ワンダーあざみ さん プロフィール

  •  
ワンダーあざみさん: ワンダーあざみのブログ
ハンドル名ワンダーあざみ さん
ブログタイトルワンダーあざみのブログ
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/azami_tabi/
サイト紹介文年を重ねても美しく、優しく、楽しい毎日を心がけています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供62回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2009/09/01 16:48

ワンダーあざみ さんのブログ記事

  • 西日本豪雨 長女の友人が土砂の中から そして諸々
  • 何十年に一度とかいう大雨は毎日被害が拡大して死者の数、行方不明者の数が増え続けて居ます今朝の新聞では死者125人安否不明89人心肺停止1人とあります。特に広島、岡山、愛媛の被害が甚大で有ったようですお気の毒、可哀そうとしか言えず情けないです被害に遭われた方々のお悔やみとお見舞いを申し上げます                     7月5日 (木)長女から「広島の友達が10時頃から、土砂に埋まってて助から [続きを読む]
  • 水墨画教室
  • 昨日(3日)は1時半から午後の部の水墨画教室でした参加者は8人だった先ず前回6月の「雨の日の児童登校」1回2時間半の授業では仕上がらなかったので、全員この日に完成するそして来月の課題岩と海重要な所は岩に波打つ様子岩は4つ3時半から30分お茶の時間が有りコレが1時間になる事も有る当番制でおやつを用意する6月に「来月はあざみさんだ」と言われて3000円ほどのお菓子を10人分袋に詰め合わせて持って行こう [続きを読む]
  • 猛暑の畑で鍬を振りおろす そして「灯り」の展示
  • 連日の34度33度、この暑さは何と言う事でしょう西日のあたる寝室は夕方から、西、東北、南、それぞれの大窓小窓を全開したがその暑さは1・2度は下がったのだろうか夜、今年初めてエアコンを点けようとしたがリモコンの電池切れで点かなかった本体の あちこちいじったが結局分からず扇風機を回した26度の熱帯夜は睡眠を妨げた翌日は朝からボーとしていたそんな時長女からメールが入った「給料が入ったのでランチごちそうする」と [続きを読む]
  • 旧友のおもてなし料理、と野菜の収穫
  • 昨日は高校時代の旧友が2人来られましたそのうちの一人のTさんにご招待を受けて居たのですが私がまだ自由に歩けないので、「では我が家へ」とお越しいただきました最寄駅まで車で出迎えに行った車だと2分て到着昨年からお食事会、一泊旅行同窓会などで何度かご一緒した当時はグループでは無かったが何十年とお会いしなかったら懐かしいものです丁度60年前の高校三年生の級友である何をご馳走しようかと楽しみだった何時ものパター [続きを読む]
  • 大坂に大きな地震がありました
  • 今朝8時まえに蛍光灯がゆらゆら揺れて地震がありました棚から飾り物が落下して来ましたボーとして逃げるのを忘れていました気が付いて、バランダから外を見ますと、ご近所さん一人だけがスリッパ、片方だけはいて外へ逃げて来られた方が居ました恥ずかしそうにすぐ家に入いられました私見て見ぬふりをしましたここら辺りは震度4ですから大したことは無かったのですテレビを見て居ますと、大坂は北の方が凄かったようで震度6弱だと。 [続きを読む]
  • 手芸の日 そして口の悪い婆さん
  • 梅雨の最中の手芸の日でした今回は「三日月お月さんとウサギ」です2人の生徒さん、10時頃からいそいそとやって来られたとても楽しみにしてくれている様子がうかがえるBさんは呑みこみが早く手が早いのですが聞かずに 先先すすんで失敗する事があるAさんは慎重派で同じ事を何度も聞いて進まない今度のタイトル作品は一日では無理かと思った簡単昼食を挟んで再度挑戦どうしても完成してお持ち帰りをしてもらいたい手伝いました [続きを読む]
  • 久々の日帰り旅行
  • 2月から膝痛のため遠出が出来なくなっていた隣人が可哀そうに思ってか日帰りバスツアーに連れて行ってくれた腕を借り荷物を持ってもらい本当にお世話になってしまったさて行き先は「琵琶湖1周癒しの緑景めぐり」9歳年下の彼女は足は達者(口も達者、これは内緒)本当に助けられました(そうそう、壁紙リホームを指導して上げた女性です)最後に申し込んだのでバスの座席は最後列総勢46名「金亀酒造」「酒造カフェ」にて粕ドリ [続きを読む]
