はじかみ神主 さん プロフィール

  •  
はじかみ神主さん: はじかみ神主のぶろぐ(毎日更新中)
ハンドル名はじかみ神主 さん
ブログタイトルはじかみ神主のぶろぐ(毎日更新中)
ブログURLhttps://ameblo.jp/hajikamijinja/
サイト紹介文金沢の生姜神社のしょうがない話です
自由文金沢市北郊に鎮座する波自加彌神社(はじかみじんじゃ)は、日本で唯一の香辛料の神を祀る神社です。
はじかみ(薑)とは、歯で噛(か)んで辛いもの、すなわち、生姜・山椒・山葵・芥子などの古名です。
若葉の茂る毎年6月15日には、「はじかみ大祭」(通称・しょうが祭り)がおこなわれ、参詣者には清められた生姜湯が振る舞われます。


参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供378回 / 365日(平均7.2回/週) - 参加 2009/09/08 07:48

はじかみ神主 さんのブログ記事

  • 雪の日にお札配り(大麻頒布)!
  • 今日は、一日中厄除け祈願奉仕のため、宮司を兼務する金沢市久安1丁目鎮座の延喜式内 御馬神社に神役のFさんと共に朝から詰めますが、午後4時からは同社で年越大祓式も斎行いたします。 さて、昨日は朝から雪が降って、当社遙拝所前も薄っすらと白くなりました。 当家の庭もこのとおりです。 ですが、ちょうど1年前は30センチの大雪が降って大変だったことを思い出します。ですから、このぐらい大したことありません!。 [続きを読む]
  • 伊勢土産を忘れ物した犯人捜し…
  • 今日は、午前中は兼務神社四社の月次祭奉仕のあと厄除け祈願をおこないますが、午後からは団地の大麻頒布に回る予定です。 それで、今朝も6時より毎日のおつとめである日供祭(にっくさい)を奉仕したのですが、雪マークの予報どおり現在霰(あられ)が降っています。 おかげで、女房の軽自動車も真っ白になり…。 当家の庭や…。 隣家の納屋の屋根も真っ白になりました。 一昨日は久しぶりに良い天気だったので境内清掃に励ん [続きを読む]
  • ネットオークションと心の問題
  • 禰宜(息子)がネット上で自分で自由にデザインしたのぼり旗を作成できるサイトを見つけ、そっさく注文したところ9月中頃に送られて参りました。  注文したのぼり旗10流ですが、1流わずか800円です。 そして、このような垂れ幕もいっしょに注文しました。 近年、ネットで手軽に神社の用品も購入できるようになって、非常に便利な時代になりました。 なので、さっそく社頭と参道石段入り口に設置しました。 当社遙拝所前 [続きを読む]
  • 神宮舞楽「納曽利(なそり)」の陶額
  • 伊勢神宮参宮旅行から早や一週間が経ちました。 そのちょうど一週間前の12月6日、外宮・内宮での御垣内参拝のあと、神楽殿で新穀感謝祭に参列させていただき、引き続き神宮会館に会場を移して御招宴の栄にあずからせていただいたのですが…。 伊勢神宮崇敬会より参加者全員に記念品が授けられました。 神宮舞楽「納曽利(なそり)」の陶額と、彫金製の干支絵馬と、御紋菓を拝戴いたしました。 舞楽「納曽利(なそり)」の陶額は [続きを読む]
  • 片町で飲み納め〜♪
  • 昨夜は、忘年会のため北陸随一の歓楽街・片町に繰り出しました!。 まずは、片町1丁目にある金沢焼ふぐ夢鉄砲という店で、河豚料理一式を堪能しました。 この店は、本店のある大阪に3店舗展開していて、東京の目黒にも昨年出店したそうですが、金沢の店は北陸初上陸とのことです。 続いて、金劇パシオンビル3Fにある私の行きつけの店で二次会です。 わざと、ピンボケで撮影しましたが、中には連日連夜忘年会が続いている方 [続きを読む]
  • 赤ちゃん本舗でジジババ買い!
