アオゾラ さん プロフィール

  •  
アオゾラさん: That's
ハンドル名アオゾラ さん
ブログタイトルThat's "Hokkaido Nippon-Ham Fighters" Entertainm…
ブログURLhttp://t-hnf-e.seesaa.net/
サイト紹介文東京時代からの日ハムファンです。日ハムのハナシを。
自由文ブログタイトルが入りきりませんでしたが、ホントは「That's "Hokkaido Nippon-Ham Fighters" Entertainment!!」と言います。
URLが変わりましたがコレからもよろしくお願いします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供246回 / 365日(平均4.7回/週) - 参加 2009/08/28 14:52

アオゾラ さんのブログ記事

  • 拝啓、太田賢吾様。【埼玉県川越市】
  • 【1軍成績】40試合 88打席(82打数)14安打 (.171)1本塁打/6打点【ベストゲーム】[08/14]対福岡ソフトバンク、at福岡。この試合の太田は7番三塁手でスタメン出場しまして、初回に先制したものの2回には同点にされて迎えた3回の四球の賢介を1塁においての打席で結果的には決勝点となる適時三塁打を放ちました。初本塁打の試合とも迷いましたが、勝ちに繋がった一打でお立ち台に上がったと言うところもあってこっちの試合にしました [続きを読む]
  • 拝啓、中村勝様。【埼玉県春日部市】
  • 【1軍成績】2試合(先発2試合) /10回1勝0敗0S 0H(0HP) /防御率4.50【ベストゲーム】[06/01]対横浜DeNA、at札幌。この試合は斎藤のベストゲームに挙げた斎藤が久しぶりに勝ち星を挙げた翌日の試合、この試合では中村が久しぶりの勝ち星を挙げました。中村は塁上を賑わせるコトはありながらも持ち味のフライアウトもあって4イニングを投げ終えたところでは無失点、5回には2本の被弾で一気に3失点は喫したものの5回を投げ切って勝利 [続きを読む]
  • 惜別、大野奨太様。
  • 大谷の移籍先が決まったその日、大野の移籍先もまた決定しました。その移籍先は中日ドラゴンズ、こちらはさんざん報道されていた通りの移籍先でした。今年の中日は松井・杉山・木下などがマスクを被っていてどっしりとした正捕手は不在、ソコで経験も豊富な大野の存在は戦力になるとの判断で獲得したと言う感じでしょうか。また調べていてびっくりしたんですが、中日は先日の藤吉の退団で最年少の捕手が1992年生の加藤になるんです [続きを読む]
  • 惜別、大谷翔平様。
  • 遅ればせながら、大谷のエンゼルスへの移籍が決定しました。パドレスが有力だとか何だとか、色々な報道も目にしながらのエンゼルスの選択、個人的にも「パドレスなのかな」とは思っていたものの規格外の男ですからソレくらいのコトが外れても特に驚いてはいません。大谷が選んだ場所で、思いっきり自らが進みたい道へと進んでいければ良いんだともいます。なんかアメリカでも恨み節なのか何なのか色々と言われてはいるみたいですけ [続きを読む]
  • 歓迎、ブライアン・ロドリゲス様。
  • 日ハムの新外国人選手の獲得が発表になりました。もう既に調査しているとの報道が出ていた通りで、ブライアン・ロドリゲス選手です。ロドリゲスはドミニカ共和国出身の1991年生と言うコトで日ハムの投手で言うと高梨や中村・白村などと同学年と言う若い選手です。そしてその選手評はと言うと196cmと言う長身からボールを動かして内らゴロを打たせるのが持ち味、と言うまぁ日ハムの外国人投手のテンプレートのようなタイプのようで [続きを読む]
  • 拝啓、斎藤佑樹様。【群馬県太田市】
  • 【1軍成績】6試合(先発6試合) /28回1勝3敗0S 0H(0HP) /防御率4.24【ベストゲーム】[05/30]対横浜DeNA、at札幌。この試合の斎藤は5イニングまでを投げて1失点、6回にもマウンドに上がるも二塁打を打たれたところで降板と言う内容で久しぶりの勝ち星を手にしました。今年は投球スタイルを変化させて挑んでいてその内容と言うか手応えと言うか、そう言う部分で言えば最後のオリックス戦も良かったんですが、ただ勝ち星がついたと言 [続きを読む]
  • 拝啓、大嶋匠様。【群馬県前橋市】
  • 【イースタン成績】43試合 151打席(132打数)36安打 (.278)3本塁打/23打点【ベストゲーム】1軍試合出場なし【大嶋匠 #66】今年の大嶋が1軍への昇格はなく。1年間鎌ヶ谷での戦いとなりました。成績は夏場には成績を落としたコトもあったものの年間通して打率は.278と堅調だったんですがその出場試合数はプロ入り最少、石川亮の故障なんかもあって鎌ヶ谷での戦いを強いられながらも積極的に起用されるのはもっと若い選手たち、と [続きを読む]
  • 鎌ヶ谷コーチ陣営発表!!
