釜中魚 さん プロフィール

  •  
釜中魚さん: 昆虫萌え。
ハンドル名釜中魚 さん
ブログタイトル昆虫萌え。
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/catenane55
サイト紹介文チョウやトンボをはじめとした昆虫の表情、昆虫のいる風景など、写真を中心に虫好き中年の日常を語ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供34回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2009/08/26 23:49

釜中魚 さんのブログ記事

  • コノハチョウの契約履行
  • 以前、妻がコノハチョウの夢を見たという。何でもカラスほどの大きなコノハチョウが飛んできて、それに乗ってどこかへ飛んでいきたくなったのだと。そんな夢なら私も見てみたいが、なぜか私の夢には虫はあまり出てこない。なんかちょっと悔しい。 コノハチョウは沖縄県の天然記念物に指定されている準絶滅危惧種ではあるけれども、見るのがそう難しいチョウではないらしい。実際、石垣島で何度か見たこともあるし、今回も入野さん [続きを読む]
  • ヤエヤマムラサキの産卵
  • 東京では7月にやたら暑い日が続いたと思ったら、8月に入ったとたん連日の雨で、夏らしい日はすっかりどこかへ行ってしまった。でも石垣島は逆に妙に暑い。もちろんもともと暑いところではあるわけだけれど、島の人からも、今日は暑いですよと言われるほど暑い。石垣島には何度か来たけれど、これまでは自分の勘を信じて、といえば聞こえはいいが、要するに適当に行き当たりばったりで虫を撮っていたわけで、そういえばその道に詳し [続きを読む]
  • 竹林のジャコウアゲハ
  • チョウは明るい草原で花から花へと蜜を求めて飛び回るイメージだけれど、妻が竹の葉にひっそりととまっているジャコウアゲハを見つけた。竹には蜜の出る花が咲くわけでもなく、ジャコウアゲハの食草でもないから、彼女がここにいる理由はないはずで、そう思って見ると何か高尚な思想にふけっているようにも見える。時折葉を揺らしながら風が吹き抜けていく竹林で彼女をじっとながめていると、なんだかもう夏も終わりのような気がし [続きを読む]
  • ニイニイゼミは小さくて地味だが
  • 梅雨の明ける前から関東では暑い日が続き、ついにセミも鳴き始めた。5月の連休ごろに鳴くへそ曲がりのハルゼミを除けば、最初に鳴き始めるのはニイニイゼミと相場が決まっている。昔から普通にいるセミで、小さくて地味だし、低いところにいて捕るのも簡単だから、子供たちのセミとりの標的にはならないセミだった。第一、翅を含めて体中が茶色のまだら模様で、美しくないばかりか、なんか汚ならしい。でも翅が透明でないセミとい [続きを読む]
  • 紫色のウサギの耳
  • 道の脇に、何か見慣れない花が咲いている。黒っぽい麩菓子のような円柱のてっぺんに、紫色の花びらがウサギの耳のように飛び出している。香りも特にない。ただざわざわと風に揺れている。近づいてよく見たら、その麩菓子に一生懸命にしがみついて一緒に揺れている奴がいる。金色のアシナガコガネだった。もっとよく見たら、ただ飛ばされないようにしがみついているだけではなかった。頭を麩菓子に突っ込んで何か食べているようだ。 [続きを読む]
  • 白いシーツにくるまれて
  • 朝市で有名な漁港の町、千葉県勝浦市の市街地から国道297号を少し山側に入ったところに、花野辺の里という公園がある。園内には季節の花々が植えられていて、園路脇にはところどころに七福神が祀られている、というちょっと不思議な公園で、七福神を巡りながら花々が見られるという趣向らしい。そう広くはないだろうと思っていたけれど、入ってみると、小川の流れる谷間から見晴らしのよい山の上まで、意外と立体的に園路が作られ [続きを読む]
  • ライオンバス今昔