  • 今日は、午前中に新築家屋の竣工清祓祭と神棚奉鎮祭を奉仕の予定ですが、今日から冬の交通安全県民運動が10日間にわたって始まりましたので、交通推進隊として期間中毎朝通学路に立ちます。 そして、夜は神社庁金沢市支部の忘年会を兼ねた役員会があります。 さて、昨日、私と女房はアピタタウン金沢ベイへ行ったのですが、ユニクロに用があるわけではありません。 その隣の、ベビー&マタニティー用品のアカチャンホンポ(赤ち [続きを読む]
  • 当社オリジナル絵馬「亥」ふたたび…
  • 昨日は、数え年19歳の女性の厄除け1件と、男性の数え年42歳の初老大厄2件、数え61歳の還暦祈願2件、それに米寿(88歳)の寿祭を奉仕いたしました。 さて、先週、白山市美川の奉製会社より絵馬が届けられましたが、ここの社長さんはおかえり祭りで有名な藤塚神社F宮司さんの叔父上にあたります。 2年前まで干支絵馬は、関西の業者さんにお願いしていたのですが、昨年よりこの地元業者さんにデザインを含めて謹製しても [続きを読む]
  • 伊勢おはらい町で立ち飲み歩き!
  • 昨日に引き続き今日も冬型の気圧配置ですが、今日は宮司を兼務する横川日吉神社と横川神社の年越の大祓なのですが、厄除け祈願もたくさんあります。 さて、伊勢神宮参宮旅行の土産話ですが、今回で最終話とさせていただきます。 12月6日(木)、お伊勢様の参拝を終え、内宮の鳥居前門前のおはらい町で散策&買い物を楽しみましたが、生憎の小雨でした。 まずは、伊勢の神宮の御料酒「白鷹」を唯一取り扱う風格あるお店の三宅商店 [続きを読む]
  • 神宮御垣内参拝と舞楽「抜頭(ばとう)」
  • 12月6日(木)朝8時、外宮の火除橋前にやって参りました。 神社庁金沢市支部長の私は、代表して参拝するので、伊勢神宮崇敬会の職員の方より胸章リボン(赤いバラ)が付けられました。 御垣内参拝(みかきうちさんぱい)のため隊列を整えて、神宮神職の先導により無言で参道を進みます。 豊受大神宮御正殿への特別参拝である御垣内参拝ですが、これより中は撮影禁止です。 続いてバスで移動し、内宮宇治橋前にやって参りました。 [続きを読む]
  • 戸田家さんの各部屋に『古事記』が常備されています!
  • 急に冷え込んだ昨日は、仕事のため朝9時に家を出て、金沢市久安1丁目鎮座の延喜式内 御馬神社に片町経由で向かったのですが、師走のせいか道がとても混んでいました。 画像は、午前9時半頃の片町きらら前です。 さて、伊勢神宮新穀感謝祭参宮旅行の土産話の続きをお届けしますね!。 12月6日(木)、宿泊した鳥羽の戸田家さんで朝を迎えました。 私の泊まった部屋はベットが2つある部屋で、中学の同級生のオサムとタカヒデ [続きを読む]
  • 御創建1250年の春日大社に正式参拝!
  • 昨夜、伊勢の地より帰って参りました。 今日より、「第64回 伊勢神宮新穀感謝祭参宮旅行」の土産話を何回かに分けてお伝えしたいと存じます。 12月5日(水)早朝、金沢の各地を出発したバス3台(参加計115名)は、北陸自動車道の南条SA(福井県南条郡南越前町)に午前8時半過ぎに集結し、結団式をおこないました。 金沢を出発した時は雨模様だったのですが、名神に入る頃には天気も良くなり、途中、京滋バイパス・新名神・京 [続きを読む]
  • これから伊勢神宮新穀感謝祭参宮旅行に行って参ります
  • 今日より、1泊2日の日程で“第64回 伊勢神宮新穀感謝祭参宮旅行”に行って参りますので、間もなく出発いたします。 当神社庁金沢市支部は、12月におこなわれる“伊勢神宮新穀感謝祭参宮団”に毎年参加しているのですが、隔年で1泊2日の行程で支部単独事業として実施しており、今回はその年に当たります。 石川県神社庁本団は、2泊3日の日程でひと足早く昨日出発したのですが、当金沢市支部では少しでも多くの方にご参加 [続きを読む]
  • 革のクラッチバック買ったどー!
