魚象庵 さん プロフィール

  •  
魚象庵さん: アート魚拓を楽しもう
ハンドル名魚象庵 さん
ブログタイトルアート魚拓を楽しもう
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/shira_ejp
サイト紹介文直接法によるアート魚拓を楽しんでいます。 大物の魚、珍しい魚お待ちしております。
自由文珍しい魚、大物の魚をご提供いただければ,アート魚拓にしますので、ご連絡お待ちしております。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供157回 / 365日(平均3.0回/週) - 参加 2009/09/01 14:07

魚象庵 さんのブログ記事

  • サヨリの群れ
  • 今、大阪湾ではサヨリが蒸れているようです。今日の拓正会の教室で、サヨリを拓しました。以前、5匹を拓してキープしていた紙に、今日はいやほどサヨリを拓しました。次回、もう少し追加したいと思います。にほんブログ村 釣りブログへ(文字を ) [続きを読む]
  • 鼻つまみ焼酎
  • 芋焼酎が好きなんですが、最近、くっさ〜い芋焼酎がないような気がしていました。白波もかなり臭いと思っていたのですが、最近は全く臭いと思いません。飲食店でも臭いのをオーダーするのですが、いつも期待はずれです。先日、酒屋さんでこの芋焼酎を見つけました。おでんを肴に飲んでみました。ケミカルな感じでそこそこ臭いのですが、期待していた臭さとは違いました。にほんブログ村 釣りブログへ(文字を ) [続きを読む]
  • メバル
  • たぶん沖メバルですね。書と組み合わせたNさんの作品です。自らの思いを作品に表すなんていいですね。これで今年の拓正会展の全作品の紹介は終了です。来年はまたどんな作品が出品されるのか今から楽しみです。にほんブログ村 釣りブログへ(文字を ) [続きを読む]
  • ガシラとベラ
  • ガシラとベラを拓したKさんの作品です。キュウセンのオスは緑色で綺麗ですが、斑点が多く難しい魚です。私も拓したことがありますが、納得できる出来映えではなかったです。にほんブログ村 釣りブログへ(文字を ) [続きを読む]
  • アマダイ
  • 書と魚拓を合わせたNさんの作品です。お忙しいようで、教室では午前中だけ活動されています。拓正会の教室は自分のペースで学べるのがいいところです。新規会員さん募集中です。にほんブログ村 釣りブログへ(文字を ) [続きを読む]
  • アマゴ
  • アマゴと紅葉を合わせた若手O君の作品です。紅葉が入ることで、渓流の雰囲気が出てきます。葉っぱの色を赤系にすると秋になります。にほんブログ村 釣りブログへ(文字を ) [続きを読む]
  • ウチワエビ
  • 奨励賞を受賞したNさんの作品です。書道の先生をこなす方で、魚拓と書を組み合わせた作品が得意です。なんて書いてあるのか私には私には解りませんでした。ウチワエビの思い出は、教室で出会ったウチワエビを家に持ち帰り、味噌汁にしたことです。美味しかったです。にほんブログ村 釣りブログへ(文字を ) [続きを読む]
  • アジングとタチウオ
  • 昨日の夜からアジング初挑戦とタチウオを狙いに淡路島に行ってきました。すんなりとアジングで小さなアジを連続ヒット。明け方の時合にタチウオ狙い、昨日の雨の影響かとても活性が低く、小さなあたりが2度あっただけ。しかしタチウオはゲットできずで、今回は小アジのみ。釣りに必死で、写真を撮り忘れてました。南蛮漬け用の準備はOKです。いっぱい釣れたでしょ、さすが日本のサビキは最高です。にほんブログ村 釣りブログへ( [続きを読む]
  • アユ
  • 若手会員O君の作品です。仕事の都合で、なかなか教室に来ることができないのですが、コツコツ頑張っています。若い会員が活動を継続できる環境を整えたいと思います。にほんブログ村 釣りブログへ(文字を ) [続きを読む]
  • クロメバル
  • クロメバルと言うだけに、モノクロ系に仕上げたNさんの作品です。マットに柄の入った紙を使い、エッジのところに赤色が入り、和風な感じです。額装で雰囲気が変わるのが、よく解ります。私も参考にしたいと思います。にほんブログ村 釣りブログへ(文字を ) [続きを読む]