  • ライオンバス内から撮影多摩動物園と言えば、何といってもライオンバスが有名で、運行を開始した1964年当時にはまだ動物を狭い檻に入れて外から人間が見る、という展示が普通だった動物園において、逆に放し飼いにしたライオンの間を狭いバスに乗った人間が巡る、というシステムは世界初で大人気を博したと聞く。かくいう私も3歳のころ、多摩動物園で開始間もないライオンバスに乗ったらしい。と言っても暗くて混んだバスの記憶が [続きを読む]
  • 1周年の記念日に
  • ようやく念願の多摩動物園に行ってきた。結婚1周年の記念日に、妻と二人でバクとかサイとかオランウータンとか、マイナーというほどではないけれどライオンやキリンのようにメジャーではない微妙な立ち位置の動物たちを飽きもせずにひたすら眺めてきた。そして何と言っても昆虫生態園。当日は薄曇りであまり気温は上がらなかったけれど、生態園の温室の中は初夏のように暖かい。そして期待通り、無数のチョウたちが舞っている。種 [続きを読む]
  • 多摩動物園に行きたい
  • ようやく春になったので、多摩動物園に行きたいと思っているのだけれども、なかなか週末の予定が空かない。たまに空いたと思ったら天気がいまひとつで、多摩動物園は東京の西部にあるから都心よりは1、2度気温が低いと聞くとなかなか出かける踏ん切りがつかない。昔、大丈夫だろうと思って出かけたら途中からやたら寒くなって、ガタガタ震えながら帰ってきたことがあった。もうあんなのは嫌なので、確実に暖かくなってから行こうと [続きを読む]
  • 銀の魚
  • 和室で妻が何か見つけた。「ちょっと!何何これ何!」見ると、畳の上を何かが歩いている。見たところ、シミのようだ。といっても生きているシミを見るのはたぶん初めてだから、自信がない。シミというのは、体長 1 cm くらいで銀色で、紙を (もしくは紙の表面の糊を) 食べる虫だったと思う。でも目の前のそいつは、見た目はシミによく似ているものの、体長は 1.5cm くらいあって、銀色というよりは灰褐色で、背中に縞があって [続きを読む]
  • 言い訳と菜の花
  • ―― 何故やれなかったのかを言い訳するより、ちゃんとやるほうが簡単である。 (アメリカ第8代大統領 マーティン・ヴァン・ビューレン) 3か月も更新をサボってしまった。冬場は虫がいなくてネタがなかったし、私自身、最近仕事が忙しくて・・・と言ってもすべて言い訳です。ごめんなさい。冒頭に紹介したのは、アメリカ第8代大統領、ヴァン・ビューレンの言葉。これがどのようなシチュエーションでの言葉なのかはわからな [続きを読む]
  • 言い訳と菜の花
  • ―― 何故やれなかったのかを言い訳するより、ちゃんとやるほうが簡単である。 (アメリカ第8代大統領 マーティン・ヴァン・ビューレン) 3か月も更新をサボってしまった。冬場は虫がいなくてネタがなかったし、私自身、最近仕事が忙しくて・・・と言ってもすべて言い訳です。ごめんなさい。冒頭に紹介したのは、アメリカ第8代大統領、ヴァン・ビューレンの言葉。これがどのようなシチュエーションでの言葉なのかはわからないけ [続きを読む]
  • モンちゃん (2)
  • 羽化したばかりで縮んでいた翅もやがてすっかり伸び、蛹で冬を越すはずだったモンちゃんは立派なモンシロチョウになった。玄関といっても建物の中である以上、蛹が休眠に入るほどには冷えなかったのだろう。どうしようといいながらも、妻は春まで会えないと思っていたモンちゃんにまた会えて喜んでいるようだった。私たちは大きな洗濯ネットを使って飼育ケージを作り、暖かい居間に置いてそのなかにモンちゃんを放した。私たちは何 [続きを読む]
  • モンちゃん (2)
  • 羽化したばかりで縮んでいた翅もやがてすっかり伸び、蛹で冬を越すはずだったモンちゃんは立派なモンシロチョウになった。玄関といっても建物の中である以上、蛹が休眠に入るほどには冷えなかったのだろう。どうしようといいながらも、妻は春まで会えないと思っていたモンちゃんにまた会えて喜んでいるようだった。私たちは大きな洗濯ネットを使って飼育ケージを作り、暖かい居間に置いてそのなかにモンちゃんを放した。私たちは何 [続きを読む]
