DONA さん プロフィール

  •  
DONAさん: 読書リスト
ハンドル名DONA さん
ブログタイトル読書リスト
ブログURLhttp://readinglist.sblo.jp/
サイト紹介文日々読んでいる本の簡単な感想文&趣味の話です。ミステリーとファンタジーが多いです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供99回 / 365日(平均1.9回/週) - 参加 2009/09/01 12:10

DONA さんのブログ記事

  • 買った本
  •   原田マハ 著 「総理の夫」 (実業之日本社文庫)選挙戦の中、読んでみようかな?と思い、購入。  近藤史恵 著 「薔薇を拒む」 (講談社文庫)なかなか見つからなかったので、ネットで購入。古そうな表紙の絵なのに、携帯電話も出てきてまあまあ最近の話でした。  富樫倫太郎 著 「SROⅦ」 (中公文庫)なかなか手が伸びなかったシリーズ7作目。やっと買う気になったので購入。房子おばさんが頑張る巻なので、 [続きを読む]
  • 日本推理作家協会「私の相棒 警察アンソロジー」
  •  日本推理作家協会 編 「私の相棒 警察アンソロジー」 (ハルキ文庫)荒川署のミステリーヲタクと食道楽のまったく噛み合わない異色の刑事コンビの行方は(西村健「張込み」)。生活安全部指導班・佐原が昔の演劇仲間と事件に迫る(池田久輝「舞台裏」)。玉川署の新米刑事・有田と、骨董屋を営む有田の祖父・荘助が事件を探っていく(柴田哲孝「狐月殺人事件」)。その他「東京湾臨海署安積班」(今野敏)、「RIKO」(柴 [続きを読む]
  • 山口幸三郎「探偵・日暮旅人の望む物」
  •  山口幸三郎 著 「探偵・日暮旅人の望む物」 (メディアワークス文庫)『日暮旅人』の名前で出された爆弾テロの脅迫状。ニュースでは旅人の名が流され、警察も旅人を探し始めていた。  刺された亀吉、誘拐された灯衣と陽子。そしてユキジの自宅に現れた思わぬ人物。旅人を取り巻く大切な人々が危機にさらされる中、旅人は目の治療のため入院していた病院から姿を消し、真犯人の指示通りに動き出す。――もうこれ以上酷使する [続きを読む]
  • 土橋章宏「引っ越し大名三千里」
  •  土橋章宏 著 「引っ越し大名三千里」 (ハルキ時代小説文庫)徳川家康の血を引く譜代大名でありながら、生涯に七度の国替えをさせられ、付いた渾名が「引っ越し大名」という不運の君主・松平直矩。またもや幕府から国替えを命じられたものの、度重なる激務によって亡くなった「引っ越し奉行」の役目を継がされたのは、引きこもり侍と後ろ指を指される若輩者の片桐春之介だった。「人無し・金無し・経験無し」の最悪の状況で、 [続きを読む]
  • 9月のまとめ
  • 引っ越し大名三千里 (ハルキ文庫「かたつむり」なんてあだ名が付けられているのんびりした男に「引っ越し奉行」というややこしい御役目が押し付けられます。彼がどんな成長を見せていくのか?一人の武士の成長物語。笑いも交えて読みやすかったです。話が飛び過ぎてあっさり終わったのが残念。読了日:09月02日 著者:土橋章宏探偵・日暮旅人の望む物 (メディアワークス文庫)前作から間を空け過ぎたので、思い出しながらの読書にな [続きを読む]
  • 碧野圭「書店ガール6 遅れて来た客」
