科学者の眼と詩人の心を持つ心理療法作家 さん プロフィール

  •  
科学者の眼と詩人の心を持つ心理療法作家さん: 幸せな家庭を築く心理学
ハンドル名科学者の眼と詩人の心を持つ心理療法作家 さん
ブログタイトル幸せな家庭を築く心理学
ブログURLhttps://ameblo.jp/mentalconsultant/
サイト紹介文すべての幸せ、すべての苦しみは家庭から。幸せな家庭を築くための心理学的知識と技法を公開。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供112回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2009/08/25 16:57

科学者の眼と詩人の心を持つ心理療法作家 さんのブログ記事

  • 「共感力」の高い人は損をしがち
  • - 共感が大切- 相手の立場になって考えてみる同じことのように思えます。実はこの二つは違います。「共感」というのは、文字通り相手の感情を「感じる」ことです。 対して、「相手の立場に立つ」というのは、相手の立場で「考える」ことです。「感じる」と「考える」同じようで違います。 それを示すおもしろい研究があります。アダム・ガリンスキーらの研究です。買い手の支払い可能な最高金額を売り手の受領可能な最低金額より [続きを読む]
  • 夢を叶える前にしておかなければならないこと
  • 昨日は「目標の立て方」についてお伝えしました。本日は、願望実現を妨げているものについて、その正体と克服法をお伝えします。 説明前にまず、やってみましょう。次の順に質問に答えてみてください。 昨年、最もつらかったことは何ですか? それは、やり方しだいでは、あなたの力によって、解決できたり、好転させたりすることができたことですか? あなたの力で、解決できたり、好転させたりすることができたものである場合 [続きを読む]
  • 本当の望みを叶える目標の立て方
  • 明けましておめでとうございます。 「一年の計は元旦にあり」 というわけで、本日は目標の立て方をお伝えします。次の質問に順に答えてみてください。 昨年、一番幸せだったことは何でしょうか?昨年はつらいことばかりだった。という方は、ここ数年で、一番幸せだったことを思い出してみてください。 それは、あなたが何をしたから実現したのでしょう? そのことで、あなたは、誰と幸せを共有できましたか?それぞれ、どんな [続きを読む]
  • 大晦日にお礼参りをしませんか
  • 今年もありがとうございました。矢野が年末に必ずしていることに、神社へのお礼参りがあります。元日にごった返す神社ですが、大晦日の昼間はガラガラです。清々しさを感じられます。私は、神様は感謝するための存在であり、願い事をするための存在ではないと思っています。だから、感謝するために大晦日にお参りします。 1年の感謝と 来年の決意を宣言します。「祈る」の語源は「意宣る」 つまり、自分の意志を宣言する という [続きを読む]
  • 「ものの見方」を変えるには
  • 今月の『問題解決セラピスト養成講座』のテーマは「ものの見方を変える」でした。あなたは「ものの見方」を変えるには、どうしたらいいと思いますか? 多くの人が、「ものの見方」を変えるイコール「考え方」を変えるだと勘違いしています。 このふたつは、まるっきり別物です。 ものの見方を変えるには、相手の立場で 見て聞いて 感じて 考える この3つが必要です。 「相手」の立場と書きましたが、人であるとは限りません。 [続きを読む]
  • 潜在意識の『正しい使い方』を知りたい方へ
  • 「引き寄せの法則」を使えば、思う未来を実現できる? 「断捨離」をすれば、願いが叶う? 「アファメーション」をすれば潜在意識が書き換えられる? あなたは、上手くできていますか? なんとなく知っている聞いたことがある、という あなたが知っている方法には実は、致命的な欠陥があるかもしれません。 なぜなら、 脳科学的に正しい知識が抜け落ちている可能性があるから。。 「引き寄せ」も「断捨離」も「アファメーシ [続きを読む]
  • 脳科学的な「引き寄せの法則」
  • 【無料動画セミナー】『潜在意識を脳科学的に使いこなす方法』https://www.counseling-school.jp/lp/sct/『潜在意識』を最新の脳科学に基づいて論理的に理解し使いこなすためには、何が必要なのか?  非常にわかりやすく&脳科学的に「引き寄せ」や「断捨離」を含めた潜在意識の使い方を解説しました。 心理学や潜在意識の勉強をしているけど怪しくて納得できないという方にはピッタリだと思います。 【無料動画セミナー】『潜在 [続きを読む]
  • 「もうこれ以上」頑張らなくていいよ
  • 私はサラリーマン時代、仕事のストレスでうつ状態になり、自殺衝動にかられました。研究職で新製品を開発しても評価されず、転職して営業になっても数字を出しているのに降格され・・・「他者の評価を気にするからだ」という人もいるかもしれませんが、仕事は他者からの評価があって、成り立つものです。結果が出ていないのなら、あきらめようがあるのですが、きちんと形あるものができていて、数字としての結果が出ているにもか [続きを読む]
  • 解決したいのか?気持ちを分かってもらいたいのか?