  • 1軍のコーチ陣営発表から遅れるコト1ヶ月近く、やっと鎌ヶ谷のほうの来季の監督・コーチ陣の発表がありまして以下のように決定いたしました。【監督】荒木大輔【総合兼投手コーチ】伊藤剛【投手コーチ】加藤武治【打撃コーチ】吉岡雄二【打撃コーチ】小田智之【バッテリーコーチ兼打撃コーチ補佐】高橋信二【内野守備兼走塁コーチ】飯山裕志【外野守備走塁コーチ】紺田敏正【育成コーチ】島崎毅【育成コーチ兼捕手】實松一成…と、 [続きを読む]
  • 拝啓、石井一成様。【栃木県那須郡】
  • 【1軍成績】114試合 361打席(317打数)65安打 (.205)3本塁打/24打点【ベストゲーム】[10/09]対東北楽天、atコボスタ宮城。この試合は今年の最終戦。2番でスタメン出場した石井はその全てが得点に絡むと言う3安打猛打賞、しかもその3安打で最後の最後に打率を2割台にのせてシーズンを終えるコトも出来たと言う試合でした。石井はこうやって“攻撃の起点に”とかそう言うコトが出来る打者ですよね。魅力的です。【石井一成 #38】 [続きを読む]
  • 拝啓、渡邉諒様。【茨城県土浦市】
  • 【1軍成績】22試合 35打席(30打数)4安打 (.133)0本塁打/2打点【ベストゲーム】[09/12]対東北楽天、at札幌。この試合で渡邉は指名打者でのスタメン出場。すると安打・三塁打とマルチ安打を放って打点も記録する活躍で大谷の今年初勝利ともなる白星に貢献していました。渡邉の長打は良く伸びて気持ちが良いですよねー。【渡邉諒 #23】今年の渡邉が初めて1軍に昇格したのは5月6日で中島の故障離脱に伴ってのものでしたが、その1か [続きを読む]
  • 惜別、増井浩俊様。
  • FA権を行使していた増井のオリックスへの移籍が発表されました。オリックスが増井に提示した条件は報道されているものを信じればソレはソレはもう日ハムとは比べ物にならないくらいの破格なもので、素直に条件で比べるのであれば完敗と言う内容ではあったと思います。勿論その条件だけで決まるほど簡単なものではないでしょうが、オリックスは平野のMLB移籍が決まれば抑え投手がぽっかりと空く状況ですから「増井に新しい守護神と [続きを読む]
  • 拝啓、石川直也様。【山形県東田川郡】
  • 【1軍成績】37試合(先発3試合/救援34試合) /49回2/30勝1敗0S 7H(7HP) /防御率4.35【ベストゲーム】[09/26]対オリックス、at京セラ。先発投手/救援投手とその両方で起用された選手なので迷いましたが、先発投手として登板したこの試合を選びました。この試合は石川直也にとって今年最後の登板となった試合で、初回にはやや苦しい立ち上がりにはなったもののその中であらゆる急所を使いながらしっかりと抑えていって6イニングを [続きを読む]
  • 拝啓、大谷翔平様。【岩手県奥州市】
  • 【1軍投手成績】5試合(先発5試合) /25回1/33勝2敗0S 0H(HP) /防御率3.20【1軍野手成績】65試合 231打席(202打数)67安打 (.332)8本塁打/31打点【ベストゲーム】[10/04]対オリックス、at札幌。今年最後の登板、もしかしたら渡米前最後の登板になるかもしれない試合を選びました。この試合の大谷は今年唯一の“リアル二刀流”で“4番投手”に入った大谷は打席では4打数1安打で先制のホームを踏み、マウンドでは9回を投げ切って被 [続きを読む]
  • 拝啓、岸里亮佑様。【岩手県久慈市】
