sorachine さん プロフィール

  •  
sorachineさん: 大野空知のブログ
ハンドル名sorachine さん
ブログタイトル大野空知のブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/ohnosorachi/
サイト紹介文日常を徒然なるままに綴っています
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供15回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2009/08/26 16:27

sorachine さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 胸が苦しくなるくらい美しい
  • 不確かでふわふわして壊れそうな物が好きで 刹那的な一瞬に強い憧憬を抱いていた 確かな物が形として視えないから危うく美しい 今も変わらずその感性は持ち得ている 人の気持ちは移ろいやすいもので 常に失うかもしれない不安を抱える中 確かな物は目の前の温もりだけ [続きを読む]
  • 願わくば空気のように目立たずひっそりと生きていきたい
  • 言葉を紡ぎだす事に飢えていた時期がある 溢れる衝動を何とか言葉にして吐き出して 自分の中のバランスを保っていたのだろう 今はあの頃の様に欲望の赴くままに言葉が 出てくるなんてことはなくなって言葉を唯 選ぶことそれを覚え始めてから衝動も消え 言葉を紡ぐことを辞めてしまっているのだ 日々日常に追われ疲弊していることだけが 原因ではあるまいと気づいているけれども あの衝動が抑えられない時に書けた言葉を 今も愛おし [続きを読む]
  • 面倒くさくなるんだ、いろいろと
  • 人と約束して会うのが億劫で 約束したのに反故したくなる 昔からそうなんだけど今でも 会えば会ったで楽しかったと また会いたいとすら思うのに 約束というものがどうも苦手 年を重ねたらより顕著になり 以前より誰かと繋がりたいと 思わなくなったりなんか色々 自分が変わっていってしまう [続きを読む]
  • 別れはすこし苦手
  • 春は明るいイメージだけど出会いや別れの季節でもある それを不意に忘れて過ごしていたから突然の別れに少し 衝撃と戸惑いを隠せないでひとり静かに動揺してしまう 正直悲しいし寂しい想いの方が強いけれどたぶんすぐに 日常に埋もれて消えていってしまう淡い感傷に過ぎない 冷たいのかもしれないけれど人は順応していく生き物で ただその時に感じた感情に嘘はなくて今はまだ うまく消化できずに途方にくれてしまう [続きを読む]
  • 予定が立て込むと疲れ果ててしまう
  • 誰かと繋がっていたい気持ちは希薄 できれば静かに一人で過ごしてたい それでも時には誰かを求めることも つまり所詮一人では耐えられないと 喧騒があるから孤独を求めるだけで 孤独を抱えたまま生きてはいけない 要はバランスの問題に過ぎないのだ 人より一人でいたい時間が長いだけ 真の孤独は求めちゃいないんだろう [続きを読む]
  • 体力も低下してるし風邪も引きたくないへたれ
  • 気がつくと守りの姿勢になっている 物事を純粋に楽しむことができない わくわくすることよりもより堅実に 茨の道よりも遠回りでも安全な道を つまらない大人になっちゃったなぁ そういう自覚すら芽生える程までに クソつまらない中身もないオトナに 賢くなった訳じゃなく臆病なだけで 新しきよりも惰性で楽な方を選ぶと その方が負担が少ないから心身とも 変えたいなぁとうっすらと思うけど ぬるま湯からなかなか抜け出せない とり [続きを読む]
  • 息苦しい世の中になってきたのかもともと息苦しい世の中なのか
  • なんだかなと思う事が増えてきたように思う今日この頃 視野が狭く見る世界が小さいのだろうか 「知識」は容易く手に入りやすい環境の反面 「経験」は伴わないから表面的な感情ばかり 「毒」を吐くのは容易いその「毒」の重みも知らないくせに いろいろな人がいていろいろな考えがあって 「正解」なんてものは多数決で決まるものでもなく 世の中に「絶対的に正しい」なんてものもなく 常に自分が正しいなんて驕りを持たないことが大 [続きを読む]
  • 胸が痛いことが多い世の中で
