ナンチャッテセンセイ さん プロフィール

  •  
ナンチャッテセンセイさん: 当世中学校事情
ハンドル名ナンチャッテセンセイ さん
ブログタイトル当世中学校事情
ブログURLhttp://d.hatena.ne.jp/Nanchatteacher/
サイト紹介文中学校の非常勤講師が見た、イマドキの中学生の生態を詳しくリポート。家庭の主婦としての暮らしの知恵満載
自由文主婦・母・中学校講師・作家(自称)・料理研究家(これも自称)の日々を綴ったブログです。職員室の片隅から、鋭い洞察力で学校の日々を観察しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供12回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2009/09/06 23:47

ナンチャッテセンセイ さんのブログ記事

  • [動物]重大疾患か?
  • 先週土曜の夕方、いつものようにテルちゃんを抱きながらソファーで寛いでおりました。 そのとき、テルちゃんの肛門に出血跡らしいものを発見してしまいした。びっくりして尻尾をつかんで注意深く肛門を観察すると、じわーーーーっと茶色っぽい液体が、肛門からにじみ出ているではありませんか。 こっ、これは、内臓からの出血か? びぇーーーーー、しかも、よりによって土曜の夕方? すぐにスマホで土曜の夕方でも開いている犬猫 [続きを読む]
  • [家庭ネタ]じじばば連れの旅行
  • ナンチャッテの母は、今年77歳。 親孝行な妹とナンチャッテは、ばばの喜寿の祝いに、一泊旅行に招待することにしました。 目的地は金沢の山代温泉。 二年前の春に、じじばばを連れて息子Bの入学式にでました。 その時、つくづく実感したのは、オーバー80歳のじじと、75歳のばばを一人で連れて電車を使って旅行に行くのは、ホントーーーーーに大変だったということです。 トイレが近い。荷物が多い。歩くのが遅い。すぐに座りた [続きを読む]
  • [動物]人間も猫も新しいおもちゃが好き
  • うちのテルちゃんは、運動不足のせいか、少々太り気味。 運動不足解消のために、週末にはナンチャッテと追いかけっこして家中を走り回っています。 テルちゃんがお気に入りのおもちゃをちらつかせながら、階段を上がったり下がったり、廊下を出たり入ったり。 お気に入りのおもちゃは、三センチくらいのネズミを模したものです。 外側の毛はウサギの毛が使ってあり、尻尾はおそらく豚の革を細く切ったものだと思います。 おもち [続きを読む]
  • [ナンチャッテ屋ネタ]今やれることは、やってみました
  • 三月から店に飾っていた桜の花も、時期的にそろそろ変えた方が良いのでは・・・ということで、今日は桜から一気にバラの花へと模様替えをしました。 店のウインドーの花は、ピンクを主調にしたチューリップとガーベラから、ブルー、パープルを基調に、若干のニュアンスカラーのアイボリー、グレージュを含むピンクの紫陽花へと変わりました。一気に初夏の装いへと衣更えしました。 毎年五月は、ナンチャッテ屋のもっとも繁盛する [続きを読む]
  • [家庭ネタ]学位授与式と部屋の大掃除
  • 息子Aが、この度無事に大学院を修了することができました。 浪人も留年もすることなく、最短で学生生活を無事に終了できたことは、親孝行だったと思います。 二年前、学部を卒業する際には、夫と参加した卒業式でしたが、今回は夫は海外赴任中のため、ナンチャッテ一人で参加することになりました。 ナンチャッテは卒業式の前日夜(午前中は仕事してました)に東京に着き、息子Aと大丸デパートの特選品コーナーで待ち合わせを [続きを読む]
  • [家庭ネタ]歴史博物館〜九龍
  • 私は旅行先の土地土地で、可能な限り足を運ぶ場所は、その土地にある「歴史民俗博物館」みたいなところです。 それぞれの土地の歴史や成り立ちについて、けっこう力を入れて展示・説明がしてありますから、そういう場所を訪れて「ハズレた」という経験はしたことがありません。 そこで、今回も私のウィッシュリストに「歴史博物館」を入れたのでした。 早茶を楽しんだ後は、タクシーで博物館へゴー。 香港の歴史博物館は、なん [続きを読む]
  • [家庭ネタ]早茶にチャレンジ
  • 昨晩はオープントップバスに乗り、ネイザンロードを散策し、タクシーを拾えずにへとへとになってホテルに戻りました。 香港人の夜遊び人口は、半端なく多いし、夜も店がずっと開いています。 とにかく、道をすれ違うのに人とぶつからずにはおられません。 若者が多くて、パワーがあるなあ、という感じ。 次の朝は、私のウィッシュリストにも載せてありましたが、早茶を楽しむというミッションにチャレンジしました。 要するに飲 [続きを読む]
  • [家庭ネタ]香港旅行
  • 香港出発の前日、東京から帰省してきた息子Aが、オープントップバスのツアーに申し込んでくれました。 オープントップバスというのは、ひょっとしたら旅番組なんかでご覧になった方もいらっしゃると思いますが、二階建てバスの屋根を取り払った観光バスで、夜の八時半から一時間のガイドさん付きツアーです。 私たちが申し込んだのは「パンダバス」という会社のもので、一人7000円くらいだったかなあ?(定かではない) 集 [続きを読む]
  • [家庭ネタ]香港旅行
