそう。(笑)と言う訳で、こんな時のいつもの回避策、蔵出し「神々の風景」から一枚紹介します。写真は伊勢神宮の広大 [続きを読む]
  • 緑の美しい季節 2
  • 「フジとモミジ」 滋賀県東近江市新緑を求めて走る林道撮影の2回目は、連休明けの滋賀県の政所(まんどころ)と言う山里に咲くフジの花です。川沿いにある林道を走っていると、まず目にしたのがあちらこちらで咲いている山フジの花でした。麓ではほとんど終わっていたフジですが、ここでは今が旬とばかりに咲き誇っていました。しかしこの山フジ、なかなか曲者で撮影しにくいんですよね・・・高いところにあったり、枯れた枝など [続きを読む]
  • 緑の美しい季節
  • 「緑の装い」 滋賀県東近江市新緑を求めて、4月の中旬と5月の連休明けに二度ほど、県境を超えて滋賀県の林道をあちこちさまよってきました。写真は4月中旬、林道を走っていて見つけた杉の木にツタが絡まっている様子で、鮮やかな緑に魅入られました。他にも何本かあり、まとめて撮ろうとしたけど木の間隔やバックの様子などがうまく収めきれないので一本だけで・・・。ツタが目立つようにと、バックを極力暗くし、周辺を整理し [続きを読む]
  • 「隔風」5-6月号入賞!
  • 「豊穣のきらめき」 三重県紀北町    隔月刊「風景写真」5-6月号単写真部門入賞作品「花くぐり」 三重県松阪市    隔月刊「風景写真」5-6月号テーマ(花)部門入賞作品 9連休のゴールデンウイークがスタートしましたが、撮影予定もありません。雨の日を選んでどこかに行こうかとは思っていますが・・・(天邪鬼ですね)・・・人出や渋滞とか考えるとちょっと・・・。ところで、現在発売中の隔月刊「風景写真」5- [続きを読む]
  • 海津大崎の桜
  • 「桜越しに見る竹生島」 滋賀県高島市かねてからチェックしていた海津大崎の桜も、もう散り始めたとの情報を得て慌てて先週行ってきました。満開は知っていましたが、散り始めが早くてびっくり、夕方には雨も降ると言うので、ゆっくり午後に出発です。3時ごろ到着しましたが、なんとなんと半分くらいは散っていて中には葉桜も、ネットの情報は当てになりませんね。ならば散っているのも面白いと思って探しましたが、風向きが逆で [続きを読む]
  • いなべの枝垂れ桜
  • 「枝垂れる」 三重県いなべ市 勝泉寺今年の桜は早いです。早すぎます。計画が全部狂ってしまいました。例年なら今週末や来週末がピーク、、、のような計画を立てていましたが、全くダメでした。上の写真は辛うじて3月末に撮った桜ですが、4月の桜はタイミングも悪く殆どダメで、おまけに晴れ続きで最悪、、、。ところでこの桜の写真、下はお墓で、あまりうろうろできないので手持ちです。北のほうに行けばまだ撮れそうなところ [続きを読む]
  • 春を撮影
  • 「春の花競演」 三重県いなべ市花粉のために引きこもっていましたが、やれあそこの桜が満開だ、こちらは散り始めたなど周りがうるさくなってきたので、やむを得ず昨日近場を回ってきました。すると、思っていた通り自宅周辺の桜は満開やや過ぎ、少し北ではほぼ満開といった感じでした。天気が良すぎてなかなか撮りづらかったんですが、毎年の恒例行事みたいなもので取あえず何枚か撮ってきました。掲載の写真は良く行く北勢町のお [続きを読む]
  • 菅原神社の梅
  • 「陽光浴びて」 三重県鈴鹿市菅原神社今の時期、花粉症がひどく外に出るのが嫌で撮影は全くしていませんが、先週末少しの時間だけ行ってきました。行ったのは枝垂れ梅で有名な「鈴鹿の森」ではなく、気軽に見ることのできる枝垂れ梅の菅原神社です。菅原道真、菅公、天神さん、と言えばやっぱり梅ですから、、、。とにかく花粉が飛び出さないうちに、、、ということで朝暗いうちに出発、日の出前に到着です。枝垂れ梅は見ごろ過ぎ [続きを読む]