  • モンちゃん
  • 11月にもらった白菜に、モンシロチョウの幼虫がついていた。妻の母の実家が茨城で、そこからもらった大きな白菜だった。新聞紙で包んであったのに幼虫は元気で食欲旺盛、葉っぱにはいくつも大きな穴が開いていた。すでに終齢まで育っていたところを見ると、茨城を出るときにはもう孵化していたらしい。運送会社のトラックに揺られながらもりもり白菜を食べていたのだろう。もう外は寒い冬で、野外に放すのは忍びない。妻は彼にモン [続きを読む]
  • モンちゃん
  • 11月にもらった白菜に、モンシロチョウの幼虫がついていた。妻の母の実家が茨城で、そこからもらった大きな白菜だった。新聞紙で包んであったのに幼虫は元気で食欲旺盛、葉っぱにはいくつも大きな穴が開いていた。すでに終齢まで育っていたところを見ると、茨城を出るときにはもう孵化していたらしい。運送会社のトラックに揺られながらもりもり白菜を食べていたのだろう。もう外は寒い冬で、野外に放すのは忍びない。妻は彼にモン [続きを読む]
  • 真田幸村と勝負パンツ
  • NHKの大河ドラマ 「真田丸」 が佳境を迎えている。日の本一の兵 (つわもの) と言われた真田幸村が温厚な次男坊であったり、凡庸との烙印を押されがちな豊臣秀頼がなかなかの若武者ぶりだったりと、一般的なイメージを裏切るような登場人物の設定が新鮮で面白い。その幸村が大坂の陣で率いた軍団が、甲冑を赤で統一した赤備えで奮迅の働きを見せ、勇名を馳せたことはよく知られている。この赤備えというものは、元来、武勇 [続きを読む]
  • 真田幸村と勝負パンツ
  • NHKの大河ドラマ 「真田丸」 が佳境を迎えている。日の本一の兵 (つわもの) と言われた真田幸村が温厚な次男坊であったり、凡庸との烙印を押されがちな豊臣秀頼がなかなかの若武者ぶりだったりと、一般的なイメージを裏切るような登場人物の設定が新鮮で面白い。その幸村が大坂の陣で率いた軍団が、甲冑を赤で統一した赤備えで奮迅の働きを見せ、勇名を馳せたことはよく知られている。この赤備えというものは、元来、武勇に秀で [続きを読む]
  • ルナール 「博物誌」 (3)
  • 蟻 (Les Fourmis) 一匹一匹が、3という数字に似ている。 それも、いること、いること! どれくらいかというと、333333333333……ああ、きりがない。 トゲアリ Polyrhachis lamellidens(撮影: 2011年11月20日 横浜市緑区)     昆虫写真ランキング      [続きを読む]
  • ルナール 「博物誌」 (3)
  • 蟻 (Les Fourmis) 一匹一匹が、3という数字に似ている。 それも、いること、いること! どれくらいかというと、333333333333……ああ、きりがない。 トゲアリ Polyrhachis lamellidens(撮影: 2011年11月20日 横浜市緑区)     昆虫写真ランキング      [続きを読む]
  • ルナール 「博物誌」 (2)
  • 蜻蛉 (La Demoiselle) 彼女は眼病の養生をしている。 川べりを、あっちの岸へ行ったり、こっちの岸へ来たり、そして腫れ上がった眼を水で冷やしてばかりいる。 じいじい音を立てて、まるで電気仕掛けで飛んでいるようだ。ギンヤンマ Anax parthenope(撮影: 2014年8月3日 東京都調布市)     昆虫写真ランキング      [続きを読む]
  • ルナール 「博物誌」 (2)
  • 蜻蛉 (La Demoiselle) 彼女は眼病の養生をしている。 川べりを、あっちの岸へ行ったり、こっちの岸へ来たり、そして腫れ上がった眼を水で冷やしてばかりいる。 じいじい音を立てて、まるで電気仕掛けで飛んでいるようだ。ギンヤンマ Anax parthenope(撮影: 2014年8月3日 東京都調布市)     昆虫写真ランキング      [続きを読む]