SOSEGON さん プロフィール

  •  
SOSEGONさん: 邦画スピリット
ハンドル名SOSEGON さん
ブログタイトル邦画スピリット
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/sosegon226-houga/
サイト紹介文新旧の邦画を紹介しています。 たくさんのコメントをお待ちしています。
自由文笑いあり、涙ありの邦画中心です。
ぜひ、覗いてみてください!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供30回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2009/09/04 00:02

SOSEGON さんのブログ記事

  • 映 画【コロニア】
  • 2015年公開作品監督;フロリアン・ガレンベルガー脚本;トルステン・ヴェンツェル 他出演;エマ・ワトソン、ダニエル・ブリュール、ミカエル・ニクヴィスト、リチェンダ・ケアリー、ヴィッキー・クリーブス、ジャンヌ・ヴェルナー■あらすじ1973年9月11日、西ドイツのキャビン・アテンダントのレナ(エマ・ワトソン)は、仕事でチリを訪れる。彼女は、同じくドイツ人でありながら現地でジャーナリストとして活動する恋人ダニエル(ダニエル・ [続きを読む]
  • 映 画【恋妻家宮本】
  • 2017年公開作品監督;遊川和彦脚本;遊川和彦原作;重松 清出演;阿部 寛、天海祐希、工藤 亜須加、菅野美穂、相武紗季、早見あかり、 渡辺真紀子、佐津川愛美、奥貫 薫、佐藤二朗、富士純子■あらすじ子供が独り立ちした中学教師の宮本陽平(阿部 寛)と妻・美代子(天海祐希)は、25年ぶりに訪れた夫婦二人きりの生活に困惑してしまう。ある夜、妻側の記入欄がきっちり記載された離婚届を見つけた陽平は激しく動揺するが、美代子 [続きを読む]
  • 映 画【インターステラー】
  • 2014年公開作品監督;クリストファー・ノーラン製作総指揮;ジョーダン・ゴールドバーグ 他脚本;ジョナサン・ノーラン 他音楽;ハンス・ジマー出演;マシュー・マコノヒー、アン・ハサウェイ、マイケル・ケイン、ジョン・リスゴー、マット・デイモン、ジェシカ・チャスティン■あらすじ近未来、地球規模の食糧難と環境変化によって人類の滅亡のカウントダウンが進んでいた。そんな状況で、あるミッションの遂行者に元エンジニア(マシュー [続きを読む]
  • 映 画【鬼談百景】
  • 2016年公開作品監督; 中村義洋、白石晃士 、安里麻里岩澤宏樹、大畑 創、内藤瑛亮脚本;鈴木謙一、白石晃士、安里麻里、岩澤宏樹、大畑創、内藤瑛亮原作;小野不由美出演;岡山天音、三浦透子、根岸季衣、久保田紗友、小野孝弘、高尾勇次、渕上泰史、高田里穂■Jホラーを代表する6人の監督が描く10の恐怖譚「屍鬼」などで知られるベストセラー作家・小野不由美さんの本格ホラー小説「残穢」(ざんえ)を、『予告犯』などの中村義洋 [続きを読む]
  • 映 画【トレイン・ミッション】
  • 2018年公開作品監督;ジャウマ・コレット=セラ製作総指揮;マイケル・ドライヤー 他脚本;バイロン・ウィリンガー 他出演;リーアム・ニーソン、ヴェラ・ファーミガ、パトリック・ウィルソン、ジョナサン・バンクス、エリザベス・マクガヴァン、サム・ニール■あらすじ10年間勤めてきた保険会社を、60才で突如リストラされたマイケル(リーアム・ニーソン)。いつもの通勤電車で帰路につき、常連客に挨拶しながらも、頭の中は住宅ローンと息 [続きを読む]
  • 映 画【人生スイッチ】