  • 【1軍成績】7試合 14打席(14打数)2安打 (.143)0本塁打/0打点【ベストゲーム】[04/16]対東北楽天、atコボスタ宮城。この試合は9回に増井が追い付かれて延長戦の末に負けてしまったと言う悔しい試合でしたが、その中で岸里は守備からの途中出場ながらに回って来た打席で今年初安打を記録しました。【岸里亮佑 #67】今年の序盤は外野手に故障者が続出、その影響もあって岸里は1軍キャンプにも帯同するスタートとなると、4月には故 [続きを読む]
  • 背番号発表祭。/背番号変更祭。
  • 先日、日ハムの新入団選手の入団発表がありまして新人選手の背番号が発表になりました。先駆けて発表された背番号変更と共に、先ずは新背番号をご覧ください。#21 清宮幸太郎#35 西村天裕#46 田中瑛斗#55 難波侑平#63 北浦竜次#50 鈴木遼太郎#52 宮台康平#15 上沢直之…と、はい。こんな感じになりました。清宮の#21は事前に報道されていた通りでしたが個人的には上沢が#63から#21に変更で清宮が#15と思っていたのでソレな [続きを読む]
  • 背番号発表祭。/背番号変更祭。
  • 先日、日ハムの新入団選手の入団発表がありまして新人選手の背番号が発表になりました。先駆けて発表された背番号変更と共に、先ずは新背番号をご覧ください。#21 清宮幸太郎#35 西村天裕#46 田中瑛斗#55 難波侑平#63 北浦竜次#50 鈴木遼太郎#52 宮台康平#15 上沢直之…と、はい。こんな感じになりました。清宮の#21は事前に報道されていた通りでしたが個人的には上沢が#63から#21に変更で清宮が#15と思っていたのでソレな [続きを読む]
  • 背番号発表祭。/背番号変更祭。
  • 先日、日ハムの新入団選手の入団発表がありまして新人選手の背番号が発表になりました。先駆けて発表された背番号変更と共に、先ずは新背番号をご覧ください。#21 清宮幸太郎#35 西村天裕#46 田中瑛斗#55 難波侑平#63 北浦竜次#50 鈴木遼太郎#52 宮台康平#15 上沢直之…と、はい。こんな感じになりました。清宮の#21は事前に報道されていた通りでしたが個人的には上沢が#63から#21に変更で清宮が#15と思っていたのでソレな [続きを読む]
  • 拝啓、鍵谷陽平様。【亀田郡七飯町】
  • 【1軍成績】60試合(救援60試合) /57回2勝3敗1S 17H(19HP) /防御率2.53【ベストゲーム】[05/03]対千葉ロッテ、at札幌。この試合は1対1で試合が進んでいった投手戦で、6回に村田が二塁打と死球で二死1・3塁のピンチを招いたところで鍵谷にスイッチとなるとその鍵谷がしっかりと香月を三振で一殺、ピンチを切り抜けるとそのまま試合は9回まで進んで最後には大田がサヨナラ安打を放って勝利と言う試合でした。今年の鍵谷はショートリ [続きを読む]
  • 拝啓、杉浦稔大様。【北海道帯広市】
  • 【イースタン成績】登板なし 【ベストゲーム】1軍試合登板なし【杉浦稔大 #57】今年途中に屋宜とのトレードで日ハムに加入した杉浦です。日ハムから移籍となった屋宜は今年はソレなりの成績で鎌ヶ谷では投げていまして、ヤクルト移籍後には久しぶりの1軍登板もありましたが、一方で杉浦はヤクルトでも神宮で5試合、戸田で2試合に登板したのみで日ハムでの登板は一度もなし、と言うコトになりました。そうは言っても元々故障中に [続きを読む]
