テッシー さん プロフィール

  •  
テッシーさん: 少年野球「晴耕雨読」
ハンドル名テッシー さん
ブログタイトル少年野球「晴耕雨読」
ブログURLhttps://t-tessey9694.blogspot.com/
サイト紹介文理想は「晴耕雨読」 少年野球チームのコーチ兼スコアラをやっています。 チームや個人をめぐる雑文集です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供153回 / 365日(平均2.9回/週) - 参加 2009/09/05 00:06

テッシー さんのブログ記事

  • 来季を占う赤とんぼ
  • 来年の宮前を占う新人戦なんである。とはいえこの結果が全てではない。冬場の鍛錬が来季をまた大きく変える場合もある。しかしながらやはり来年の宮前群雄割拠の勢力地図の絵図を描くのには、重要なこの戦いなんであった。日曜、第一公園では二戦目のイーグルスVSアリコ戦が繰り広げられていたんである。今年宮前のみならず川崎、神奈川を大いに席巻しまくったE。果たして来季やいかに。対するアリコ軍団。特筆はバッテリーなんで [続きを読む]
  • 成長を見る幸せ
  • 今日はブログ書かないし、それより締め切り間近のフレンズ送る会を控えて、山のようにやることいっぱいだし、写真立て、成績表、DVD写真、色紙用写真、と、さらにまだあるし、....。一個の写真立て制作には、7〜8種類の写真を詰め込む。それを卒部生5人分作るんである。今日はブログはそっちのけで、一ヶ月前からやっているコーチ写真収集やその他もろもろで右往左往したんであった。Ichiyaは打撃部門の写真はすでに春季あたりの写 [続きを読む]
  • 天気の神様、野球の神様
  • この時期恒例となったジュニアジャイアンツと宮前クラブとの練習試合なんである。プロ野球球団にはそれぞれ下部組織として育成組織のアカデミー小学生チームがある。巨人の場合のそれがジュニアジャイアンツ。年末に福岡か札幌で日本一を決める大会があるのだ。大会のチームに入るには各球団とも厳しいセレクションがある。もう何年も前から宮前連合と交流があり、練習試合を組んでいるのだった。宮前率いるはもちろん名将Ogasawar [続きを読む]
  • 有終の美
  • 今「ぐでたま」のようにぐでんぐでんなんである。祝勝会の飲み会から帰宅。どーしても欲しかった今年の冠大会の優勝を成し遂げた。高津ドジャース杯の決勝、3年ぶりにやっと優勝旗を奪還。6年生最後の大会ということも相まって、感きわまるフレンズ父母たち。本日の朗報は他にもあった。モンスターズが若獅子杯での優勝の報に接するに、スケールや土俵は違えども、宮前ベスト4の意地にかけてでも、今日はFも冠を掲げたかったんであ [続きを読む]
  • 苦悩のアングル
  • 筆者は写真やカメラは全くのアマチュアである。しかし写真は絵画やデザインに通底する「創造」的なところがあって大好きだ。思えば小学生の頃、町内会のキャンプへ行った時、友だちから借りたカメラで白黒の写真を撮ったり、中学の時はオヤジのカメラを持って屋根に上がり、沈みゆく真っ赤な夕陽を撮った時などの感動が忘れられない。20代桜新町に住んでいた頃は、真夜中に天体望遠鏡を持ってタクシーで駒沢公園へ行き、夜通しでハ [続きを読む]
  • 新人戦開幕
  • 気がつけば新人戦開幕なんであった。一年経つのが実に早い。昨年の新人戦がつい昨日のことのように脳裏に蘇るわけで。あの時も「来年は果たしてどうなることやら」と疑心暗鬼、戦々恐々、暗中模索、の思いであった。さて例によって入場行進である。一気に。百戦錬磨の6年生がいなくなり、実にフレッシュな面々が続々と。粛々と行進を撮っていると、マーキュリーズの番で最後尾にふと光る可愛らしい宝石を見つけた。スペシャルでも [続きを読む]
  • それぞれの道
  • 日曜午後は西有馬ドームで宮崎台バーズと練習試合。どのチームも新チームはすでに始動しているのだった。今週末から新人戦がスタートする。例によってピンボケが多い中、まずまずの写真にて掲載。バーズベンチには監督Yoshikawaさんや部長Kawataさん。F軍団、頼もしいとーちゃんず。F軍団、見目麗しいかーちゃんず。F先発は小さいながらグンと球速が上がってきたKenzoh。フレンズ三兄弟の一番下ながら、一番先にフレンズ入部した大 [続きを読む]
  • 振り向けば涙
  • 本日日曜は午前はQueensシスタージャビット、午後は西有馬にてバーズVSフレンズの新チームでの練習試合なんであった。午後の試合はまた後日...。土曜に続き第四公園への出撃となった。途中市長杯に出場している連合宮前クラブの敗退の報が入ったのだった。Queensに対するは中原ルーキーズ。Qに負けない美人さん揃いの、しかも長距離砲打線が売りの強豪なんである。先発マウンドはKuu。初回表中原Rに2点先制されるも、その裏Qは相手 [続きを読む]