  • 香港二日目の朝は、ホテルの朝食を楽しみました。 ちなみに、私たちの泊まったホテルは、『ハーバープラザ・メトロポリタン』という九龍の紅磡駅に隣接するホテルです。ホテルとモールが一体になっていて、そのモールを抜けた先に駅がありました。 香港初めてのナンチャッテは、最寄駅までの徒歩5分という近さを基準に宿をとりましたが、実際にここで泊まってみて、もう一つ手前の地下鉄駅『尖沙咀駅』に近いホテルを選ぶべきだ [続きを読む]
  • [家庭ネタ]香港旅行
  • ナンチャッテは、なるべく職場に迷惑が掛からないようにと、午前中は授業をこなし、午後発の飛行機を取ることにしました。ちなみに、日本へ帰国する便も、翌日の仕事に差し支えないように、朝一番の香港発を取るという、気配り十分な大人な対応をしました。本当のことを言えば、三泊四日を目いっぱい使いたかったのですが、そこは、ほら、社会人としての配慮ってもんですよ。 香港出発の前日の夜に、息子Aは東京から帰省して、 [続きを読む]
  • [家庭ネタ]香港旅行
  • 二月十七日(金)から二十日(月)の三泊四日、息子A(東京在住)私の二人で、香港への小旅行を楽しんできました。 この旅行は、「息子Aが今年の四月から社会人になると、簡単に家族旅行もできなくなるねー」、というナンチャッテの一言から端を発したもので、原案では「家族そろって一緒に行こう」だったのですが、それぞれの都合を合わせることが困難で、結局二人で行くことになったのでした。 最初は台湾旅行を無計画してお [続きを読む]
  • [ナンチャッテ屋ネタ]季節の演出
  • 随分ブログをお休みしてしまいました。ご無礼しております。 店の方は、細々とではありますが、続いておりましす。そして大変ありがたいことに、少しずつではありますが、認知度が高まってきて、新規のお客様が増えてきております。感謝の気持ちでいっぱいです。 さて、今年の店の取り組みとしまして、季節を二ヶ月先取りして店の設えをしていこうと考えております。 素人で小心者のナンチャッテ屋としましては、お正月に「雛人 [続きを読む]
  • [動物]ヘソ天のテルちゃん
  • ヘソ天という言葉、ご存知でしたか? 早い話が、犬や猫などの動物がヘソを上に向けて、つまり仰向けになって寝ている状態のことをさします。 おそらく野生の動物にはあり得ない体位なんじゃないでしょうか。万が一天的に襲われた時、一番無防備なお腹を曝しているわけですし、すぐに起き上がれないから逃げるにしても確実にワンテンポ遅れてしまいます。 家の中で、絶対に安全が保障されているペットは、しばしばこの体位で寝て [続きを読む]
  • [動物]けっこう執念深いテルちゃん
  • テルちゃんは、去年の夏に予防接種を受けたという記録があるので、今年もその時期に二回目の予防接種をうけることになりました。 推定二歳のテルちゃんは、動物シェルターに預けられてから、推定生後半年で予防接種と避妊手術を受けたことになります。 どこのお宅の猫ちゃんでも、押しなべて、狭いところが大好きなくせに、ネコ携帯用のバスケットに入ることには、異常なほどに警戒心を見せているようです。うちのご近所の、猫愛 [続きを読む]
  • [その他]まさかのセミ?
  • 一週間ほど前、生徒が「今朝、蝉の声を聴いた」といっていたのを聞いて、 「いくらなんでも、蝉ってことはないでしょう?」 と、一笑に付していましたが、その次の日くらいには実際に蝉の声を聴き、大いに驚きました。 六月の下旬に蝉の声とは。 例年は、梅雨明けと同時くらいに蝉の声を聴いて、 「いよいよ夏休みだね〜」 みたいな会話をしていたはず。 それが、一学期期末考査の真っ最中に蝉の声。 温暖化の影響でしょうね。 [続きを読む]
  • [動物]
  • 親ばかで恐縮ですが、テルちゃんの可愛らしさは日々進化していて、毎日少しずつ変わっていくのが大変興味深いです。 テルちゃんは、もう今となっては家じゅうのすべての引き戸・ドアをあけて自由に行き来することができています。 面白いのは、普段は居間のドアを勝手に開けて出入りしているくせに、自分が廊下にいて、ナンチャッテ(または夫)が居間にいるような場合は、絶対に自分ではドアを開けようとはしません。 ドアの前 [続きを読む]
  • [その他]一市民として、心配していること
  • 消費税引き上げの時期が先送りされたというニュースを見て、一市民として心配していることがあります。 確かに、消費税が2パーセント上がるのは負担増なんだけど、その負担よりも、消費税導入時期先送りで、講じられるはずの社会保障が削られる方のマイナスの方が大きんじゃないかということです。 で、社会保障で、まず必要なことは、若い世代を応援することなんじゃないかと常々感じています。 最近話題に上がる、「貧困」とい [続きを読む]
  • [ナンチャッテ屋ネタ]「!」な、ご報告
  • ご報告が遅れましたが、年に一度の「ナンチヤッテ市」のお祭りが、行われました。 初日は快晴だったのに、二日目の天気予報に雨マークがあって、心配しておりましたが、なんとか日中はお湿りもなく、つつがなく終えることができました。 年に一度の「ナンチャッテ屋」がお客様でにぎわう日が、このお祭りの二日間なのです。 近隣の住民のみならず、東京や大阪などの観光客もいらしゃいます。 で、遠方のお客様(特に都市部からの [続きを読む]
  • [学校ネタ]どうしたもんかのう?
