伊勢の風 さん プロフィール

  •  
伊勢の風さん: 伊勢の風 美しい風景との出合いを求めて
ハンドル名伊勢の風 さん
ブログタイトル伊勢の風 美しい風景との出合いを求めて
ブログURLhttp://isenokaze.blog39.fc2.com/
サイト紹介文三重県中心の風景写真にエピソードや撮影ポイントなどを添えています。メインは銀塩、最近はデジタルも。
自由文日本風景写真協会の会員です。2006年に写真集「伊勢神宮の四季」を上梓しました。その翌年、和紙による同名の写真展を開きました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供27回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2009/08/25 06:08

伊勢の風 さんのブログ記事

  • 夏の名残のひるがの高原
  • 「初秋の高原」 岐阜県ひるがの高原久しぶりの、撮影目的でない観光ドライブでひるがの高原「牧歌の里」に行きました。とは言え、カメラを持たないと落ち着かない性分のため、M3に標準ズームを付けた1台はお供させました。朝は曇っていましたが、途中からは青空も、そして秋の高原とは思えないほど暑い日になりました。花は最後の見ごろか、思っていた以上にきれいでしたが、終盤気味のものが多かったのはちょっと残念です。ア [続きを読む]
  • 立山はもう晩秋
  • 「剣岳遠望」 富山県立山天狗平先週末、JNP秋の立山撮影会に参加しました。初日の天狗平周辺は秋と言うよりもう晩秋の風情で、天気も薄曇りとあって被写体探しで苦労しました。当然夕日も拝めず・・・さっさと引き上げて宴会会場に・・・懐かしい写友さんたちとの再会で盛り上がりました。翌日も朝は曇り、写真は剣岳の雄姿が唯一見える天狗平から、前景にチングルマの群生を入れて撮ったものです。期待していたのは、剣の頂上部 [続きを読む]
  • 初秋の花満開
  • 「秋の色」 三重県菰野町彼岸花を探して近くを走っていて、偶然見つけたシーンです。鈴鹿山系をバックに、早くも咲き出したコスモスと満開のヒガンバナを撮ってみました。彼岸花とコスモスは少し距離があるため、どちらかがぼけます。この写真は、コスモスにピントを合わせたカットですが、遠くの家並みなどを外したいのでカメラ位置は結構低いです。こんな撮影をするときは、モニターがチルトになっていると無理な姿勢をする必要 [続きを読む]
  • まだ咲いていました
  • 「押し合いへし合い」 岐阜県海津市 撮影M3先週、稲田の中に咲く蓮があると聞き、探しに行きました。ここと思しき場所をうろうろしましたが探せず、携帯で聞きながらでも探せず、あきらめてオニバスを見に行くことに・・・。もう咲いてないかな、と思っていたら、なんと何と結構咲いているではありませんか。ただ、咲いてはいるものの特徴のある葉が大きく育ちすぎ押し合いへし合い、中には乗っかっているものもあります。池の [続きを読む]
  • 夏の終わりの乗鞍岳
  • 「どこまで続く」 長野県乗鞍岳畳平 撮影M3夏休み最後になって、やっと行けた乗鞍岳です。7月に星を見る計画をしていたけど、天気が思わしくなく、どんどん延ばしていくうちに夏休みも終わりに近づきました。焦っていたら、日曜日なんとか行けそうな予報が出たので、残り日数も考えて慌てていくことに決めました。昼前出発、途中は良い天気、このまま夜までもてば星が見られるかも、、、しかし乗鞍高原まで来ると曇りがち、、、 [続きを読む]
  • ミラーレス仲間入り
  • 「終の美」 愛知県愛西市  キヤノンM3 EF-M15-45IS 手持ちキヤノンのミラーレス一眼、「EOSM3」が新しく仲間入りしました。今までサブ機としてはAPSCサイズのキヤノンの二桁機を使っていましたが、まあ望遠の延長くらいしか出番もないし、それなら少しでも軽いミラーレスはと思い、旧タイプとなって安くなった「M3」のレンズキットをネットで購入しました。キヤノンのミラーレスは、メーカーがどうも本気モードでないのか [続きを読む]
  • 円原の光芒
  • 「夏の円原川」 岐阜県山県市2年ぶりに円原に行きました。朝4時に出発し予定通り6時に到着、平日にもかかわらず既に10台近く駐車されています。(相変わらずの人気)車はかろうじて止めることはできましたが、撮影場所があるのかどうかちょっと不安になるも、とりあえず朝食を・・・。ポイントには既に大勢のカメラマンの三脚で、ほとんど隙間がありません。しかも今日は、いつもの場所ではなく後ろの狭い場所に大勢立ってい [続きを読む]
  • スイレン咲くモネの池