  • 第四のバニシングポイント
  • 久々のスコアラーでベンチ入り、今日は第四公園で宮前公式戦ではないものの、ローカル大会の北部大会B、VSリトルグリーンズ戦である。例によってスコアラーゆえ写真はないけれど、人目を忍んで数枚撮ったのでそれだけアップ。先発マウンドはKaito。電池...じゃない、バッテリーを組むのはいよいよ6年生を間近に控え、連合を経て益々貫禄を増してきた感のあるAki。試合はF、初回から先制点を取り毎回得点で終始優位に進める展開とな [続きを読む]
  • 真っ赤な木の実
  • 日曜は「剣山ひまわり」というチームとの練習試合であった。剣山なので自宅から第四公園よりも倍以上遠いけれど、バイクで行くのであった。昨年あたりから第四公園あたりまでの距離だと、マフラーから白煙をあげるようになったんである。マフラーの中に燃えカスが溜まって、煙を出すわけで。マフラー交換に数万使うよりはと、年頭に買い替えを計画してHONDAのダンクを購入思案。ところが日々の忙しさでつい怠慢、今年ももうすぐ11 [続きを読む]
  • 宇宙へ逝く
  • 土曜午前はQueensと花フラの練習試合であった。午後は仕事で帰宅したものの、実際仕事を始めたのは夕刻間近で、己の体たらくには呆れてしまうんである。Q練習試合、写真はあまり撮るつもりはなかったのだが...。カメラを持ってグランドを睥睨(へいげい)していると、ライト外野である団体が輪を作って集まっていたのだった。※この光景を良心に照らしてブログに書いて良いものかどうか逡巡したのだけれど、ある理由が芽生えて書くこ [続きを読む]
  • いつまでも、これからも
  • 先々週土曜夜は久々のフレンズ飲み会...という名の、実は代表Yanagisawaさんと顧問Kanedaさんのお誕生会なんであった。母たちは二人には「ただの飲み会」なんて言っておきながらの、実はサプライズのハッピーバースデイなんである。Yanagisawaさんはほぼフレンズ創立当初からの、Kanedaさんは約20年前からの、フレンズの生き字引、レジェンドなんである。二人のチームへの貢献度はチョモランマよりも高く、チームへの愛は太平洋よ [続きを読む]
  • 申告敬遠
  • 土曜の午後は仕事して夜はフレンズの代表Yanagisawaさんと顧問Kanedaさんの「お誕生会」なんであった。そのへんの話はまた次回のココロとしたい。今回ブログは日曜午前の第一公園で行われた川崎秋季ジュニアシスターの一戦なんである。ブログ書くつもりは全くなく「ぶらり沿線の旅」的に行ったのでほとんど写真はない。筆者は昼から新宿へ行く私用があり、その前に第一へ寄って女子の試合を少し観戦しようと思ったんである。たまた [続きを読む]
  • メダルの行方は?シスタージャビット
  • シスタージャビット二回戦は先週土曜、宮前の甲子園第一公園球場にて、高津ドリームスを迎えての試合であった。来年お別れ会DVDのためもあり、試合前後でも姫やコーチたちをシャカシャカ写真を撮ることにした。そんな可愛い姫たちのショット。男子チームにはない、まるで仲良し姉妹のような関係性なんである。これはQueensの伝統であり、世界遺産的無形文化財と言えよう。試合開始。初回高津Dに早速1失点を喫する。ここから文章は [続きを読む]
  • 世界中で一番キミが好き
  • この少年野球「晴耕雨読」BLOGの右端カテゴリーに「日々雑感」というものがある。日本最古のブロガー清少納言「枕草子」的、吉田兼好「徒然草」的、日々感じたクダラナイどーでもいいことを、さも高尚な感性を擁しているかのごとく読者の目を欺きつつ、まるでレベルの低い下手な詐欺師のように、少年野球抜きで、たまーに書く雑記なんである。今日はそれなんである。昨日10月10日、午前中仕事をしている最中だった。筆者は日中はJ- [続きを読む]
  • 終盤の逆転劇
  • 川崎秋季、連合の部二回戦第二戦目は第一球場にて中原FVS高津K戦。三試合目が我らが宮前クラブVS幸イースト戦である。監督は百戦錬磨の大ベテランOgasawaraさん。終盤の大逆転劇をこれまで幾度も演じて来た名将である。29番Satohさん、28番Tsukamotoさん、スコアラーはNishidaさんである。先攻は宮前C。先頭Miyoshiくんがいきなりのツーベースで出塁すれば、この日絶好調となった4番Tamuraくんのタイムリーで三塁からShohが帰還し [続きを読む]
  • 経験したことがないような...