  •  碧野圭 著 「書店ガール6 遅れて来た客」 (PHP文芸文庫)彩加が取手の駅中書店の店長になってから一年半、ようやく仕事が軌道に乗り始めたと感じていたところ、本社から突然の閉店を告げられる。一方、編集者の伸光は担当作品『鋼と銀の雨が降る』のアニメ化が決定して喜ぶものの、思わぬトラブル続きとなり・・。逆境の中で、自分が働く意味、進むべき道について、悩む二人が見出した答えとは。書店を舞台としたお仕事エ [続きを読む]
  • 買った本
  •   森沢明夫 著 「津軽百年食堂」 (小学館文庫)ネットで感想を読んで面白そうだったので購入。大きな盛り上がりがあるわけではないですが、それなりに面白かったです。  西條奈加 著 「涅槃の雪」 (光文社文庫)お気に入りの作家さんなので、有無を言わさず購入。これも素敵な物語でした。  柴田よしき 著 「風味さんのカメラ日和」 (文春文庫)こちらもお気に入りの作家さん。淡々と終了しました・・。 [続きを読む]
  • つるみ犬丸「日本酒BAR「四季」春夏冬(あきない)中 さくら薫る折々の酒」
  •  つるみ犬丸 著 「日本酒BAR「四季」春夏冬(あきない)中 さくら薫る折々の酒」 (メディアワークス文庫)恵比寿の繁華街の片隅にたたずむ「四季-Shiki-」。 日本酒専門のこの店で供されるのは、客の好みに合わせたお酒と自慢の料理。 仕事でへとへとの体には爽やかな爽酒でほっと一息、くたくたの心には薫り高い薫酒で心ゆくまでゆったりと。 あなたの疲れた心と体に、ぴったりのお酒がここにあります。酒と肴と思い [続きを読む]
  • 上橋菜穂子「鹿の王4」
  •  上橋菜穂子 著 「鹿の王4」 (角川文庫)岩塩鉱を生き残った男・ヴァンと、ついに対面したホッサル。人はなぜ病み、なぜ治る者と治らぬ者がいるのか―投げかけられた問いに答えようとする中で、ホッサルは黒狼熱の秘密に気づく。その頃仲間を失った<火馬の民>のオーファンは、故郷をとり戻すべく最後の勝負を仕掛けていた。病む者の哀しみを見過ごせなかったヴァンが、愛する者たちが活きる世界のために下した決断とは―! [続きを読む]
  • 上橋菜穂子「鹿の王3」
  •  上橋菜穂子 著 「鹿の王3」 (角川文庫)何者かに攫われたユナを追い、<火馬の民>の集落へ辿り着いたヴァン。彼らは帝国・東乎瑠の侵攻によって故郷を追われ、強い哀しみと怒りを抱えていた。族長のオーファンから岩塩鉱を襲った犬の秘密と、自身の身体に起こった異変の真相を明かされ、戸惑うヴァンだが・・!?一方、黒狼熱の治療法をもとめ、医術師ホッサルは一人の男の行方を追っていた。病に罹る者と罹らない者、その [続きを読む]
  • 浅葉なつ「神様の御用人4」
  •  浅葉なつ 著 「神様の御用人4」 (メディアワークス文庫)毎夜、夢に現れ「忘れるな」と告げる女性に恐れを抱く神様・天道根命(あめのみちねのみこと)。昔の記憶を失ってしまった神様の御用は、その女性が誰なのか突き止めて欲しいというものだった。 夢の女性が挿していたという簪を頼りに、良彦と黄金は天道根命が国造の祖として治めた和歌山へ向かう。そこで出会ったのは、良彦のかつての野球仲間で・・。 神代の時代 [続きを読む]
  • 坂木司「ホリデー・イン」
  •  坂木司 著 「ホリデー・イン」 (文春文庫)元ヤンキーの大和と小学生の息子・進の期間限定親子生活を描いた「ホリデー」シリーズ。彼らを取り巻く愉快な仕事仲間たち、それぞれの“事情”を紡ぐサイドストーリー。おかまのジャスミンが拾った謎の中年男の正体は? 完璧すぎるホスト・雪夜がムカつく相手って?? ハートウォーミングな6つの物語。―裏表紙より―番外編のような作品です。読み始めても「誰だっけ?」という [続きを読む]
