藤澤重夫の焼き物 さん プロフィール

  •  
藤澤重夫の焼き物さん: 藤澤重夫の器を游ぶ
ハンドル名藤澤重夫の焼き物 さん
ブログタイトル藤澤重夫の器を游ぶ
ブログURLhttp://lapsang-u.jugem.jp/
サイト紹介文焼き物の唯一の欠点は『誰にでも理屈なくできる』と、教わりましたが・・
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供174回 / 365日(平均3.3回/週) - 参加 2009/09/04 15:37

藤澤重夫の焼き物 さんのブログ記事

  • ブログも10年
  • ブログをつけはじめて、10年になる。 そのj10年前の今頃、僕は個室の病室に酸素マスクや腕や足に数本の輸液をつけられ、眩い黄色のお花畑の上を浮遊していた。 12月に入って8日、腹痛に耐えられなくなり、診察室に運ばれた僕はレントゲンやCT、血液検査の結果、医師から病名を告げられた。 数ヶ月前から前兆があった、慢性的な疲れ、目眩、綺麗な色の尿、腎臓の辺りの痛み、腹痛そして、嘔吐。 「これは大変な病気ですよ」 [続きを読む]
  • 火バサミとカンナ
  • ぼくが子供の頃、ま、殆どの家庭には火鉢があった。 それがいつの間にかエアコンやセントラルヒーティングになって、、 そうそう、それまでにガスストーブや灯油のストーブがあったっけ。 そんな訳で、今ではそれ(火バサミ)がなんのために使われているのか、、、、 考えるだけでも恐ろしいのだが、 我が家では、火バサミとしては勿論、肉や焼き芋を薪ストーブに入れる時に使っている。 時には、ホイホイに掛かったネズミの処理 [続きを読む]
  • 僕の正月
  • この季節、こちら北陸では薪ストーブは必須で、 我が家の調度品の中ではきっと一番高級品だろうなぁ、ってのがこのストーブ。(時々アップしている) あの北欧のストーブになる。 ノルウェーには針葉樹しかないから「杉くらいだったらドンドン焚いても大丈夫」なんて、薪屋が言うが、それはとんでもない大間違いで、大事に使っていても、いよいよ補修が必要になってきた。 ストーブは二重構造になっていて、背側の内壁が溶けはじ [続きを読む]
  • 薪が足りるんかいな、、、
  • 愈々、雪が降ってきた。 雪が降ると、何故か部屋が温かくなる。 はやく、年内の仕事を打ち止めにして、、 うーん、この冬はストーブの薪が間に合うかどうか。。。 ちょっと心配になってきた。 もちろん、乾いた薪の事で、、、 インスタはこちら? https://www.instagram.com/fujisawa_shigeo [続きを読む]
  • 甘い思い出
  • 僕が子供の頃、紙芝居という職業があった。 住んでいる街にその紙芝居がやって来ると、自転車の荷台に置かれた紙芝居を観た。 その紙芝居を観るために確か5円だったか10円だったか小遣いを貰い、8センチ四方に圧縮された飴で出来た菓子を買う。 まぁ、それが紙芝居の観覧料なのだが、 その飴にはウサギやカエルや子供の関心を誘う図柄が圧縮され、その図を傷つけないように切り出した子供に懸賞としてお菓子があたり、それは殆 [続きを読む]
  • 色絵更紗文六角皿
  • そろそろ、年賀状を書く時期になってきた。 僕は基本的には年賀状は出さない。 ただし、これも例外がある。 頂いた方、 その枚数も、時勢なのか段々と。。。 今日の一客 色絵更紗文六角五寸皿 [続きを読む]
  • 染付双鹿文五寸皿
  • 「ブログ、拝見してます」と女性に言われ、 チョット嬉しい。 オイラも単純になった。 ただ、同じ単純でも、同じものを作り続ける「単純」さは、 意味が違うかもしれないが、 辛いものがある。 辞書で調べてみました。 「恋愛においては、考えが浅い様子 のこと。」 うーむ、複雑! 写真 : 芙蓉手五寸皿 (前のより良くしたいなぁー、という気分で作っている) [続きを読む]
  • 師走ですね。
  • 久しぶりに、スイム〜〜〜 そろそろ20年になるかなぁー 僕はクラブで習ったけれど、 その当時、中級練習生は男子ひとり。 今思うと、背筋や心肺のトレーニングが自分にあってたんだろうなぁー 目的がアスリートでなかったので、その当時からユルユルと、 素地が僕で、陶画は細君、 たまにはユックリさせて頂いております。 [続きを読む]
  • 里山暮らし
  • まあね、山ん中に住んでると、 いろんな動物とでくわす訳で、 特に珍しくもないけれど、 タヌキかなぁー、なんて考えていると、 「ムジナじゃないの、隣の、、」と、細君。 「隣」とは、お隣の廃屋、 その床下が彼らの棲家なのですが、、、 困るんです、いろんな病原菌の元凶でもあり、これでも結構凶暴‼ 撮影 : うちの窓から [続きを読む]
  • 我が家のお客様
  • 「仕事場を拝見したいのですが」というメールがあり、快諾したのが確か6月頃だったか。 「こんな山の中ですが」と、写真を添付したところ、、、 「あら、山羊^_^」 という返事があった。 「いえ、違うんです!」とも言えず、今日に至っているが、 勿論、これは山羊なんぞではありません。 天然記念物のカモシカ。 いつも、うちの玄関にウンチをするトンデモナイ奴なんです。 今月もお客様がある予定ですが、 くれぐれも、山の [続きを読む]
  • 青福