  • 水彩画と水墨画
  • 又又更新が遅れました未だ外出が思わしく出来ませんそれでも先日ご近所さん2人と3人で隣町へ「お寿司」を食べに行って来ましたその後は寿司屋の前のコーヒー専門店へ何時ものように入ったそこで膝を気遣ってメールを度々下さったFちゃんを呼びだす仲間一人は彼女を知らないが性格的に絶対合うと思った急なお誘いにも拘わらずニコニコとやってきた彼女は地元の人案の定初対面のお二人、旧知の仲のようなお喋りが続きテーブル越し [続きを読む]
  • 手芸と大工仕事
  • 5月の手芸の日の作品ネコの顔は目、鼻、ヒゲの位置によって随分表情が変わるなかなか可愛いのが出来ない顔の輪郭も影響するでもそれぞれが2匹づつ作って持って帰られた例の如くお昼はお稽古の後カレーのおもてなし、雑談を楽しんだ生徒さん曰く「ランチ付きのお稽古辞められない」と2人顔を合わせてニンマリだがお二人の家でも行けば何やら有り合せで調理して出して下さる私の作品無駄な空間を物入れにした長い廊下(?)の付き [続きを読む]
  • 永らくのご無沙汰でした
  • 急に夏日になって体が付いて行きません引き籠りの毎日が続いています非常に情けない日常ですがお出かけなくして楽しんでいます独身女性の集まりそれでも友人が集まってくれて笑いを忘れてはいませんでした元職場の(某ホテル)同僚のOさんとフミちゃんが訊ねてくれた「あざみさん私クビになったんよ」「?」「70歳以上は全員首になったんよ!」「そりゃ〜そうでしょう80歳ちかくになれば物覚えも悪いし、手は遅くなるし」(声 [続きを読む]
  • Bさん家の壁紙貼り替え
  • ゴールデンウイークもなんの予定も無くご近所さんの壁紙貼りを手伝う事にしたまずモーニングを、と言う事でミニデッキで即席モーニングを三人で頂くその後Bさん家へ綿壁は黒ずんで部屋まで暗い感じがしており所々穴も開いていた先ず穴の補修を指導する(偉そうに)お婆さん三人で出来るものだな〜と感心しきりBさんは元々私と似た所があり、大工仕事が好きなようだ要領がよく私達が帰ったあと、なんと廊下もトイレのドアーも貼っ [続きを読む]
  • 心臓が呼吸を厭がる 苦しいのよ〜
  • 記事に添って入れようとした写真が何故か最初に入ってしまうし写真後は中央寄せが左寄せになってしまうどうしてなのでしょう手芸はマカロンポーチ2個仕上げてお持ち帰りだったこの鯉吊るしは私の作品おやつの時間10日程前から時々呼吸困難になります高山病になった事はないが、テレビで良く観るあの息苦しさのように呼吸が苦しい寝る時は胸を何かで押さえつけられているような苦しさ体位を変えて横になれば少し楽になる膝も今一 [続きを読む]
  • 連休は人様の家のプチリホームを約束した
  • 4月も半ばを過ぎて間もなくゴールデウイークがやって来ます世の旦那さんが家族孝行でぐったりする日でもあります交通事故が起きなければ良いのですが私は何処へも行きません毎日が日曜日ですから静かになった頃、何処かへ一人旅に出かけられると良いなと思っています膝痛は今一ですが、乗り物には乗れます何時までも炬燵にもぐっていても、とやっと炬燵を片付けましたシナが気に入らないと何処へでもおしっこの嫌がらせをした絨毯 [続きを読む]
  • 中学時代のグループのお食事会と手芸とご近所さん
  • 4月13日(金)足の痛みは辛いが約束の京都まで中学時代のグループとの「お食事会」に出向いた行きはJRで大阪駅周り、(2時間)帰りは近鉄で奈良回り(1時間半)で帰宅した奈良回りが一番早いと分かったこのグループは年2回 京都と大阪、交互に春と秋、一度づつ少し高級な食事会をする事にしている待合場所の変更は、滋賀県の山奥から(叱られるかな)一人神戸から一人とお住まいが余りに離れて居るからである旅行も1回或 [続きを読む]
  • 歩けない日は手芸を楽しむ
  • 膝痛は血液検査の結果悪い所は無かったコレステロール値が若干高かったもう痛みどめの注射は使えないと言われた「キツイくすり」だと言われた「飲み薬で暫く様子をみる あと検査するとしたらリュウマチだが可能性は低いからどうしても歩けない時に来なさい」と言われた        手芸教室と言っても3人の生徒さんですが気ままに好きな日にやって来られます写真を撮るのを忘れたがAさんはもう吊るし飾り5本完成しています [続きを読む]
  • 奈良まで団子買いに
