鶴見陶苑 さん プロフィール

  •  
鶴見陶苑さん: 趣味の盆栽・盆栽鉢-「鶴見陶苑」
ハンドル名鶴見陶苑 さん
ブログタイトル趣味の盆栽・盆栽鉢-「鶴見陶苑」
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/d_and_p_ay2001
サイト紹介文趣味の盆栽の手入れ・管理をご紹介します。入手した盆栽鉢もご紹介!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供432回 / 365日(平均8.3回/週) - 参加 2009/09/05 20:57

鶴見陶苑 さんのブログ記事

  • 太幹「夏グミ」絞り込み
  • ・・お早うございます。 「鶴見陶苑」です。いつも当ブログにご来訪頂き、ありがとうございます。昨年末に “葉刈り”・“整枝” した時、“整枝” が拙いな〜と思いながら放ったらかしにしていましたが、見る度に拙さが目に付くので “インシロック” で “絞り込み” を掛け再度 “整枝” しました。多少バランスが取れたと思います。 右一の枝は不要ですね。 何れ飛ばします。■昨日から “大物黒松” の “整枝” をしていま [続きを読む]
  • 「欅・三幹」“芽摘み”
  • ・・お早うございます。 「鶴見陶苑」です。いつも当ブログにご来訪頂き、ありがとうございます。“寒樹” になっても放ったらかしていた “欅・三幹” を手入れしました。この樹、現在再生中の “ブツ切り欅” の上部を “取り木” したものです。 ・2018/12/24 https://blogs.yahoo.co.jp/d_and_p_ay2001/29753726.html親木は再生中ですが、この樹は単に “模様木” として成すが儘に育てています。ボウボウになっていた小枝を [続きを読む]
  • 「八房 杜松」芽摘み
  • ・・お早うございます。 「鶴見陶苑」です。いつも当ブログにご来訪頂き、ありがとうございます。“八房杜松” が芽を伸ばし形が崩れています。“芽摘み” して “姿出し” しておきました。5月にセオリー通り “植替え” します。↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓【にほんブログ村】 に参加中です! この文字を 「ポチっ」 と押して下さいね !↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑ [続きを読む]
  • 「山毛欅」“葉刈り”
  • ・・お早うございます。 「鶴見陶苑」です。いつも当ブログにご来訪頂き、ありがとうございます。“譲り葉” を付けたまま年を越した “富士山毛欅” です。“双幹” でしたが、“親木” の枯れが段々と進行したので昨年冬 “分割” しました。・2018/02/25 https://blogs.yahoo.co.jp/d_and_p_ay2001/29261723.html独立した “子幹” を育てています。このまま “譲り葉” を付けておいても良いんですが、枝 “剪定” の選別がし [続きを読む]
  • 「黒松」幹を絞り込み
  • ・・お早うございます。 「鶴見陶苑」です。いつも当ブログにご来訪頂き、ありがとうございます。突っ立った幹から下垂する枝棚、この幹模様が気に入らないので変えてみようと思いますが、幹に模様を入れるのは先ず不可能!そこで下垂枝棚を幹に引き寄せてみることにしました。針金を掛けて曲げ込むのも一苦労しますから “しゃこ万力” (C型クランプ) で絞り込み後 “インシロック” を掛け固定しました。写真では余り変化が無い [続きを読む]
  • 「蔓梅」“取り木” どんな樹形が
  • ・・お早うございます。 「鶴見陶苑」です。いつも当ブログにご来訪頂き、ありがとうございます。入手時は “根上がり” の良い樹形でしたが、ドンドン間延びしてしまい枝元に芽吹きが無いため不細工な樹形になってしまいました。今春 “取り木” して小さく作り直そうと考えています。<案-1>は、直胴部だけの “ミニサイズ”<案-2>は、曲を残し傾斜させたスタイル皆さんはどちらを推奨されますか?この樹形以外にも有ればお聞 [続きを読む]
  • 太幹「寒グミ」“輪郭出し”
  • ・・お早うございます。 「鶴見陶苑」です。いつも当ブログにご来訪頂き、ありがとうございます。太幹 “貴風サイズ” の “寒グミ” です。 冬でも枝先を伸ばしています。葉っぱも所々大きく成っていますね〜“芽摘み” と葉型に “葉切り” して “輪郭出し” しておきました。秋にくっ付いていた実数個がいつの間にか無くなっていました。作業後、今年初の “石灰硫黄合剤” 15倍液を散布しておきました。↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓ [続きを読む]
  • 「黒松・改作」たくみさんの(案)に
  • ・・お早うございます。 「鶴見陶苑」です。いつも当ブログにご来訪頂き、ありがとうございます。“黒松・改作” には皆様から色んなコメ・アドバイスを頂きありがとうございました。“たくみさん” の 「幹を寝かせず 1の枝か.2の枝どちらかだけを選択し」 を選択し「吉と出るか凶と出るか」 どうなるか分かりませんが、実行しました。常々 “太幹” の幹作りをしていますが、今回は太過ぎては転用が効かない例でした。今後工夫 [続きを読む]
  • 「黒松・改作案」こんなのは?
