くらべー さん プロフィール

  •  
くらべーさん: 浄水器を比較してみよう!
ハンドル名くらべー さん
ブログタイトル浄水器を比較してみよう!
ブログURLhttp://jousuikihikaku.blog.shinobi.jp/
サイト紹介文浄水器って沢山種類があって、どの浄水器を選んでいいのかわからない。そんな貴方の為の浄水器比較サイト
自由文浄水器ってたくさんの種類があって、どんな浄水器を選んでいいのかわからない。そんなあなたのために浄水器比較サイトです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供13回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2009/09/03 16:13

くらべー さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 給水車 4市町共同使用
  • YOMIURI ONLINE2018年03月27日舞鶴市など府北部の4市町は26日、断水時に6〜7階建てビルの屋上の受水槽にも送水できる加圧式給水車を共同で使用するための協定を結んだ。 府北部の地域連携の一環で、給水車は舞鶴市が約1200万円(半額は府の交付金)で購入。協定に加わった宮津、伊根、与謝野の3市町は使用した走行距離に応じて維持管理費を負担する。この日、舞鶴市役所で締結式があり、4市町長は「少ないコストで [続きを読む]
  • 北半球の永久凍土に大量の水銀 温暖化で溶け出す恐れも
  • 朝日新聞 DIGITAL2018年2月28日07時28分北半球の陸地の2割を占める永久凍土地域の土壌に、大量の水銀が閉じ込められていることが、米地質調査所(USGS)などの研究で分かった。地球温暖化が進んで凍土が溶けると、水銀が環境中に放出される恐れがある。 研究チームは、2004年から12年に米アラスカの永久凍土地域の13カ所で、地表98センチ〜248センチの深さの土壌を採取し、水銀の濃度を調べた。シベリアなどほ [続きを読む]
  • 入間市 飲料水袋2000袋発送
  • YOMIURI ONLINE  記事抜粋寒波で断水続く佐渡へ入間市は30日、強い寒波の影響で水道管の凍結、破裂が相次ぎ、 断水が続いている新潟県佐渡市からの援助要請を受け、非常用飲料水袋を2000袋発送した。 袋はナイロンなどを用いた多層性で、容量は6リットル。 ひも付きで背負うことができるため、給水所から大量の水を背負って持ち帰ることができる。入間市役所では、職員が袋入りの箱をトラックに積むなどの作業に追われた [続きを読む]
  • メーター作動せず、水道料を2年間過少請求
  • YOMIURI ONLINE  記事抜粋取手市、龍ヶ崎市、牛久市、利根町でつくる県南水道企業団(龍ヶ崎市、 企業長・藤井信吾取手市長)は20日、取手市内のスーパーに対し、 上下水道料金を2年間過少請求していたと発表した。水道メーターが 作動しておらず、使用水量0立方メートルとして基本料金(月5616円) のみを請求していた。判明後の1週間分を基に、約480万円が未請求と推測している。発表によると、このスーパーには [続きを読む]
  • お菓子の包装で地球温暖化対策
  • 朝日新聞digital 記事抜粋ロッテ工場で地球教室朝日新聞社の環境教育プロジェクト「地球教室」が28日、埼玉県狭山市のロッテ狭山工場であり、東京都豊島区立高南小学校の4年生約60人が学んだ。プロジェクトに協力する菓子メーカー「ロッテ」の社員と本社記者が地球温暖化対策の取り組みなどを語った。ロッテの小島宏幸さんが工場の省エネやリサイクル活動を紹介、「例えば、お菓子の包装を薄くしたり小さくしたりしています [続きを読む]
  • 君津地域の4市 水道事業統合へ
  • yomiuri online 記事抜粋木更津、君津、富津、袖ケ浦の4市で水道に関する事業を協力して行おうと、4市と県、君津広域水道企業団は30日、水道事業を統合する協定を締結した。君津地域では現在、企業団が取水した水道水を4市と県に供給し、各市が家庭や事業所に配水している。しかし、水道管の老朽化やベテラン職員からの技術継承、収入の伸び悩みなどが課題となっている。そこで、4市と県が広域的に事業を行うことで、効率 [続きを読む]
  • 蛇口から下水処理水逆流 足立区27世帯
  • 毎日新聞2017年9月13日 地方版都は12日、足立区中川5の27世帯で、水道の蛇口から下水処理水が出てくるトラブルが発生したと発表した。処理水は、下水をろ過するなどし塩素消毒しており、飲用しても問題はない。一部世帯では処理水を炊飯や飲用に使っていたが、健康被害はないという。 都水道局によると、10日に付近住民から「水が臭い」と通報があり発覚。近くにある都の下水処理施設内で、都の委託会社がトイレ掃除のため [続きを読む]
  • 水道メーター、相次ぐ盗難 留守宅の高額製品狙い撃ちか