  • 高田郁「あきない世傳金と銀<四> 貫流編」
  •  高田郁 著 「あきない世傳金と銀<四> 貫流編」 (ハルキ文庫)江戸時代中期、長く続いた不況を脱し、景気にも明るい兆しが見え始めた。大坂天満の呉服商、五鈴屋でも、五代目店主の惣次とその女房幸が、力を合わせて順調に商いを広げていた。だが、徐々に幸の商才を疎むようになった惣次は、ある事件をきっかけに著しく誇りを傷つけられ、店主の地位を放り出して姿を消す。二度と戻らない、という惣次の決意を知ったお家さ [続きを読む]
  • 椹野道流「最後の晩ごはん 旧友とおにぎり」
  •  椹野道流 著 「最後の晩ごはん 旧友とおにぎり」 (角川文庫)疲れた心が元気になる、夜だけ営業の定食屋「ばんめし屋」。芸能界を追われ、故郷の芦屋にあるこの店に駆け込んだ元俳優の海里にも、新たな春が訪れた。海里の師匠で店長の夏神は、辛い過去から踏み出すためにリハビリ中。海里自身は、料理への興味と、俳優という職業への複雑な感情を持て余し気味。そんな時、隣の警察署の刑事、仁木から、ある木版画家の悩みに [続きを読む]
  • 買った本
  •   碧野圭 著 「書店ガール6」 (PHP文庫)お気に入りのシリーズの最新巻。シリーズはこれで終わりかな?それともまた違う書店員で始まるのかな?  奥田英朗 著 「マドンナ」 (講談社文庫)「ガール」が面白かったので読んでみることに。  日本推理作家協会 編 「警察アンソロジー 私の相棒」 (ハルキ文庫)新たな出会いを求めて・・・。 [続きを読む]
  • 大沼紀子「真夜中のパン屋さん 午前5時の朝告鳥」
  •  大沼紀子 著 「真夜中のパン屋さん 午前5時の朝告鳥」 (ポプラ文庫)真夜中に開店する不思議なパン屋「ブランジェリークレバヤシ」。あれから五年の歳月が経ち、暮林や弘基には様々な変化の波が訪れていた。それは常連客である班目やソフィアたちにとっても同様だった。そしてもちろん、希実にとっても・・。「まよパン」シリーズ、ついに完結!!−裏表紙より−前作で終わりでも良いのでは?と思っていたので、発売されて [続きを読む]
  • 西條奈加「まるまるの毬」
  •  西條奈加 著 「まるまるの毬」 (講談社時代小説文庫)親子三代で菓子を商う「南星屋」は、売り切れご免の繁盛店。武家の身分を捨てて職人となった治兵衛を主に、出戻り娘のお永とひと粒種の看板娘、お君が切り盛りするこの店には、他人に言えぬ秘密があった。愛嬌があふれ、揺るぎない人の心の温かさを描いた、読み味絶品の時代小説。−裏表紙より−読み始めてすぐは、美味しい和菓子屋さん、しかも庶民に優しいお値段控えめ [続きを読む]
  • 買った本
  •   上橋菜穂子 著 「鹿の王」3,4 (角川文庫)終わってしまいました。本と閉じるのが残念なくらい楽しみました。  坂木司 著 「ホリデー・イン」 (文春文庫)前作を読んだのが昔過ぎてほとんど忘れていましたが、それなりに楽しめました。  高田郁 著 「あきない世傳 金と銀(四)貫流編」 (ハルキ文庫)やっぱりこうなったか・・という展開。これからは面白くなりそうです。 [続きを読む]
  • 8月のまとめ