  • 昨日の夕方、イオンモールかほくの1Fにある、鞄専門店のJandD(ジェイアンドデイ)に行って、クラッチバックを買って参りました。 というのは、明日より伊勢神宮へ向けて出発するため、バスでの移動や土産の物色などで、小回りの利くセカンドバック的なものが欲しかったからです。 この店は、私が永年愛用している吉田カバンを取り扱っているので時たまのぞきに来るのですが、吉田カバンの主力ブランドであるPORTER(ポーター)は置 [続きを読む]
  • 金沢港加能ガニ&かないわ香箱を食べ尽す!
  • 先日、妹夫婦が訪れて、義弟のOさんより今年もお歳暮にたくさんの蟹をいただきました。m(_ _ )m オスのズワイガニとメスのコウバコガニがそれぞれ7杯も入っておりました。 なお、イカやカニなどは生きている時には、「1匹」と数えますが、ひとたび商品となって市場に出ると「1杯」と数えます。 まずは、蟹の王者、オスの津和井蟹(ずわいがに)です。 当県では「加能(かのう)ガニ」と呼ばれるブランドもので、加能とは加賀 [続きを読む]
  • 初宮参り
  • 好天に恵まれた日曜の昨日は、日が昇ってすぐに境内清掃をおこないました。 社前のイチョウもようやく黄色く色づいて参りました。 午前中に赤ちゃんの初宮参り(初宮詣)の予約が入っているので、社殿周辺・駐車場・裏参道車道を順に掃き清めたのですが、お天気が良いので2時間で終了いたしました。 ですが、時間のかかる正参道の石段約200段は、さすがに余裕はなく、後日ふたたび実施することにしました。 午前10時、初宮 [続きを読む]
  • 赤ちゃんのおもちゃ〜♪
  • 昨日は、ご祈祷が1件だけあったのですが、今日は、午前中は初宮詣と数え25歳の厄除け祈願があり、午後から白山市上野町・八幡神社の新嘗祭奉仕に、神役のFさんとともに出向いたします。 さて、女房がネットで“やすらぎふわふわメリー”なるものを、トイザらスの育児用品部門のベビーザらスから購入しました。 さっそく、ベビーベットに設置したわけですが、昔からある音楽を奏でながらくるくる回転するものです。 女房は、 [続きを読む]
  • 御馬神社新嘗祭と稲荷社例祭を奉仕
  • 12月お朔日の今日は、朝6時より月次祭を奉仕したのですが、早いものでお正月までひと月となりました。 すでに、三が日後の会社の仕事始めの年頭祈願が、6件ほど電話で予約がありました。 さて、昨日は、金沢市久安1丁目鎮座の延喜式内 御馬神社の新嘗祭でしたので、禰宜(息子)と出向いたしました。 午後2時からの祭典開始直前の様子です。 奉仕員の禰宜でございみす。 新嘗祭ですので、氏子のみなさんから新穀や収獲され [続きを読む]
  • 金沢にもあった村芝居・素人歌舞伎
  • 明治から戦前にかけて、金沢近郊の農村などでは、青年団が主体となって、素人歌舞伎の興行が盛んにおこなわれていました。 当地、金沢市北部の森本地区でも、 ■金沢市今町の「京座(みやこざ)」■金沢市北森本町の「旭座(あさひざ)」■金沢市南森本町の「寿座(ことぶきざ)」 の三座があり、当番村が年交代で、北森本と南森本は盂蘭盆の8月15日・16日に、今町は秋祭りに開催し、地元をはじめ近郷近在から大変な見物客で終日盛 [続きを読む]
  • 宗二郎・応援する!