  • ココロが痛むニュースばかりで滅入ってネットを賑わす話題も論争が多くて疲弊すべての情報をシャットアウトしてから大好きな音楽をひとり静かに楽しんでるなかなかゆっくり音楽を聴く時間もないたまに聴くときは昔よく聴いていたものどれほど時間が経過しても好きなものは変わらずにやっぱり大好きでささくれたココロが穏やかになった気がした冬の夜 [続きを読む]
  • いわゆる懐メロに想いを馳せる
  • 多感な年頃にずいぶんたくさん 音楽を聴いていたように思う 夢中で何度も何度も聴いた記憶 無意識に生活に溶け込む程に 良質な音楽に触れて来れたこと 常に寄り添って助けられたこと 忙しい日々で消耗しすり減る心に 束の間の癒し時間がぜいたくで たまらなく愛おしい時を過ごせた [続きを読む]
  • たまにはひとりになり息抜きがしたい
  • 秋の夜長は物思いに耽りやすい 特に静かな雨音が響く今日など 昼間の喧騒が嘘のような静寂に ひとり身を委ねられる幸福さよ 不思議と泣きたい気持ちになる 目まぐるしい日常の有り難さや ぶつかる困難に戸惑い悩んだり 誰かと語り合いたい欲求もある ままならないことだらけだけど 深呼吸をして目を閉じる時間が たまらなく愛おしい孤独に酔い ひとりだけどひとりではないと ゆらゆら揺れながらひとりごち [続きを読む]
  • 忘れる事ができなくとも過去に傷つく必要もない
  • ここまでSNSが発達し少し検索すれば、簡単に探したい人の近況が解るようになった昨今。 ほんの興味本位で昔の恋人や同級生なんかを検索し、近況を知った先にある感情はなんだろうか。 結婚してたら?新しい恋人と幸せそうだったら?仕事が順調でプライベートも充実していたら?どんな感情が渦巻くのだろう。 SNSに情報をあげている人は意外と脇が甘く、誰もがその情報を見られる状態にしていることが多く、危機管理の意識が低い様 [続きを読む]
  • 物思いに耽り過去に想いを馳せるには絶好の季節
  • 敵わないなぁと思う度に好きになって 本当に本当に同じ景色が見たいと思い 同じ場所に立って同じ風を感じたいと ただそれだけを願っただけなのにいざ 同じ場所に立ってみたら見える景色も 感じ方も何もかもが違う事に気づいて 愕然とし超えられない壁の様なものを 突きつけられた気がしたそうしてまた 敵わないなぁとまぶしい存在と認識し 対等の関係ではいられないと思った秋 [続きを読む]
  • 世界ってこんなに不安定なものだっけか
  • 知らなくて良かったことは多い 知ることは大切で必要だけれど 情報過多では自分を見失うだけ 他人の考えを尊重したりも大事 だけどもその上で尚自分自身の 考えをしっかりと持ち続ける事 これももちろん大事な事なんだ 雑音に惑わされそうな時はそう 耳を塞ぎ目を閉じて深呼吸する 自分の聲がちゃんと聞こえる迄 [続きを読む]
  • ひるね
  • 体調を崩したようで珍しく昼寝をした 雨だったせいもあるだろう深い眠りで 小一時間ほどにも関わらずよく眠れた 夢さえ見ずに眠れたのはいつぶりかな 睡眠さえ自分の都合で取れない日々は いつか終わりがくると知っているから そこまで悲観はしていないのだけれど 年を重ねた体は正直で身が持たないさ [続きを読む]
  • すさまじい程の睡魔との戦い方を知らない
  • バタバタバタバタ目まぐるしい日常余裕なんてものはなくてイライラし常にピリピリピリピリ気が張ってるパンパンに膨らんだ風船の様なものほんの些細な刺激で簡単に割れてく歩く爆弾みたいな危険な精神状態でそれでもケラケラケラケラ笑う瞬間この時間がとても贅沢で恵まれてるそれがわかるから日々頑張れるのだ天使は悪魔の化身で逆もまた然りと実感しながらとりあえず笑ってみる [続きを読む]
  • 日常に埋もれて見えなくなる自分自身
  • ぼんやり過ごしてきたらいつの間にか 野心とか夢とかそういうものすら消え 何にもない詰まらない人間になった様 最近それでいいのかと自問し始めたり そういえばこういうことがしたかった そんなことをぽつりぽつりと思い出す ぼんやりしていた頭がクリアになって 長い眠りから目が覚めたような覚醒感 さて珈琲を飲んで思考モードにシフト [続きを読む]
  • 夜中に空腹を感じたときのやるせなさよ
  • 最近やたらと頭に浮かぶ言葉 「祈り」「PRAY」これらは 誰かに向けたり何かに対して 呟く訳ではないのだけれども ふとした瞬間に絶えずよぎる 何かと不安定な世の中ゆえに 無意識に考えているだけかも もしくは単純に疲弊している 自分のココロの声かもしれぬ [続きを読む]
  • 過去の記事 …