  • 今日8日祝日は川崎秋季大会、宮前クラブの第二戦であった。夕刻第一公園から帰宅し、今日中にブログアップするかと意気込みMacを起動し、メールを開けばクライアントからゴッソリと急な仕事が入っていたんであった。明日午前中まで図面修正。マーゴが遊びに来ておりキャンキャンうるさい中、仕事に没入せざるを得なかったんである。クライアントに図面をメールで送ったのが22:00。それから今日の写真を取捨選択するも、気がつけば6 [続きを読む]
  • 淘汰、明暗、悲喜こもごも
  • 昨日の宮前スマイリーズ(Queens)に続き怒涛のブログ連載なんである。がしかし今日は第一公園球場での連合2チーム分のボリュームゆえ、写真掲載中心にて。例によって大迫ハンパねえ数の写真掲載となる。第一試合は幸区VS麻生区。8:1で幸区。左腕対決であった。第二試合は宮前ヤンキースVS多摩川クラブ。多摩川の監督Murataさんは、フレンズOBコーチInoueさんと職場が一緒の同僚とのこと。今大会多摩川クラブは優勝候補の一角を担う [続きを読む]
  • 華が散る秋
  • 川崎秋季大会がいよいよ開幕なんであった。開会式は全チームが集合し御幸野球場。ここは筆者の記憶に間違いなければ、3年前のフレンズの主砲Yuiがランニングホームランを打ったはずだ。少年野球では外野を抜けると思わぬ長打となりヤバイけど、照明灯完備の立派な球場である。筆者は前会長Sohmaさんの車に同乗しQueensの試合に行ったのだった。この日は女子の試合のみである。対戦は玉置宏似のベテランKatsukawa監督率いる麻生シス [続きを読む]
  • いざ、戦地へ
  • いよいよ川崎秋季大会まで一週間を切った先日、第一公園球場にてQueens(宮前スマイリーズ)と連合チームのひとつ「宮前スターズ」の合同練習があった。連合スターズは歴戦の大ベテラン監督Abeさん。審判服に着替えれば、別名連合艦隊司令長官なんである。スターズは29Tanakaさん、28Endohさん。さてクラブ、ヤンキース以外のもう一つの連合チームに「宮前アベンジャーズ」がある。こちらは手元資料によると監督Nakahamaさん、29Ohts [続きを読む]
  • 望郷を胸に「心の旅」
  • ※最初にお断り。今回ブログは特殊である。少年野球「晴耕雨読」のいつもの読者なら途中で飽きて投げ出すこと必至。少年野球の話は1ミリも出てこない。椎名誠の「パタゴニア」みたいに、極私的私小説風か。同窓会ブログという枠を越えて、大げさに言えば筆者の紀行文エッセーみたいな、あるいは「心の旅」的な長文です。普段のブログの3,4回分は書いている。それでも良ければ心されたしなんである。....以前から何度か書いたように [続きを読む]
  • Q(美人)決起会
  • そーなんである。先週土曜はあちこちで連合チームなどの決起会が催されたのだった。Queensも例外ではない。おなじみ鷺沼JAでの開催なんである。因みにQ姫たちは今回は昔の真っ赤なユニフォーム。川崎秋季シスター大会ではチーム名はQueensではなく「宮前スマイリーズ」と変貌を遂げて、ユニフォームもあの真紅の勝負服に変身するんである。忙しい合間を縫って会長Matsuiさんにも来ていただいた。パンカ〜イ!なんである。これが全世 [続きを読む]
  • ぎゅんぎゅんギュルギュル
  • 本来予定的には、今日火曜は仕事の打合でブログは書くつもりはなかったんであるが、明日に繰り越したので急遽少年野球ブログになったんである。先週土曜はAMQueensVSリトルグリーンズの、午後はフレンズVSヤングホークスの練習試合であった。今回こそコメント少なめにて。写真は安打を放ったQ姫たちを中心に。試合は序盤にQが無安打ながら5点先制す。LGは四球が多かった。弔問外交とかロビー活動とか言う言葉があるけれど、宮前の [続きを読む]
  • 一気の新幹線
  • 日曜から一泊どまりで山形へ行ってきた。中学のカンレキ記念同窓会だった。ジーサンズとバーサンズの一大イベントだった。これについてはいずれ書くつもりだけれど、その前に先週土曜の地元少年少女野球ネタも満載で、まずはそれから書かねばなんである。しかしながら今日は帰ってきたばかりで少々お疲れ気味、少年野球ブログはまた先送りとしたい。いやはや、久しぶりの帰郷、同窓会は楽しかった。帰りの新幹線でツマミにと購入し [続きを読む]
  • 上出来な人生
  • ※今日の朝日新聞「天声人語」から抜粋。(2018.09.20)「1950年代、ロマンスグレーという言葉が使われ始めたときには、ちょっとした衝撃だったらしい。白髪の中年男のイメージを変えたからだ。そのころ仏文学者の平野威馬雄さんが試みた定義は、なかなか力がこもっている▼「男性で、中年以後、こめかみに白髪を交え、そこはかとなく青春の名残りをとどめ、あくのぬけた、適当に色気をのこせる貌(かお)」この際いさぎよく、男らしく [続きを読む]