  • 2015年公開作品監督;ダミアン・ジフロン脚本;ダミアン・ジフロン出演;リカルド・ダリン、オスカル・マルティネス、レオナルド・スバラーリャ、エリカ・リバス、リタ・コルテセ、フリェタ・ジルベルベルグ■あらすじ小さなきっかけで人生が狂ってしまった人々を描く、ブラックな6つのエピソード。 第1話「おかえし」:飛行機に乗ったら乗客全員に奇妙な共通点が・・・・・・・・ 第2話「おもてなし」:親を死にやった男が自分が働く [続きを読む]
  • 映 画【愚行録】
  • 2017年公開作品監督;石川 慶脚本;向井康介原作;貫井徳郎出演;妻夫木 聡、満島ひかり、小出恵介、臼田麻美、市川由衣、松本若菜、眞島秀和、濱田マリ、平田 満■あらすじエリート会社員の夫・田向浩樹(小出恵介)、美しい妻・夏原友季恵(松本若菜)と娘の一家が、何者かに惨殺された。事件発生から1年、その真相を追う週刊誌記者の田中武志(妻夫木 聡)は、一家の関係者を取材。浩樹の同僚・渡辺正人(眞島秀和)、友季恵の大学 [続きを読む]
  • 映 画【4作品ダイジェスト】
  • ■序 文最近ずっ〜と体調がよくありません。それでも頑張って映画は見ています。ただし、レビューは書けていません。何かを集中して考えることが出来なんです。たとえば、さっき観た映画のレビューを書いていても、気がつくと別のことを考えている、といった具合です。でも、せっかく観たのだから、忘れないうちにちょっとした感想を書こうと思って、少しだけ書いて残していました。前回の『ゲット・アウト』をブログにUPしたのが9 [続きを読む]
  • 映 画【ゲット・アウト】
  • 2017年公開作品監督;ジョーダン・ピール製作総指揮;レイモンド・マンスフィールド脚本;ジョーダン・ピール出演;ダニエル・カルーヤ、アリソン・ウィリアムズブラッドリー・ウィットフォード、スティーヴン・ルート、キャサリン・キーナー、エリカ・アレクサンダー■あらすじニューヨークで写真家として活動している黒人のクリス(ダニエル・カルーヤ)は、週末に恋人の白人女性ローズ(アリソン・ウィリアムズ)の実家に招かれる。歓待を [続きを読む]
  • 映 画【怒り】
  • 2016年公開作品監督;李 相日脚本;李 相日原作;吉田修一音楽;坂本龍一出演;渡辺 謙、宮崎あおい、松山ケンイチ、綾野 剛、広瀬すず、妻夫木 聡、森山未來、池脇千鶴、高畑充希、原 日出子、ピエール瀧、三浦貴大■あらすじ八王子で起きた凄惨な殺人事件の現場には「怒」の血文字が残され、事件から1年が経過した今も未解決のままだった。洋平(渡辺 謙)と娘の愛子(宮崎あおい)が暮らす千葉の漁港で田代(松山ケンイチ)と名 [続きを読む]
  • 映 画【死霊館】
  • 2013年公開作品監督;ジェームズ・ワン脚本;チャド・ヘイズ、ゲイリー・W・ヘイズ出演;ベラ・ファーミガ、パトリック・ウィルソン、ロン・リビングストン、リリ・テイラー、ジョーイ・キング、マッケンジー・フォイ■あらすじ1971年、アメリカのロードアイランド州、両親と5人の娘たちが古びた一軒家に引っ越してくる。しかし、毎朝母親の体にあざができたり、いつも一定の時間に時計が止まったりと、不気味な現象が次々と発生する。ある日 [続きを読む]
  • 『やっぱり映画は監督ですね!』
  • ■3作品も続けて残念な映画でした。う〜ん・・・。やっぱり映画は監督次第で決まるようです。このブログの記事を書くために、ここ1週間で3本の作品を鑑賞しました。いずれも、僕の大好きな超一流の役者さんが出ていましたし、脇も芸達者な方たちがかためていたのですが・・・・・・・・・。半分ぐらいまで観た時点で、これから面白くなったとしても、前半分がこれじゃ結局残念な作品になってしまうなぁ〜と思いました。それでも、 [続きを読む]