  • アンコウ
  • いろいろな技法(?)を駆使したM理事の作品です。私は美術の知識が皆無なので、どうすればこのようになるのか判りません。規定作品は、自由な発想で楽しい作品を作るのもOKです。にほんブログ村 釣りブログへ(文字を ) [続きを読む]
  • sense of touch(触感)
  • 若手会員のY君の作品です。ニザダイの肌のガサガサ感を作品名にしているのでしょう。カワハギなどは絵具がどんどん中に入り、たっぷりと色を塗らないときれいな作品になりません。にほんブログ村 釣りブログへ(文字を ) [続きを読む]
  • ヘダイ・レンコダイ
  • 白っぽい色で、頭がくるりと丸いヘダイと赤系のレンコダイを重ねたMさんの作品です。同じ魚を重ねるのもいいですが、違う魚を重ねるのもいいです。会員は教室に行く時は以前拓したものを持参し、重ねてよさそうな魚との出会いを常に待っています。教室のどんな魚が来るのかわからないので、ピタッとはまった時は気分がいいです。にほんブログ村 釣りブログへ(文字を ) [続きを読む]
  • サクラマスとタイガートラウト
  • 台風の影響を受け、本日はしっかりとした雨。「最高の魚拓日和」です。こんな好条件はめったいないと、松永会長がキープしているサクラマスとタイガートラウトを持参。40センチオーバーのきれいなオスの個体。もちろんこの魚を拓したいと思うのですが、残念ながら本日、体験教室の予約が入りました。ということは、私はそのお相手をすることになります。難易度の高いトラウト系はパスです。そこで私がチョイスしたのはガシラです [続きを読む]
  • レンコダイ
  • マダイに似ていますが、少し黄色みがあり頭の形もちょっと違います。小さなサイズでも鱗がきれいに出る魚です。大きさの違う魚を重ねているNさんの作品です。にほんブログ村 釣りブログへ(文字を ) [続きを読む]
  • アマゴ
  • かなり大きなアマゴ2匹を重ねたI理事の作品です。渓流の魚は鱗が細かく、絵具を厚く塗りすぎると、ベッタリとして鱗が出ません。またヌメリも強く、なかなか手強い魚です。にほんブログ村 釣りブログへ(文字を ) [続きを読む]
  • サンバソウ
  • イシダイの子供です。2匹を重ねる時に、奥側になる魚の色を薄くすることにより、遠近が表現できます。「天陽賞」を受賞した女性会員Oさんの作品です。にほんブログ村 釣りブログへ(文字を ) [続きを読む]
  • キビレチヌ
  • 新入会のTさんの作品です。忙しい仕事の合間をぬって、午前中だけですが、教室に来て作品を作っています。これからも自分のペースで教室に参加してもらいたいです。にほんブログ村 釣りブログへ(文字を ) [続きを読む]
  • カイワリ
  • とても美味しいアジ科の魚です。口の中にウオノエという寄生虫(?)がよくいるようです。私的にはとってもキュートな奴と思っています。金魚博士のAさんの作品です。にほんブログ村 釣りブログへ(文字を ) [続きを読む]
  • 三輪散策
  • 子供の成長とともに家族でお出かけすることもなくなってきました。学校行事の文化祭やクラブの試合などに行ったりで、土日は何かとスケジュールが詰まり気味。先週は長男くんの文化祭で、シンクロの真似事を見学。(これはこれで面白かったです。)昨日は次男くんの野球の試合。本日は、思い切って子供抜きで、夫婦でお出かけ。おいしい素麺と柿の葉寿司を求めて三輪へ。卑弥呼の墓と考えられている箸墓古墳。その近くで目的の極細 [続きを読む]
  • 美人の大鯛
  • 鳥取のジギングで釣られた84.5センチのメスの大鯛。釣り人は関西テレビアナウンサーの村西利恵さん。同行メンバーから一生ものの大物だからと魚拓にして残すことを勧められました。真っ黒けな記録魚拓ではなく、アート魚拓に。もちろん松永会長に依頼されました。どちらもとっても美人です。にほんブログ村 釣りブログへ(文字を ) [続きを読む]
  • アマゴ
  • アマゴ2匹と紅葉を合わせた作品です。植物で、季節感や水の流れを感じることができます。拓正会のマダイ名人Sさんの作品です。にほんブログ村 釣りブログへ(文字を ) [続きを読む]