  • 昨日の記事の続きです。 自分が、・「問題を解決したい」 と思っているのか? ・「気持ちを分かってもらいたい」 と思っているのか? を簡単に判断できる方法があります。 次の質問に答えてみてください。 「あなたは、どのようなことで 悩んでいらっしゃるのですか。  問題が起きているシーンを あなたが主役のビデオを 見ているように話してください」 たとえば、人にどう思われるか気になって自分をうまく出せない。と [続きを読む]
  • 「お客さんの感想」が参考になるものならないもの
  • 何かを買うとき、ほとんどの人が「お客さんの感想」を参考にすると思います。 ですが、お客さんの感想が参考になるものとまったくといっていいほど役に立たないものとがあります。 お客さんの感想が役に立つものは、家電製品など工業製品です。 掃除機ならば、Aさんが使うと吸引力抜群なのにBさんが使うと全然吸わないなんてことは、不良品にでも当たらない限りないですから。 だから、私は家電製品を購入するときは、Amazonな [続きを読む]
  • カウンセリングの本来の目的
  • 土日は、東京、大阪でグループカウンセリングでした。両日とも5時間で8名様にカウンセリングをさせていただきました。ありがとうこざいます。参加者さんから次のようなご感想をいただきました。「矢野さんのカウンセリングはスゴイと色々な人から聞いていましたので、さぞかし鮮やかなカウンセリングをされるのだろうと思っていたのですが、『違うかなぁ……上手くいかないかもしれないけどやってみますね』など、相談者さんと一 [続きを読む]
  • 幸せも不幸も感情しだい
  • 私たちが、幸せを感じる時そこにはポジティブ感情があります。 私たちが、不幸だと感じる時そこにはネガティブ感情があります。 つまり、幸せも不幸も感情しだい。私たちが、行動を起こす理由は2つです。ネガティブな感情から逃れたい。ポジティブな感情を得たい。つまり、私たちが行動するとき、そこには感情があるのです。 にもかかわらず、私たちは感情について、ほとんど何も知りません。それどころか、感情について知ること [続きを読む]
  • 30代までと40代までの夢の叶え方
  • 小学校5年の息子に「パパは、子どもの頃、何になりたかったの?」と聞かれて、「学校の先生かな」と答えると、「じゃあ、夢が叶ったね。だって、パパ先生だもんね」と言われました。僕のことを皆さんが「先生」と呼んでくださるので、息子は、僕のことを学校の先生だと思っているのです。そう言われれば……今まで、なりたいと思っていた職業に、すべて就いていることに気がつきました。教師、科学者、執筆家(小説家、脚本家など [続きを読む]
  • 無料動画セミナー「生きがい」の創り方
  • 生きがいを感じられずに毎日を虚しく生きている人多いのではないでしょうか? 生きがいを持っているかどうかが、人生の幸福を大きく左右します。 でも、ほとんどの人が・生きがいとは何なのか?・どうすれば、生きがいを持てるようになるのか? について、まったくと言っていいほど知らないのではないでしょうか。 そこで、生きがいの創り方について、無料動画セミナーつくりました。 かなり矢野惣一独自の考え方が入っていますが [続きを読む]
  • 矢野惣一 仏像になる
  • 私は時々、自己催眠で「今の私に一番会いたがっている副人格」に会います。副人格というのは、自分の心のひとつひとつを擬人化したものです。催眠状態に深く入ると、副人格と対話することができます。昨晩 現れた副人格は、金色の菩薩の姿をしていました。私は副人格に尋ねました。「あなたは、何をするために私の心の中に住んでいてくれているのですか?」副人格が答えました。「私を見て楽しい気分になったり、笑いたくなった [続きを読む]
  • 心を豊かにするには?