  • ツバキ文具店前半、ほとんど盛り上がりもなく話が進むので、なかなか読み進められなかったのですが、後半になり何度か涙する場面が出てきて、面白くなりました。こういう家族物って弱いな・・。自分が字がものすごく汚いので、代書屋なんかが出来るほど字がきれいなのには憧れます。文章力もすごいです。主人公が書いた手紙の数々には感動しました。読了日:08月01日 著者:小川 糸新装版 紫のアリス (文春文庫)事件が次々と起きて [続きを読む]
  • 柴田よしき「紫のアリス」
  •  柴田よしき 著 「紫のアリス」 (文春文庫)人生最悪の日―不倫を清算し、結婚の夢を捨てた紗季が会社を辞めた日、夜の公園で見たのは男の変死体と「不思議の国のアリス」のウサギ。引っ越したマンションで隣人のお節介に悩む紗季に元不倫相手が自殺したという知らせが。不思議の迷宮で、十重二十重のトリックにがんじがらめの紗季が辿りついたのは?−裏表紙より−この作家さんは色んな話を書くな〜と感心させられました。久 [続きを読む]
  • 小川糸「ツバキ文具店」
  •  小川糸 著 「ツバキ文具店」 (幻冬舎)ラブレター、絶縁状、天国からの手紙…。鎌倉で代書屋を営む鳩子の元には、今日も風変わりな依頼が舞い込む。伝えられなかった大切な人への想い。あなたに代わって、お届けします。−「BOOK」内容紹介より−初めましての作家さんです。少し前に、テレビドラマ化されたそうで、ドラマが面白かったと聞いたので、本を読んでみました。祖母から文具店を受け継いだ鳩子。文具店を営みながら [続きを読む]
  • 矢崎存美「海の家のぶたぶた」
  •  矢崎存美 著 「海の家のぶたぶた」 (光文社文庫)町の海水浴場に、ひと夏限定、レトロな外観の海の家ができたという。かき氷が絶品で、店長は料理上手だが、普通の海の家とは違っている。店先にピンクのぶたのぬいぐるみが「いる」のだとか・・?そう、ここはおなじみ、ぶたぶたさんの海の家。一服すれば、子どもの頃の思い出がすうっと蘇ってきて、暑さも吹き飛びますよ。心に染み入る、五編を収録。−裏表紙より−「海の家 [続きを読む]
  • ジュリア・バックレイ「そのお鍋、押収します!」
  •  ジュリア・バックレイ 著  上條ひろみ 訳 「そのお鍋、押収します!」秘密のお料理代行1 (コージーブックス)昼間は両親の不動産業を手伝う普通のOL。そんなライラにはもうひとつ別の顔があった。それは秘密のお料理代行。ちょっと訳ありの依頼人―料理下手なのを隠したい、高齢で料理できなくなったことを家族に内緒にしたい―さまざまな事情を持つお客さんのもとに、美味しい料理を作ってこっそり届けるのだ。ところ [続きを読む]
  • 大崎梢「ようこそ授賞式の夕べに」
  •  大崎梢 著 「ようこそ授賞式の夕べに」 (創元推理文庫)書店大賞授賞式の当日、成風堂書店に勤める杏子と多絵のもとを福岡の書店員・花乃が訪ねてくる。「書店の謎を解く名探偵」に、書店大賞事務局に届いた不審なFAXの謎を解いてほしいというのだ。同じ頃、出版社・明林書房の新人営業マンである智紀にも事務局長から同様の相談が持ち込まれる。授賞式まであと数時間、無事に幕は上がるのか?! 本格書店ミステリ、シリ [続きを読む]
  • 買った本
  •   柴田よしき 著 「紫のアリス」 (文春文庫)お気に入りの作家さんです。久しぶりに読みましたがやっぱり合うな〜。内容はともかく。  西條奈加 著 「まるまるの毬」 (講談社文庫)こちらもお気に入りの作家さん。面白かった。シリーズ化希望!  大沼紀子 著 「真夜中のパン屋さん 午前5時の朝告鳥」 (ポプラ文庫)シリーズ最終巻。何となく惰性で続いたって感じの内容でした。前作で終わりで良かったんじゃな [続きを読む]