  • 久々の学校ネタです。 さぼっている間に、実は、中学校の非常勤講師から、常勤の高校教師になりまして、今年で三年目。 今の勤め先の高校は、全国模試の偏差値で50以上を目指したい、というレベルの高校です。まあ、いってみれば、中の下という位置づけで、上は県内上位の国公立を目指す人(一人か二人ですが皆無ではない)から、下は専門学校か就職か・・・という非常に生徒の卒業後の選択肢の幅の多い学校です。 進学校ならば [続きを読む]
  • [美容ネタ]青汁
  • この話が美容ネタに該当するかどうか、はなはだ疑問ではありますが・・・ 夫のために買ってあった「大麦若葉」という名の青汁を、ちょっと飲んでみよっかなあと本当に軽い気持ちで試してみたところ、思いがけずいいお通じが・・・・ たまたま、そういう巡り合わせの時に青汁を飲んだだけかも?と何事に関しても割と懐疑的なところをもつナンチャンッテは、翌日もまた「大麦若葉」の青汁を飲んでみました。 するとやはり、いいの [続きを読む]
  • [動物]ブラッシング
  • どうやら、猫ちゃんのなかにはブラッシングが死ぬほど嫌いだとい子もいるようですが、我が家のテルちゃんは、真逆のタイプらしい。 「ブラッシングが大好きです。」を体全体で表現してきます。 ブラッシングをするのは、テルちゃんの部屋の床の上と決めています。 冬の間は、なんだか冷たい床に寝ころばせるのも可哀想かも・・・と思い、ベッド(息子Bのベッド)の上でブラッシングをしていましたが、布団に着いた抜け毛を掃除 [続きを読む]
  • [動物]人見知り、激しすぎ
  • わが家のアイドルであり、プリンセスであり、養女である猫のテルちゃん、相変わらず人見知りが激しくて、手を焼いています。 先日、夫が二週間ぶりに出張から戻ってきました。 そしたら、テルちゃんは、「家に、見知らぬおじさんがいる!」という反応で、体をこわばらせてテレビ台の裏に隠れてしまうという有様です。 たった二週間でこれです。 このゴールデンウイークに東京から息子Aが帰省してきました。 去年の秋に、うちの [続きを読む]
  • [動物]てるちゃんの玩具
  • 今どきの猫ブームを反映してか、昔からそうだったのかは知りませんが、猫の玩具もいろんなものがあります。 形態としては、次のようなものに分類できそうです。 今も昔も猫大好きな猫じゃらし系・・・棒の先にゴムひもや、紐がついていて、その先にふわふわしたものがついている・・・があります。その進化系としては、レーザーの光を壁に映すというものもありました。 転がるもの系・・・ボールを追いかけるのも大好きです。 起 [続きを読む]
  • [動物]じょりっ、じょりっ
  • 夜、テルちゃんはママが洗面所で歯を磨いているときから、足元で待機しています。 ナンチャッテが洗面所を出ると、一足先に階段の一段目にスタンバイしています。二階にある寝室に一緒に登って行くのです。 ナンチャッテの三段ほど先に登って、ちゃんと後をついてくるかどうか後ろを見ながらスピードを調整しています。 先日も書きましたが、彼女にとって一番心地良い距離は半径一メートル。階段三段分はほぽ一メートルくらいな [続きを読む]
  • [動物]半径一メートルの猫
  • しばしば耳にする猫の特徴として、人に干渉されずに一人(一匹)で過ごすことを好むという言い方をします。 実は、私の実家で飼っていた猫(23年生きた超長寿の猫です)は、王様気取りで、家族の者どもをかしずかして生きていたので、まさしく「気ままな貴族か王族か」という雰囲気を醸し出す猫でした。 猫とはそういうものだと思っていた私にとって、テルチャンは 「お前は犬か?」 と聞きたくなるような特性をいくつか持って [続きを読む]