  • 春日神社の桜
  • 「楼門を彩る」 三重県桑名市最近撮影していません。野暮用も多く、しばらくは予定もありません。そんな困ったときは、蔵出し「神々の風景」と称した作品から一枚引張り出します。今回は待ちきれない春を先取り、桑名の春日神社の桜の作品です。春日神社とは俗称で、正式には桑名宗社と呼ばれる由緒のある神社です。市街にあって、近くには九華公園や七里の渡しなど見どころも多く、特に九華公園は桜の時期には毎年撮影に行きます [続きを読む]
  • 余呉湖の結氷
  • 「厳寒」 滋賀県余呉湖この湖は風が無いと水鏡になると聞いていたので、先日予報を見て出かけました。予想通り風は弱く、もしかしたら、、、と期待していたらなんとなんと、結氷していました。これは全く想定外、全面ではありませんが奥から半分くらいは結氷していて、水鏡などどこにもありません。まあ、これはこれで珍しく、薄氷の上に雪が残って模様を作っているのも面白くて数カット撮った一枚が上の写真です。日差しもあった [続きを読む]
  • 雪の越前岬
  • 「雪の水仙畑」 福井県越前町先週の土日は毎年恒例になった、福井県は越前での新年会に参加してきました。地元の写真クラブが主催ですが、遠くは群馬、そして愛知・大阪・京都・三重などから参加者が集まります。我々のグループは、まずは琵琶湖から撮影を開始する予定でしたが思わぬ大雪で撮影もままならず余呉湖に変更、何とか撮影することができました。雪で悪戦苦闘したので、高速を使って福井まで行くことにしましたが、何と [続きを読む]
  • 残り柿
  • 「残り柿」 滋賀県伊吹町お正月休みに雪景色を求めて湖西のほうに行きました。途中は雪も少し降っていたので期待もしていたんですが、湖北の方まで来ると殆ど雪もありません。それでも何かないかと思っていろいろ探してみたけど、結局何も見つけられずすごすご退散です。上の写真は往く道の途中、伊吹山の麓の柿畑で、少しだけ実が残っている木があったので撮っておきました。帰り道ではもう雪も解けていたので、今回の撮影行では [続きを読む]
  • X−T2 ニッポンを巡る(三重編)!
  • 「日の出」 三重県志摩市  撮影:富士フイルムX-T2・18-135mm手持ち新年明けましておめでとうございます気まぐれな更新ですが、今年もよろしくお願いします。気まぐれ更新一発目は、先月下旬に実施された隔月刊「風景写真」企画 “X−T2ニッポンを巡る(三重編)”です。この企画は「隔風」と日本風景写真協会のコラボで全国で実施され、三重県が節目の10回目でした。講師の辰野先生をはじめ、三重支部会員7名を含めての [続きを読む]
  • 「隔風」入賞
  • 「咆哮」 愛知県愛西市 隔月刊「風景写真」1-2月号 優秀作品賞受賞作品現在発売中の隔月刊「風景写真」1-2月号テーマ部門(冬)で優秀作品賞をいただきました。ひさびさの上位入賞でうれしい限りです。ここは冬になると何回かは必ず行く、愛西市にあるハス田の一つです。自宅から30分ほどの距離にあるため、その日の朝の状況を見てから行けるので良いです。この日も良く冷え込んでいたので夜明け前に家を出ました。着いて [続きを読む]
  • 初雪と紅葉
  • 「秋から冬へ」 三重県菰野町今週の木曜日、この地方にも初雪が降りました。出勤前のあわただしい時間、雪が降れば取あえずは行ってみるいつもの場所を見ることに、、、。行ってみると、まだ紅葉していたカエデが一本、雲のかかり始めた青空に堂々と立っていました。このカエデにも雪は着いていましたが、大したことはなかったので周りの木の枝を前景に入れて初雪をイメージしました。この後は風も吹き出し、あっという間に雪も落 [続きを読む]