  • 映 画【祈りの幕が下りる時】
  • 2017年公開作品監督;福澤克雄脚本;李 正美原作;東野圭吾出演;阿部 寛、松嶋菜々子、溝端淳平、田中麗奈、キムラ緑子、烏丸せつこ、春風亭昇太、音尾琢真、飯豊まりえ、小日向文世、山崎 努、伊藤 蘭、及川光博、桜田ひより、中島ひろ子■あらすじ東京都葛飾区のアパートで女性の絞殺死体が発見される。被害者は、ハウスクリーニングの会社で働く滋賀県在住の押谷道子。殺害現場となったアパートの住人・越川睦夫も行方不明になっ [続きを読む]
  • TVドラマ【誘 拐】
  • ■2009年放送作品(WOWOW)監督;小林義則脚本;寺田敏雄、山村一間出演;三上博史、西島秀俊、中越典子、和田聰宏、 三吉彩花、小須田康人、金澤美穂、森下哲夫、中根 徹、須永 慶■あらすじ韓国大統領の来日を控えた夏。歴史的な「日韓友好条約」締結を前に、警察がほとんどの人員を結集して大統領の警護にあたるが、その裏側で事件は起きる。現職総理大臣の孫娘が誘拐されるという、本来なら最優先の事件であるはずなのに、大統 [続きを読む]
  • 映 画【リベンジポルノ PEINT IT BLACK】再映
  • ■ごあいさつ             いつもお世話になっております。『邦画スピリット』の代表、SOSEGONです。最近、いろんな理由で映画を見ていません。でも、UPしないままというのもよくないので、これまでにレビューを書いた映画、281作品の中から、アクセスの多い映画を再UPすることにします。いろいろご意見もありますでしょうが、何卒ご容赦ください。                                 [続きを読む]
  • 映 画【真木栗ノ穴】再映
  • ■ごあいさつ             いつもお世話になっております。『邦画スピリット』の代表、SOSEGONです。最近、いろんな理由で映画を見ていません。でも、UPしないままというのもよくないので、これまでにレビューを書いた映画、281作品の中から、アクセスの多い映画を再UPすることにします。いろいろご意見もありますでしょうが、何卒ご容赦ください。                                 [続きを読む]
  • 映 画【ストロベリーショートケイクス】再映
  • ■ごあいさつ             いつもお世話になっております。『邦画スピリット』の代表、SOSEGONです。最近、いろんな理由で映画を見ていません。でも、UPしないままというのもよくないので、これまでにレビューを書いた映画、281作品の中から、アクセスの多い映画を再UPすることにします。いろいろご意見もありますでしょうが、何卒ご容赦ください。                                 [続きを読む]
  • 映 画【グッドモーニングショー】
  • 2016年公開作品監督;君塚良一脚本;君塚良一出演;中井貴一、長澤まさみ、志田未来、池内博之、林 遣都、梶原 善、木南晴夏、大東俊介、濱田 岳、吉田 羊、松重 豊、時任三郎★第40回モントリオール世界映画祭・ワールドコンペティション部門出品作品■あらすじ朝のワイドショー『グッドモーニングショー』のメイン・キャスター澄田真吾(中井貴一)はある日、勝手につき合っていると思い込むアシスタントの小川圭子(長澤まさみ) [続きを読む]
  • 映 画【散歩する侵略者】