  • ・・お早うございます。 「鶴見陶苑」です。いつも当ブログにご来訪頂き、ありがとうございます。“太幹” の小品 “黒松” です。一見将来性のある樹に見えますが、二の枝から上は使えそうにありません。私の技術ではとても完成させることが出来ません。“安直な考え” ですが、写真 (イラスト) の様な “懸崖樹形” はどうかな・・・と“一の枝” だけを残して他は全て切断してみました。 どうでしょうか?↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓ [続きを読む]
  • 「紫式部」結局 “花も実” も無し
  • ・・お早うございます。 「鶴見陶苑」です。いつも当ブログにご来訪頂き、ありがとうございます。ここ暫く “花も実” も付けないので、昨年は伸びっ放しにしておきましたが・・・結局 “花も実” を見ることが出来ませんでした。その残骸とも言うべき樹姿ですが、ズバっと “剪定” しました。多分今年もダメでしょうね・・・↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓【にほんブログ村】 に [続きを読む]
  • 「ミニ黒松」芯の “絞り込み”
  • ・・お早うございます。 「鶴見陶苑」です。いつも当ブログにご来訪頂き、ありがとうございます。先日 “切り戻し剪定” をした “ミニ黒松”・2019/01/07 https://blogs.yahoo.co.jp/d_and_p_ay2001/29773015.html枝4本の “整枝” と併せて丈を抑える為、幹の “絞り込み” を行いました。寸法的には変化ないですが、新芽が吹き出すとその効果が出てくると思います。↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓ [続きを読む]
  • 「寒グミ・素材」ズバっと “剪定”
  • ・・お早うございます。 「鶴見陶苑」です。いつも当ブログにご来訪頂き、ありがとうございます。棚で眠る “寒グミ・素材”、先日ご紹介しました “蟠幹・寒グミ” と兄弟なんですが・2019/01/06 https://blogs.yahoo.co.jp/d_and_p_ay2001/29771725.html放ったらかしているとこんな状態です・・・ズバっと “剪定” し、“インシロック” で絞り上げておきました。2匹目の “泥鰌” (ドジョウ) となりますか ?!↓↓↓↓↓↓↓ [続きを読む]
  • 「ミニ黒松」“切り戻し剪定”-2
  • ・・お早うございます。 「鶴見陶苑」です。いつも当ブログにご来訪頂き、ありがとうございます。昨年10/26に “葉透かし” をしていますが、やはり間延びした枝葉になっていますので、昨日の樹に引き続き “切り戻し剪定” をして樹を引き締めました。さてこの樹、2009年 “実生” ですがこの樹姿になるまで9年掛かっています。当初は “ペットボトル植え” して太らせました。・2014/10/27 https://blogs.yahoo.co.jp/d_and_p_ay [続きを読む]
  • 「ミニ黒松」“切り戻し剪定”
  • ・・お早うございます。 「鶴見陶苑」です。いつも当ブログにご来訪頂き、ありがとうございます。この樹昨年10/25に “葉透かし” をしましたが、枝が伸び過ぎていてこのままだと樹の輪郭が大きく成り過ぎるので、“切り戻し剪定” をしました。枝元に近い芽まで切り戻す訳です。半分ぐらいの枝を切り戻しましたがあまり変わり映えしませんね。後は “胴吹き” を期待して “肥培” することにしましょう。↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓ [続きを読む]
  • 「寒グミ」冬の手入れ-2
  • ・・お早うございます。 「鶴見陶苑」です。いつも当ブログにご来訪頂き、ありがとうございます。この樹も “小葉性” の “寒グミ” です。 花は咲きますが、実が付き難い種です。“蟠幹の模様木” を作っています。例によって “葉刈り” と “剪定” をしておきました。↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓【にほんブログ村】 に参加中です! この文字を 「ポチっ」 と押して下さい [続きを読む]
  • 「楓・五幹」“剪定”
  • ・・お早うございます。 「鶴見陶苑」です。いつも当ブログにご来訪頂き、ありがとうございます。5本の苗木を癒着させて “五幹” を作りましたが、1本が枯れたため “廻し接ぎ” して“五幹” の樹作り・再生中です。 ・2014/02/26 https://blogs.yahoo.co.jp/d_and_p_ay2001/25910303.html“根張り” が悪かったので “根接ぎ” して “根張り” も矯正中です。 ・2017/03/02 https://blogs.yahoo.co.jp/d_and_p_ay2001/285860 [続きを読む]