  • 晩秋の林道を走る
  • 「覗き見る」 滋賀県多賀町先週、これといった目的もなく滋賀県の林道を走ってきました。走っていて何か気に入った被写体があれば撮る、という非常に効率の悪いやり方で走ることはしばしばあります。それでも何回かに一度くらいは思わぬ拾い物をすることがあるので、なかなか止められません。この日は通りかかったある小さな神社で、雨に濡れたモミジを少し撮影し、その後この写真の場所に来ました。大きく広がったヤマモミジが、 [続きを読む]
  • ニコンD850体験撮影会in徳山湖
  • 「雨上がりの朝」 岐阜県揖斐川町  ニコンD850撮影今週の火曜と水曜日、「Nikon D850で撮る錦秋の徳山湖!」と題したイベントに参加してきましたので、その様子を、、、。講師は人気の星野佑佳先生、それに風景写真出版編集長他とニコンのスタッフ、現地案内のN氏、そして100名強の応募者から抽選で選ばれた10名の写真愛好者の総勢17名が、うすずみ温泉のホテルに集合しました。(1日目)オリエンテーション後 [続きを読む]
  • 愛知川秋景
  • 「愛知川秋景」 滋賀県永源寺町先週、霧の濃い日に近くの峠を目指しました。まだ全山紅葉には少し早いと思いましたが、霧に惹かれて行ってみることに、、、。ところが、三重県側は霧が濃かったのですが、トンネルを抜けて滋賀県に入ると霧はそれほどでもありませんでした。車を空地に置いて、橋まで来てみるとまあまあの紅葉だったので、数枚下の愛知川を入れて手持ちで撮りました。紅葉が寂しいので、せめて霧でもあればもう少し [続きを読む]
  • 困った週末台風
  • 「台風一過」 三重県四日市自宅付近毎週末に来る台風、困ったもんですね〜、予定が狂います。(被害にあわれた方には慎んでお見舞い申し上げます)先の日曜日の夕方、急に雨が止み、日が差し出したので不思議に思い外に出てみたら、何と、、、大きな虹がすぐ近くの位置に出ていました。慌ててカメラ(M3)を持って表に飛び出し、最広角で隣の医院の上空の虹を撮りました。広角とはいっても15mm(35mm換算で24mm)、 [続きを読む]
  • 夏の名残のひるがの高原
  • 「初秋の高原」 岐阜県ひるがの高原久しぶりの、撮影目的でない観光ドライブでひるがの高原「牧歌の里」に行きました。とは言え、カメラを持たないと落ち着かない性分のため、M3に標準ズームを付けた1台はお供させました。朝は曇っていましたが、途中からは青空も、そして秋の高原とは思えないほど暑い日になりました。花は最後の見ごろか、思っていた以上にきれいでしたが、終盤気味のものが多かったのはちょっと残念です。ア [続きを読む]
  • 立山はもう晩秋
  • 「剣岳遠望」 富山県立山天狗平先週末、JNP秋の立山撮影会に参加しました。初日の天狗平周辺は秋と言うよりもう晩秋の風情で、天気も薄曇りとあって被写体探しで苦労しました。当然夕日も拝めず・・・さっさと引き上げて宴会会場に・・・懐かしい写友さんたちとの再会で盛り上がりました。翌日も朝は曇り、写真は剣岳の雄姿が唯一見える天狗平から、前景にチングルマの群生を入れて撮ったものです。期待していたのは、剣の頂上部 [続きを読む]
  • 初秋の花満開
  • 「秋の色」 三重県菰野町彼岸花を探して近くを走っていて、偶然見つけたシーンです。鈴鹿山系をバックに、早くも咲き出したコスモスと満開のヒガンバナを撮ってみました。彼岸花とコスモスは少し距離があるため、どちらかがぼけます。この写真は、コスモスにピントを合わせたカットですが、遠くの家並みなどを外したいのでカメラ位置は結構低いです。こんな撮影をするときは、モニターがチルトになっていると無理な姿勢をする必要 [続きを読む]