  • 朝日新聞digital 記事抜粋 2017年8月20日福岡県の直鞍地方で水道メーターの盗難が相次いでいる。狙われているのはアパートの空き部屋や留守宅など。3月から今月にかけて直方市、宮若市、鞍手町で計78個が盗まれていたことが確認された。管理する自治体が県警に被害届を出し、住民に注意を呼びかけている。最も多い被害が確認されたのは直方市。7月27日〜8月8日に9件で計47個の被害を直方署に届け出た。被害額は87万 [続きを読む]
  • 府中市で水道水に赤さび(広島県)
  • mainichi.jp 毎日新聞2017年6月7日 地方版府中市は、市内で水道水に赤い色がついたりさび粒の発生が増えたりしているとして、1万1000軒に文書でおわび文を通知した。原因は水道管の老朽化で、市上下水道課によると、今年に入り5月30日までに計58件の発生報告があり、平年(年間30件程度)を既に上回っているという。同課は「鉄は人体への吸収率が低く、少量の飲用で直ちに有害ということはない」としている。発生時 [続きを読む]
  • 災害時に地下水提供 熊本市と企業・団体が協定
  • yomiuri on line 熊本地震で断水が相次いだことを受け、熊本市は8日、災害時に地下水を提供する協定を市内50企業・団体と締結した。同市は全国の50万人以上の自治体で唯一、水道水をすべて地下水で賄っている。地震後、配水管の損壊などで、全戸(約32万6000戸)で断水が発生。最長22日間に及んだ。市水保全課によると、協定では水道復旧まで、企業などの井戸から飲料水や生活用水を無償で提供する。「災害用井戸」 [続きを読む]
  • 災害時 一番困ったのはトイレ
  • 朝日新聞digital 記事抜粋トイレで排泄(はいせつ)する。人間の生理的欲求は、災害時も変わらない。にもかかわらず、食料の備蓄と比べ、災害用トイレの備えは、重要性が広く認識されていないのが実情だ。私は東日本大震災、熊本地震などで発生から間もなく現地に入った。避難所のトイレの大半は汚れたままで、使用禁止のところも多かった。日ログイン前の続き中はトイレに行かずに済むよう水分を控えた。実際、東日本大震災で、 [続きを読む]
  • 川に医薬品成分、生態系に影響は?
  • 朝日新聞digital 記事抜粋京都大、長崎大などの研究チームが4月から、河川に下水から流れ込んだ医薬品成分の濃度などの調査を始める。実態が分かっていない魚などの生態系への影響の解明を目指す。国内外の河川や下水処理水で1990年代以降、医薬品成分の検出が多く報告されている。人が飲んだ医薬品が排泄(はいせつ)されたり、未使用で捨てられたりして、下水処理場を経て河川に流れ込んでいるとみられる。河川から取水し [続きを読む]
  • がんに効くうたい「いき水」販売容疑 社長を逮捕
  • 朝日新聞digital 記事抜粋飲めばがんの予防や免疫力が上がるとうたって、「いき水」と称した商品を販売したなどとして、警視庁は、販売会社社長の大場秀樹容疑者(65)=埼玉県入間市=を医薬品医療機器法(承認前の医薬品の広告禁止など)違反の疑いで逮捕し、24日発表した。生活環境課によると、逮捕容疑は昨年1〜10月、インターネットのホームページ上で、厚生労働相の承認を受けていないのに、いき水が「白血球を活性 [続きを読む]
  • 高齢者を狙う高額浄水器詐欺!ご用心!
  • asahi digital 記事抜粋高齢者にうそをついて高額な浄水器を売りつけたとして、警視庁は、浄水器販売会社の久保田篤容疑者(33)=埼玉県川口市=ら男4人を特定商取引法違反(不実の告知)の疑いで逮捕し、19日発表した。首都圏を中心に高齢者300人以上に計1億円超の浄水器を売ったとみて調べる。生活経済課によると、4人の逮捕容疑は2015年2月〜昨年5月、東京都杉並区などの75〜85歳の女性3人に対し、それ [続きを読む]
  • 海水入り水道水!?福岡
  • asahi digital 記事抜粋福岡市役所1階のカフェで、「飲む海水」のペットボトルが売られているのに気づいた。血圧が上がりそうな商品だなと手に取ると、塩分はゼロ。水道水にも同じ海水から作った真水が使われているという。いったいどんな仕組みなのか。 福岡市東区で福岡地区水道企業団が運営する「海の中道奈多海水淡水化センター(まみずピア)」を訪ねた。プラント室にはポンプの音が響き、水を通して濾過(ろか)する筒状の [続きを読む]
  • 馬渕浄水場のカビ臭は収束 (滋賀)
  • asahi digital 記事抜粋馬渕浄水場(近江八幡市馬淵町)の浄水からカビ臭を出す物質が基準値を超えて検出された問題について、県は25日、収束したと発表した。琵琶湖の水温が下がり、原因物質を発生させる植物プランクトンがほぼなくなったとしている。県によると、今年8月末、カビ臭の原因物質とされる2―メチルイソボルネオールが、水道法で定める浄水の水質基準(1リットル当たり10ナノグラム以下)を超え、住民から水 [続きを読む]
  • あの取れにくい「水あか」の正体は?
