kemm158 さん プロフィール

  •  
kemm158さん: 畦夢の写真俳句
ハンドル名kemm158 さん
ブログタイトル畦夢の写真俳句
ブログURLhttps://plaza.rakuten.co.jp/kemm0408/
サイト紹介文好きな花や風景などの写真に俳句を付けてご紹介します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供446回 / 365日(平均8.6回/週) - 参加 2009/09/05 08:16

kemm158 さんのブログ記事

  • 木の根道
  • 木の根張る川辺の小径紅葉散る(きのはるかわべのこみちもみぢちる)季語;紅葉散る(冬)ご連絡作者である父が11/28に永眠いたしました。2015年6月から毎日更新してきた本ブログですが、本日をもって更新を... [続きを読む]
  • 那谷寺
  • 加賀小春観音巡る人もあり(かがこはるかんのんめぐるひともあり)季語;小春(冬)那谷寺、創建は最長によるとされているが寺の名前は花山法皇の名によると伝えられている。すなわち西国三十三... [続きを読む]
  • 北前船の里
  • 大阪のおばちやん四たり冬座敷(おおさかのおばちやんよたりふゆざしき)季語;冬座敷(冬)加賀市橋立町にある北前船の里資料館。建物は北前船主酒谷長兵衛により明治9年に建てられたもの。よろしかっ... [続きを読む]
  • 冬青空
  • 息白く大息吐いて鬱気消す(いきしろくおおいきはいてうつきけす)季語;息白し(冬)百日紅の木らしいがこの瘤は何を意味するものやら・・よろしかったら をお願いします。にほんブログ村 [続きを読む]
  • この葉の雨
  • 飄飄と木の葉雨降る谿下る(ひようひようとこのはあめふるたにくだる)季語;木の葉の雨(冬)写真は鶴仙渓の遊歩道。蟋蟀橋から黒谷橋まで1.3kmの遊歩道が整備されている。よろしかったら を... [続きを読む]
  • 翁塚
  • 石山に風の行き交ふ冬日かな(いしやまにかぜのゆきかふふゆびかな)季語;冬日(冬)「石山の・・」の句は有名だが、ここ那谷寺で詠まれたもの。芭蕉を偲ぶ翁塚も建立されている。よろしかったらクリッ... [続きを読む]
  • 医王寺
  • 投句箱横目に過ぎる木の葉髪(とうくばこよこめにすぎるこのはがみ)季語;木の葉髪(冬)行基創建の山中の守護時と言われるが、芭蕉八千代女の句碑があったりあちこちに投句箱があったりいわば俳句寺の... [続きを読む]
  • 冬紅葉壊さぬやうに潦(ふゆもみぢこはさぬやうににはたずみ)季語;冬紅葉(冬)よろしかったら をお願いします。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 銀杏の実
  • この頃の人畜食はず銀杏の実(このごろのじんちくくはずいちやうのみ)季語;銀杏の実(秋)銀杏(いちょう) イチョウ科 イチョウ属    花言葉 長寿よろしかったら をお願いします。にほんブ... [続きを読む]
  • こおろぎ橋
  • 元禄の街の面影初時雨(げんろくのまちのおもかげはつしぐれ)季語;初時雨(冬)「こおろぎ橋」元禄のころからかかっていた橋だが、かつての構造をほぼそのままに1990年に総檜造りで建て替えられたも... [続きを読む]
  • 烏瓜
  • 烏瓜かつて馴染の喫茶店(からすうりかつてなじみのきつさてん)季語;烏瓜(秋)烏瓜(からすうり) ウリ科 カラスウリ属    花言葉 良き便り・誠実よろしかったら をお願いします。にほんブ... [続きを読む]
  • 芭蕉堂
  • 蕉翁の足跡辿る片時雨(せうをうのそくせきたどるかたしぐれ)季語;片時雨(冬)芭蕉忌のことを『時雨忌』とも言うのでしたが・・。奥の細道の途中でここを散策したとかで建てられたお堂と言うことです... [続きを読む]
  • からたちの実
  • 熟るるとも朽ち行くのみか枳殻の実(うるるともくちゆくのみかきこくのみ)季語;枳殻の実(秋)枳殻(からたち) ミカン科 ミカン属    花言葉 思い出芳香はあるが食べられず薬用に使われるとか。よ... [続きを読む]
  • 風船蔓
  • 心さながら風船蔓揺らぐがに(こころさながらふうせんかずらゆらぐがに)季語;風船蔓(秋)風船蔓(ふうせんかずら) ムクロジ科 フウセンカズラ属    花言葉 御身と飛行しよう*植物は正しくは下記... [続きを読む]
  • 濠紅葉
  • 惜しむがに濠を染めたる冬紅葉(をしむがにほりをそめたるゆもみぢ)季語;冬紅葉(冬)よろしかったら をお願いします。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 木瓜の実
  • 木瓜の実やせめて偏固を生き甲斐に(ぼけのみやせめてへんこをいきがひに)季語;木瓜の実(秋)木瓜(ぼけ) バラ科 ボケ属    花言葉 熱情・平凡・早熟季節外れの花は「帰り花」か「寒木瓜」か・... [続きを読む]
  • 黄とんぼ
  • 日に燦と翅きらめかす黄のあきつ(ひにさんとはねきらめかすきのあきつ)季語;あきつ(秋)写真は「黄蜻蛉(キトンボ)」か・・よろしかったら をお願いします。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 裸婦
  • 裸婦の立つ池畔はらはら落葉風(らふのたつちはんはらはらおちばかぜ)季語;落葉(冬)よろしかったら をお願いします。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 浜菊
  • 浜菊や空は鈍色日本海(はまぎくやそらはにびいろにほんかい)季語;浜菊(秋)浜菊(はまぎく) キク科 キク属    花言葉 逆境に立ち向かう本来は青森から茨城県にかけて太平洋岸の断崖や砂浜に... [続きを読む]
  • 八手の花
  • 濠縁を巡る細道花八手(ほりべりをめぐるほそみちはなやつでき)季語;花八手(冬)八手(やつで) ウコギ科 ヤツデ属    花言葉 分別よろしかったら をお願いします。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 梔子の実
  • 梔子の実や沈黙は金ならず(くちなしのみやちんもくはきんならず)季語;梔子の実(秋)梔子(くちなし) アカネ科 クチナシ属    花言葉 私は幸福ですこの実は熟しても開裂しないので「口無し」の名... [続きを読む]