  • 夏かと思わせるような好天気が続いている買ったばかりのプリンターのインクが無くなったインクを買ったは良いが入れ方が分からない説明書がない多分何処かへしまい忘れたのだろう1日、長女の婿殿に来てもらった少しアチコチひねりまわしていたがうまくいったついでにコピーの仕方も教わった「お義母さん、奈良に美味しい有名なお団子屋さんがあるのですよ」ああ何時か聞いたことがあった「これから買いに行きませんか」心中では、 [続きを読む]
  • 脱力感にグータラ
  • 久しぶりに外の空気に触れた何時も通るマンションの前は桜が満開だったふと振り向けば低い山にも白く淡い彩りがあった春を実感した長引く膝の痛みに脱力感が加わった何もする気が起きないジッとしている事が嫌いな自分だったが座ったり立ったりが出来ない事の苛立ちがだんだん横着になってきた立ってしまえばそんなに苦痛でも無いが膝が曲がらない不便さを毎日感じている(炬燵にもぐっているので)そう言えば左足も完治するまで半年か [続きを読む]
  • 美味しいランチ探しと爆笑 
  • 膝の痛みは徐々に和らいでいるとは言え自由に行動が出来ないなんと歯がゆい事だろうかジッとして居るのが嫌いな私です耐えられなくて畑へ行ってみたエンドウ豆が風に倒れないようにネットが掛けられていた蔓が1m程になっていた例の管理人もどき おじさんの親切だ玉葱の茎がすこし太くなったようだ「いちご」に黒いシートも脹れない今年だとにかく膝を曲げることが出来ない腰から屈めて、せめて草でも抜こうかと始めた時に後ろか [続きを読む]
  • 2年先の孫の成人式に髪飾りを作る
  • 膝痛で お出かけ出来なくなり、たっぷりの時間がありますなので手芸に勤しんでおります末孫姫の2年先の成人式の髪を飾ってあげたく「髪飾り」を作りだしました呉服屋さんの小物売り場で 昔と違った大きな華やかな「髪飾り」がケースに入っているのを見たそのお値段を観て驚いた1万円〜3万円していた上の孫の成人式に、イトウーヨーカドーの喫茶で、友人とお茶などしながら偶然、振り袖姿の新成人がそぞろ歩いているのを見た示し合せた [続きを読む]
  • 何もする気が起きませんでした
  • 長い間 更新を怠って居りました内科の医師に押さえつけられた右膝が 壊れていましたそれでも何十年ぶりかで会う同窓会の幹事の役目を果たそうと痛みどめの注射を打ってもらい 薬を飲みながら参加者10名の大江戸温泉物語「レオマの森」(香川県丸亀市)1泊旅行を成功させました三部屋に分かれましたが、何十年ぶりかで会う級友もあり会話は不足することなく盛りあがっていたようです興味のある方は「レオマノ森」で「検索」し [続きを読む]
  • 一人ぼっちの痛さに、涙がぽろぽろ こぼれて
  • 膝が悲鳴を上げていましたS医院で思い切り痛く膝を押さえつけられてから 歩くのも困難になり思い切ってK医院に車で向かったレントゲンを何枚も とってくれました「こりゃ押さえられたら痛いわ〜何処の病院や?」「近くの病院ですが専門は内科ですが整形外科の科目もあったのです。とてもよくして下さる先生なのですが・・・」名前は言えなかった。すると「S先生か」と訊ねられたこれは想像だがS医院で外科系を診てもらって、 [続きを読む]
  • 手芸教室 そして積雪あり
  • 再び寒波が襲ってきました我が街にも珍しく5?ほどの積雪が有りました写真は昼頃。雪は半分溶けていました10日は午後一時から手芸教室初日です両方ともSさんですから、S1さんとS2さんとしましょう最初にS1さんが10時半に掛け込みましたすぐS2さんがニコニコとやって来ました「手芸教室を開いてほしい」と言われたお二人さんです「1時からだったがまあ〜良いわ上がって」「ええっそうだった?」携帯見て「ホンマや1 [続きを読む]
  • 時々名医とヤブ医者
  • 膝の痛みが治らない思い切って病院へ行く事にした市民病院の整形外科受付へ行った「紹介状をお持ちですか」と聞かれ「持っていません」と云いますと「外来手数料が掛りますが良いですか」と言われた「ええっ市民病院もですか」と聞いた日赤は紹介状がないと治療費+5400円かかるでも私の場合は、かかりつけ医が紹介状を書きかつ予約まで入れて下さった「じゃ良いです、かかりつけ医も整形外科の看板が掛っていますので他の病院 [続きを読む]
  • 初旅は湯村温泉へ
  • 今年初めての旅行は湯村温泉へFちゃんと行って来ました関東方面の大雪をよそに、何時も多いとされる湯の街は道中30?ほどの積雪を見たがホテルに着く頃は道の両側に積まれた雪が溶けかかっていた湯村温泉は「夢千代日記」で吉永小百合主演で映画化された舞台でもあるここは三度目だったが比較的代表的なホテルだった「三好屋」は「愉快リゾート三好屋」と屋号が変わっていた趣のある温泉旅館です岸田川の支流にある湯村温泉の宿 [続きを読む]