  • 「涼しげに泳ぐ」 岐阜県関市あまりにも暑いので、北に行けば少しは涼しいかと関市の板取の方に行ってみました。途中、有名になりすぎた感のある通称「モネの池」に、スイレンが咲いているかもと思い少し寄ってみることに・・・。平日にもかかわらず近くの駐車場は満杯・・・運よくトイレの横が1台分空いたので早速止めて手持ちで出ました。着いてびっくり、あの小さな池を隙間なく人がぐるっと囲んでいます。スイレンは一か所に [続きを読む]
  • 初夏の乗鞍高原
  • 「レンゲツツジの咲く頃」 長野県松本市5日ほど前、初夏の乗鞍高原を訪れました。最近はよく行くようになりましたが、秋が多くて今回のように初夏に行くのは本当に久しぶりでした。レンゲツツジは満開のものもあれば散り始めているものまであって、全体的にはギリセーフといったところでしょうか。一日目は高原とは思えぬほど暑い晴れ、二日目は朝から雨と、変化に富んだ撮影になりました。それにしても、一ノ瀬園地も白樺の木が [続きを読む]
  • 初夏の溜池
  • 「初夏の風」 三重県四日市市梅雨とはとても思えない日々が続いているので、雨の好きな私には全く写欲が湧いてきません。それでもカメラをカビさせないためには使ってやることも必要かと・・・近くの池に出かけてみることにしました。ここは四日市の郊外にある和無田(わんだ)池という、地元のカメラマンにはちょっとした有名撮影地になっています。私は初めてでしたが、新聞などにもヒメコウホネの開花のニュースが出たりしてい [続きを読む]
  • 神々の森
  • 三重県紀宝町 神内神社 (上2枚)三重県鈴鹿市 大木神社しばらく撮影予定がありません。そんな時は、お馴染み困ったときの蔵出し写真、「神々の風景」から一挙3枚をアップします。上の2枚は紀宝町神内神社の参道で、下の1枚は鈴鹿市大木神社の境内で撮影したものです。それぞれ苔むした枝や木肌に長い年月を感じ、その面白さを引き出そうとしました。さてさてその結果は・・・と、言われれば・・・ちょっとおとなしすぎるよ [続きを読む]
  • 雨のダム湖
  • 「新緑と釣り人」 滋賀県多賀町今年のゴールデンウィークは、今までにあまり覚えのない9連休でした。ただ悲しいことに長い休みの上手な過ごし方を知らないので、雑用などをしながらグダグダして終わってしまいました。撮影も、混雑の嫌いな私には予定もなく、でも何か撮らねばと思い雨の降りそうな土曜日に近くの山に出かけました。思いがけず人も少なく・・・て言うか殆どいないので良かったのですが、着いた直後に猛烈な雨が・ [続きを読む]
  • 今季最後の桜・・・
  • 「春爛漫」 奈良県曽爾村屏風岩公苑いよいよ最後と思い、三日ほど前に屏風岩公苑を訪れました。この地域ではここの開花が一番遅くて、最近は桜撮影の最後はここで締めくくることが多くなりました。本当は雨の日に訪れたかったのですが、この日しか休みが合わなかったので晴れていたけど行くことに・・・。到着は6時頃、駐車場は平日とは言えほぼ満車でしたが、うまい具合に1台分の空きがあり止めることができました。花はほぼ満 [続きを読む]
  • 車で通り抜け
  • 「桜ロード」 滋賀県長浜市日曜日、残りの桜を探して滋賀県を巡ることにしました。まずは高時川の桜並木に寄りましたが、ちょうど散り初めで細い遊歩道は桜の花びらで埋め尽くされていて見事です。タンポポを前景に、桜並木を撮った一枚が上の写真です。次はどこにしようかと考え、海津大崎が満開だというので、人込み覚悟で向かいました。途中のトンネル3個のうち2個は何とか抜けましたが最後のトンネル、奥琵琶トンネルから渋 [続きを読む]
  • 桜も咲きました
  • 「桜道」 岐阜県海津市雨の少し残る土曜日の朝、近くの桜を見に行きました。大垣のほうに向かうと、左手の山間にいつも目につく桜の名所、出来山公園というところで道草をしてしまいます。着いたころには雨も上がって、しばらくすると霧も出てきました。そうなると簡単には帰れませんよね。霧の中をうろうろしますが、ここは何しろ地元民のお花見の場所、いたるところにぼんぼりなどがあります。初めのうちはそれらを外していまし [続きを読む]
  • ♪梅は咲いたか・・・
  • 「梅の里」 三重県鈴鹿市今は花粉のピーク、全く外に出られません。それでもじっとしていられなくて、先週小雨のぱらつく日に近くの神社へ梅を見に行きました。出るときはそこそこ降っていたけど、渋滞にはまって時間が経つうちに雨はだんだん止んでいくし・・・焦ります。まあ、それでも少しは濡れているので花粉も少ないだろうと、さっそく撮影することに・・・。花はやや散り始めといった感じでしたが、久しぶりにカメラを触る [続きを読む]
  • ひさびさの入賞