  • 2017年公開作品監督;黒沢 清原作;前川知大脚本;田中幸子、黒沢 清出演;長澤まさみ、松田龍平、長谷川博己、高杉真宙、恒松祐里、前田敦子、満島真之介、児嶋一哉、光石 研、東出昌大、小泉今日子、笹野高史■あらすじ数日間の行方不明の後、不仲だった夫・加瀬真治(松田龍平)がまるで別人のようになって帰ってきた。急に穏やかで優しくなった夫に戸惑う加瀬鳴海(長澤まさみ)。夫・真治は会社を辞め、毎日散歩に出かけていく [続きを読む]
  • 映 画 【猿の惑星 聖戦記】
  • 2017年公開作品監督;マット・リーブス脚本;マーク・ボンバック、   マット・リーブス音楽;マイケル・ジアッキノ出演;アンディ・サーキス、ウディ・ハレルソン、スティーヴ・ザーン、アミア・ミラー、カリン・コノヴァル、ジュディ・グリア■あらすじ猿と人類の全面戦争が始まってから2年が経ち、シーザー(アンディ・サーキス)が率いる猿の群れは、森の奥深くのとりでに姿を隠していた。ある日、奇襲によってシーザーの妻と息子の命が [続きを読む]
  • 映 画【ブレードランナー2049】
  • 2017年公開作品監督;ドゥニ・ヴィ?ヌーヴ製作総指揮;リドリー・スコット 他脚本;ハンプトン・ハンチャー 他音楽;ハンス・ジマー 他出演;ライアン・ゴズリング、ハリソン・フォード、アナ・デ・アルマス、ジャレッド・レト、マッケンジー・デイヴィス、カルラ・ユーリ、シルヴィア・フークス、レニー・ジェームズ、ショーン・ヤング■あらすじ2049年、貧困と病気が蔓延するカリフォルニア。人間と見分けのつかない《レプリカント》が労働 [続きを読む]
  • 映 画【Every day】
  • 2016年公開作品監督;手塚 悟脚本;手塚 悟原作;冨士原直也出演;永野宗典、山本真由美、倉田大輔、こいけけいこ、牛水里美、土屋 壮、■あらすじある朝、晴之(永野宗典)の目の前に、交通事故に遭い、意識不明で病院のベッドにいるはずの、恋人、咲(山本真由美)が現れる。1週間だけ時間をもらったと話す咲は、いつものように晴之に弁当を渡す。その日から、晴之にとって毎日が特別なものとなる。■特別になった毎日が、いま始 [続きを読む]
  • 映 画【ゴースト・イン・ザ・シェル/吹替版】
  • 2017年公開作品監督;ルパート・サンダーズ脚本;ジェイミー・モス 他原作;士郎正宗出演;スカーレット・ヨハンソン、ビート・たけし、チン・ハン、マイケル・カルメン・ピット、ピルー・アスベック■あらすじインターネットに直接アクセスする電脳技術が進歩した近未来。人々は自らの身体を義体化《サイボーグ化》することを選び、サイバー犯罪は脳をハッキングし操作するという驚異的レベルに到達。少佐(スカーレット・ヨハンソン)は、 [続きを読む]
  • 映 画【リアル 〜完全なる首長竜の日〜】
  • 2013年公開作品監督;黒沢 清脚本;黒沢 清、田中幸子原作;乾 緑郎出演;佐藤 健、綾瀬はるか、中谷美紀、オダギリジョー、染谷将太、堀部圭亮、松重 豊、小泉今日子■あらすじ自殺未遂が原因で1年も眠り続ける幼なじみの恋人・淳美(綾瀬はるか)を救い出すため、浩市(佐藤 健)は昏睡状態の淳美と意思の疎通が可能となる先端医療・センシングを受けることに。そして、センシング中に出会った淳美に、「首長竜の絵を探してきてほ [続きを読む]
  • 映 画【永い言い訳】
  • 2016年公開作品監督;西川美和原作;西川美和脚本;西川美和出演;本木雅弘、深津絵里、竹原ピストル、堀内敬子、藤田健心、白鳥玉季、池松壮亮、黒木 華、戸次重幸■あらすじ人気小説家の津村 啓こと衣笠幸夫(本木雅弘)の妻で、美容院を経営している夏子(深津絵里)は、バスの事故に巻き込まれてこの世を去ってしまう。しかし夫婦には愛情はなく、幸夫は悲しむことができない。妻が亡くなったバス事故も、愛人の智尋(黒木 華 [続きを読む]