  • ・心が豊かな人って、どんな人を思い浮かべますか?・心の豊かさって、そもそも何でしょう?・心を豊かにするには、どうしたいいのでしょうか? 今回は、「心の豊かさ」についてお伝えします。 心の豊かな人って、いろいろな人の立場で物事を判断することができる人だと矢野は感じています。 つまり、心の豊かさとは、いくつもの視点で世界を捉えることができること。 自分の中に、どれだけたくさんの視点を取り入れているかが、 [続きを読む]
  • 生きがいの4つの柱
  • 土日は『問題解決セラピスト養成講座』でした。 今月のテーマはイメージで問題解決・願望達成考え方を根本的に変える方法 矢野が最も得意とする分野です。・嫌な思い出を書き換える方法・イメージしたことが現実化する 脳科学的なカラクリ・イメージが実現を妨げてしまうケース・考え方を変える4つの方法 受講生さんたち目からウロコが落ちまくったようです。 さて、矢野講座では、テキストの内容以外にも、矢野がその時々で [続きを読む]
  • 体と心で疲れの取り方は違う
  • 肉体的な疲れと精神的な疲れとでは、回復の仕方が異なります。 それを知らないで、実は精神疲労なのに、肉体疲労を取る方法をしてしまったり、 逆に、肉体疲労なのに、精神疲労を取る方法をしてしまって、 かえって疲れを溜めてしまっている人が少なくないように思います。 たとえば、精神疲労なのに、栄養ドリンクを飲む。 一時的にカフェインで目がさえて、疲れを誤魔化してしまうため、かえって疲れが溜まってしまいます。 肉 [続きを読む]
  • 中高生のための脳科学的勉強法
  • 我が家の長男が中二で来年受験を控えているので、「脳科学的な勉強法」を伝授することました。せっかくなので、メルマガ読書の皆さんにも動画でシェアさせていただくことにしました。内容は次のようなことを予定しています。1.勉強の目的とは?とかく子どもには理想論を語ってしまいがちです。ですが、中学生になれば、きちんと現実を伝えた方がいいと思います。その現実を知った上で、勉強するかしないかを自分で決めさせるので [続きを読む]
  • 子育てで一番大切なこと
  • 子育てで一番大切なことは何だと思いますか? ・一流大学に入れること・子どもの個性を発揮させてあげること・子どもに無条件の愛を注ぐこと…… どれも大切なことではあると思いますが、もっと大切なことがあると矢野は考えています。 ■無料メルマガ■矢野惣一から濃〜いメールが毎日届く元気になって、暖かな気持ちになれる。潜在意識の使い方&仕組み 『心も懐も豊かになる潜在意識の使い方』 [続きを読む]
  • 自ら幸せを壊してしまう人が幸せになる方法
  • 読者さんからのお悩み相談にお答えします。 (ご相談ここから)いつも、次から次へと不安や心配なことがあります。まるで不安を自分で作り出しわざと自分を苦しめているようにも思えます。幸せになることや、すべてが上手くいくことが怖く自分で不安を作り出し、自分を不幸にしてるそんな気もします。こんな癖から抜け出すために何かできることはありませんか?(ここまで)ようやく仕事が順調に行き始めたのに、転職してしまう。 [続きを読む]
  • 天国行きの条件
  • 馴染みのショップですすめられるままに買ったポロシャツ。背中になかなかいい言葉が書いてありました。 息子に「何て書いてあるの?」ときかれるまで気づきませんでしたがσ(^_^;) 私は死んだら天国に行くだろう。なぜなら私は、この道で人生を捧げてきたのだから。 どんなことであれ、人生を捧げるほど何かに打ち込んできた人は天国に行けるのだと思います。 だって、人生を捧げるほど何かに打ち込めば、必ずそれは誰かを幸せ [続きを読む]
  • 観察眼は人生を豊かにする
  • 中二の長男と近所の湖畔を散策しました。湖には秋の気配が、駆け足でやってきていました。景色を眺めながら息子に言いました。「もう秋だね。ガマの穂が出てきてる」 息子が言います。「鳴いている虫なんていうの」「たぶんコオロギの仲間だよ」しばし、景色と虫の音に浸ります。「空気の匂いを嗅いでごらん。季節で変わるのは、景色つまり目に見えるものだけじゃない。虫の声など、耳で聞こえるものだけでもない。水の匂い、緑の [続きを読む]
  • 富士山でキノコ狩り
  • 家族で富士山でキノコ狩りをしてきました。 採ったキノコはキノコ博士に選別してもらいます。上記写真の3割くらいが毒キノコでした 採ったキノコは持ち帰りました。昼食は、山小屋でキノコ料理をいただきました。 キノコ嫌いの次男が「また行きたい」と言い、キノコ料理を美味しいとたいらげました。 キノコ狩りも楽しかったですが、富士山の森の苔の美しさに心洗われました。 ふわふわの緑の絨毯のようです。 自然の中での狩猟 [続きを読む]
  • 本当の優しさとは?
  • 母が老人ホームに入ることになりました。ベテランの介護職員さんの傾聴共感力に脱帽です。テクニックではない。人としての根本的な“優しさ”が僕とは段違いだと思いました。彼らの話の聴き方を観察していると、巷のカウンセラー養成講座で教えるような椅子を置く角度とか伝え返しのバリエーションなんかまったく不要なものであることが分かります。心理カウンセリングでの傾聴共感の目的は、相談者さんに気づきを促すことです。しかし、老人 [続きを読む]