  • 「雪解けの頃」 岐阜県高山市今月20日発売の隔月刊「風景写真」3-4月号・テーマ部門「桜」で準優秀作品賞に入賞しました。ここのところ入賞から遠ざかっていましたので良かったです。(ここに掲載の写真はデジ一で撮ったもので、雑誌掲載作品は645で撮影したものです)もう10年ほど前、岐阜の某写友さんに聞いた話を思い出し、まだ見られるかどうかも分からずに出かけてみました。その写友さんとは音信不通になっていた [続きを読む]
  • 西の湖残雪
  • 「葦と残雪」 滋賀県近江八幡昨日、休みが取れたので久しぶりに撮影にと思い、行先は殆ど決めずに出ました。いつもながら出発も遅いので、とりあえず山のほうへと石榑トンネルを目指しました。トンネルを抜けるとそこは雪景色(どこかで聞いたような…)、おまけに雪まで降っているではありませんか。初めは遠くへ行くつもりもなかったのですが、気が付けば琵琶湖の近くまで・・・まずは西の湖で残雪と葦の原を・・・。その後は湖 [続きを読む]
  • 南越前撮影行
  • 「波高し」 福井県越前海岸先週土日、福井の某写真グループの新年会に招かれましたので、撮影も兼ねて行ってきました。土曜日は、三島池、琵琶湖岸を北上し、まだ残っている雪や結氷を撮影、その後南越前を海岸沿いに走ります。越前海岸は、今まではいつ来ても波が穏やかで迫力不足でしたが、今回はなかなかの高波が打ち寄せています。見てると面白くて切がないけど、6時には花はす公園の宿に入らなければならないので、4時頃に [続きを読む]
  • 南紀州撮影行
  • 「太平洋への落日」 和歌山県見老津久しぶりの更新です。先週の土日、JNP三重支部の撮影会で今年初めての撮影に南紀方面に行きました。強烈な寒波の影響で、南紀といえども土曜日は風の強い寒い日で、立っているのがやっとというような日でした。波頭に当たる強風で飛沫が飛び散って面白い光景が見られるものの、やはり寒さと風で集中力は無くなります。とにかく早くホテルに戻って、温泉に入ることに思いをめぐらしひたすら耐 [続きを読む]
  • いつもの蓮田
  • 「夢の後」 愛知県愛西市先日、岐阜でやっていた写真展を見に行った帰り道、いつもの蓮田に寄ってみました。夏には立派な花を咲かせた蓮も、静かにうなだれるように朽ち果てるのを待っている・・・こういうの好きなんです。さて、今年もあとわずか、何かもう一回撮影したいのですが、近くでは雪や氷はもちろん霜すら殆どありません。年末に遠くまで行くのはなんとなく億劫だし、このまま終わってしまうのかも・・・。四国香川の「 [続きを読む]
  • 四国で写真展
  • 「寄り添う」 岐阜県大白川   雑誌「風景写真」入選作品今回は今日から約1か月間、四国の著名な写真家、大喜多ご夫婦が経営される香川の「ギャラリーおおきた」にて私の写真展をさせていただいていますので、そのご案内をいたします。テーマは、「瞬彩」美しい風景との出合いを求めて、と題し「美しい風景写真100人展」、雑誌「風景写真」、写真集「四季のいろ」、「JNP三重支部展」などに入選や出品した作品をメインに [続きを読む]
  • 積田神社の二色紅葉
  • 「二色の散り紅葉」 三重県名張市今週末は、この秋最後の紅葉撮影と思い曽爾や香落渓などを回ってきましたが、もうほとんどが散っていました。帰りに寄った名張の積田神社にかろうじて紅葉が残っていましたが、メインのイチョウの葉の散り数?が少ないです。木には殆ど残ってないので、風で飛ばされてしまったんでしょうか・・・いつもはふかふかになるくらいなんですけど・・・。写真では圧縮されてそこそこあるように見えますが [続きを読む]
  • 宇賀渓の新しい紅葉スポット
  • 「寄り添う」 三重県いなべ市日曜日、場所は特に決めずに近場を走ってみることにしました。まずは湯の山温泉、ウーン色がいまいち、県民の森は少し早い、そしてこの宇賀渓に来てびっくりです。数本の大きなモミジが、キラキラと逆光に輝いているのが目に飛び込んできました。実は、ここには今までかんぽの宿だったか国民宿舎が建っていて、このモミジは道路からはまったく見えませんでした。長い間廃屋状態で残っていましたが、最 [続きを読む]
  • 雨の屏風岩
  • 「雨の屏風岩」 奈良県曽爾村今週初め、屏風岩公苑の山桜の紅葉を撮影してきました。往路途中から小雨が降りだしましたが想定内、雨に濡れた紅葉を期待して走ります。いよいよ到着、誰もいません、独り占めです・・・あれ、山桜は殆ど散っています。所々残っているので、まあ撮れないことは無いけど、ちょっと寂しいかな・・・でも晩秋の風情があってこれも良しです。岩の下部の紅葉は見ごろのようですが、天気が悪いので色が出ま [続きを読む]