  • 昨日の夕方のことですが、宗二郎が何やら気配を感じてソワソワしています。 そうです、息子夫婦が初孫のAKIちゃんを連れてやって来たので、お出迎えしたのです。 息子夫婦の家と我が家とは徒歩で3分の距離です。 生後4ヶ月になるAKIは、最近うつ伏せのお稽古をはじめました。 息子の嫁のIちゃんの話では、今日のお昼に15分間もうつ伏せが出来たんだそうです!。 AKIもおもちゃに向かってうつ伏せで進んでいます。 うつ伏 [続きを読む]
  • 手取峡谷の紅葉
  • 最高気温19℃と小春日和の昨日は、新嘗祭奉仕のため午前11時半に家を出て、白山麓方面に向かいました。 途中、白山市河内町江津(ごうづ)の江津橋手前まで来ると、対岸の山々が大分色付いていました。 手取峡谷の雲竜橋に車を止め、上流方面の山並みを撮ってみました。 下流方面の画像の方がきれいですよね!。 で、こちらはちょうど1年前、やはり手取峡谷の不老橋から撮ったものです。 旧鳥越村である上野(かみの)の集落 [続きを読む]
  • 夜の金沢駅を酔って徘徊する!
  • 今日は、旧鳥越村である白山市別宮町鎮座の、白山別宮神社の新嘗祭を奉仕いたします。 さて、昨日は午後より、デパートのめいてつエムザ(金沢名鉄丸越百貨店)と同一ビルにあるANAホリデイ・イン金沢スカイの18Fのトップオブカナザワで、金沢市の民生委員児童委員の実務研修がおこなわれたので、参加しました。 しかしながら、このホテルは以前は金沢スカイホテルだったのですが、4年前ANAホリデイ・イン金沢スカイに名称が変 [続きを読む]
  • 伊勢神宮参宮旅行の打合せはしたものの…
  • 今日は明け方から雨模様ですが、三連休最後の昨日は前日に続いて良いお天気でした。 そんな昨日は、まず朝8時に金沢市久安5丁目で地鎮祭を奉仕いたしました。 御本社に戻って、今度は午前10時より七五三詣をおつとめし、引き続き、数え42歳の初老大厄の厄除け祈願祭もおこないました。 そして、午後4時より宮司を兼務する金沢市深谷町・山王神社の新嘗祭を神役のFさんとともに奉仕申し上げたのですが…。 その前に、来 [続きを読む]
  • 小春日和に…
  • 三連休最後の今日は、朝8時に地鎮祭をおこなったあと、当社で氏子さんの七五三詣と厄除け祈願があり、午後から兼務神社の新嘗祭を奉仕の予定です。 なので、小春日和の昨日は、朝から境内清掃に励みました。 お天気が良かったのでお掃除もはかどりました。 で、小春日和の「小春」とは冬の季語であり、晩秋から初冬(11月〜12月初旬)にかけて、春のように穏やかで晴天の日をさす時の表現です。 また、今日11月25日は48 [続きを読む]
  • しょうがない?、生姜あるのは波自加彌神社!
  • 昨日は、当社の新嘗祭(になめさい)でしたので、氏子内の2町会ある各生産組合より御神酒が献じられました。 そして、生姜の古名「薑=はじかみ」を名乗る当社には、当然ながら生姜が献じられます。 この生姜二盛りは、地元の営農組合より毎年ご奉納いただいているのですが、日本一の高知県産とまではいかないものの、立派な大生姜がお供えされました!。 また、御本殿にも、神饌(しんせん)として生姜を奉りました。 収穫祭であ [続きを読む]
  • 早朝より新嘗祭(にいなめさい)準備
  • 今日11月23日は宮中祭祀のひとつである新嘗祭の日で、宮中三殿の近くの神嘉殿(しんかでん)において執り行なわれます。 天皇様が五穀の新穀を天神地祇(てんじんちぎ)に奉り、また、御自らもこれを召し上がられ、その年の収穫に感謝する重儀で、来年の御代替わりに、新帝陛下が即位の礼の後に初めて行う新嘗祭を、特に大嘗祭(だいじょうさい)または践祚(せんそ)大嘗祭と申し上げます。 なので、全国の神社では宮中にあわせて、新 [続きを読む]