  • 拝啓、大累進様。【北海道札幌市】
  • 【1軍成績】13試合 2打席(2打数)0安打 (.000)0本塁打/0打点【ベストゲーム】[06/15]対中日、atナゴヤ。この試合は先制点を挙げたものの追いつかれて3-3で終盤に差し掛かると言う展開となりまして、その中で大累は8回の一死から代打で安打を放った矢野への代走として試合に出場となりました。すると大累は続く大田の安打で3塁まで進むと続く松本の一邪飛でタッチアップして生還、決勝点となる貴重な1得点をその足で呼び込む見事 [続きを読む]
  • 拝啓、玉井大翔様。【北海道常呂郡】
  • 【1軍成績】24試合(救援24試合) /24回1/31勝2敗0S0 1H(2HP) /防御率2.59【ベストゲーム】[06/02]対阪神、at甲子園。この試合は1点差のビハインドで迎えた最終回に中島のスクイズで追いつくと、さらに代打松本の適時打で一気に逆転して勝利したと言う試合でしたが、その中で玉井は8回に1イニングを投げて無失点、最終回の反撃にしっかりと繋げてプロ入り初勝利をなりました。【今季】下位指名の8位で入団したルーキー、とは言って [続きを読む]
  • 「拝啓」始動。
  • 昨日にはNPBの表彰式も行われ、いよいよ今シーズンも振り返る時期に来ている今日この頃です。そしてそんなオフシーズンに入ったこの時期に今年も各選手の振り返りをしようと思います。まぁ相変わらず宣言するような立派なものでもないんですが、「今年はこうだったよね」とか「来年はこうなって欲しいなぁ」とか、そんなようなコトをだらだらと書いてみようと思います。昨年までの「拝啓」はそれぞれカテゴリアーカイブの“選手の [続きを読む]
  • 背番号妄想祭。
  • 背番号のハナシをしましょう。大好きな背番号のハナシをしましょう。ただ今年はちょっと不確定な要素が多すぎてあれこれ考えるのさえ難しいんですが、一先ずは今年も例年に倣ってファンフェスティバル近辺に新人選手の背番号の発表があると仮定して、先ずは新人選手の背番号の妄想を以下のようにしてみました。#15 清宮幸太郎#22 西村天裕#35 田中瑛斗#46 難波侑平#50 鈴木遼太郎#52 北村竜次#55 宮台康平はい。いかがでし [続きを読む]
  • 今季と来季の右翼手のハナシ2017。
  • 今年も昨年・一昨年と同様に守備位置別に“今季の振り返り”と“来季の覗き込み”をしてみようと思います。(昨年の記事はこんな感じです→「今季と来季の右翼手のハナシ2016。」)では先ずは昨年と同様にスタメン起用試合数と途中起用試合数のランキングから、ご覧ください。【スタメン起用試合数ランキング】① 松本剛 (75試合) △75② 近藤健介 (18試合) ▼31② 岡大海 (18試合) ▼12④ ドレイク (9試合)⑤ 大田泰示 (7試合)⑥ 杉 [続きを読む]
  • 今季と来季の中堅手のハナシ2017。
  • 今年も昨年・一昨年と同様に守備位置別に“今季の振り返り”と“来季の覗き込み”をしてみようと思います。(昨年の記事はこんな感じです→「今季と来季の中堅手のハナシ2016。」)では先ずは昨年と同様にスタメン起用試合数と途中起用試合数のランキングから、ご覧ください。【スタメン起用試合数ランキング】① 西川遥輝 (115試合) △115② 岡大海 (11試合) △8② 大田泰示 (11試合)④ 松本剛 (5試合) △5⑤ 杉谷拳士 (1試合)  [続きを読む]