  • YOMIURI ONLINE 記事抜粋風呂場や洗面所の鏡、コップなどに、いつの間にか付いている水あか。なぜ、あんなに取れにくいのだろうか。TOTO総合研究所素材研究部の園川沙織さんによると、水あかは水の中に溶けている成分が原因でできる。地下水や川の水と同様、水道水にはケイ酸、カルシウム、マグネシウムが含まれている。水分が蒸発する過程で、それぞれシリカ(二酸化ケイ素)、炭酸カルシウム、炭酸マグネシウムといった水 [続きを読む]
  • 水道水で異臭
  • 毎日新聞 記事抜粋近江八幡市や竜王町など4市町の一部(約19万人)に県が提供している水道水で異臭が発生している問題で、県企業庁は13日、取水口近くの琵琶湖に流れ込む長命寺川から採取した水から、臭気原因物質(2−MIB)を発生する植物プランクトン「オシラトリア」を検出したと発表した。12日の測定でも水道水の2−MIBの濃度は水質基準値を上回っており、県企業庁は「飲用には問題ないが、ご迷惑を [続きを読む]
  • 水の汚れ値を判断!?
  • yomiuri online 記事抜粋「大森 海苔のふるさと館」(大田区平和の森公園2)で22日、水の汚れ具合を調べる夏休みイベントが開かれた。11月まで開催中の企画展「ふるさとの浜辺 知って調べる水のこと」の一環。試薬の入った容器に、調査するサンプル水を採取して5分間置き、おおよそのCOD(化学的酸素要求量)値を判断する。COD値は有機物による水質汚濁状況を測る指標で、数値が大きくなるほど汚れが大きくなる傾 [続きを読む]
  • 栃木の深山ダム、開設以来最低貯水率9・6%
  • yomiuri online 記事抜粋栃木県那須塩原市百村にある県営深山ダムの貯水率が、22日現在9・6%と1974年のダム開設以来最低となった。管理する県農政部は同日午前11時から、農業用水について60%の取水制限を開始したと発表。今月28日まで実施する。県那須農業振興事務所那須広域ダム管理支所によると、梅雨時の貯水率としては平年の5分の1で、同じ那珂川水系の塩原ダム(同市)、寺山ダム(矢板市)、東荒川ダム(塩谷町)が平年 [続きを読む]
  • 家庭の蛇口から泡!?
  • 朝日新聞DIJITAL 記事抜粋札幌市消防局は23日、同市豊平区で21日午前に発生した火災の消火活動中に誤って薬剤入りの水を水道配水管に逆流させ、一部の家庭の蛇口から泡が出たと発表した。薬剤の主成分は、液体シャンプーに使われる界面活性剤。配水管の水はすでに入れ替え、健康被害などは出ていないという。消防局によると、消防車は消火をしやすくするために泡の出る薬剤と水を混ぜて放水している。消防車内の水が残り少な [続きを読む]
  • 熊本など被災4県、公共土木施設の被害、3500カ所超
  • 朝日新聞DIJITAL 記事抜粋熊本県などでの一連の地震で、河川や道路など公共土木施設の被害が、熊本県を中心に大分、宮崎、福岡の4県で計3500カ所以上に上ることが、各県などへの取材でわかった。被害総額は1740億円を超えるとみられる。国土交通省は26日、復旧費を補助するための災害査定を始めた。被害が最も大きかった熊本県によると、被害は26市町村に及び、道路が2388カ所(約350億円)▽橋が377カ所(約500億円)▽下水道が [続きを読む]
  • 「ふくしまの水」熊本へも送る
  • 朝日新聞digital 記事抜粋福島市水道局が販売するペットボトル入りの水「ふくしまの水」が、国際的な品評会「モンドセレクション」の金賞を2年連続で受賞した。味だけでなく、一新したラベルなども評価されたという。市は18日、熊本地震で被災した熊本市に県トラック協会の協力を得て500ミリリットル入りボトル約1万本を送った。被災地への支援物資として利用するのは初めてという。市水道局によると、ベルギーの品評会の [続きを読む]
  • 過去の記事 …