  • 「寒グミ」冬の手入れ-1
  • ・・お早うございます。 「鶴見陶苑」です。いつも当ブログにご来訪頂き、ありがとうございます。もう正月も4日です。 早いですね〜“小葉性” の “寒グミ”です。 花は咲くのですが、実が付き難い種です。去年実を付けませんでしたので、“冬の手入れ” をします。“冬の手入れ” とは “葉刈り”・“剪定”・“整枝” 等の手入れです。この樹は花後 “実生り” を考えて “芽摘み” していませんでしたので芽が伸びっ放しです [続きを読む]
  • 第38回 日本盆栽大観展・受賞樹
  • ・・お早うございます。 「鶴見陶苑」です。いつも当ブログにご来訪頂き、ありがとうございます。今日は “日本盆栽協会 月刊誌「盆栽春秋」 2019年 1月号” に掲載されている昨年11月、京都市勧業館で開催された “第38回 日本盆栽大観展” 受賞樹をアップいたします。私は、松柏類の凄さもさる事ながら “京都市長賞” の盤根の “やまもみじ” に圧倒されました。これまでにするには作者は何回も “根接ぎ” を繰り返したこと [続きを読む]
  • “盆栽春秋” 2019年1月号表紙
  • ・・お早うございます。 「鶴見陶苑」です。いつも当ブログにご来訪頂き、ありがとうございます。年末の寒波の影響が多少残ってはいますが、穏やかな正月を迎えました。皆様には良いお正月をお迎えでしょうか。今日は “日本盆栽協会 月刊誌「盆栽春秋」 2019年 1月号” の “表紙写真” をアップいたします。“大品” の “黒松” です。樹形はやや古風な作りですが、幹肌の爆ぜは抜群! 年輪を感じますね〜素晴らしい作品です [続きを読む]
  • 2019年・新年のご挨拶
  • ・・新年明けましておめでとうございます。 「鶴見陶苑」です。旧年中は当ブログにご来訪頂き、ありがとうございました。皆様ご家族揃って良いお正月をお迎えでしょうか!2018年は清水寺の世相漢字が “災” となるほど “自然災害” の多い年でした。また “平成” が読みとは裏腹に重大な “事件” や “災害” が起こった “年号” でもありました。今年 “天皇” が代替わりをされ “年号” が変更されますが、何と言う “年号 [続きを読む]
  • 「紅梅」の “剪定”。 良いお年を!
  • ・・お早うございます。 「鶴見陶苑」です。いつも当ブログにご来訪頂き、ありがとうございます。“紅梅” が1月下旬の “開花” に向けて蕾を膨らませています。今年 “胴吹き” し “徒長” した枝が所構わず伸びています。見苦しいので、“花芽” の無い “徒長枝” を “剪定” しておきました。年明けの “開花” が楽しみです。■ さて “大晦日” 今年一年、皆様にご訪問と有難いコメント・アドバイスを頂きましたこと心よ [続きを読む]
  • これ「銀杏・編み幹」なんです
  • ・・お早うございます。 「鶴見陶苑」です。いつも当ブログにご来訪頂き、ありがとうございます。風が強くて “体感温度” が氷点下!寒すぎて本格的な盆栽の手入れが出来ません。 なので簡単に・・・■ “銀杏” 5本の “編み幹” です。内1本 (矢印) は “芽” も無く枯れていると思っているんですが・・・“編み幹” をバラすと2度と組めないので、「枯れた」 幹だけを切断すると生きているんです。 “銀杏”は “癒着” する [続きを読む]
  • 寒いので簡単に「日本レンギョウ」手入れ
  • ・・お早うございます。 「鶴見陶苑」です。いつも当ブログにご来訪頂き、ありがとうございます。寒波来襲! メッチャ寒いですね〜。 日本海側は大雪になっていますね。“一誠さん” 家も雪に覆われているのではないですか?風が強いので “体感温度” は氷点下の様な感じ (因みに大阪の最低気温1.9℃) 寒いので外で盆栽の手入れが出来ません。 極簡単なものをチョコチョコっと・・・■さて公園等に植え込まれているのは “朝鮮 [続きを読む]
  • 根上がり「懸崖もみじ」の寒樹
  • ・・お早うございます。 「鶴見陶苑」です。いつも当ブログにご来訪頂き、ありがとうございます。“もみじ” の “懸崖”、珍しいでしょう!余り無い樹形なので敢えて作っています。 入手時は “斜幹” 樹形でした。無理やり “懸崖” にしたので他立ち上りがゴツゴツとして歪です。おまけに “根上がり” にしたので余計に歪さが目立ってしまいました。“コブ” は来春の “植替え” 時に削って滑らかにしたいと思っています。今 [続きを読む]
  • 「文人黒松」を “整枝” しました
  • ・・お早うございます。 「鶴見陶苑」です。いつも当ブログにご来訪頂き、ありがとうございます。先日 『“黒松葉透かし”-33、最後の一鉢』 としてご紹介しました “文人黒松” です。 ・2018/12/23 https://blogs.yahoo.co.jp/d_and_p_ay2001/29752458.html各枝先がピンと跳ね上がっていましたので、針金を掛け “整枝” しました。併せて無駄な小枝を “剪定” し、2ヵ所 “インシロック” で絞りを入れました。手入れ前後を [続きを読む]