  • うちには「赤い面」と「青い面」がある。 元は「お多福面」だったので、これを「赤福」「青福」と呼んでいる。 「赤福」は寝室に、「青福」は玄関に。 ところで、この「青福」は、あの小泉八雲の「耳なし芳一」からインスパイアしたもので、 「復活」という意味を込めている。 今日のブログに「赤福」も、と思ったけれど、それはまた明日🎶 [続きを読む]
  • インスタ映えする写真 ブログ映えする写真
  • インスタに写真を投稿するようになって10ヶ月になる。 写真は光の性質によって、見た目が随分変わって見える。 つまり、同一の対象でもよくなることもあれば、単なる「もの」にも。。。 僕にとってインスタは「納得」できるまで撮り続けることにしている。(やる気満々なのだ) 撮影は基本的に「自然光」なので、天気の良し悪しに左右され、 今日は、「安南手福字文汲み出し」の予定もお天道様のせいで、、、 ブログはそのときの [続きを読む]
  • 書を習う
  • 納品に箱を用意して一筆、 下手やけど、、 一応、一年ほど習ったかなぁ〜 余りのめり込むと、その人の癖や性格から逃れなくなるのは、陶芸も同じ。 一年習うと三年。 十年修行すると三十年、 そんな話を聞いたことがあるけれど、さて。。。 個人差もあるだろうな〜、と。 [続きを読む]
  • 冬を待つ
  • いよいよ、寒くなってきた。 車のタイヤも変えたし、 革ジャンの手入れも済んだ。 薪も10トンほど備蓄した。 後は、、、、 十二分の「ご注文」を待つだけ。。。 あ、いえ、、、「冬」を待つだけ。。。トホ、 [続きを読む]
  • 寒くなってきた
  • 柿の色があまりに綺麗だったので、 Ipadで撮ったけれど、屋外との温度差があると結露することがある。 パッと撮って、 「冬一番」はまだだけど、薪ストーブはフル回転です。 そろそろ、スノータイヤの時期が来たようです。 [続きを読む]
  • 「カメラ女子」と「カメラ男子」
  • 「インスタ映えする写真」というのがある。 あちこちで、スマホや写真機を持った「カメラ女子」を見かける。 それがまた友達同士で撮り合いっこしたりして楽しそう。 そんな訳でオイラも「カメラ男子」をやってみるが、 これも一応「仕事」となれば。。。 写真: 万暦五彩写魚藻文五寸皿 オイラのインスタはこちら? https://www.instagram.com/fujisawa_shigeo [続きを読む]
  • 限りなく。。。
  • 今週には、この北陸にも雪が降る、らしい。 先日、お隣のKさんが蔵を壊すということで、分けていただいたサッシに障子紙を貼る。 ちょっとした和風の寝室が完成。 冬に備える。 布団は昭和初期の古裂をカバーにしたものを大阪のお茶人さんから頂いたもの。 そう言えば、、、その外のガラスのサッシも世話になってる大工から貰ったものだし、僕の暮らしは貰い物で成り立ってる。 古いものを大切ににする、「勿体ない」の姿勢があ [続きを読む]
  • サクラ咲く
  • 毎年、この時期になると庭の桜が咲く。 写真は満開のように撮られているが、それは秋の陽光のイタズラ、 そうして、来春の桜の季節まで咲き続ける。 雪が降っても雨にうたれても、、、 [続きを読む]
  • 救いようのない話
  • 歯科に通うようになって、毎日歯を磨くようになった。 当時の歯科のキャッシュをみてみると、なんと昨年の11月25日からだと分かる。 歯が綺麗になると、これも全身のバランスを考えるようになる。 まず、汚れていた靴にミンクオイルを塗りブラッシング。 まぁ、、かつては履きっぱなしだった靴が何時になく美しい。 今までよろしくなかったところが綺麗になると、 そうそう、あの安部公房の「無関係の死」のように、あちらもこち [続きを読む]
  • 職人の仕事
  • この加賀市に、部品がなければ自作もする、という機械屋がある。 頂いたチェーンソーはそれぞれ20年以上まえに生産が終了している。 その上、フリーズしたままだった。 これが息を吹き返し我が家に戻ってきた。 手前 30cm のバー パワーは無いけれど軽量、燃費が良い中 35cm のバー この村の人の使っていた30年ほどの前の機種 奇跡的に復帰後ろ 40cm のバー 林業関係者が若い頃使っていたもの10年間使ってなかったらしい。 [続きを読む]
  • 秋の風景
  • 電話が鳴る、 ときとして、旧知の友であったり、 ある種の勧誘であったり、、 普通はそれ程慌てはしないが、 今日は違った。 僕はiPadを使っている。 アップルは先日OSをバージョンアップした。 実はこのアップグレードには手続きがあって、 外国からパスコードの確認が来る、日本語だけど、、、 これを聞きそびれて、このモバイルが翌日まで固まったことがあった。 今日も何があるか分からない不安を抱えながらのアップグレード [続きを読む]
  • 魯山人の器
  • 「北大路魯山人の書は表現の幅が非常に広い」と言われる。 先日取引先から届けられた魯山人の酒器に記された文字を見ながら、、、 「おいらも勉強していればなぁ〜」と、 「良いものができれば、、」と言うご依頼だったので、トライしてみようと、 まず、データを集めることから、これを3Dプリンターにかけてみようと近在の金型屋さんに出向く。 「20年は早すぎます」 まぁ、3Dの時代はまだまだらしい。 方眼紙に図型を落と [続きを読む]